サザエさんヒトデちゃん。 サザエさんの家系図をしっかりおさらい!ヒトデちゃんてどこにいる?

サザエさんの家系図をしっかりおさらい!ヒトデちゃんてどこにいる?

サザエさんヒトデちゃん

ヒ、ヒトデちゃん…!??誰それ!??? 【雑学解説】タラちゃんの妹「ヒトデちゃん」は公認されている【画像】 アニメを観ている限り、タラちゃんは1人っ子だし今後妹が生まれる予定もなさそうだ。 ところが、「タラちゃんには妹がいる」という噂には しっかりとした根拠があった。 それは1954年(昭和29年)に発表された 「漫画読本」だ。 この中に「サザエさん一家の未来予想図」という挿絵があり、 サザエさん一家の10年後の姿が描かれている。 かつて家があった場所にサザエさんたちがやって来て、昔を懐かしんでいるという内容だ。 どういうことかというと、新道路の建設によって磯野家は立ち退くことになったらしい。 その一コマに小さな女の子が描かれていて、 マスオが「これ ヒトデ あぶないよ」と声をかけている。 画像左のほうだ。 10年後のサザエさん一家には、タラちゃんの妹ヒトデちゃんがいる。 — 【悶絶!!】思わずワロタwwww warotamon ヒトデちゃん…!よかったねえ…! ヒトデちゃんを演じるのは 桜田ひよりさん。 アホほどかわいい。 右下の画像だ。 先週見逃した「20年後のサザエさん」鑑賞。 ドラマ自体も面白かった。 サザエの奮戦 こんな感じでフネ以外は みんなどよーんとしている磯野家。 空気を(いい意味で)読まないサザエさんが、盆踊り大会に家族で行こうと提案するものの、ひと悶着ある。 ネタバレになるといけないのであまりストーリーには触れないでおくが、 やはりサザエさんはほっこりする。 しかし、先ほど紹介した「漫画読本」を見る限り、サンゴらしき女の子は描かれていない。 ヒトデちゃんとは違って、サンゴに関する有力情報を見つけることはできなかった。 もちろん長谷川町子美術館も一切触れていない。 このことから、サンゴに関してはただの都市伝説の可能性が高そうだ。

次の

サザエさんの家系図にない、ヒトデちゃん・サンゴちゃんって誰?

サザエさんヒトデちゃん

ヒ、ヒトデちゃん…!??誰それ!??? 【雑学解説】タラちゃんの妹「ヒトデちゃん」は公認されている【画像】 アニメを観ている限り、タラちゃんは1人っ子だし今後妹が生まれる予定もなさそうだ。 ところが、「タラちゃんには妹がいる」という噂には しっかりとした根拠があった。 それは1954年(昭和29年)に発表された 「漫画読本」だ。 この中に「サザエさん一家の未来予想図」という挿絵があり、 サザエさん一家の10年後の姿が描かれている。 かつて家があった場所にサザエさんたちがやって来て、昔を懐かしんでいるという内容だ。 どういうことかというと、新道路の建設によって磯野家は立ち退くことになったらしい。 その一コマに小さな女の子が描かれていて、 マスオが「これ ヒトデ あぶないよ」と声をかけている。 画像左のほうだ。 10年後のサザエさん一家には、タラちゃんの妹ヒトデちゃんがいる。 — 【悶絶!!】思わずワロタwwww warotamon ヒトデちゃん…!よかったねえ…! ヒトデちゃんを演じるのは 桜田ひよりさん。 アホほどかわいい。 右下の画像だ。 先週見逃した「20年後のサザエさん」鑑賞。 ドラマ自体も面白かった。 サザエの奮戦 こんな感じでフネ以外は みんなどよーんとしている磯野家。 空気を(いい意味で)読まないサザエさんが、盆踊り大会に家族で行こうと提案するものの、ひと悶着ある。 ネタバレになるといけないのであまりストーリーには触れないでおくが、 やはりサザエさんはほっこりする。 しかし、先ほど紹介した「漫画読本」を見る限り、サンゴらしき女の子は描かれていない。 ヒトデちゃんとは違って、サンゴに関する有力情報を見つけることはできなかった。 もちろん長谷川町子美術館も一切触れていない。 このことから、サンゴに関してはただの都市伝説の可能性が高そうだ。

次の

実写サザエさんにヒトデ登場!タラちゃんの妹役は誰?

サザエさんヒトデちゃん

昭和40年代から放映されて、いまでは知らない人はいない!というくらい有名で大人気な、 サザエさん。 実は、そんなサザエさんにも、知れば知るほど気になってしまう 都市伝説や 裏設定があります。 長年放送されつづけているサザエさんですが、これから紹介する都市伝説や裏設定を知ったら、いままで以上に新鮮な気持ちで楽しむことができるでしょう。 というわけで、ここでは サザエさんのヤバすぎる都市伝説と、面白すぎる裏設定10コについてご紹介していきます。 サザエさんのヤバすぎる都市伝説 国民的な人気アニメのサザエさんには、これまでのイメージをガラリとくつがえされるような 都市伝説が、たくさん存在しています。 なかには、とっても ショッキングな内容の都市伝説まであり、大人も子供も、まばたきを忘れてしまうことでしょう。 カツオが福引でハワイ旅行を当てる• 磯野家が家族でハワイ旅行にいく• 飛行機が 墜落してしまう• 磯野家のメンバーは海の中へと沈んでいき、海の生物になった まさか!と言いたくなるような、恐ろしく不思議なエピソードですよね。 こどももたくさん見ている国民的アニメが、飛行機の 墜落事故で終わるとなると、とんでもないニュースになりそうです。 まさかサザエとフネが実の親子ではないなんて、妙にリアルで、しかもかなりショッキングな都市伝説ですね。 たしかに、サザエが波平の 連れ子だとすると、サザエがカツオやワカメとかなり年の差があるのも納得できてしまいます。 ただ、たとえこの都市伝説が真実であろうとなかろうと、磯野家は間違いなく仲の良い家族ですから 結果オーライですね。 でも、じつは最近、サザエさんの登場キャラクターたちの 学歴や経歴がスゴすぎると話題になっているのです! もう何十年も前に原作が発表され、いろいろな雑誌や新聞で番外編も発表されているので、真実かどうかは明確ではないのですが、これはとても有名な都市伝説です。 スポンサーリンク この都市伝説によると、波平は京都大学をでていて、マスオさんは早稲田大学をでていると言います。 どちらも エリート街道で、庶民派とはいえない、とてもショッキングな話ですよね。 さらにショッキングなのは、お調子者で頼りないノリスケおじさんが、東京大学を卒業しているということです! もしかして、ノリスケがマイペースでお調子者なのは、頭が良すぎるゆえの余裕の表れなのでしょうか? もしこの都市伝説が事実だとしたら、人は見かけによらないということが非常によくわかりますね。 なんと、サザエさんの視聴率をチェックすると、 東証株価の動向をはかることができると言われています。 どういうことなのかと言いますと、サザエさんが放映される 日曜日といえば、多くの家族がお出かけする休日ですよね。 そんな日曜日にサザエさんの 視聴率が高くなるということは、多くの家族が外出を控えたのだと推測されます。 そして、多くの家族が外出を控えるということは、 不景気だということにつながります。 こういうわけで、サザエさんの視聴率が上がったり下がったりするたびに、東証株価も変動していることが多いという噂が生まれたのですね。 また、それだけ、日曜日のお茶の間といえば サザエさんを流すという人が多いということもわかります。 そんなイクラちゃんといえば、言葉が離せない赤ちゃんキャラクターですよね。 イクラちゃんが作中で話せる言葉といえば、せいぜい「バブー」くらいになっています。 スポンサーリンク ところが、かつてサザエさんの中ではイクラちゃんが成長して、すこし 話せるようになった時期があったのです! その当時話した言葉には「パパー」や「カエル!」などのセリフがあったと言われています。 イクラちゃんがお話しているシーンとなると、いまでは決して見ることができない、貴重なシーンですよね。 でも、なぜかイクラちゃんが話せるようになったことで、多くの視聴者から 苦情が寄せられたため、また話せない設定に戻されてしまったんです。 2歳という設定のイクラちゃんですが「パパー」ぐらいなら話せても不思議ではないのではないでしょうか? どうして苦情が寄せられてしまったのか、なかなか謎につつまれた都市伝説となっています。 サザエさんの面白すぎる裏設定 昭和40年代ころの、古き良き日本の家族を描いているのが、サザエさんです。 視聴者の多くも、 心あたたまるサザエさんの物語を、楽しんでいるでしょう。 しかし、サザエさんは、ただの心あたたまるだけのアニメではありません! サザエさんの世界の設定についてよく調べていくと、じつはかなり特殊で面白い 裏設定があるアニメだということがわかります。 確認がとれているだけでも、アニメのサザエさんで磯野家が泥棒に入られた回数は、なんと20回近くにのぼっています! たった一回でも泥棒に入られたら、普通はかなりの大ごとのはずですよね。 でも、磯野家はそんなの慣れっことなっていて、なぜか年に一度は仮面をつけた泥棒がやってきます。 もしかして、ここまで頻繁に泥棒が入るということは、サザエさんのお家には何か 財宝が隠されているのかもしれません。 磯野家のように泥棒に入られてしまわないように、 戸締りはしっかりとしたいところですね。 兄のカツオがおかしな言動をした時には、たしなめたり注意するような、ちゃんとした性格の女の子です。 でも、じつは、かなり 初期のワカメちゃんは今とは全く違った性格をしていたのです! 初期のワカメちゃんは、一人称が 「アタイ」というおてんば娘な設定で、どちらかというとトラブルメーカーでした。 いまでは一人称が「わたし」に変わっていますよね。 サザエさんの歴史の中には、平成のワカメからは想像もつかない、昭和の おてんばなワカメも存在していたんです。 磯野家の次女であるワカメが、もしもおてんば娘になったら、サザエさんは今とは全く 違う雰囲気の作品になることでしょう。 たとえば、サザエさんに登場する代表的な東芝の製品は、お茶の間にある テレビです。 いかがでしょうか? 細かいところまでしっかり描かれていて、とても存在感のあるテレビですね。 そのため、カツオもワカメも、アニメの中では 永遠に小学生のままになるわけです。 そんなサザエさんですが、実は原作者の長谷川町子さんによって、10年後のサザエさんの話が描かれていることをご存知でしょうか? 10年後のサザエさんは、昔の 新聞紙の、小さな漫画コーナーで連載されていました。 そんな10年後のサザエさんの物語によると、 ヒトデちゃんという新たなキャラクターが登場するのです! ヒトデちゃんは、サザエとマスオの娘で、タラちゃんの妹として描かれたキャラクターです。 そんなアナゴさんは、画像を見ていただければ分かる通り、マスオさんの上司のような貫禄があります。 それなのに、じつはアナゴさんはマスオさんよりも 年下です。 アニメのサザエさんの中では、アナゴさんの年齢設定は、まさかの27歳なのです! とってもじゃないけど、信じられないおもしろい 裏設定ですよね。 しかし、たったの二十代でここまで貫禄が出せるということは、それだけアナゴさんは 苦労してきた人物だということではないでしょうか? まとめ いかがでしたか? 今回は、サザエさんのヤバすぎる都市伝説と、面白すぎる裏設定10コについてお伝えしました。 ワカメちゃんが昔は おてんば娘だったり、アナゴさんがまだ27歳だったり、本当に衝撃的なお話ばかりでしたね。 遠い未来では、私たちが知る現在のサザエさんの内容が、がらりと変わっているのかもしれません。

次の