花が鼻につく。 【芸能】山里亮太のYouTube番組のタイトルは『花が鼻につく』

『花が鼻につく』南キャン山里亮太、慌てて削除か

花が鼻につく

花と鼻、なぜどちらも「はな」と言う? アシスタントの愛ちゃんが「(花の)写真」を持っている。 チコちゃんが渡辺に、この写真は何だと聞き、彼女は「花」と答える。 更に自分の顔を指さし「チコのここはなあに?」と聞くと「目」と答えた。 がここは「鼻」と答えて欲しかったらしい。 チコちゃんは「写真で花が出ているんだから鼻でしょうよ」と突っ込む。 そして「なんでどちらも『はな』っていうの?」と聞く。 渡辺は「何それ?何言ってるの?花のにおいをかぐのは鼻だから…臭いをかぐところだから、同じ名前にしておこうと…」と答えるがやっぱり「ボーッと生きてんじゃねーよ!」と言われてしまう。 同音異義語 原始日本語を研究している教授によれば… 「発音の仕組みが比較的単純な日本語には、発音が同じで意味が異なる『同音異義語』と言うのがたくさんある」と言う。 例えば 雲・クモ 橋・箸 感心・関心 疲労・披露 先生・宣誓 住む・済む 皮・川 駅・液 公園・講演 謝る・誤る そのほとんどが「偶然の一致」だとみられている。 でも、植物の「花」と人の顔の中の「鼻」は偶然の一致ではない。 人と植物の間の深い関係があるようだ。 花と鼻 葉と歯 穂と頬 茎と歯茎 芽と眼 実と身 「植物の部位」と「人の体の部位」には同じ言葉がこれだけあり「これは偶然の一致ではない」と教授は分析している。 植物の部位と人の体の部位との対応が揃っていて、花と鼻だけが偶然一致したとはとても思えない。 (全体的な関係で成り立っている、ということがわかる) これらの言葉はいつ頃できたのか 教授によれば… 「日本列島にまだ文字がなくて声だけが言葉だった遠い遠い大昔」と言える、らしい。 縄文時代人々の生活は、狩猟や採集が中心でまだ農耕していなかったと考えられていた。 が、 近年の研究では稲作などの素朴な農耕が行われていたのではないか、と考えられているそうだ。 人は穀草(あわ・ひえ・稲)を食べて命をつないでいく。 そのため、そのような穀草と人を一体化してこのような言葉の対応が生まれたのではないか、と言う。 そしてまた人の方も「目鼻立ち」と言って(目と並んでいるが)鼻も十分目につく。 そして、またそれが年老いていくとその永久歯も落ちていく。 このように生命の営みは植物の葉も同じ。 葉が出てひとしきり茂る。 そして枯れ落ちていく。 そこが同じにとらえられたのだと考えられる。 人間の歯が生えてくるところが歯茎。 そして人間の「目」もまぶたが裂けて出てくる。 教授は「どちらも生気、命の輝きを持っている感じがする。 植物の芽は『これから生えていくぞ!』っていう感じですね」と言っていた。 「古事記」の中でも… 実際に植物と人を一体的にとらえるという事は、日本最古の文献「古事記」の中にも書かれているそうだ。 食に女神「大ゲツ姫」の命が果てる時、その目からは稲、耳からは粟、鼻からは小豆、下腹部からは麦、おしりから大豆が生まれた、という神話があるという。 命の糧となる大切な植物と人を一体化して作られた古代の言葉は、長い年月を経て現代の日本語に受け継がれている。 植物との共生(共に生きている)という感覚を受け継いできている。 チコは女の子の名前? 最後に教授がチコちゃんに 「どうして、チコというと男の子の名前ではなく女の子の名前になるのかわかりますか?」質問した。 …っていうのをなぜ答えられるかと言うと、これ、初めてのパターンなんだけどスタッフがどうしましょうって(資料を)打ち合わせの時に置いていた。 だからもうすでに私は知っています。 スタッフが『策士、策に溺れた』。 」と言って笑いが起こる。 『策士、策に溺れた』 策略に巧みな者は策を弄しすぎて、かえって失敗するものである、というたとえ。 絶対私より年上だよね」と言う。 まとめ 「ちょっとふわ~と生きてんじゃない?」 「ちょっと、ふわ~と生きてんじゃない?」 チコちゃんのいつもの名台詞「ぼーっと生きてんじゃねーよ!」は、回答者の答えによって時々変わる。 中川も問題の答えに挑戦。 「…顔の真ん中にあるじゃないですか、鼻って。 花も、植物の主役というか、真ん中に咲く花って事でしょ…」という。 その回答はもう少し、と言う感じだったのかチコちゃんは「…という事は?」とプッシュしたがそれ以上の答えは出なかった。 で、チコちゃんから出てきた言葉が 「ちょっとふわ~と生きてんじゃない?」だった。 会員番号36番… 今回のゲスト渡辺満里奈を紹介するチコちゃんの第一声は「会員番号36番」だった。 それを聞いた渡辺が「チコちゃん5才だよね。 ちょっと待って!知らないよね、それ」と突っ込む。 するとチコちゃん「聞いたの、新田恵利に聞いたの」と言い「おニャン子クラブが来てくれてます」と紹介した。 すると「元ね、元、元だよ」と念を押す渡辺の声が聞こえた(笑)。 それにしても「葉」と「歯」など、これほど身近な言葉がこんな共通点があるなんて、ほんと気付かなかった…。

次の

木村花さん死去後、山里亮太の逃げ足の速さがえげつない 『花が鼻につく』動画を削除 ツイッターも数日で平常運転

花が鼻につく

山里亮太「花が鼻につく」激ヤバ動画が削除。 木村花さん誹謗中傷の「トリガー」との声 Social-Fill編集部 2020. 31 『テラスハウス』の木村花さんが急死した問題で、番組のコメンテーターである山里が「木村さんへの誹謗中傷を毒舌であおっていた」という指摘があり、制作側ともども世間からバッシングを受けた。 騒動が起こった後、山里はラジオで「一生かけて考え続ける」「何かを発するというのは、誰かを傷つけてしまうかもしれない」などと心境を説明。 しかし謝罪などはなく、バッシングは過熱の一途を辿った。 また山里は31日の『土曜はナニする!?』(フジテレビ系)に出演し、木村さんの母親に『元気で、笑顔だった頃の花さんをずっと忘れないでいてください』と言葉を受け取ったことも告白した。 いまだ騒動の渦中にあり「中傷の連鎖」という指摘もあるが、まだまだ騒動は終わらないかもしれない。 過去の「YouTube動画」が、物議を醸している。 「最近は花が鼻につくぞ」 「山里さんが『テラハ』出演者をいじりまくるYouTubeの『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020 山チャンネル』のVol. 33のタイトルが『花が鼻につく』というタイトルだったんですね。 現在は削除されています。 内容としては、動画の後半で『今まで矛先向けてなかったけど最近は花が鼻につくぞ』と発言し、 『モテ女のオーラ、立ち位置取り出したよね。 この動画が改めて拡散され『やっぱりやりすぎだよ』『これは煽ってるな』『ただの悪口じゃん』と、改めて山里さんへの批判が再燃しています。 もちろんその動画制作をした側のスタッフの責任もありますが」(メディアライター) ネット上では「慌てて動画消したのかもな」「これきっかけ、と思われる可能性もあるな」「やっぱりやりすぎ」と、複雑な思いで見ている人が多いようだ。 いずれにせよ、山里も当面は、この話題から逃れることは難しそうだ。 TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020 山チャンネル Vol. 84 ID:kLnN6WUC0. 30 ID:Up8M1bq90. 33 ID:LBT5Swgt0. 46 ID:ZbSHmjlA0. 41 ID:nf4RXPn20. 23 ID:menfOYDy0. 92 ID:MRdSO1lj0. 66 ID:orsQA0JD0.

次の

山里亮太、漂う不穏な空気…ひっそり消された『テラハ』公式動画、木村花さんめぐる発言も

花が鼻につく

〔テラスハウス〕山里亮太のYouTube番組「山チャンネル」Vol. 33のタイトルは「花が鼻につく」だった 記事要約:今日から6月になったわけだが、ネットで誹謗中傷を受けて自殺した花さんが出演していたやらせ番組「テラスハウス」騒動は全く収まる気配はない。 次々に番組製作スタッフのやらせが発覚したわけだが、どうやら出演者の炎上煽りも確認された。 つまり、出演者もまた花さんを自殺に追い込んだ張本人だったわけだ。 ニュースによると山里亮太のYouTube番組「山チャンネル」Vol. 33のタイトルは「花が鼻につく」だったという。 もう、この時点で「煽っている」よな。 管理人はネットで誹謗中傷したサクラに火付け役がいると考えているが、「リアリティー」ではもっと酷かったと。 出演者が批判してそれを見ていた純粋なファンが続いたわけだ。 これって山里さん、殺人教唆ですよね?YOUTUBEを消そうが一度だしたものはネットには証拠が残るんですよ?そして、こんなタイトルがでてきたてことは炎上させようという出演者と番組製作スタッフがいたわけだ。 >「山里さんが『テラハ』出演者をいじりまくるYouTubeの『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020 山チャンネル』のVol. 33のタイトルが『花が鼻につく』というタイトルだったんですね。 現在は削除されています。 一度、ネットに出したものは誰かが保存している。 凄いよな。 これはもう逃げられないな。 内容としては、動画の後半で『今まで矛先向けてなかったけど最近は花が鼻につくぞ』と発言し、『モテ女のオーラ、立ち位置取り出したよね。 山里亮太「花が鼻につく」激ヤバ動画が削除。 木村花さん誹謗中傷の「トリガー」との声 Social-Fill編集部 2020. 31 『テラスハウス』の木村花さんが急死した問題で、番組のコメンテーターである山里が「木村さんへの誹謗中傷を毒舌であおっていた」という指摘があり、制作側ともども世間からバッシングを受けた。 騒動が起こった後、山里はラジオで「一生かけて考え続ける」「何かを発するというのは、誰かを傷つけてしまうかもしれない」などと心境を説明。 しかし謝罪などはなく、バッシングは過熱の一途を辿った。 また山里は31日の『土曜はナニする!?』(フジテレビ系)に出演し、木村さんの母親に『元気で、笑顔だった頃の花さんをずっと忘れないでいてください』と言葉を受け取ったことも告白した。 いまだ騒動の渦中にあり「中傷の連鎖」という指摘もあるが、まだまだ騒動は終わらないかもしれない。 過去の「YouTube動画」が、物議を醸している。 「最近は花が鼻につくぞ」 「山里さんが『テラハ』出演者をいじりまくるYouTubeの『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020 山チャンネル』のVol. 33のタイトルが『花が鼻につく』というタイトルだったんですね。 現在は削除されています。 内容としては、動画の後半で『今まで矛先向けてなかったけど最近は花が鼻につくぞ』と発言し、 『モテ女のオーラ、立ち位置取り出したよね。 この動画が改めて拡散され『やっぱりやりすぎだよ』『これは煽ってるな』『ただの悪口じゃん』と、改めて山里さんへの批判が再燃しています。 もちろんその動画制作をした側のスタッフの責任もありますが」(メディアライター) ネット上では「慌てて動画消したのかもな」「これきっかけ、と思われる可能性もあるな」「やっぱりやりすぎ」と、複雑な思いで見ている人が多いようだ。 いずれにせよ、山里も当面は、この話題から逃れることは難しそうだ。 6月1日 大阪市では学校が本格的に再開 大阪市が所有する施設も開放 コロナ感染防止に気を使って徐々に 社会が動き出しました SNSで人として逸脱したような誹謗中傷を書き込み それをコロナストレスだから・・・・・別にいいのでは と言うバカなような風潮 とにかく皆さん 一度 立ち止まって考えましょう お隣の韓国では多くの芸能人 があることない事を書かれ躁(そう)うつ病 統合失調症になり自殺 またその自殺した芸能人を弱いから 本当のことを書かれたから死んだので 自業自得と書き込みする大バカ者 死んだ人を鞭(むち)打つ韓国 社会 日本をそんな社会にしては絶対にダメです 人間の心には誰しも邪悪な心 善なる心が共存 その振り子を操作するのは自分自身 私が小学校 低学年の時から祖母に言われた言葉 「自分がされて嫌な事は 絶対にお人さんにしたら あかんよ 必ずお天道様が空から見てはるさかい お天道様にちゃんと顔向けできる お人さんにならなあかんよ」 オレのかわいい娘は中学二年生。 最近携帯やパソコンを夜半までいじくってて、母親とバトルを展開している。 なンでもTwitterに夢中らしい。 しかし学校自粛中にゲーマーになったり忙しい奴。 そんな中、今回の事件なのだ。 娘と話をしてまずどんなTwitter内容なのかを確認して取り敢えず、人の悪口や誹謗中傷の内容には興味をもたないこと、自分自身もそういう内容を書き込まないこと、、、を約束して様子を見ることにした。 彼女が小学校五年生のとき、初めてガラケーを買ってやったら、長電話のオンパレードで注意したときの事で携帯ぶっ壊すぞって言ってやったら、やれるもンならやってみろ!って返してきたから、ホントに真っ二つにしてやったのが未だ効いていて、約束だけはキチンと守る。 アノときの修理代の8000円はイタかったが、、、、。 中学生位になると、ひとを傷つける内容を平気でメールなりで書き込んで回したりする事例もあるそうだ。 このテラスハウスのような事件は、いつ自分が加害者や被害者になるかわからない。 日頃からコミニュケーションの大切さを痛感する。 山里さんの人望の薄さと言いますか、作ったキャラに自分で食われてる感じと言いますか……。 この件について言えることは、「はよ責任者出せ」に尽きるでしょう。 個人的な経験則ですが、「やれ」と言うのでこちらも渋々やってみたが、 あまり効果がなかった挙句に「どうして言われるままやったんだ」なんて手の平を返して責めてくるアホ上司、ないし先輩はどこの職場にも居ます。 日大アメフトの悪質タックルなんか、まさに典型でした。 今山里さんばかり責めるのは、それもそれでタレントの盾、と言いますか、 ディレクションを受けていた被雇用者を矢面に立たせて雲隠れする雇用サイドを助けることになるでしょう。 無罪とまでは言いませんが、「やれ」と言った人間はせめて「ケツ持ち」くらい最後までやれ、と思います。 何のための責任者なのだか。 責任果たしなさいよ。 アーカイブ アーカイブ 最近の投稿• 人気記事• 128,161件のビュー• 76,200件のビュー• 64,000件のビュー• 59,900件のビュー• 57,500件のビュー• 51,400件のビュー• 51,200件のビュー• 47,600件のビュー• 47,200件のビュー• 44,800件のビュー 最近のコメント• に ベルトラン より• に たろうちゃん より• に 迎恩門 より• に 名無し より• に rom専 より 人気の記事〔1日〕• 1,400件のビュー• 1,400件のビュー• 1,100件のビュー• 1,000件のビュー• 700件のビュー• 400件のビュー• 300件のビュー• 200件のビュー• 100件のビュー• 100件のビュー 韓国経済のリンク(情報収集サイト).

次の