ニコレス 茶葉。 アイコスで使えるニコチンゼロの「NICOLESS(ニコレス)」で減煙・禁煙は可能か

ニコレスの成分は危険?中国産の茶葉を加熱して有害物質は出ないの?

ニコレス 茶葉

ニコレスとはどういった商品? 最近、利用者が増えているニコレスはどういった商品なのでしょうか? ニコレスはタバコ葉の部分が茶葉に差し代わった商品で、タバコのような外観・使用感ながらニコチンがゼロという商品です。 この発想はなかった!と最初、使った時に思いました。 ちなみに、タバコ葉の代わりに使われている茶葉は紅茶の葉っぱになります。 ニコレスが使える機種 画期的な製品ですが、ニコレスを見た人はこう感じるのではないでしょうか? 「紙巻タバコより短いけど、どうやって使うの?」 ニコレスは着火して喫煙する従来の紙巻タバコとは使用方法が異なります。 着火式ではなく、加熱式の機器で使える製品なんですね。 国内で販売されているニコレス が使える機種は、• アイコス• パルズ• アイコス互換機 これらの3機種になります。 ニコレスはアイコス互換スティックとして広く知られるようになったので、アイコスで使用する人が多いようです。 アイコスよりも安価で高い性能を誇る機種もある、アイコス互換機もおすすめです。 ニコレスの使い方 さっそくニコレスの使い方を見ていきましょう。 ニコレスはアイコスのヒートスティックと同じ口径サイズで設計されているため、ヒートスティックが使える機種であれば、どれでも使用することができます。 アイコスマルチにニコレスをセットしてみました。 ニコレスの緑フィルターにある銀のリング模様少し上くらいまで、ニコレスを機器に差し込みます。 この時、ねじったり銀リングよりさらに奥に差し込むとブレード折れの原因になるので注意しましょう。 にセットしてみました。 こちらでも問題なく差し込むことができますね。 加熱開始、喫煙 ニコレスをセットしたあとは、機器の加熱ボタンを押します。 火を使わずに熱だけで茶葉から煙が発生します。 ちょうど、燻製と同じ原理ですね。 燻製はスモークチップに直接着火することなく、高温の熱を加えるだけで煙が発生します。 通常のタバコと同じ感覚で、煙を肺に入れて吐き出します。 ニコレス自体がメンソール強めのフレーバーなので、キツイな感じた人は肺に入れずに口だけでふかしてもOK。 本体が停止したら、ニコレスを捻らずにそのまま引っこ抜く感じで取り出しましょう。 吸殻はそのままゴミ箱に捨ててOK。 加熱式なので着火されていませんが、失火が気になる人は水で濡らして捨ててください。 ニコレスを吸ってみた感想 ニコレスを購入し、2週間ほど使ってみました。 気になるニコレスの味という喫味ですが、加熱式タバコと全く同じというわけではありません。 茶葉のクセというか、味が少なからずあります。 ニコレスにはメンソール味とミント味の二つが販売されているのですが、ミント味の方がより茶葉のクセが抑えられており、おすすめ。 ニコチンゼロということで物足りなさを感じるかな?と思いましたが、それは最初の方だけでした。 しばらく吸い続けると、ニコレス自体に慣れるのかそれで満足するように。 重度のニコチン依存症の人は禁断症が出そうですが、惰性でタバコを吸っている人はニコレスで十分と感じるのではないでしょうか? 禁煙を検討している人はぜひ参考にしてみてください。 【関連記事】.

次の

真剣にタバコ葉以外を吸う(ニコレス NICOLESS)

ニコレス 茶葉

禁煙にも有効なiQOS(アイコス)互換スティック• 原材料は『茶葉』なので、ニコチンを含まない製品• iQOS専用ヒートスティックよりも価格が安い• メンソールフレーバー• カプセルを潰して、フレーバーをアップできる! アイコスで使えて、同じように吸うことはできるものの、 人体に有害なニコチンを含まない製品となります。 それでは簡単に特徴を確認していきましょう コバトの特徴を徹底解説します! iQOS(アイコス)互換スティックって何? まずはじめに、そもそもiQOS(アイコス)とは? 紙巻きたばこ(普通の火をつけて吸うたばこ)とは違って、専用たばこスティックと専用のデバイスで加熱して蒸気を吸引するものです。 iQOSは紙巻きたばこよりも健康被害やニオイが圧倒的に少ないと言う特徴で、日本国内において爆発的大ヒット!今では定番の地位を獲得した加熱式たばこです。 しかし、いくら紙巻きたばこよりも健康被害が少ない(タール・一酸化炭素低減)とはいっても、たばこ葉を使っている部分では一緒で、依存性や毒性のあるニコチンが含まれていることには変わりありません。 そこで、ニコチンを含まない製品として禁煙を目的としたNICOLESS(ニコレス)が開発されたと言う経緯があります。 茶葉を使たニコチンを含まない製品 ccobato(コバト)に たばこ葉は一切使われていません。 タバコ葉の代用品には 「茶葉」が使用されています。 ナチュラルなイメージで、体にも良いイメージですよね。 茶葉を高温加熱して蒸気を吸う製品となります。 たばこ葉は一切使っておらず、ニコチンを含みません。 ccobato(コバト)に移行できれば事実上禁煙に成功したと言って良いでしょう。 そこで、気になるのは味や吸いごたえ・満足感などです。 出典:sarome tokyo 近年ではVAPE(リキッドを使用する電子タバコ製品)に力を入れており、様々な製品(デバイス・オリジナルリキッドなど)をリリースしています。 その流れなのか、今回はiQOS互換スティックもリリースしたという経緯があるようです。 iQOS専用たばこよりも価格が安い 紙巻きたばこと同じぐらいのiQOS専用たばこに比べて、ニコレスは価格で優れています。 マルボロ 520円 ヒーツ 470円 ニコレス 418円 コバト 418円 タバコ税がかかる「たばこ葉」を含んだ製品にくらべて、コストメリットがありますね。 ちなみに、同じく茶葉を使用したiQOS互換スティックとは、同じ価格です。 この製品との味などの比較も、後半記述していますので是非最後までご覧ください。 ccobato(コバト)を実際に使いました。 詳細レビュー! ccobato(コバト)の写真を見ながら詳しく見ていきます。 ccobato(コバト)のパッケージ パッケージサイズはiQOS(アイコス)専用たばことほぼ同じです。 スティックのサイズに互換性があるため、パッケージのサイズも似ています。 もちろん、ニコチンが含まれていない製品です。 味は『グリーンカプセルメンソール』となっていて、スティックのイラストはカプセルが入っていることを表しています。 「ぷちっ」と潰すことで、より豊かな味わいが楽しめるタイプです。 ccobato(コバト)の味は、現在この1種類のみです。 ccobato(コバト)のバリエーション• グリーンカプセルメンソール(メロンメンソール味) レギュラー(タバコ味)に近いフレーバーは用意されていません。 ccobato(コバト)を開封してみました それでは、ccobato(コバト)のパッケージを開封していきます。 パッケージを開封すると、中には銀色の紙で左右1本づつに分かれています。 iQOS専用たばこの包装にそっくりです。 銀紙は外すことができます。 左右で仕切りがあって小分けになっています。 中身が箱の中で中のスティックが偏らない仕様。 片方づつ開封できるので、スティックが飛び出しにくくなっています。 ccobato(コバト)を取り出してみました。 持った感触は「硬い」です。 iQOS純正スティックや他の互換スティックと比べてもかなり硬い感触、しっかりとしている作りです。 ccobato(コバト)を使ってみました それでは実際にccobato(コバト)を使ってみます。 差し込むときに感じるのは、スティック自体がしっかりしているので折れにくいです。 ふにゃふにゃした感覚は一切ないので、折れる心配はないですね。 iQOS専用たばこ(ヒートスティック)と同じで、純正または互換デバイスにccobato(コバト)をセットして使います。 ccobato(コバト)のフィルター部分には、カプセルが入っている「印」がプリントされているので、潰す時はこの部分を強くつまみます。 強くつまむと、「ぷちっ」というはっきりとした大きめの音がなるので、カプセルが潰れたのが確認できます。 ccobato(コバト)を分解してみました iQOS専用たばこ(ヒートスティック)との違いを分解して確認してみます。 たばこ葉を使っていないことはわかるのですが、他に違いがあるのか? ccobato(コバト)の方がほんのわずかだけ短いです。 中身を巻いてある紙部分を、カッターを使って切断してみました。 大まかな構造はどちらもほぼ同じように見えます。 どちらも、葉っぱは先端にしか入っていません。 また、どちらもフィルターは三層構造になっています。 唯一大きく違うのは、ccobato(コバト)にはカプセルが入っています。 フィルターの中に仕込まれているのかと思っていたんですが、直接入っていたんですね。 おそらくカプセルを潰す前提なので、巻いてある紙が分厚いのだと思います。 カプセルの中の液が外に漏れないようになっているんでしょうね。 ccobato(コバト)を使った感想 コバトを使ってみた感想です。 タバコ葉を使っていないので、ニコチンはゼロ。 気になるのは「味」や「満足感」ですよね。 味わいについて。 マズい?美味しい? 肝心の「味」についてですが、 かなり良いと感じました。 カプセルを潰さなければ「メンソールタバコ味」• メロンメンソール味ですが自然な味わい(甘さ控えめ)• タバコに近い味 まずは、カプセルを「ぷちっ」と潰さない状態で吸ってみました。 潰さない状態でも、ほのかなメンソール(清涼感)を感じます。 味は、アイコスにかなり似ています。 独特の「アイコスっぽさ」です。 アイコスの味に慣れているユーザーであれば、すぐに受け入れられるであろう味わい。 タバコ葉にちかい、苦味とエグ味を纏っています。 ニコチンは入っていませんが、味わいが近いので、吸っていることで満足できる感覚がありますね。 次にカプセルを潰して吸います。 潰すと、ほのかな「メロン味」になります。 清涼感も強くなりますね。 ただ、VAPEリキッドのような「濃い味わい」ではなくて、あくまでタバコ味の延長にあるようなナチュラルな味わいで、甘さもあまりありません。 自然なタバコっぽさです。 カプセルを潰さないで吸うと、後半iQOSや他の互換タバコと同じで嫌味が強くなってくるのですが、カプセルがうまくそれをカバーしています。 前半はそのまま吸って、後半カプセルを潰して吸う吸いかたもありです。 ミスト量(煙)について ミストがないと、吸っている感覚がなくて吸った気にならないと心配になりますが、iQOSと同じレベルのミストは出ますので心配ないと感じました。 満足感について ニコチンなしで、満足感は得られるのか? ニコチンレスの製品に移行できれば『=禁煙成功』と考えることもできるので、重要な部分です。 最終的には「たばこへの依存度の高さ」や「個人差」によるところが大きいとは思いますが、個人的には満足感は高いと感じました。 禁煙に役立つアイテムであることを感じられました。 ccobato(コバト)を吸うという行為• たばこを吸うと言う喫煙習慣が満たされるへの依存が満たされる• 味と清涼感• たばこに似た味わいと、メンソール・ミントによるキック ニコチンは含まれていませんので、依存性の高いニコチンを摂取する行為を満たすことはできませんが、習慣を満たすことはできます。 個人的には、ニコチンへの依存よりも「たばこを吸う」行為への依存の方が強かったので、ニコレスの満足感は高かったです。 未成年でも吸える? ccobato(コバト)はたばこ葉を使っていませんので、法律的には未成年でも吸うことができます。 しかし、ccobato(コバト)のパッケージには以下の記載があります。 本製品はタバコではありません。 20歳未満の未成年への販売はいたしません。 法律上問題はなくても、VAPE・電子タバコと同じで、公序良俗的に未成年が使うことは推奨できませんし、モラルに反する行為出るので控えた方が良いと思います。 ニコレスとの比較 どちらが美味しい? 同様の製品の中で有名なのがニコレス(NICOLESS)です。 このジャンルのパイオニア的な存在で、長く一強時代(というよりもこれしかなかった)が続きましたが、最近になって似たような製品が相次いでリリースされています。 それだけ人気のジャンル、売れている製品になるのですが、味わいを比較してみました。 結果から言うと 『どちらも美味しい』です。 個人的には、後半の味の低下をカバーできる、カプセルが入ったccobato(コバト)の方が気に入りましたが、あとは個人的な好みの差になってくると思います。 どちらも、 iQOSの代替品としての完成度は高いです。 ccobato(コバト)ccobato(コバト)のまとめ ほのかなメロンフレーバーとはっきりしたメンソール!美味しいノンニコiQOSスティック! ニコチンを含みませんが、iQOSタバコの代替品としてしっかりと満足感が得られるような工夫を感じる製品です。 また、最後までしっかりと美味しさを楽しめるようにカプセル式担っているのも面白いですね。 他の類似製品と差別化を感じる完成度の高さがccobato(コバト)の魅力かもしれません。

次の

IQOSで茶葉使用のccobato(コバト)を試す。もちろんノンニコチン!|いまいちど.ログ

ニコレス 茶葉

どうも、八幡です。 今、ニコチンゼロのヒートスティック!? ニコレス(nicoless)がアイコスユーザーの間で話題になっているみたいですね! ちなみにニコレスは本家アイコスを販売するフィリップモリスの商品ではなく、大阪にある「株式会社VUEN」という会社から発売された商品になります。 そのため、ニコレスの位置づけとしては、いわゆるアイコス互換機やプルームテック互換機といった類ものと一緒になります。 いや~ついにハードだけでなくソフト、ヒートスティックの類似品が登場する時代になったんですね! アイコスが日本でいかに人気なのかがよく分かります。 さて、今回はタイトルにもある通り、ニコレスを実際に吸ってみた自分の感想と、 世間でのニコレスの評判はいかがなものなのか? ネットの口コミ(体験談)を紹介していきます。 Contents• ニコレスとは? まず、ニコレスの最大の特徴としては、茶葉を使用している点が挙げられます。 本家アイコスのヒートスティックの中身がたばこ葉に対し、ニコレスは茶葉。 ニコレスではニコチンの源であるたばこ葉をそもそも使用せず、 その代わりに、茶葉を使用することでニコチンゼロを実現しています。 実物のニコレスはこんな感じです。 本家アイコスのヒートスティックと比較してみたところ、サイズはほとんど同じでした。 本家アイコスのヒートスティックの1箱当たりの価格が500円(税込)のため、90円も安いです。 たとえば毎月アイコスを30箱吸う人がニコレスに切り替えた場合、毎月2700円の節約になります。 来年、2020年10月のたばこ税増税以降には、この節約できる金額がもっと増えるはずです。 ニコレスの感想 吸い応え まず、一口吸った感想が、口当たり軽っ!でした。 普段、僕はヒートスティックのパープルメンソールを吸っているのですが、 ニコチンの有無を差し引いても、ニコレスのスースー感はパープルメンソールのスースー感に若干劣るかな?といった感じ。 ちなみにこれはニコレスを口吸いした時の感想。 その後、ニコレスの肺吸いを試みたところ…… パープルメンソールを口吸いした時のスースー感を圧倒的に凌駕する、おいおい口吸いした時のひかえめなお前はどこに行っちゃったんだよ!?というぐらい強烈なスースー感をニコレスから感じることができました笑 ホント、ニコレスのメンソールの冷涼感が喉にグサッと刺さる感覚があります。 だから、 ニコレスを吸う際に、タバコを吸った時に感じる喉へのキック感に似た感覚をしっかりと感じたい場合は……ニコレスを大きく深く吸うことをおすすめします。 最初にニコレスを一口吸った時の「口当たり軽っ!」はどこへやら、ニコレスを何本か吸い終えた頃には自分でもビックリするぐらい印象がガラッと変わりました。 ですが、このお茶のフレーバーがかなりのくせもの。 甘いような渋いような、ニコレスの製造国が中国だけに、これはいわゆる鉄観音茶風味なのか?という具合に非常に独特な味わいがあります。 この味を受け入れられるかどうかが、アイコスからニコレスへ移行できるかどうかの分かれ道になってくるといっても過言ではありません笑 ここだけの話、正直僕、最初の方は「まずいな~、まずいな~」と思いながら吸っていました。 が、10本吸い終える頃にはニコレスの味にも慣れていき、1箱吸い終える頃にはマズいとは感じなくなりました。 欲をいえば……なんだろ、もっとこう茶葉独特の風味を抑えた1本目から美味しい!と感じられるようなメンソール以外のフレーバーバリエーションも欲しいところ。 今後の展開に期待です! こんな人はニコレスがおすすめ! 最後に、ニコレスはヒートスティックの代わりになるのかどうか?という問いに対しては、これは場合によりますかね~ 禁煙まであともう少し。 ヒートスティックを吸う本数を減らす過程で、口寂びさを紛らわすためのアイテムを探している!という人が使えばそれなりに役に立ちそう。 というのも、禁煙志向が強い人がニコレスを使えば……ファスティングダイエットじゃないですけど、 喫煙習慣はそのままに、苦痛をそんなに感じることもなく、徐々に禁煙の方向へとスムーズに進んでいけるのでは?と個人的に思ったからです。 また、タバコの口寂びさを紛らわすためにVAPE(電子タバコ)に手を出す方が多くいますが…… これを聞き、「今更VAPEに手を出すにしてもなー、道具一式揃えるの手間だし、VAPEの使い方を1から覚えるのも面倒だなー」と思った方にもニコレスがおすすめです。 ニコレスなら新たにデバイスを買う必要もなく、これまで親しんできたデバイス(アイコスまた互換機)で簡単にニコチン断ちを実行することができます。 これまでのヒートスティックを吸うルーティーンを崩すことなく、ニコチン断ちを実行できるのがニコレス最大のメリットかと。 これ緑茶。 まじ緑茶。 — らるる げすくず raldof 半日ニコレス吸ってiQOS吸ったらマズくて吸えないし即頭痛あえ、やめられるかもしれない — EA774ちゃんあFX chikuwa774 絶対たばこ辞めないと思ってたヤニカスだったけど、ニコレス挟んだら秒で禁煙できたよ。 今は全く吸ってないけど辞めてから一瞬たりともつらいと感じたことはない。 発売当初は即日発送だったのに今2週間待ちなんやね。 キックはあるから物足りなさはないぽよ。 — あぴぴおねえさんあ PZawazawa 禁煙3日目。 吸いたいって だんだん思わんくなってきた なんかあった時用の保険としてニコレス 持ち歩くけど、酒入った時と イライラした時が怖いな 今日は次男を叱りすぎたので反省です 次男に会いたいけど今回の件 落ち着くまでおばあちゃん家に 居てもらう。 酒好き煙草吸う。 煙草がアイコスに変わり 今はニコレス主体で ストレス酷い時に煙草を。 んー、ニコレス効果だね アイコスですらヤニクラになる… でも止めない。 — 霧及びシャアチク AN7ec18Q3UMZs9M 悪い口コミ 今禁煙してるけど、右のニコレスはあんまりおいしくない2箱目で限界。 中国製やし微妙。 左のルリココは買ったらすぐに吸えるし味もいろいろあるからメンソ嫌いな人におすすめ。 ・ニコレスはたばこ葉ではなく、茶葉を使用。 ・吸い応えはそれなり、味に関しては慣れも必要。 ・禁煙志向が強い人には役に立つかも? ・タバコの口寂びさ対策にVAPE以外の方法をお探しの方におすすめ。 ・ニコレス最大のメリットはヒートスティックを吸うルーティーンを崩すことなくニコチン断ちを実行できる 以上になります。 まずは試しに2、3箱買い、ニコレスの味を受け入れられるかどうかを確認してから、カートン買いをおすすめします。 またもし、ニコレスがお気に召したようであれば、カートン買いする時はニコレス公式サイトを利用することをおすすめします。 公式サイトから購入すると……通常1カートン4100円のところ、定期購入を選択した場合3895円(税込・送料無料)で購入することができます。 それでは失礼します。

次の