ポケモン タイプ相性 変更。 第6世代での変更点

タイプ相性

ポケモン タイプ相性 変更

概要 、など18種類があり、それぞれのタイプ同士が決まっている。 ではとが、ではが追加された。 ポケモンには種族ごとに1〜2種類、技には1種類のタイプが割り当てられている。 技のタイプ において、のタイプと、攻撃されるポケモンのタイプの相性関係によって、そのが増加、減少したり、全く効かなかったりする。 また、特定のタイプのわざを無効化するも存在する。 また、攻撃技とそれを使用するポケモンのタイプが同じ場合に威力が高まる。 ただし、などのは技のタイプが割り当てられているものの、実際にはタイプ一致ボーナスはない。 は表示とは違うタイプとして処理される。 以降では、特殊な相性関係の計算をする技が登場する。 には本来の技のタイプが変わる特性がある。 ポケモンのタイプ あるタイプを備えたポケモンは、特定のやを防ぐ能力がある(たとえば、はを予防することができる)。 ただし、ポケモンがその状態になった後で 防ぐ能力のあるタイプに変わっても、その状態を回復することはできない。 ポケモンのタイプが変わる可能性のある場合は次のとおりである。 の使用• によるもの• の バトル外• バトル外• バトル外• の バトル外• バトル外• 通常の バトル外• タイプ一覧• 第二世代以降• 第二世代以降• 第六世代以降• 第四世代まで、のみ 備考• データ上にはによるタイプに対応したののグラフィックが確認できる。 第一・二世代にとりタイプという没タイプがデータ上に存在していた。 タイプ相性で弱点がないポケモンは以降存在しない(第五世代まではとがそのままでは弱点を突けなかったが、いかなる手段を使っても弱点が突けないというポケモンは第五世代以前にも存在しない)。 ただし、込みで弱点がないポケモンは現在でも存在する(、、が該当し、この場合は特性やを使うことによって弱点を突ける)。 相性に一切影響を与えない「タイプなし」と呼べる技・ポケモンは存在する。 タイプなし技は全てのポケモンに等倍ダメージを与えるが、タイプなしのポケモンがタイプなし技を使ってもはない。 タイプなしポケモンは全ての技で等倍ダメージを受ける。 以降でのはタイプなしの技になる。 特性の影響を受けない。 にのみ存在する「」の時、はタイプなしの技になる。 タイプなしのポケモンが使うはタイプなし技になる。 特性ふしぎなまもりで無効化される。 単タイプでを使ったポケモンはタイプなしになる。 もえつきるでタイプ1のほのおをなくし、タイプ2のひこうのみになっているポケモンがはねやすめを使うとタイプなしになる。 タイプ単タイプなど、タイプ1がひこうであるポケモンがをしてもタイプになるだけでタイプなしにはならない。 タイプなしのわざに対してを使うと、以降は失敗する。 まではわるあがきに対するテクスチャー2はノーマルタイプになった。 タイプなしのわざを受けてもは発動しない。 タイプなしのわざを使用してもは発動しない。 タイプなしのポケモンに対してを使うと失敗する。 タイプなしのポケモンにするとタイプになる。

次の

【ポケモンGO】ひこうタイプ複合相性まとめ! じめん関係が分かりにくいので見とくと役立つかも

ポケモン タイプ相性 変更

ポケモンにはタイプがあり、タイプによる弱点と耐性で有利不利が決まります。 この記事ではポケモン初心者・対戦初心者に向けて、タイプ相性に関する情報をまとめていきます。 ポケモンのタイプと技のタイプが一致したとき、技の威力を上げる『タイプ一致補正』がかかります。 タイプ一致補正は1. 5倍なので、タイプ不一致の2倍弱点より、タイプ一致技の等倍攻撃が強くなるケースもあります。 特性によるタイプ相性の変更 ポケモンが持つ特性の中には、タイプ相性を変える効果があります。 ゲーム上では『ばつぐん』と表示されていても、特性によって無効化されるケースがあるので覚えておきましょう。 特性 特性の効果 主なポケモン あついしぼう ほのお・こおり技のダメージを半減 マンムー かんそうはだ ほのお技のダメージは1. 5倍 マルヤクデ よびみず みず技を無効化し、とくこうを1段階上げる ダブルバトルではみずタイプの単体攻撃を引き受ける トリトドン ポケモン剣盾 初心者向け記事リンク 当サイト『ポケモンまとめマスター』では、ポケモンソードシールドからポケモンを始める人、対戦を始めようと思っている人に向け、初心者向けの記事を用意しています。 攻略や調べ物にお役立てください。

次の

【ポケモンGO】ひこうタイプ複合相性まとめ! じめん関係が分かりにくいので見とくと役立つかも

ポケモン タイプ相性 変更

第5世代『ポケットモンスターブラック2・ホワイト2』までは、ポケモンといえばドット絵だった。 『ポケモンX・Y』から始まる第6世代ではドット絵が廃止され、全てが3DCG化されている。 第5世代まででは、マップ上にいる人間キャラはドット絵の2頭身人形にデフォルメされていた。 第6世代からは主人公を含めマップ上の人間も3DCGだが、3頭身程度にデフォルメされている。 実際の人間より頭が大きい• 第6世代ではキャラがCGになったが、キャラの周りに主線である黒い線が現れているので背景と混ざって見にくいことはない。 この黒い線はマップ上でもバトル中の画面でも現れる。 この線のため、バトル画面はCGではなくアニメのようにも見える。 おそらく上記の主線つきCGとは別に、イベント時のムービーでは主線無しの普通のCG映像が見られると思われる。 第6世代のバトル中のポケモンCGは、公式イラストのように見える表現で描画されている。 ゲームフリークのアートデザインチームが作成した設定画を元にポケモンの3Dモデルが起こされ、モデルにワイヤーフレームとシェーディングを追加。 そして色をつけ、モーションで動かしている。 マップを移動中の視点も変わっている。 第5世代までは主人公を上から見下ろす視点だったが、第6世代では視点が下がって主人公の後ろや横から見られるエリアが増えた。 これによりマップが遠くのほうまで見渡せるようになり、画面に奥行きを感じやすくなる。 ニンテンドー3DSの立体視とも相性が良い。 ポケモン第4世代~第5世代はニンテンドーDSソフトとして発売されたが、第6世代のポケモンXYはニンテンドー3DSソフトとして発売される。 ニンテンドー3DSは立体視でゲームできるだけでなく、ニンテンドーDSよりもグラフィックやメモリーが上がっているハード。 新要素やお楽しみ要素の幅も広がっている。 ニンテンドーDSと3DSは直接通信できない。 DSカードを3DSで読み込むことはできるが、カードスロットは1つしかないため、第5世代のポケモンはいったん「」という3DS用のアプリに預けてからXYに送ることになる。 ポケモンXYではバトル中にポケモンが進化するという新要素が登場。 NPC戦・対人戦ともにバトル中にポケモンを1匹だけメガシンカさせることが認められる。 、など変わったルールのバトルが追加された。 過去作では野生ポケモンとの戦闘中にポケモンをゲットするとそのポケモンの経験値はもらえず、経験値をもらうには野生ポケモンを倒す必要があった。 XYではポケモンを捕獲した場合でも相手の経験値がもらえる。 第6世代では14年ぶりに新タイプ「」が追加された。 これでポケモンのタイプ総数は18種類となった。 フェアリータイプはBW2までで強すぎたドラゴンタイプを弱体化させ、バランスをとるために投入されるタイプと思われる。 フェアリータイプの追加に伴い、が変更された。 また、はがねタイプのポケモンが持っていたゴーストタイプ・あくタイプへわざの耐性がなくなり、これらのタイプのわざで受けるダメージが「いまひとつ」から「通常ダメージ」になった。 でんきタイプのポケモンが「まひ」状態にならなくなった。 くさタイプのポケモンに対して「いかりのこな」「キノコのほうし」「しびれごな」「どくのこな」「ねむりごな」「ふんじん」「わたほうし」などの粉系のわざが無効になった。 ゴーストタイプのポケモンが「クモのす」「くろいまなざし」「とおせんぼう」などのわざや特性「かげふみ」で逃げられない状態でも逃げたり交代できるようになった。 「いにしえのうた」「いびき」「いやしのすず」「いやなおと」「うたう」「エコーボイス」「おしゃべり」「おたけび」「きんぞくおん」「くさぶえ」「さわぐ」「すてゼリフ」「チャームボイス」「ちょうおんぱ」「とおぼえ」「ときのほうこう」「ないしょばなし」「なきごえ」「ねごと」「バークアウト」「ハイパーボイス」「ばくおんぱ」「ほえる」「ほろびのうた」「むしのさざめき」「りんしょう」などの音を使ったわざが「みがわり」を無視して相手に効くようになった。 わざが急所に当たったときのダメージ増加率が2倍から1. 5倍になった。 急所率のランク補正の仕様が変更。 参考:• 「ねむり」状態になったポケモンを交換した後に再びバトルに出すと、ねむりターンが交代前から継続してカウントされるようになった。 第6世代ではバトルでの経験値の入り方が変更。 過去作では1体の相手ポケモンを倒すごとに、そのポケモンと戦った全てのポケモンに経験値が分配されていた。 また、相手ポケモンとのレベル差によって経験値が増減するという要素がなくなった。 第5世代 BW2まで から第6世代 XY で効果が変わった特性一覧。 第6世代 XY で新たに追加された特性はを参照。 名前 効果 あめふらし バトルに出ると、5ターンの間、天気が「あめ」になる。 天気が「あめ」のとき、みずタイプのわざの威力は1. 天気が「つよいあめ」「ひざしがとてもつよい」「らんきりゅう」のときは発動しない。 XY バトルに出ると、天気が「あめ」になる。 天気が「あめ」のとき、みずタイプのわざの威力は1. BW かげふみ バトルで相手のポケモンが逃げたり、交代できなくなる。 お互いが特性「かげふみ」の場合や相手がゴーストタイプのポケモンの場合は無効。 XY バトルで相手のポケモンが逃げたり、交代できなくなる。 お互いが特性「かげふみ」の場合は無効。 BW スナイパー わざが相手の急所に当たったとき、通常は1. 5倍のダメージを与えられる所、2. 25倍のダメージを与えられる。 XY わざが相手の急所に当たったとき、通常は2倍のダメージを与えられる所、3倍のダメージを与えられる。 BW すなおこし バトルに出ると、5ターンの間、天気が「すなあらし」になる。 天気が「すなあらし」のとき、いわタイプのポケモンは特防のステータスが1. 天気が「つよいあめ」「ひざしがとてもつよい」「らんきりゅう」のときは発動しない。 XY バトルに出ると、天気が「すなあらし」になる。 天気が「すなあらし」のとき、いわタイプのポケモンは特防のステータスが1. BW すりぬけ 相手の「オーロラベール」「しろいきり」「しんぴのまもり」「ひかりのかべ」「みがわり」「リフレクター」の効果を無視して攻撃できる。 XY 相手の「しろいきり」「しんぴのまもり」「ひかりのかべ」「リフレクター」の効果を無視して攻撃できる。 BW するどいめ 相手のわざや特性で命中率のランクを下げられない。 相手の回避率の上昇を無視してわざを出せる。 手持ちの先頭にいると、レベルの低い野生ポケモンが出現しにくくなる。 XY 相手のわざや特性で命中率のランクを下げられない。 手持ちの先頭にいると、レベルの低い野生ポケモンが出現しにくくなる。 BW どんかん 「メロメロ」「ゆうわく」「ちょうはつ」状態にならない。 XY 「メロメロ」「ゆうわく」状態にならない。 BW ひでり バトルに出ると、5ターンの間、天気が「はれ」になる。 天気が「はれ」のとき、ほのおタイプのわざの威力は1. 天気が「つよいあめ」「ひざしがとてもつよい」「らんきりゅう」のときは発動しない。 XY バトルに出ると、天気が「はれ」になる。 天気が「はれ」のとき、ほのおタイプのわざの威力は1. BW ぼうじん 「あられ」「すなあらし」によるダメージを受けない。 「いかりのこな」「キノコのほうし」「しびれごな」「どくのこな」「ねむりごな」「ふんじん」「わたほうし」などの粉系のわざの効果や、特性「ほうし」の効果を受けない。 XY 「あられ」「すなあらし」によるダメージを受けない。 BW ゆきふらし バトルに出ると、5ターンの間、天気が「あられ」になる。 天気が「つよいあめ」「ひざしがとてもつよい」「らんきりゅう」のときは発動しない。 XY バトルに出ると、天気が「あられ」になる。 BW 第5世代 BW2まで から第6世代 XY で威力や効果が変わった技一覧。 第6世代 XY で新たに追加された技はを参照。 草むらなどの野生ポケモンが出現する場所で使うと、その場で野生ポケモンが出現する。 XY 相手の回避率のランクを1段階下げる。 草むらなどの野生ポケモンが出現する場所で使うと、その場で野生ポケモンが出現する。 複数のポケモンに攻撃が当たったときは威力が0. 75倍になる。 相手のわざを全て自分が受ける。 相手のわざを全て自分が受ける。 XY 相手の素早さのランクを1段階下げる。 自分が「ねむり」状態のときのみ使える。 相手が「みがわり」を出していても攻撃が当たる。 複数のポケモンに攻撃が当たったときは威力が0. 75倍になる。 相手が「こおり」状態のとき、相手の「こおり」状態が治る。 相手が「みがわり」を出していても攻撃が当たる。 XY 録音した音量に応じた確率で相手を「こんらん」状態にする。 相手が「こおり」状態のとき、相手の「こおり」状態が治る。 「あめ」時は必中、「はれ」時は命中50になる。 「そらをとぶ」や「とびはねる」を使っている相手にも攻撃が当たる。 「やけど」状態でも相手に与えるダメージが半分にならない。 XY 自分が「どく」「もうどく」「まひ」「やけど」状態のとき、威力が2倍になる。 フィールドを湿原にし、4ターンの間、相手の素早さを下げる。 「ほのおのちかい」の後に使うと、ほのおタイプ威力150のわざとなる。 相手のわざを全て自分が受ける。 相手のわざを全て自分が受ける。 複数のポケモンに攻撃が当たったときは威力が0. 75倍になる。 相手が「こおり」状態のとき、相手の「こおり」状態が治る。 複数のポケモンに攻撃が当たったときは威力が0. 75倍になる。 相手の「ふみつけ」「ハードローラー」「ゴーストダイブ」「ドラゴンダイブ」「のしかかり」「フライングプレス」が必ず当たり、2倍の威力でダメージを受けるようになる。 XY 自分の回避率のランクを2段階上げる。 相手の「ふみつけ」「ハードローラー」で2倍の威力でダメージを受けるようになる。 ゲノセクト専用技。 どくタイプのポケモンが使うと必ず当たる。 XY 相手を「もうどく」状態にする。 相手が「ちいさくなる」を使っていると、攻撃が必ず当たり威力が2倍になる。 複数のポケモンに攻撃が当たったときは威力が0. 75倍になる。 フィールドの水辺で使うと、水上を移動できるようになる。 相手が「こおり」状態のとき、相手の「こおり」状態が治る。 複数のポケモンに攻撃が当たったときは威力が0. 75倍になる。 相手が「ちいさくなる」を使っていると、攻撃が必ず当たり威力が2倍になる。 相手が「ちいさくなる」を使っていると、攻撃が必ず当たり威力が2倍になる。 相手が「ちいさくなる」を使っていると、威力が2倍になる。 どうぐはバトル後、元に戻る。 相手がどうぐを持っている場合は威力が1. 5倍になる。 XY 相手の持ち物をはたき落としてバトル中に使えなくする。 どうぐはバトル後、元に戻る。 追加効果は地形により変わる。 追加効果は地形により変わる。 そのターン、自分と味方が相手の先制攻撃を受けない。 そのターン、自分と味方が相手の先制攻撃を受けない。 連続して使うと失敗しやすくなる。 相手を強制交代させる。 交代させるポケモンがいないときは失敗する。 野生ポケモンとのバトルを強制的に終了させる。 相手のレベルが自分より高いときや、複数ポケモンが相手のときは失敗する。 相手が「まもる」「みきり」「キングシールド」「たたみがえし」「ニードルガード」を使っていても攻撃が当たる。 XY 優先度-6の後攻わざ。 相手を強制交代させる。 交代させるポケモンがいないときは失敗する。 野生ポケモンとのバトルを強制的に終了させる。 相手のレベルが自分より高いときや、複数ポケモンが相手のときは失敗する。 相手が「まもる」「みきり」を使っていても攻撃が当たる。 天気が「あられ」のとき必中になる。 複数のポケモンに攻撃が当たったときは威力が0. 75倍になる。 洞窟で使うと周囲を広く見渡せるようになり、野生のポケモンが出現しにくくなる。 XY 相手の命中率のランクを1段階下げる。 暗い洞窟で使うと周囲が明るくなる。 その間、相手は行動できない。 空を飛んでいる間でも「たつまき」「かぜおこし」「じゅうりょく」「うちおとす」「かみなり」「スカイアッパー」「ぼうふう」は当たる。 空を飛んでいる間に「たつまき」「かぜおこし」を使われると2倍の威力でダメージを受ける。 空を飛んでいる間に「じゅうりょく」「うちおとす」を使われるとわざが失敗する。 相手の重さが200kg以上だとわざが失敗する。 XY 1ターン目で相手を捕まえて空中に飛び上がり、2ターン目に攻撃する。 その間、相手は行動できない。 空を飛んでいる間でも「たつまき」「かぜおこし」「じゅうりょく」「うちおとす」「かみなり」「スカイアッパー」「ぼうふう」は当たる。 空を飛んでいる間に「たつまき」「かぜおこし」を使われると2倍の威力でダメージを受ける。 相手が「ちいさくなる」を使っていると、攻撃が必ず当たり威力が2倍になる。 相手が「ちいさくなる」を使っていると、威力が2倍になる。 「あめ」時は必中、「はれ」時は命中50になる。 「そらをとぶ」や「とびはねる」を使っている相手にも攻撃が当たる。 相手を強制交代させる。 交代させるポケモンがいないときは失敗する。 野生ポケモンとのバトルを強制的に終了させる。 相手のレベルが自分より高いときや、複数ポケモンが相手のときは失敗する。 相手が「みがわり」「まもる」「みきり」「キングシールド」「たたみがえし」「ニードルガード」を使っていても攻撃が当たる。 XY 優先度-6の後攻わざ。 相手を強制交代させる。 交代させるポケモンがいないときは失敗する。 野生ポケモンとのバトルを強制的に終了させる。 相手のレベルが自分より高いときや、複数ポケモンが相手のときは失敗する。 相手が「みがわり」「まもる」「みきり」を使っていても攻撃が当たる。 「みずのちかい」の後に使うと、みずタイプ威力150のわざとなる。 フィールドに虹が掛かり、4ターンの間、味方のわざの追加効果が出やすくなる。 相手が「こおり」状態のとき、相手の「こおり」状態が治る。 相手が「こおり」状態のとき、相手の「こおり」状態が治る。 ヒードラン専用技。 相手が「こおり」状態のとき、相手の「こおり」状態が治る。 ヒードラン専用技。 XY 優先度-7の後攻わざ。 5ターンの間、味方と相手がどうぐを使えなくなる。 フィールドに虹が掛かり、4ターンの間、味方のわざの追加効果が出やすくなる。 「くさのちかい」の後に使うと、くさタイプ威力150のわざとなる。 フィールドを湿原にし、4ターンの間、相手の素早さを下げる。 複数のポケモンに攻撃が当たったときは威力が0. 75倍になる。 XY 自分の個体値によりわざのタイプと威力が変わる。 相手が「こおり」状態のとき、相手の「こおり」状態が治る。 複数のポケモンに攻撃が当たったときは威力が0. 75倍になる。 一度でも攻撃を外すと元の威力に戻る。 そのターン味方が受ける全体わざを無効にする。 そのターン味方が受ける全体わざを無効にする。 連続して使うと失敗しやすくなる。 XY 優先度-7の後攻わざ。 味方と相手の防御・特防が入れ替わる。 BW 【上記以外のわざの変更点】• 音を使ったわざ: 「いにしえのうた」「いびき」「いやしのすず」「いやなおと」「うたう」「エコーボイス」「おしゃべり」「おたけび」「きんぞくおん」「くさぶえ」「さわぐ」「すてゼリフ」「チャームボイス」「ちょうおんぱ」「とおぼえ」「ときのほうこう」「ないしょばなし」「なきごえ」「ねごと」「バークアウト」「ハイパーボイス」「ばくおんぱ」「ほえる」「ほろびのうた」「むしのさざめき」「りんしょう」などの音を使ったわざが相手の「みがわり」を無視して効くようになった。 相手を「まひ」状態にするわざ: でんきタイプのポケモンに対して「まひ」状態の追加効果が無効になった。 粉系のわざ: くさタイプや特性「ぼうじん」のポケモンに対して「いかりのこな」「キノコのほうし」「しびれごな」「どくのこな」「ねむりごな」「ふんじん」「わたほうし」などの粉系のわざが無効になった。 相手を逃げられなくするわざ: ゴーストタイプのポケモンに対して「クモのす」「くろいまなざし」「とおせんぼう」などの逃げられなくするわざが無効になった。 また、束縛するターン数も2~5ターンから4~5ターンに変更。 第5世代 BW2まで から第6世代 XY で効果が変わったアイテム一覧。 名前 効果の変更点 あかいいと あかいいとの効果は「ポケモンに持たせると、「メロメロ」状態になったときに相手も「メロメロ」状態にする」というもの。 第6世代ではこれに加えて、ポケモンにあかいいとを持たせてポケモン育て屋に預けてタマゴを作ると、タマゴから産まれてくるポケモンに両親の個体値が5つ遺伝するようになった。 がくしゅうそうち BW2までのがくしゅうそうちはポケモンの持ち物扱いで、持たせたポケモンは戦闘に参加しなくても経験値が配分された。 XYではがくしゅうそうちはたいせつなもの区分でポケモンに持たせることはできず、がくしゅうそうちをオンにすると戦闘後に手持ちの全てのポケモンに自動的に経験値が配分される。 配分される経験値は、敵ポケモンを倒したポケモンがもらった経験値の半分。 各種 第5世代 BW・BW2 ではポケモンに持たせると一度だけジュエルと同じタイプのわざの威力が1. 5倍になった。 第6世代 XY では1. 3倍に変更。 また、XYではノーマルジュエルしか入手できず、他のタイプのジュエルは登場しない。 サンのみ 急所率の上昇が1段階から2段階に変更。 ハートのウロコ 第5世代 BW・BW2 では技思い出し人 メモリアルガール に渡すと「ポケモンが過去にレベルアップで覚えること可能だった技」を思い出させてくれる効果があった。 第6世代 XY では「ポケモンが過去に覚えていた技 タマゴ技を含む 」も思い出させてくれるようになった。 【わざマシン】 第5世代 BW2まで から第6世代 XY で変更・追加されたわざマシン一覧。 全てのわざマシンについてはを参照。 第5世代 BW2まで 第6世代 XY 技19 テレキネシス はねやすめ 技51 サイドチェンジ はがねのつばさ 技83 ふるいたてる まとわりつく 技88 ついばむ ねごと 技96 - しぜんのちから 技97 - あくのはどう 技98 - グロウパンチ 技99 - マジカルシャイン 技100 - ないしょばなし 秘伝06 ダイビング - 第5世代 BW2まで から第6世代 XY でタイプが変更されたポケモン一覧。 ポケモン 第5世代 BW2まで 第6世代 XY ノーマル フェアリー ノーマル フェアリー ノーマル ノーマル フェアリー ノーマル ノーマル フェアリー エスパー エスパー フェアリー ノーマル フェアリー ノーマル ノーマル フェアリー ノーマル フェアリー ノーマル ひこう フェアリー ひこう みず みず フェアリー みず みず フェアリー ノーマル フェアリー ノーマル フェアリー エスパー エスパー フェアリー エスパー エスパー フェアリー エスパー エスパー フェアリー ノーマル ノーマル フェアリー はがね はがね フェアリー エスパー エスパー フェアリー ノーマル ひこう フェアリー ひこう くさ くさ フェアリー くさ くさ フェアリー 第5世代 BW2まで から第6世代 XY で特性が変更・追加されたポケモン一覧。 第5世代 BW2まで から第6世代 XY で種族値が変更されたポケモン一覧。 ポケモン 種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 60 45 50 90 XY 80 BW 80 70 65 90 XY 80 BW 40 45 80 75 83 80 75 70 70 101 XY 91 BW 35 55 40 XY 30 BW 50 50 XY 40 BW 90 60 90 55 90 80 110 XY 100 BW 90 92 XY 82 BW 87 75 85 76 81 102 XY 92 BW 77 85 75 85 95 70 73 95 XY 85 BW 90 60 140 70 45 85 XY 75 BW 50 45 75 80 85 110 XY 100 BW 90 50 90 95 XY 85 BW 95 70 90 70 55 50 45 135 95 XY 85 BW 120 80 105 65 100 70 XY 60 BW 70 80 120 XY 110 BW 130 55 65 45 90 75 85 XY 75 BW 115 90 55 75 80 95 XY 85 BW 90 100 50 100 50 80 60 XY 50 BW 80 50 75 55 70 55 95 XY 85 BW 110 60 70 50 100 XY 90 BW 50 65 104 91 63 91 73 XY 63 BW 68 85 120 70 50 60 XY 50 BW 100 60 70 65 XY 55 BW 125 105 90 85 110 XY 100 BW 90 45 90 80 80 115 XY 105 BW 80 65 55 93 85 135 130 60 80 XY 70 BW 25 105 95 XY 85 BW 75 85 75 74 75 103 80 70 80 XY 70 BW 92 60 100 XY 90 BW 89 55 69 112 95 117 80 XY 70 BW 65 70 92.

次の