ニュータウン 闇。 日本のニュータウン

北大阪ネオポリス(希望ヶ丘)

ニュータウン 闇

ニュータウンの定義 まずは、『ニュータウン』という言葉の定義について、ご紹介したいと思います。 『ニュータウン(new town 』という言葉を、英語で直訳すると「新しい街」と言う意味であり、世界中のニュータウンには様々な形態があります。 『ニュータウン』という言葉の意味には、幅広い解釈がありますが、主に都市の人口が過密化してきた際に、その都市政策や人口過密化による対策の一環として、隣接する郊外に新たな市街地を建設する事を言います。 ニュータウンの原型は、イギリスの産業革命によって、地方からロンドンなど都市へ労働力が流入し、人口過密化への対策の一環として郊外に建設された「田園都市」がその起源とされており、日本を始め世界各国の都市計画に大きな影響を与えました。 そして戦前の日本では、この「田園都市」の影響を受け、関東では渋沢栄一により「洗足田園都市」が、関西では小林一三により「池田室町」などが開発されました。 日本全国、ニュータウンの成功例 第二次世界大戦終結後の、ベビーブームなど人口増加による住宅開発の波が、イギリスより少し遅れて、本格的な戦後の復興が始まる1950年代から、既に高度経済成長期が終わった1980年代にかけて、日本にも到来しました。 日本においての、ニュータウンの成功例には、東京都市圏の「多摩ニュータウン」や「港北ニュータウン」などがあります。 そして大阪都市圏では、日本で最初の大規模なニュータウン開発とされている「千里ニュータウン」などが、代表的なものに挙げられています。 これらの大規模な住宅開発は、戦後の高度経済成長の波を受け、地方公共団体や都市再生機構(旧: 都市基盤整備公団 などの公的機関により大規模な造成が実施され、長期に渡って広大な開発が行われました。 そしてこれらの大規模開発の結果、戦後日本の経済発展にも大きな貢献を果たし、戦後の旺盛な住宅需要を支える、大きな一助となりました。

次の

横浜市都筑区

ニュータウン 闇

歴史・概要 [ ] 立地 [ ] 京都市南西部にある西山断層崖の麓でが南に向かって流れる標高約70mから約130mの西山丘陵と呼ばれる丘陵地に立地している。 この丘陵地は小畑川を境にして東側が向日町丘陵で、西側が大原野台地とも呼ばれている。 開発前は、西山竹林と呼ばれる竹林が広がり 、(たけのこ)や富有柿等を産出する農山村地域であった。 また、「福西古墳群」と呼ばれるを含む24基のが集まったが残り 、小畑川の河岸段丘上には完成度の高いチャート製のやが埋設されていた「大枝遺跡」などの考古学上の遺跡が多数存在する場所でもあった。 こうした考古学上の史跡は、開発前に「大枝遺跡」などの遺跡の発掘調査が行われて資料が残されたものの 、古墳は2基以外は発掘調査後に破壊される など大半の遺跡が破壊されることになった。 ただし、一部の古墳が公園として残されている ほか、西山竹林を伝えるものとして「京都市洛西竹林公園」がニュータウン内に整備された。 構想から開発の経緯 [ ] 当ニュータウンの開発は、京都市会で(昭和38年)に総合開発試案として取り上げられ、(昭和43年)に議決されたのが始まりである。 これを受けて(昭和44年)に計画が発表されたが 、用地買収が難航したことが影響して(昭和47年)8月5日に着工することになった。 京都市最初の大規模計画住宅団地であり、を事業根拠とする「京都国際文化観光都市建設計画事業洛西新住宅市街地開発事業」として開発が進められた。 計画では、面積は約274haで 、約10,900戸 、人口約40,000人を想定していた。 公営住宅や、公社などが中高層のを建設すると共に、宅地を分譲して低層の戸建住宅も整備され、京都市の住宅難の解消を目指した。 4つの地区に分けられており 、各地区毎に会館と商業施設からなる複合施設のサブセンターを整備し 、各家庭から徒歩で約10分以内にスーパーに買い物に行けるように計画されていた。 さらに、ニュータウン全体の中心施設地区として整備された「タウンセンター」には、やを核店舗とするショッピングセンターの、銀行、郵便局、京都市の西京区役所洛西支所や図害館などが入る総合庁舍、国民年金文化センターなどの官民の施設が集中的に立地して、生活の利便性を高めるようにされた。 また、(昭和46年)の計画では 当時全線未着工だったを当ニュータウンを経由してまで建設するとされていた。 計画の蹉跌による不便 [ ] 計画されていた地下鉄の建設は実現せず、その後、の建設構想も浮上したものの、いずれも実現しなかった。 そのため、現在も公共交通機関はバスのみとなっている。 また、京都市とを結ぶ老の坂峠やなどで慢性的な交通が生じているなど自動車での交通の利便性にも問題を抱えている。 こうした交通の利便性の悪さが影響して、当ニュータウンの中核の商業施設である「ラクセーヌ」は亀岡方面からの集客が少なくなるなど 休日の集客や商圏の狭さで苦戦を強いられる状況になった。 さらに、4地区に配置された商業施設でもその内の3つでは核店舗のスーパーが撤退し、後継店舗が入居した1か所を含めても半分の2か所しかスーパーが営業しておらず、徒歩で約10分以内にスーパーに買い物に行けるという利便性も失われる形となった。 そのため、家族数が増加して家が狭くなって転出する家庭や、子供が成長して家を出て独立し、夫婦のみになる家庭などが増えることになった。 また、高齢化や少子化も進展しており 、入居開始から30年も経たないうちに人口が減少に転じることになった。 公社の合併 [ ] 当ニュータウンの商業施設などは、京都市が出資するの「洛西ニュータウン管理公社」が運営していたが、同公社が外郭団体改革の一環で(平成21年)3月末で解散して京都市住宅供給公社と4月に合併し、京都市住宅供給公社洛西事業部が継承することになった。 年表 [ ]• (38年) - 京都市会で総合開発試案として取り上げられる。 (昭和43年) - 京都市会でニュータウンの開発を議決。 (昭和44年) - ニュータウンの開発計画を発表。 (昭和46年) - を当ニュータウンを経由してまで建設する 計画を発表。 (昭和47年)8月5日 - 着工。 (昭和51年) - 入居開始。 (昭和52年)4月4日 - 当ニュータウン初の小学校として京都市立新林小学校が開校。 (昭和53年)4月1日 - 当ニュータウン初の中学校として京都市立洛西中学校が京都市立樫原中学校西分校として開校。 (昭和55年) - 当ニュータウン初の大学としてがキャンパスを当地に移転している。 (昭和57年)4月 - 「タウンセンター」にを核店舗とするショッピングセンターのが開業。 (平成21年)4月1日 - 「洛西ニュータウン管理公社」が京都市住宅供給公社と合併し、同社洛西事業部が継承。 (令和2年)2月21日 - 京都市内初のも行うコンビニとなる京都洛西境谷店が開業する。 交通 [ ] 鉄道 [ ] (昭和46年)の計画では を当ニュータウンを経由してまで建設するとされていた が実現せず 、その後、の建設構想も浮上したものの 、いずれも実現しなかった。 そのため、現在も徒歩で利用できる駅はなく、もともとはバスなどを用いた阪急の利用が多かった。 境谷本通を東進した延長線上にあるに阪急が(平成15年)に開業したほか 、当ニュータウンのタウンセンターから東へ約3㎞離れた キリンビール京都工場跡地の再開発地区である「京都桂川つむぎの街」に 、(平成20年)10月18日にJRが開業する などより近い距離にも駅が出来ている。 なお、駅まではなどを利用して約15〜30分程度かかる。 バス [ ] 「タウンセンター」には、が設置されている。 洛西ニュータウン線• 教育施設 [ ] 1977年(昭和52年)4月4日の京都市立新林小学校が開校したを皮切りに、翌年の1978年(昭和53年)4月1日に京都市立洛西中学校が京都市立樫原中学校西分校として開校、1980年(昭和55年)4月5日に境谷小学校が新林小学校東分校として開校するなど、当ニュータウンの住居の建設の進展に合わせて学校の開設も進められた。 高等学校で最初に当ニュータウンに開設されたのはであった。 1980年(昭和55年)にはがキャンパスを当地に移転している。 保育園 [ ]• さふらん保育園• 新林保育園• 竹の里保育園• 福西保育園 幼稚園 [ ]• うぐいす幼稚園• うぐいす第二幼稚園• さかいだに幼稚園• 竹の里幼稚園• 洛西せいか幼稚園• 洛西花園幼稚園 小学校 [ ]• 京都市立新林小学校 - 当ニュータウン初の小学校で、1977年(昭和52年)4月4日に開校。 京都市立境谷小学校 - 1980年(昭和55年)4月5日に新林小学校東分校として開校。 京都市立竹の里小学校• 京都市立福西小学校 中学校 [ ]• 京都市立洛西中学校 - 当ニュータウン初の中学校で、1978年(昭和53年)4月1日に京都市立樫原中学校西分校として開校。 京都市立西陵中学校 高等学校 [ ]• - 当ニュータウン初の高等学校として開校。 大学 [ ]• - 1980年(昭和55年)に当地に移転。 行政施設 [ ]• 京都市洛西総合庁舍• 西京区役所 洛西支所• 図書館 商業施設 [ ]• 専門店 - (昭和57年)4月「タウンセンター」に開業。 洛西店が核店舗となっている。 医療施設 [ ]• 洛西シミズ病院 公園など [ ]• 京都市洛西竹林公園 - 1981年6月開園。 開発前の当地にあった西山竹林を伝える施設で、やなど約120種・3000株の竹が植えられた約4haの公園で「竹資料館」などもある。 タウンセンターに隣接する形で「小畑川中央公園」がある。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 京都市/編 『史料京都の歴史 2 考古』 、1983年3月。 『京都大事典』 、1984年。 京都新聞社. 2014年5月20日• 日本食糧新聞社. 2006年3月24日• 京都新聞社. 2009年1月22日• 京都新聞. 2020年2月21日. 2020年2月21日閲覧。 京都新聞社. 2014年10月8日• 京都新聞社. 2014年6月6日• 京都新聞社. 2014年4月17日• 京都新聞社. 2008年6月18日 関連項目 [ ]• - 京都市内にあるニュータウンの両雄。 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

横浜市都筑区

ニュータウン 闇

歴史・概要 [ ] 立地 [ ] 京都市南西部にある西山断層崖の麓でが南に向かって流れる標高約70mから約130mの西山丘陵と呼ばれる丘陵地に立地している。 この丘陵地は小畑川を境にして東側が向日町丘陵で、西側が大原野台地とも呼ばれている。 開発前は、西山竹林と呼ばれる竹林が広がり 、(たけのこ)や富有柿等を産出する農山村地域であった。 また、「福西古墳群」と呼ばれるを含む24基のが集まったが残り 、小畑川の河岸段丘上には完成度の高いチャート製のやが埋設されていた「大枝遺跡」などの考古学上の遺跡が多数存在する場所でもあった。 こうした考古学上の史跡は、開発前に「大枝遺跡」などの遺跡の発掘調査が行われて資料が残されたものの 、古墳は2基以外は発掘調査後に破壊される など大半の遺跡が破壊されることになった。 ただし、一部の古墳が公園として残されている ほか、西山竹林を伝えるものとして「京都市洛西竹林公園」がニュータウン内に整備された。 構想から開発の経緯 [ ] 当ニュータウンの開発は、京都市会で(昭和38年)に総合開発試案として取り上げられ、(昭和43年)に議決されたのが始まりである。 これを受けて(昭和44年)に計画が発表されたが 、用地買収が難航したことが影響して(昭和47年)8月5日に着工することになった。 京都市最初の大規模計画住宅団地であり、を事業根拠とする「京都国際文化観光都市建設計画事業洛西新住宅市街地開発事業」として開発が進められた。 計画では、面積は約274haで 、約10,900戸 、人口約40,000人を想定していた。 公営住宅や、公社などが中高層のを建設すると共に、宅地を分譲して低層の戸建住宅も整備され、京都市の住宅難の解消を目指した。 4つの地区に分けられており 、各地区毎に会館と商業施設からなる複合施設のサブセンターを整備し 、各家庭から徒歩で約10分以内にスーパーに買い物に行けるように計画されていた。 さらに、ニュータウン全体の中心施設地区として整備された「タウンセンター」には、やを核店舗とするショッピングセンターの、銀行、郵便局、京都市の西京区役所洛西支所や図害館などが入る総合庁舍、国民年金文化センターなどの官民の施設が集中的に立地して、生活の利便性を高めるようにされた。 また、(昭和46年)の計画では 当時全線未着工だったを当ニュータウンを経由してまで建設するとされていた。 計画の蹉跌による不便 [ ] 計画されていた地下鉄の建設は実現せず、その後、の建設構想も浮上したものの、いずれも実現しなかった。 そのため、現在も公共交通機関はバスのみとなっている。 また、京都市とを結ぶ老の坂峠やなどで慢性的な交通が生じているなど自動車での交通の利便性にも問題を抱えている。 こうした交通の利便性の悪さが影響して、当ニュータウンの中核の商業施設である「ラクセーヌ」は亀岡方面からの集客が少なくなるなど 休日の集客や商圏の狭さで苦戦を強いられる状況になった。 さらに、4地区に配置された商業施設でもその内の3つでは核店舗のスーパーが撤退し、後継店舗が入居した1か所を含めても半分の2か所しかスーパーが営業しておらず、徒歩で約10分以内にスーパーに買い物に行けるという利便性も失われる形となった。 そのため、家族数が増加して家が狭くなって転出する家庭や、子供が成長して家を出て独立し、夫婦のみになる家庭などが増えることになった。 また、高齢化や少子化も進展しており 、入居開始から30年も経たないうちに人口が減少に転じることになった。 公社の合併 [ ] 当ニュータウンの商業施設などは、京都市が出資するの「洛西ニュータウン管理公社」が運営していたが、同公社が外郭団体改革の一環で(平成21年)3月末で解散して京都市住宅供給公社と4月に合併し、京都市住宅供給公社洛西事業部が継承することになった。 年表 [ ]• (38年) - 京都市会で総合開発試案として取り上げられる。 (昭和43年) - 京都市会でニュータウンの開発を議決。 (昭和44年) - ニュータウンの開発計画を発表。 (昭和46年) - を当ニュータウンを経由してまで建設する 計画を発表。 (昭和47年)8月5日 - 着工。 (昭和51年) - 入居開始。 (昭和52年)4月4日 - 当ニュータウン初の小学校として京都市立新林小学校が開校。 (昭和53年)4月1日 - 当ニュータウン初の中学校として京都市立洛西中学校が京都市立樫原中学校西分校として開校。 (昭和55年) - 当ニュータウン初の大学としてがキャンパスを当地に移転している。 (昭和57年)4月 - 「タウンセンター」にを核店舗とするショッピングセンターのが開業。 (平成21年)4月1日 - 「洛西ニュータウン管理公社」が京都市住宅供給公社と合併し、同社洛西事業部が継承。 (令和2年)2月21日 - 京都市内初のも行うコンビニとなる京都洛西境谷店が開業する。 交通 [ ] 鉄道 [ ] (昭和46年)の計画では を当ニュータウンを経由してまで建設するとされていた が実現せず 、その後、の建設構想も浮上したものの 、いずれも実現しなかった。 そのため、現在も徒歩で利用できる駅はなく、もともとはバスなどを用いた阪急の利用が多かった。 境谷本通を東進した延長線上にあるに阪急が(平成15年)に開業したほか 、当ニュータウンのタウンセンターから東へ約3㎞離れた キリンビール京都工場跡地の再開発地区である「京都桂川つむぎの街」に 、(平成20年)10月18日にJRが開業する などより近い距離にも駅が出来ている。 なお、駅まではなどを利用して約15〜30分程度かかる。 バス [ ] 「タウンセンター」には、が設置されている。 洛西ニュータウン線• 教育施設 [ ] 1977年(昭和52年)4月4日の京都市立新林小学校が開校したを皮切りに、翌年の1978年(昭和53年)4月1日に京都市立洛西中学校が京都市立樫原中学校西分校として開校、1980年(昭和55年)4月5日に境谷小学校が新林小学校東分校として開校するなど、当ニュータウンの住居の建設の進展に合わせて学校の開設も進められた。 高等学校で最初に当ニュータウンに開設されたのはであった。 1980年(昭和55年)にはがキャンパスを当地に移転している。 保育園 [ ]• さふらん保育園• 新林保育園• 竹の里保育園• 福西保育園 幼稚園 [ ]• うぐいす幼稚園• うぐいす第二幼稚園• さかいだに幼稚園• 竹の里幼稚園• 洛西せいか幼稚園• 洛西花園幼稚園 小学校 [ ]• 京都市立新林小学校 - 当ニュータウン初の小学校で、1977年(昭和52年)4月4日に開校。 京都市立境谷小学校 - 1980年(昭和55年)4月5日に新林小学校東分校として開校。 京都市立竹の里小学校• 京都市立福西小学校 中学校 [ ]• 京都市立洛西中学校 - 当ニュータウン初の中学校で、1978年(昭和53年)4月1日に京都市立樫原中学校西分校として開校。 京都市立西陵中学校 高等学校 [ ]• - 当ニュータウン初の高等学校として開校。 大学 [ ]• - 1980年(昭和55年)に当地に移転。 行政施設 [ ]• 京都市洛西総合庁舍• 西京区役所 洛西支所• 図書館 商業施設 [ ]• 専門店 - (昭和57年)4月「タウンセンター」に開業。 洛西店が核店舗となっている。 医療施設 [ ]• 洛西シミズ病院 公園など [ ]• 京都市洛西竹林公園 - 1981年6月開園。 開発前の当地にあった西山竹林を伝える施設で、やなど約120種・3000株の竹が植えられた約4haの公園で「竹資料館」などもある。 タウンセンターに隣接する形で「小畑川中央公園」がある。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 京都市/編 『史料京都の歴史 2 考古』 、1983年3月。 『京都大事典』 、1984年。 京都新聞社. 2014年5月20日• 日本食糧新聞社. 2006年3月24日• 京都新聞社. 2009年1月22日• 京都新聞. 2020年2月21日. 2020年2月21日閲覧。 京都新聞社. 2014年10月8日• 京都新聞社. 2014年6月6日• 京都新聞社. 2014年4月17日• 京都新聞社. 2008年6月18日 関連項目 [ ]• - 京都市内にあるニュータウンの両雄。 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の