ジンバブエ サッカー。 ジンバブエでサッカーの国際試合を観戦しに行ってみた

ジンバブエへの挑戦

ジンバブエ サッカー

こんにちは。 そもそもジンバブエってどんな国? ジンバブエ共和国は南部アフリカに位置し、人口は東京都と同程度、面積は四国と同じくらいの内陸国です。 あまり良い噂を聞かないジンバブエですが、なぜ今注目を集めているのでしょうか? ジンバブエが持つ底知れぬサッカーのポテンシャル 経済の発展とサッカーの強さは比例する とよく言われますが、その言葉が唯一当てはまらない国がジンバブエなのです。 アフリカ大陸で最も整備されているといわれる南アフリカプレミアリーグにおいてもジンバブエの選手は数多く在籍し、現在ではベルギーリーグなどをはじめとしたヨーロッパでも数多くの選手が活躍しているのです。 一般的にアフリカと言えば時間や規律にルーズだというイメージをもつ人が多いと思いますが、ジンバブエ人の選手達はアフリカで最も規律を持ったサッカー選手とお言われるほどの自制心と自主性を兼ね備えているために他の国との大きな差別化ができているのです。 また、ジンバブエの選手たちは高いサッカーIQを誇るために、周辺国に比べてフィジカル的に恵まれていない中でまるで日本人のような的確な状況判断ができる選手が多いことが特徴なのです。 先のクラブW杯では当時のアフリカ王者マメロディ・サンダウンズの一員として来日し、鹿島アントラーズの選手を相手にFWとして好プレーを見せていたことは記憶に新しいのではないでしょうか? 【カーマ・ビリアット選手のプレーはこちらから!】 コスタ選手 全盛期にはアフリカ3本の指に入るヘディンガーと呼ばれ、その滞空時間の長いヘディングは攻撃においてもディフェンスにおいても相手の大きな脅威となっていました。 チェコの名門スパルタ・プラハでプレーし、ELなどの高いレベルでも活躍を見せており、現在ヨーロッパのビッククラブが熱視線を送る逸材DFです。 【コスタ選手のプレーはこちらから!】 ナクンバ選手 ジンバブエ2部リーグからオランダの名門アヤックスで不動のレギュラーとなり、現在はベルギーで大活躍するジンバブエで最も市場価値の高い選手です。 リバプールのクロップ監督が直々に欲しい選手として名前をあげたことでさらに有名になりました。 【ナクンバ選手のプレーはこちらから!】 サッカー以外でも明るい希望が… 2018年に長年続いたムガベ大統領政権に終止符が打たれ、これまでの排他的な政策を一転して再び外資を取り入れるための政策を加速させています。 その取り組みの1つがこれまでジンバブエで起業する際には6(ジンバブエ人)対4(日本人)の株式でなければならないというルールがありましたが、これが一新され外国人100%の法人の設立が可能になりました。 これを機に既に日系企業が2つ設立されるなど再び巻き返しが始まる兆しがあるのです。

次の

ジンバブエ・プレミアサッカーリーグ

ジンバブエ サッカー

ジンバブエ共和国にて2016年より2年間青年海外協力隊として過ごす中で、私はサッカーに関わる人たちの真摯に努力する姿に深く心を動かされました。 彼らの姿を見て、私は本当に多くの学びと感動を頂きました。 次は、私が彼らのために動く番です。 サッカーとビジネスの可能性を追求し、持続可能な活動を探ります。 私自身、ビジネス畑とはかけ離れたところでこれまでの人生を過ごしてきたために皆様の温かい1つ1つのアドバイスを大切に活かしていきたいと考えております。 このプロジェクトを通して、お世話になった方、愛おしい子供たち、そしてジンバブエで努力を続けるすべてのサッカー人に貢献することができればこれほど嬉しいことはありません。 最後に、無力な私に毎度貴重なアドバイスを授けてくださる方々、仕事が忙しいにも関わらずこのプロジェクトのために動いてくださる皆様、本当にありがとうございます。 皆様のお力添えがあるから前に進むことができます。 今後、少しずつ恩返ししていければ幸いです。 ジンバブエ侍フットボールプロジェクト(ZSFP)代表 坂本周造 Message from our president I was in Zimbabwe for 2 years as a JICA volunteer. During my life in Zimbabwe, I was so impressed by young stars and coaches. I learned a lot from them and respect their attitude for football. Now, I decided to work with them again with many sponsors. Without them, I cannot do anything. Let me say again, Thanks for support us. I hope many Zimbabwean footballers feel happy through this hurtful project.

次の

ジンバブエ「殺人暴君」が愛された理由 93歳まで大統領、意外な一面

ジンバブエ サッカー

加藤 出 [東短リサーチ代表取締役社長] 東短リサーチ取締役チーフエコノミスト。 1988年4月東京短資(株)入社。 金融先物、CD、CP、コールなど短期市場のブローカーとエコノミストを 2001年まで兼務。 2002年2月より現職。 2002年に米国ニューヨークの大和総研アメリカ、ライトソンICAP(Fedウォッチ・シンクタンク)にて客員研究員。 マネーマーケットの現場の視点から各国の金融政策を分析している。 2007~2008年度、東京理科大学経営学部非常勤講師。 2009年度中央大学商学部兼任講師。 著書に(日本経済新聞社、2001年)、(有斐閣、共著、2002年)、(ダイヤモンド社、2004年)、(ダイヤモンド社、共著、2006年)。 金融市場異論百出 株、為替のように金融市場が大きく動くことは多くないが、金利の動向は重要だ。 日本を代表する日銀ウォッチャーが金融政策の動向を分析、金融政策の動向を予測する。 同国の中央銀行が発表した公式のインフレ率(前年比)は6月に176%へ上昇した。 7月以降、状況はさらに悪化しているのだが、当局は前年比の公表を停止してしまった。 代わりに前月比の上昇率が発表されている。 表面的に数値が小さく見えるからだが、米ジョンズ・ホプキンス大学のスティーブ・ハンケ教授が推計した8月中旬の前年比インフレ率は559%だという。 経済は深刻な混乱状態にある。 為替市場では同国の通貨が暴落し、生活必需品の輸入にも深刻な支障を来している。 英誌「エコノミスト」や英国営放送BBCによると、多くの商店の棚に空きが目立ち、ガソリンスタンドには長蛇の列ができている。 電気は夜に数時間、水道水は週に1度数時間流れるだけだという。 農作物の種を外国から購入する外貨も不足しており、以前のようにタバコなどを栽培、輸出して外貨を得ることもままならなくなっている。 国際連合は、このままではジンバブエの人口の約半数が来年初めごろに1日1食しか食べられない飢餓に陥ると警告している。 ジンバブエは2008年11月に推計前年比89. 7セクスティリオン%というハイパーインフレを経験した。 「セクスティリオン」とは10の21乗を表す単位のことだ。 前月比で見ても796億%というすさまじいインフレ率である。 当時のムガベ政権は、巨額の財政赤字を中央銀行の信用供与で埋め合わせていた。 それによる信認崩壊によってハイパーインフレが発生したのだが、追い込まれた政府は、自国通貨であるジンバブエ・ドルを完全に廃止することで事態の収拾を図り、米ドルなど他国の通貨を法定通貨とした。 となればインフレ率は米国など先進国に近づくことになる。 しかし自国通貨がない状況では、政府は中央銀行に財政赤字を埋めさせることができない。 市中で米ドル紙幣が不足していたこともあり、政権は16年11月から「ボンドノート」という小額紙幣の発行を開始した。 当初それは米ドルと必ず1対1でリンクするよう定められていた。 だが、その原則は徐々に崩れていく。 17年11月にムガベ氏が追放され、軍部の後ろ盾があるムナンガグワ新政権が樹立された。 だが、この大統領の下で財政規律は一段と緩んでしまう。 政府は「RTGSドル」という電子マネーの発行を開始(通称ゾラー)。 当初はこれも米ドルと1対1で交換できると説明されていたのだが、交換比率はなし崩し的に下落した。 今年6月24日、政府はゾラーを法定通貨とすると宣言し、ジンバブエの自国通貨が公式に復活した。 しかしそれは、政府の巨額の財政赤字を中央銀行がファイナンスする時代が戻ってくることを国民に予見させた。 2000年代後半にジンバブエで生じた財政と通貨の信認崩壊によって受けた艱難辛苦を、恐怖とともに思い出す人々は依然として多いようだ。 ゾラーの対米ドルレートは暴落を続け、それが冒頭で述べたような最近のインフレ率高騰につながっている。 日本の現状とは大きな隔たりがあるものの、国民にとって本当に怖いのは、通貨高よりも通貨の暴落であることが見て取れる。 (東短リサーチ代表取締役社長 加藤 出)• 当ウェブサイトにおけるデータは、東京証券取引所、日本経済新聞社、セントラル短資FX、Kraken、ICE Data Services、クォンツ・リサーチ(総じて「本情報提供者」といいます。 )からの許諾・提供を受けております。 日経平均株価、及び日経ジャスダック平均株価に関する著作権並びに「日経」及び日経平均株価、及び日経ジャスダック平均株価の表示に対する知的財産権その他一切の権利は、全て日本経済新聞社に帰属します。 当ウェブサイトで提供しているマーケット情報は情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。 また、情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社及び本情報提供者は一切の責任を負いません。 当ウェブサイトに掲載している全ての記事及びデータについては「プライバシーポリシー・著作権」をご確認ください。

次の