万引き 家族 安藤 サクラ。 万引き家族

&【公式会見】

万引き 家族 安藤 サクラ

スポンサードリンク まだ上映中なので、ネタバレにならないように感想を 最近の日本は、少し病んできているような気がします。 つい最近も、5歳の少女が両親の虐待で死亡するという事件が起きたばかり。 「言われなくてもこれからがんばるぞ。 だからゆるして。 」と日記に書き、 「もうごはんが食べられない。 」と衰弱して死んでいった彼女を思うと、 「何かできなかったのだろうか。 」と、遠い地に住む私でさえ思います。 うまくいかないこと、おもしろくないことを、 抵抗できない弱い立場の人や、無防備な人への攻撃で紛らわす。 そんな病気が蔓延しつつあり、恐怖も感じます。 「万引き家族」は、そんな時代の中で生まれた傑作。 でも、ほんとはこんな作品が世に出なくてもいい社会にすべきです。 映画は、 血のつながりはないけれど、 肩を寄せ合って生きている「家族」の物語。 「万引き家族」という題名が示す通り、 決して褒められた生活をしているわけではありません。 一般的には、 「社会のクズ」とまで言われるような家族です。 (クズは言い過ぎかな?) でも、 彼らが家族に向ける眼差しは優しい。 本当の家族ですら忘れてしまっている「家族の姿」を 血の繋がりのない、ダメな人々が体現している。 家族って、何だろう そんな問いかけを一人一人にぶつけてくる作品でした。 安藤サクラさんの泣き方は 是枝監督は授賞式後のディナーで、審査員長を務めた豪女優ケイト・ブランシェット(49)が「安藤さんのお芝居について、熱く語っていた」と明かした。 2013年の「ブルージャスミン」で米アカデミー賞主演女優賞を獲得したハリウッド女優は、「もし今回の審査員の私たちがこれから撮る映画の中で、あの泣き方をしたら、安藤サクラのまねをしたと思ってください」と絶賛。 是枝監督も「審査員をとりこにしていた」とうなった。 (サンケイスポーツ) この話を聞いていたので、どんな泣き方をするのか気になっていました。 ここでは詳細を書きません。 やっぱり実際に映画館で見て感じた方がいいですからね。 スポンサードリンク でも、ここで言えるのは「うまいなあ。 」というひとこと。 この映画は、どちらかといいうと演技も淡々としていて、 ドキュメンタリー映画を見ているような感覚になります。 俳優の演技も、自然というか、普通の人っぽさが出ています。 安藤サクラさんの泣き方も、 この映画の雰囲気に見事にマッチしています。 安藤さんの演技を見て、なぜか私は、 「怒られちゃったけど、なんとかがまんしてる幼稚園の女の子」 を連想しました。 なんだか、どんどん良い女優さんになってますね。 映画はPG12です オープニングクレジットに「PG12」という文字が出てきました。 これは、「R指定」よりも軽い扱いです。 PG12 12歳未満の子供が見る場合、親や大人の指導助言が必要。 若干の性描写や万引きの様子、それからいくつかの犯罪の映像が出てきます。 子供と見ることもOKですが、 ここは、大人がしっかりと「家族」を考える映画と位置付けた方がいいかもしれません。 まとめ 良い映画は映画館で、 先入観なしで見ましょう。 そんな意図もあり、 できるだけネタバレしないように気をつけてレビューしてみました。 (レビューになってない・・・ですね。 ) まちがいなく良い作品です。 カンヌ映画祭で最高賞の「パルムドール」を受賞しただけのことはあります。 ぜひ、映画館に足を運んで鑑賞しましょう。 余談ですが、 私が今回初めて入った、A県B市の映画館には、 ロビーにちょっと洒落たカフェのような店があり、 そこの女性スタッフが、 すぐに映画俳優になれるような、 キュートな美人でした。 映画館には映画っぽい人がいるもんだなあと ちょっと感心しちゃいました。 (いえ、下心とか、そういうことではなく・・・).

次の

安藤サクラ×松岡茉優『万引き家族』対談 初参加となった是枝組の現場で感じたこと|Real Sound|リアルサウンド 映画部

万引き 家族 安藤 サクラ

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。 彼らの目当ては、この家の持ち主である祖母の初枝の年金だ。 それで足りないものは、万引きでまかなっていた。 社会という海の、底を這うように暮らす家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、口は悪いが仲よく暮らしていた。 そんな冬のある日、治と祥太は、近隣の団地の廊下で震えていた幼いゆりを見かねて家に連れ帰る。 体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。 C 2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro. 正直、どこがおもしろいのか、わからない。 もっと普通の人々の生活を描いた小津安二郎作品やらが評価されていたのに、こんなにスキャンダラスな題材を持っていかないと海外で評価されないのかと思うと残念でならない。 ノンフィクションでないのなら、こんな題材を勝手に「創作」して「賞」を獲るための道具にしているのでは?と勘ぐってしまいます。 しかもあえて「ドキュメント風」の演出を施すことが必要なのでしょうか? アプローチの方法から疑問を持ってしまいます。 肝心のところをきちんと説明してくれないストーリー。 松岡なぜ樹木の家に住むことになったのか?出来たばかりの恋人との話は?散文的な話でもいいが、何一つ解決がないのが、本当に 「作家的」なのか?演出法の独特なのはともあれ、一応「脚本」としても自分をクレジットしている以上 キチンと反省してほしい。 観た人で「おもしろい」という感想を言っていた人が周りに全くいないのが、物語っています。 UHDBlu-rayで欲しかったけどしょうがない。 是枝監督の願いが観る者の胸に突き刺さる。 出演者たちの名演はすでに多数のメディアに語られている通り。 これほどの傑作を観もせずにタイトルだけで国辱と叩いた奴ら。 普段どれだけ恵まれた、もしくは鬱屈した生活を送っているんだろうか。 どこかから金でも出ていたか。 現代社会の病巣に鋭く切り込みつつ、全く難解さのないヒューマニズム溢れるタッチで淡々と紡がれるある一家族の描写は、観る者の感情を強く揺さぶる。 様々な問題提起をしつつも、この作品は単純な答えを用意していない。 そりゃそうだ。 現実がそうなんだから。 貧困、児童虐待、機能不全の司法。 そして人と人との絆の在り方に思いを馳せつつ、少しでも世界が良い方向に向かう手伝いが自分に出来ないものか、この映画を観て改めて感じた。 この映画が大ヒットした現実、世界での高評価を見るにつけ、まだまだ世の中捨てたものじゃないなと感じるのは、楽観的過ぎるだろうか。 これほどの傑作が日本から生まれたことを、日本人なら誇りに思わなければならない。 最後に、樹木希林が演じたおばあちゃん。 数年前に亡くなった自分の祖母に風貌がそっくりで、本当に驚いた。 劇中での運命と、御本人が亡くなられたことも含めて、他人事とは全く思えない作品になりました。 パルム・ドール受賞、その後の日本アカデミー賞の総舐め、犯罪性の題名や是枝監督の尖った発言からの政府自民党との感情的対立がメディアやネットで囃し立てられた事など、諸々の事情が有ったのは知っていた。 だから今回、なるべく偏見や先入観もない状況で初めて観てみた。 結論は「観るべき映画」であり、「社会の見方に揺らぎを与えてくれる映画」だと思った。 傑作とか名作と呼ぶのとは一寸違う、どちらかと言えば社会問題を散文詩的に提起した勇気ある怪作だろう。 何故ならば、普段の生活に慣れて世の安寧を享受している観客達の心を「それで良いのか」と掻きむしるのだから、説教を聞かされている気にもなる。 実態は犯罪者手記の再現ドラマなので、綺麗に纏められたエンディングは用意されず、様々なシナリオは途中でブツ切れで、登場した家族それぞれの生き方への評価や将来は観客の想像に委ねられる。 情報量が限られる映画が小説以上に不親切なのは間違いないが、観客に行間を読ませる意図であり、娯楽作品ではない警鐘型の映画はそれでも構わない。 財政難からの公的支援制度や児童虐待保護の限界。 都会では村社会が消えて久しく、世代間交流は消滅、核家族すら崩壊する現代において、我々が優先すべきは経済的成功か共生社会の確立か、その両方かと問い掛ける。 その答えを考えろと製作側から観客側が説教されるのだから、金を出して観て損したと言う感想も正解だろう。 少なくとも気持ち良くはない。 是枝監督の「海街Diary」「そして父になる」の作風は穏やかで刺激がない。 でも狙いは過激そのもので、万民からの称賛や商業的成功を狙うよりも、世を憂う知識人からの評価や権威ある賞を味方にするための確信に満ちた闘争に見える。 本作は特に犯罪が絡むので、NHKドキュメンタリーですら深く扱えない社会弱者や貧困層の実態に光を当てるには映画という手段しかなく、監督にも構想に悩む時間と勇気が必要だったのだろうと推察する。 行政のセーフティネットだけで解決できない現代社会に蔓延する精神的病理があるのは事実だ。 さて演出は、リリー・フランキー、安藤サクラ、樹木希林、松岡茉優の演技は何れも素晴らしい。 特に安藤サクラの掴み所のない女の演技は其れだけで価値がある。 女のズルさや逞しさ、優しさや深さには背筋がゾッとした程。 また長めのカットや変幻自在のカメラワーク、衣裳演出も見応え充分。 犯罪に慢性的に手を染める親の心理、契約家族と暮らす老人の幸福、社会の規定路線の息苦しさから逃れるために親への演技を止めた若者、純粋に愛されて生きたい子供達の心根が胸に刺さる。 PG12とは映倫もなかなか踏み込んだ判断だ。 確かに中・高校生なら本作から何か感じるものが有るだろう。 決して「万引きする家族」なのではなく「万引きの様に造られた家族」に語らせた監督の真意に気付く筈だ。 何かを貰える感動作や胸のすく痛快作でもないので、私もそう頻繁には観ないだろう。 でもフランシス・コッポラのベトナム戦争映画「地獄の黙示録」を観るのと同じ主旨で時々観たいと思う。 やはり人の罪深き業(ごう)を語る怪作の部類なのだ。 他の方もおっしゃっていましたが、エンドロールが流れた時に監督のドヤ顔がこれでもかと浮かんできて最後の最後で最高に不愉快でした。 りんちゃんの…なんですか?表情を読み取れって?何か見つけた?誰か迎えに来た?何?誰?なんなの?はあ?そんでオシャレにエンドロールですか?カンヌっぽさ全開ですか? 湿った空気感、雑音の中のボソボソ声、ほんとこういうのが好きですね是枝監督は。 もちろん訴えたいテーマや散りばめた繊細な社会悪、わかりますよわかりますとも。 でも不愉快、これを見た人達へ何か感じろ考えろドヤーーーッていう押し付けがましい映画の作り方に辟易しました。 深いだろう?リアルだろう?ドキっとするだろう?っていう場面をすべて冷めた目で見てしまった私は心がスレているのでしょうか?ある意味この押し付けがましい映画でズシンときて泣ける人が羨ましい。 本物のドキュメンタリーに比べたら鼻くそみたいな映画でした。 だって「ハイカット!」ってなれば当たり前だけど、俳優さん達はキレイな服を着て血の繋がった愛する家族の元へ帰りますやん、ヤケドもメイク、殴られ跡もメイク、万引きもエキストラの中で安全に嘘くさくやってますわ、全然伝わってこない、それより先日父親にイジメぬかれて殺された女の子のニュースを聞くだけでよっぽど泣けてくる。 こんな映画よりあのニュースを私達は未来永劫議論し、少女の無念さを想像すべきじゃないですか?そして「家族とは」をおのおの考えたいのなら、現実の事件を見聞きし、胸が張り裂けそうになるべきじゃないですか? 家族を本気で考察したり感じたいなら、こんな創作ではいけないと思う、所詮この映画は監督がカンヌを意識しまくってキレイにまとめたエゴの塊だから。 なんて…絶賛されている方も多数おられるのに生意気な意見を述べてしまい申し訳ありません…。 一部の低評価レビューを読んで思うこと ここでのレビューがとてもわかりやすいのでつい書き込みました。 世の中には、映画を見て、脈絡や背景が分からないから、明確な解決策が提示されないから、登場人物の心情が説明されないから、不安になり、映画を攻撃する人が一定数いるようですね。 それらが観客に与えられないのは、それらが映画の主題では無いからです。 また、あなた自身だったらどう感じ、どう行動するだろうか?という、「自分で考える自由」を与え、さらに「分からない他者を分かろうとする努力の機会」も与えてくれているものだと思います。 答えが全て提示されるビッグブラザー的な映画ではなく、このような映画が評価されるのは社会がほんの少し成熟した証だと思っています。 この映画は、あなたの心をざわざわさせたかったんです。 その意味で、説明不足で解決策を提示しないこの映画に腹が立つと言う、強い感情をあなたに起こさせたのは、ある意味、成功しているかもしれませんね。 私自身は、希望が見出せない時も人は生き続けるしかなく、さらに他者や社会との折り合いをつけることも求められる、と言う私たち自身のテーマであると感じました。 まさにこの映画で描かれる家族と社会 メディア、警察、法 の相反や矛盾をこのレビュー群に見たようで、二重で味わい深い映画となりました。

次の

安藤サクラの家系図が親戚までスゴすぎる!親の七光りで売れた疑惑?

万引き 家族 安藤 サクラ

スポンサードリンク まだ上映中なので、ネタバレにならないように感想を 最近の日本は、少し病んできているような気がします。 つい最近も、5歳の少女が両親の虐待で死亡するという事件が起きたばかり。 「言われなくてもこれからがんばるぞ。 だからゆるして。 」と日記に書き、 「もうごはんが食べられない。 」と衰弱して死んでいった彼女を思うと、 「何かできなかったのだろうか。 」と、遠い地に住む私でさえ思います。 うまくいかないこと、おもしろくないことを、 抵抗できない弱い立場の人や、無防備な人への攻撃で紛らわす。 そんな病気が蔓延しつつあり、恐怖も感じます。 「万引き家族」は、そんな時代の中で生まれた傑作。 でも、ほんとはこんな作品が世に出なくてもいい社会にすべきです。 映画は、 血のつながりはないけれど、 肩を寄せ合って生きている「家族」の物語。 「万引き家族」という題名が示す通り、 決して褒められた生活をしているわけではありません。 一般的には、 「社会のクズ」とまで言われるような家族です。 (クズは言い過ぎかな?) でも、 彼らが家族に向ける眼差しは優しい。 本当の家族ですら忘れてしまっている「家族の姿」を 血の繋がりのない、ダメな人々が体現している。 家族って、何だろう そんな問いかけを一人一人にぶつけてくる作品でした。 安藤サクラさんの泣き方は 是枝監督は授賞式後のディナーで、審査員長を務めた豪女優ケイト・ブランシェット(49)が「安藤さんのお芝居について、熱く語っていた」と明かした。 2013年の「ブルージャスミン」で米アカデミー賞主演女優賞を獲得したハリウッド女優は、「もし今回の審査員の私たちがこれから撮る映画の中で、あの泣き方をしたら、安藤サクラのまねをしたと思ってください」と絶賛。 是枝監督も「審査員をとりこにしていた」とうなった。 (サンケイスポーツ) この話を聞いていたので、どんな泣き方をするのか気になっていました。 ここでは詳細を書きません。 やっぱり実際に映画館で見て感じた方がいいですからね。 スポンサードリンク でも、ここで言えるのは「うまいなあ。 」というひとこと。 この映画は、どちらかといいうと演技も淡々としていて、 ドキュメンタリー映画を見ているような感覚になります。 俳優の演技も、自然というか、普通の人っぽさが出ています。 安藤サクラさんの泣き方も、 この映画の雰囲気に見事にマッチしています。 安藤さんの演技を見て、なぜか私は、 「怒られちゃったけど、なんとかがまんしてる幼稚園の女の子」 を連想しました。 なんだか、どんどん良い女優さんになってますね。 映画はPG12です オープニングクレジットに「PG12」という文字が出てきました。 これは、「R指定」よりも軽い扱いです。 PG12 12歳未満の子供が見る場合、親や大人の指導助言が必要。 若干の性描写や万引きの様子、それからいくつかの犯罪の映像が出てきます。 子供と見ることもOKですが、 ここは、大人がしっかりと「家族」を考える映画と位置付けた方がいいかもしれません。 まとめ 良い映画は映画館で、 先入観なしで見ましょう。 そんな意図もあり、 できるだけネタバレしないように気をつけてレビューしてみました。 (レビューになってない・・・ですね。 ) まちがいなく良い作品です。 カンヌ映画祭で最高賞の「パルムドール」を受賞しただけのことはあります。 ぜひ、映画館に足を運んで鑑賞しましょう。 余談ですが、 私が今回初めて入った、A県B市の映画館には、 ロビーにちょっと洒落たカフェのような店があり、 そこの女性スタッフが、 すぐに映画俳優になれるような、 キュートな美人でした。 映画館には映画っぽい人がいるもんだなあと ちょっと感心しちゃいました。 (いえ、下心とか、そういうことではなく・・・).

次の