夜行バス カーテン。 あなたも乗ろう!夜行バス (matchan

高速バス・夜行バス・深夜バスの予約・格安情報|高速バスドットコム

夜行バス カーテン

高速バスに欲しい装備アンケート結果 2016年に「夜行バス比較なび」と無料地図アプリ「恋するマップ~女子ちず~」が共同で女性1000人の高速バス利用者にアンケートを実施した。 その結果、高速バスに欲しい設備の上位を占めたのは、1位が仕切りカーテンで38%、2位がコンセントで30%、3位がWi-Fiで25%だった。 アンケート対象が女性ということもあり、仕切りカーテンの需要はとても高い。 高速バス・夜行バスを利用する女性はとても多く、各バス会社は夜行バスに仕切りカーテンを積極的に導入し、リピーター確保に期待を寄せる。 東京発、大阪行きの夜行バスで仕切りカーテンの導入数を調べてみると、2017年2月の運行便333件のうち、87件が仕切りカーテン付きをセールスポイントにしている。 約26%の導入率とさほど高くないように感じるが、これ以外にも隣席との仕切りができるウィラーエクスプレス運行のカノピー(シートの上部にあるフードで顔を覆う座席)などもあり、これらを含めると合計は約180件。 導入率は54%と半数を超える。 もちろん料金が安い4列シートの夜行バスにはあまり設置されていないが、新型車には最初から仕切りカーテンが導入されるケースが多い。 シートの質の良さで評判のウィラーエクスプレスの「ラクシア」も、仕切りカーテンが標準装備となっている。 さくら観光「さくらクオリティエクスプレス」のコンセント 夜行バスの仕切りカーテン以上に普及が進んでいるのはコンセントだ。 4列シートの場合は各シートに1つとはいかないが、かなりの割合で導入されている。 東京発、大阪行きの2月のバス便で調べてみると、333件のうち214件で導入されており、60%を超える。 コンセントの需要が高い理由としては、間違いなくスマホの普及率アップが挙げられるだろう。 近年、スマホのバッテリー駆動時間は長くなっているものの、利用法が多彩になった分、消費する電力も多い。 例えばYouTubeで動画を立て続けに見れば、バッテリーの減り方は明らかに早い。 常にACアダプターを携帯し、コンビニやカフェで充電する人も少なくない。 丸一観光「グリーンライナー」のコンセント 昼行便なら目的地到着後の充電が可能なので「あれば便利」程度だが、夜行バスの場合は勝手が違い、コンセントの重要度はかなり高い。 夜行バスは一度乗ってしまうと途中で短い休憩があるだけで、車内以外での充電はほぼ不可能。 早朝に目的地に着いて充電可能なスポットを探さなければならない。 しかし、頼みの綱のスマホ自体がバッテリー切れでは話にならない。 これではコンビニを探すにも一苦労だ。 このような状況を考えると、夜行バスのコンセントにありがたみを感じている人は、かなり多いだろう。 さらに最近では、USB端子を搭載した夜行バスも増加傾向にある。 1月から運行を開始した超豪華夜行バス「ドリームスリーパー」にも搭載されているほか、ウィラーエクスプレスの「成田シャトル」やVIPライナーの上級グレードなどにも導入されている。 USB端子は狭いスペースにも設置が可能なだけに、高速バスのシートと相性がいい。 また、海外ではコンセントよりもUSB端子の方が主流なため、今後のインバウンド需要を見込んで、導入するバス会社は少なくない。 ドリームスリーパーのWi-Fi表示 最後に夜行バスのフリーWi-Fi(無線LAN)対応だが、仕切りカーテンやコンセントとは異なり、路線ごとの需要や昼夜のバス便によって導入状況に違いがある。 昼行便が主体の路線では、フリーWi-Fiに対応するバス会社が増えており、西日本JRバスや阪急バスなどは全車に導入し、顧客満足度の向上に努めている。 一方で夜行バスのフリーWi-Fi導入は、少し勝手が違う。 通常、夜行バスは夜間走行中は消灯となり、その中でスマホやタブレット、携帯ゲーム機などを利用すると、光が周囲の迷惑となるケースがある。 フリーWi-Fiが導入されていると、どうしても利用を助長するため、夜行バスにはあえてWi-Fiを導入しないバス会社もあるほどだ。 丸一観光「グリーンライナー」のグリーンライナー無線LAN案内 導入率は、東京発、大阪行きの2月の夜行バス333便のうち、フリーWi-Fi対応は86件で約25%だが、昼行便の導入率は30%を超えており、各バス会社とも積極的に導入し始めている。 ただ、年々増え続けるインバウンド需要を考えると、あらゆる設備の充実化は必須で、フリーWi-Fiもそのひとつなのは間違いない。 海外からの観光客の多くは、バスはもとより、鉄道やホテル、観光地などの異国の地での情報収集、予約をインターネットに頼るところが大きいだけに、ネット環境整備の重要性は高い。 最近では外国人観光客もツアーではなく個人旅行を楽しむ傾向にあり、夜行バスの利用を望む声も聞こえてきている。 車内マナーの問題はあるにせよ、多くの外国人観光客を取り込むために、各バス会社が夜行バスのフリーWi-Fi対応に力を注ぎ、業界のスタンダードとなる可能性もある。 夜行バスの仕切りカーテンでプライベート空間を確保し、コンセントでスマホを充電、そしてフリーWi-Fiでネット環境も完備と、一昔前では考えられないほどバスの車内には快適な環境が用意されている。 高速バス、夜行バスの利用者が増え続けている要因として、運賃の安さ以外に、このような環境の整備が後押ししている背景がある。 豪華バスが相次いでデビューする一方で、普段使いのバスでも十分すぎるほどの快適装備が標準となりつつある。 数年後には、どんな設備が新たな「高速バス三種の神器」となっているのか、現時点ではまったく想像もつかない。

次の

夜行バスはカーテンの中でもスマホは使えない?眠れない夜の暇つぶしは?

夜行バス カーテン

先週急きょ東京方面に行く用事ができた。 そしてすぐ帰阪しなければいけない状況で、選択は行きか帰りのどちらかを夜行バスで片道を新幹線を利用するのがベターと判断。 東京の地理は詳しいわけではないので、帰りの夜行バス乗場は不安を感じる。 よって行きを夜行バスで行くことにした。 早速予約をパソコンでとろうとしたが、前日予約はもうあまり残ってないというか、払い込みを3日前までに済ませないといけないので、気に入ったバス会社を選ぶことはできない。 それにしても、夜行バスの種類増えたなあ。 電鉄会社のバスの他、旅行会社のバスなど各社がこれでもかといろんな企画の夜行バスを出している。 予約状況みてもだいたいどこも埋まっているのだから、夜行バス利用者は多いんだなあと思う。 お金と時間を節約という意味ではほんといいね。 結局、最小限のサービスの新宿まで5900円のバスの予約がとれた。 その乗った感想だけど、昨年も夜行バスに関するブログで書いたのでダブル部分もあるけど、なんたって眠れない。 首痛いし振動するしパーキングで止まったときの大きい扉の音などうとうとしかできないしとにかく疲れる。 しかも退屈。 バス会社に提案したいことがある。 こんな夜行バスがあれば絶対人気でるというやつ。 思いついた。 バスの窓のカーテンを一再閉めない。 そう夜景を楽しむ夜行バス。 そうなんだよなあ。 バスから夜の景色を眺めたいんだよなあ。 昔からそう思っていたけど、いまだカーテンを開けたままのバスなんて登場してない。 乗り物の窓から外を眺めるのが好きな人はかなり多いと思う。 それに熟睡なんて出来っこないのだから、窓から眺める行為は気分を和らげる。 なら真中のシートのものは見れないので損やないかとお思いでしょうが、真中シートだけは周囲をカーテンで仕切って個室の感じにして暗くする。 そう、夜景に興味なく暗くして寝たいやつは真中座席を指定すればいいのだ。 もう一つの案はカーテン閉めてもいいが、正面にテレビ画面を配置して、映画を上演して座席のイヤホーンで聴くシステム。 旅客機なんかで利用されているのと同じだな。 これも退屈しのぎにはいい。 この二つのシステムバスが運行したら人気でるはず。 バス会社さん是非やっておくれよ。 とにかく夜行バスでカーテンを回り閉めまくって暗くするのは大反対なのだ。 この意見は実際統計とってみたら間違いなく多いと思う。 夜行バスを単に安く行けるものから楽しむものに変えてほしんだなあ。 まじ寝たいやつは、そういうバスを選べばいいことであってね。 途中3回はパーキングエリアで休憩するが、そこではかならず下車する。 トイレのこともあるが、夜のヒヤッとした空気が気持よくて好きなんだなあ。 行きも帰りも利用するのは疲れるので遠慮するけど、夜行バスの楽しみ方が今後増えていくようなら毎回利用していきたいよなあ。 カーテンを閉めないバスについて、大賛成です。 昔はドリーム号も乗客まかせで、カーテンを閉めろとは言わなかったし、出発時はカーテンを開けたままで来たのですが、3年ほど前にウイラーというバス会社のバスに乗ったら窓側だけでなく通路側にもカーテンがあり、窓側のカーテンは閉めた状態で来て、出発したら、カーテンは開けるな、携帯は使うな、通話はもちろんネットも光がもれるから使うな、ヘッドホンステレオは音漏れがあるからダメ、飲食も音や匂いがあるからダメと規制だらけになってもいる事を知りました。 もう強制的に寝かされるしかない状況の規制だらけのせいで、貨物自動車で運搬されているかのような気分で過ごす事になつてしまいました。。 ビジネス目的の移動なら、これらもありでしょうが、旅行目的では車窓風景も見たいし、眠るよりも観光を楽しみたい人もいるでしょうし、1台まるごとは無理でも前の方の座席の一部だけでも開放席を設けてほしいものです。 もう二度とこんな棺桶に入れられたような感じのバスには乗らないと決めていたのですが、先月に仕事の上で、会社が勝手に予約してしまった日本交通のバスに乗ったのですが、このバスは3列シートですが、通路にはカーテンが設置されておらず、窓側のカーテンも開けて到着し、出発後も閉めるようには言われる事はありませんでした。 前 の方だけはカーテンが閉められ、前方風景が見えなかったのは残念でしたが、これは運転の安全上と理解できるもので 鉄道でも運転席の後ろだけはカーテンを閉めているのでやむをえないかと思います。 今のところ、この1社の1路線しか知りませんが、カーテンを閉めなくてもいいバスが完全にないわけでもありませんよ。 また開放席希望者のための紹介サイトでもできればいいなと思っているところです。 投稿:.

次の

夜行バス・高速バスのおすすめ比較ランキング【2020年版】格安・快適・3列・クーポンが使える夜行バスを紹介!

夜行バス カーテン

もくじ• 夜行バスの3列シートはやっぱ最強だった 3列シートは最強!! もうこれに尽きる。 「次も夜行バス乗るときは絶対3列シートにしよう」 と思ったくらいよかった。 ちょっと マジで最強過ぎたから良かった点を挙げていくわ!!! 最強点その1:カーテンで個人空間を確保できる これ。 もうこれ、最高。 誰にも侵されないパーソナルスペースってやつ?それを確保できるわけ。 人の目を気にして…なんてことがない! もう何でもできちゃう! こんな感じね。 夜行バスって乗客に配慮して 走ってる間は真っ暗なんだよね。 だからスマホとかいじると明かりで迷惑になるから使えないってのが普通。 だけど、3列シートは関係ない! カーテンが光を遮りますから!! いじり放題なんすわ!! 最高だね!! まぁオレは乗ってからソッコーで寝ちゃったけど。 最強点その2:隣に人がいない その1とちょっと被るけど、これ。 最強よ、これ。 もうね、 隣に知らない人がいないってことがどれほど素晴らしいかを実感したわ。 ストレスの有無が段違い。 隣を気にせず足を多少広げても何の問題もないし。 隣に人がいて窓側の席だと、サービスエリアとかでトイレ行くときに 「すみません、降ります…」 とかあるけど、そんな一声掛けなくていい!! トイレ行きたいなら勝手に降りればいいだけ!! はい最高!! 他人を気にする必要がないってのがめちゃデカかった。 最強点その3:優越感に浸れる 僕の乗ったバスは、• 前の方が4列シート• 後ろが3列シート っていうバスだったんだけどね、 3列シートの優越感がすごい。 「あれ?wwwww」 「キミたちぃwwwwww4列シートっすか?wwwwww」 「僕、3列シートなんすよwwwwww」 っていう感じで、カーテン越しにニヤニヤできるっていう。 …すんません、夜行バスごときで調子に乗りました。 でもやっぱり夜行バスなんだよね マジで3列シートの夜行バスは最高だった! 最高なんだけど、結局は夜行バスだからさ。 夜行バスの不満点も挙げさせてよ。 不満点その1:ケツが痛い やっぱね~ 10時間も座りっぱなしだとケツが痛い! 4列よりは身動き取れるから多少は緩和されたけど、やっぱ痛い! エコノミー症候群とかになっちゃいそうで怖いよねっていう。 眠いだろうけど、 サービスエリアで1回1回立ち上がるのは大事だと思う。 不満点その2:寝づらい 3列シートは個人スペースを確保できる! って言っても、 横方向の人の話なんだよね。 リクライニング倒すときって 縦方向の人にはやっぱ一声掛けるじゃん? あれって中々倒しにくいからあんましたくないんだよね。 逆にオレの前の人がめっちゃ倒してきたら 「遠慮ねーな、こいつ。 」 って思うし。 結局 ちょっとしか倒せなくて若干寝づらかった。 次は一番後ろの席を狙いたいな… 不満点その3:やっぱ狭い リクライニングをあんま倒せなかった って言ったけど、オレの 前の席の人はお構いなしにガンガンに倒してくるわけ。 こっちは倒してないのに、前だけ倒れてるからもうオレのスペースが ちょ~~~~~狭い。 これ、夜行バスの辛いとこね。 って思った。 んで、こっから ただの愚痴なんだけどさ、 リクライニング倒すときって、 「倒していいですか?」 って疑問系で聞かない? 今回の夜行バスでオレの前に座ってた人はさ、 「リクライニング倒しまーす」 ってもう宣言してるわけ。 いや宣言て!!オレの許可は!? 普通に聞かれても 「いいですよ!」って応えるけど、せめて聞いてくんね!? 「あ…お、おう!」 としか言えんかったわ。 しかもさ、 宣言したときは30度くらいしか倒してなかったんだよ。 オレが寝て、ちょっと 目を覚ましたらもう100%倒してたから!! いやおまっ!!!おまっ!!!! オレ、100%を許可した覚えないんだが!? 遠慮ねーな、こいつ!! 夜行バス3列シートまとめ 夜行バスとしてはマジで最高だった。 もうこれ乗ったら4列乗りたくねーなってなってしまう。 最高だったけど、 やっぱ新幹線には敵わないよね っていう。 席の感じとかは似てるけど、 東京~大阪までの時間が段違いだからね。 不満を持つことなく到着しちゃうから。 お金に余裕のある人は新幹線がいいと思います。 OTAKUイベント、ぷちぽんは最高だった Petit PopCorn、略してぷちぽん ってイベント行ったけど、いやぁ~~ 楽しませてもらいました。 OTAKU「ラップ、DJイベント」 なんで、多少オタク寄りの僕は十分楽しめた。 DJメインのイベントだけあって、 どのDJも楽しかったし、もちろんライブショーケースも全員最高だった。 あと 知り合いと久々に会ってお話できるってのも楽しい要因の1つかなって思ったね。 ぼっちで行っても全然楽しめるとは思うんだけど、知り合いがいるってのもデカイかな~と。 そんな感じで、細かい感想も少し書いてみます。 ちなみにこれが会場の看板 ぷちぽんレポート1:お酒あんま飲んでない お酒飲むぞ! とか言ったけど結局5杯くらいしか飲んでなかった。 カルーアミルク• マリブミルク ってやつ。 後ろ2つはもうジュースみたいなもんだったからお酒!って感じはないんだけども。 いや、でも 普通に美味しかったです。 ぷちぽんレポート2:ライブショーケースが良かった 何人かの方がライブしてたんだけど、その中でも• きりあん さん• SHIDO さん お2人のライブが初めて見たってのもあって すんげぇ~良かった。 きりあんさんは、 アニメを題材にしたラップを披露してくれてて単純に楽しかったし、アニメがテーマにもかかわらずカッコよかった。 SHIDOさんは、 当時聴きまくってた曲を披露してて、素直にぶち上がってしまった。 いやぁ~、やっぱ生で聴けると最高でしたね。 また見たいし、聴きたいってなった。 こういうライブの感想を書くのがヘタクソなんだけど、• かっこいい!!• 楽しい!!• 最高!! って感想が真っ先に浮かんでるんで、つまりそういうことです。 かっこいいし、楽しいし、最高だった。 ぷちぽんレポート3:DJも良かった いろんな方がDJしてたけど、 盛り上がってる人はめちゃくちゃ盛り上がってて最高だった。 僕は 知ってる曲が流れたら前に行って手を振ってたけど、全然それで楽しかったしね。 ただまぁ~~~~ つくづくオレはにわかなんだなって思った。 DJしてた方がセットリストをツイッターにアップしてたんだけど、 わからない曲の方が断然多かったしね。 今までのオレは何を聞いていたのかが疑問。 せっかく大阪まで行ってイベントに参加してるんだから もっと色々聞かないとな~って思いました。 こういったイベントをもっと楽しめるように努力してぇ。 単純にもったいないよねっていう。 ネットラップ• ヒップホップ• アニソン 辺りはもっと深いとこまで行ったほうが楽しめるよねって感じ。 はい、がんばります。 大阪旅行まとめ 夜行バス、イベント共に楽しかった! なんやかんやで何回か大阪に行ってるけど全部楽しいんだよね。 単純に行ってよかったです。 たこ焼きとお好み焼きっていう大阪っぽいものも食べられたしね! 美味しかったです!! 次の機会があればまた行きたいな~~ ああいうイベントに足を運ぶと なにかしらのやる気を貰えるのでね。 ノートPCでも買って 僕もDJできたらなって改めて思いました。 そんな感じ! ぷちぽん関係者の方々はマジでお疲れ様でした! そりでは!.

次の