メルペイ もったいない。 メルペイのメリット・デメリット・評判!安全性も徹底解説【メルカリのスマホ決済】

メルペイスマート払い(あと払い)は便利?支払い法や手数料を解説

メルペイ もったいない

こんにちは。 しんちゃんです。 今回は、 「メルペイのメリット・デメリットを知ろう!」について、 お話します。 引用:フリマアプリ「メルカリ」の決済サービス「メルペイ」(merpay、めるぺい)「iD」「コード決済」に対応し、キャッシュレス決済推進(世界を変えるテク、人達を追う テクの) メルペイは、 やっぱりクレジットカードがないと使えないという方もいますよね。 しかし、 メルペイは、 クレジットカードを登録できません。 銀行口座、 不用品などで売り上げた金額を使って、 支払うことができます。 なぜなのか。 そのためにもメリット・デメリットを知っておきましょう。 この記事を読んで欲しい方• メルカリをよくやっている方• メルペイを使いたい方 メルペイとは? まず、 メルペイとは何か? そのことについて、 お話します。 メルペイとは、 フリマアプリで有名なメルカリが運営しており、 2019年2月13日に誕生した決済サービスのこと。 特徴としては、 メルカリで不用品などを売った金額をメルペイで使用することができます。 さらに、 メルペイスマート払いでクレジットカードのように後払いで支払いすることができます。 メルペイのメリット では、 さっそく、 メルペイのメリットについて、 お話します。 大きく分けて5つ。 メルカリで売り上げた金額とポイントを使うことができます• iDで支払いできます• にチャージすることができます• クーポンが使えます• もともとメルカリで不用品などを売り上げた金額を利用する場合、 いったん自身が登録した銀行口座へ振込して現金にする必要があり、 なおかつ振込金額が1万円未満であれば210円の振込手数料も支払わなければならない。 しかし、 メルペイを使えばメルカリでの売り上げた金額を現金ではなく、 コード払いやiD払いで利用できます。 をかざすだけで支払いができ、 とても便利。 メルペイのiDで支払うときは、 以下の通り。 1.メルカリのアプリを開きます 2.画面右下の「メルペイ」をタップします 3.画面中央の「iD決済」をタップします 4.店員に「iDで」と伝えます 5.決済端末にをかざして支払います 5つのステップなので、 やり方はかんたん。 ちなみに、 前回の記事「iDのメリット・デメリットを知ろう!」について、 投稿いたしました。 下のリンクに貼っておきますのでご覧ください。 買い物以外にも、 売り上げた金額とポイントの使い道が増えますので、 電車によく乗る方はおすすめ。 還元率の高いクーポンが手に入るので、 使ってみるのも手でもあります。 手持ちの売り上げた金額や現金がなくても支払いができる後払いサービス。 1か月後にまとめて支払うこができるので、 売り上げた金額が入金なくても、 いますぐに買い物したい方にはうれしいサービスとなっています。 メルペイのデメリット では、 つぎに、 メルペイのデメリットについて、 お話します。 大きく分けて4つ。 全てのお店で使えるわけではありません• アプリを起動するのが面倒なことも• クレジットカードを登録することができない• 支払いですべてメルペイが使えるとはかぎらないので、 事前にメルペイが使えるお店を確認しておこう。 なお、 メルペイはiD払いとコード払いでそれぞれ使えるお店は異なるので、 それもあわせて確認しておきましょう。 使えるお店を調べたい方は、 下のリンクへ。 iD払いであればからすばやく支払えますが、 コード払いの場合はメルカリのアプリを一度起動してコードを表示する必要があります。 また、 支払うこともできない。 他の決済と比べてデメリットであり、 メルペイで支払うためには銀行口座を登録が必要です。 が財布の代わりになるので、 を落としてしまうとほぼ財布を落としたことになります。 もし、 メルペイの入ったを紛失した場合は、 メルカリの「マイページ>お問い合わせ」にいき、 「メルペイの利用を緊急停止したい」へと報告しておきましょう。 まとめ 以上のように、 「メルペイのメリット・デメリットを知ろう!」について、 お話しました。 使える銀行口座はかぎられますが、 クレジットカードを登録できなくても利用できます。 クレジットカードがなくても安心して使えますので、 使ってみる価値あり。 また、 不用品などで売り上げた金額を使うこともできますので、 こちらも使ってみる価値あり。 それでは。

次の

メルペイ後払いを滞納しているけど払えない!分割払いはできるの?

メルペイ もったいない

メルペイってどんなところが良いの? メルペイの特徴やメリットとして以下の3つが上げられます。 ・日本全国の店舗でメルペイが使える! 全国のコンビニや飲食店、ドラッグストアなどで利用可能です。 またメルカリフリマはもちろん、一部のネットショップでも利用可能です。 メルペイの加盟店はから確認できます。 ・メルペイでメルカリの売上金が使える フリマサイト『メルカリ』での売上金がメルペイを通して使えます。 また、銀行口座を登録しておけば、売上金がなくても簡単に口座からチャージして使う事ができます。 現金やクレジットカードより電子決済の方が還元率が高いのでおススメです。 ・メルカリアプリだけで簡単にメルペイで決済できる すべての決済がメルカリアプリだけでかんたんに行えます。 決済に必要なのはダウンロード無料のメルカリアプリだけなので簡単です。 メルペイのスマート支払いとは何? メルペイのスマート払いとは、今月使った購入代金を、翌月にまとめて支払える 後払いの支払い方法です。 メルカリでの買い物や提携ショップでの支払いに利用できる便利なサービスです。 スマート払いのメリットは何があるの? メルペイスマート払いのメリット ・何度お買い物をしても、清算は1回なので楽チン! ・「自動引落としでの清算」もしくは「メルペイ残高での清算」なら清算時の手数料が無料で利用できます。 ・利用上限金額を自分で設定できるため、使いすぎの心配がないので安心。 メルペイスマート支払いの使い方 ・メルカリでメルペイスマート払い設定方法 メルペイスマート払いの使い方は、まず メルカリでスマート払い取引をする場合だと、購入手続き画面でこの決済方法を選ぶだけです。 次の画面でメルペイスマート払いにチェックを入れればOKです。 手数料無料で簡単かつお得に使う方法ですから、今までコンビニやATM払い、キャリア決済などを選択していた人に朗報です。 それに、メルペイスマート払いは即決済手続きが完了するので、出品者は直ぐに発送に進むことができます。 つまり商品の受け取りが早くなりますから、少しでも早く受け取りたい場合に、この決済方法は簡単で役立つといえるでしょう。 ・実店舗やWeb店舗でのメルペイスマート払い設定方法 実店舗でメルペイスマート払いを利用する場合は、お店でも使えるメルペイスマート払いの設定が必要です。 お店でも使えるメルペイスマート払いはまず、メルカリアプリで「 メルペイ」のアイコンを選び、写真の画面の「 メルペイ設定」を選択します。 次に、「 お店での支払い方法を変更する」を選択します 次の画面で「 メルペイスマート払い」を選択すれば完了です。 「メルペイの設定」画面から事前にメルペイスマート払い利用上限金額を設定しておくと良いでしょう。 お店でも使えるメルペイスマート払いの設定ができない時は、まだ本人確認が済んでいない恐れがあります。 本人確認はお支払い用銀行口座の登録、もしくはアプリでかんたん本人確認で手続きします。 本人確認状態の確認はマイページから行えますが、まだ未確認状態であれば、お店でも使えるメルペイスマート払いの設定で自動的に手続きに進むので安心です。 確認の手続きが進行中だったり、既にお店でも使えるメルペイスマート払いの設定が完了している場合は、新たに設定することは不可能です。 稀にアプリの不調で設定できないケースもありますが、その際はアプリの再起動や最新版へのアップデートを試すのが正解です。 本人確認や初回設定が済んだら、いよいよ実店舗でメルペイスマート払いが使えるようになります。 ・メルペイスマート払いの使い方 決済時にメルペイ画面を開き、支払い方法の右上の表示からメルペイスマート払いをタップします。 ここで残高に続き金額が表示されている場合は、支払い方法が設定されているので変更不要です。 この状態で iD決済か コード決済を利用すると、メルペイスマート払いでの支払いになります。 メルペイマークのあるお店ならコード決済に対応していますから、メルペイスマート払いの利用が実現します。 メルペイスマート払いの活用法 メルペイのスマート払いの活用法としては、手元に現金がなくても欲しい物を手にできることが挙げられます。 クレジットカードで支払う手もありますが、利用限度額を使い切ってしまっていると、欲しい物が見つかっても我慢せざるを得ないです。 そんな時、スマート払いが利用できれば、家族や友人にお金を貸してもらったり新たな借り入れの必要なく、翌月の清算で買い物ができるようになります。 買い物の頻度が多いと、何を買ったか忘れてしまったり、支払いの管理が面倒になります。 そういう場合もメルペイスマート払いに切り替えることで、購入した商品の把握も清算もシンプルに済みます。 スマート払いは月末が締日で、翌日から月末いっぱいまでが支払期限となっています。 1ヶ月間まるまる清算の余裕がありますから、給料日が月末に近くても心配無用です。 クレジットカードとは違って、利用の上限額は自分で設定しますから、1ヶ月にいくらまで使うか予め決めておけます。 使い過ぎることはなくなり、毎月の支払いの負担が軽減できるので、ついついカードを使い過ぎてしまう人に最適です。 手数料は清算時にのみ300円の定額ですし、メルペイ残高払いを選択する活用法を使えば、実質手数料無料です。 買い物の度に手数料が掛かることはありませんし、他の支払い方法と比べて購入額が高くなる心配もないです。 お得な残高払いを選ぶには、銀行口座からメルペイにチャージすることが必要なので、入出金手数料が無料のネット銀行の選択をおすすめします。 これでメリットが最大限に引き出されますから、ますますメルペイスマート払いは身近になって手放せなくなるでしょう。 <メルカリ関連記事> ・ ・ ・ ・•

次の

【6月版】「メルペイ」のキャンペーン&クーポンまとめ

メルペイ もったいない

こんにちは。 しんちゃんです。 今回は、 「メルペイのメリット・デメリットを知ろう!」について、 お話します。 引用:フリマアプリ「メルカリ」の決済サービス「メルペイ」(merpay、めるぺい)「iD」「コード決済」に対応し、キャッシュレス決済推進(世界を変えるテク、人達を追う テクの) メルペイは、 やっぱりクレジットカードがないと使えないという方もいますよね。 しかし、 メルペイは、 クレジットカードを登録できません。 銀行口座、 不用品などで売り上げた金額を使って、 支払うことができます。 なぜなのか。 そのためにもメリット・デメリットを知っておきましょう。 この記事を読んで欲しい方• メルカリをよくやっている方• メルペイを使いたい方 メルペイとは? まず、 メルペイとは何か? そのことについて、 お話します。 メルペイとは、 フリマアプリで有名なメルカリが運営しており、 2019年2月13日に誕生した決済サービスのこと。 特徴としては、 メルカリで不用品などを売った金額をメルペイで使用することができます。 さらに、 メルペイスマート払いでクレジットカードのように後払いで支払いすることができます。 メルペイのメリット では、 さっそく、 メルペイのメリットについて、 お話します。 大きく分けて5つ。 メルカリで売り上げた金額とポイントを使うことができます• iDで支払いできます• にチャージすることができます• クーポンが使えます• もともとメルカリで不用品などを売り上げた金額を利用する場合、 いったん自身が登録した銀行口座へ振込して現金にする必要があり、 なおかつ振込金額が1万円未満であれば210円の振込手数料も支払わなければならない。 しかし、 メルペイを使えばメルカリでの売り上げた金額を現金ではなく、 コード払いやiD払いで利用できます。 をかざすだけで支払いができ、 とても便利。 メルペイのiDで支払うときは、 以下の通り。 1.メルカリのアプリを開きます 2.画面右下の「メルペイ」をタップします 3.画面中央の「iD決済」をタップします 4.店員に「iDで」と伝えます 5.決済端末にをかざして支払います 5つのステップなので、 やり方はかんたん。 ちなみに、 前回の記事「iDのメリット・デメリットを知ろう!」について、 投稿いたしました。 下のリンクに貼っておきますのでご覧ください。 買い物以外にも、 売り上げた金額とポイントの使い道が増えますので、 電車によく乗る方はおすすめ。 還元率の高いクーポンが手に入るので、 使ってみるのも手でもあります。 手持ちの売り上げた金額や現金がなくても支払いができる後払いサービス。 1か月後にまとめて支払うこができるので、 売り上げた金額が入金なくても、 いますぐに買い物したい方にはうれしいサービスとなっています。 メルペイのデメリット では、 つぎに、 メルペイのデメリットについて、 お話します。 大きく分けて4つ。 全てのお店で使えるわけではありません• アプリを起動するのが面倒なことも• クレジットカードを登録することができない• 支払いですべてメルペイが使えるとはかぎらないので、 事前にメルペイが使えるお店を確認しておこう。 なお、 メルペイはiD払いとコード払いでそれぞれ使えるお店は異なるので、 それもあわせて確認しておきましょう。 使えるお店を調べたい方は、 下のリンクへ。 iD払いであればからすばやく支払えますが、 コード払いの場合はメルカリのアプリを一度起動してコードを表示する必要があります。 また、 支払うこともできない。 他の決済と比べてデメリットであり、 メルペイで支払うためには銀行口座を登録が必要です。 が財布の代わりになるので、 を落としてしまうとほぼ財布を落としたことになります。 もし、 メルペイの入ったを紛失した場合は、 メルカリの「マイページ>お問い合わせ」にいき、 「メルペイの利用を緊急停止したい」へと報告しておきましょう。 まとめ 以上のように、 「メルペイのメリット・デメリットを知ろう!」について、 お話しました。 使える銀行口座はかぎられますが、 クレジットカードを登録できなくても利用できます。 クレジットカードがなくても安心して使えますので、 使ってみる価値あり。 また、 不用品などで売り上げた金額を使うこともできますので、 こちらも使ってみる価値あり。 それでは。

次の