東大 生 勉強 時間。 勉強のやる気が1時間も続かなかった東大生が語る!勉強のやる気を出す10つの方法

東大生は一日8時間ほど勉強すると聞いたのですが、本当ですか?

東大 生 勉強 時間

勉強を好きになることが成功の最短ルート 具体的なノウハウに入る前に、勉強が好きになることのメリットについて紹介します。 正直に言って 勉強を好きになることができたら、試験や資格の類は無双できます。 東大に合格する人はみんなニコニコしながら勉強しています。 死にそうな顔しながら受験勉強をしている人の方が少ないです。 いったい勉強を好きになると、どんなメリットがあるのでしょう? 人間は好きな事はスグに覚える生物 人間って好きなことはスグに覚えちゃう生き物なんです。 これはあなたも経験があると思います。 英単語は何回やっても覚えられないのに、ポケモンの名前はスグ覚えられたりしませんでしたか?(笑)• 好きなゲームの知識• 好きなアイドルの知識• 好きなスポーツの知識 なんの苦労もなしに覚えられたはずです。 なぜだと思いますか? それは好きなことは常に脳みそが意識しているからなんです。 人間っていつも好きなことばかり考えているんですよ。 「今日は帰ったらポケモンやるぞ〜!」 「来週の土曜日は握手会だぁ〜。 ぐへへ」 「あの娘は俺のことをどう思っているんだろう?」 こんな感じですかね?(笑) これはあなたが意識していなくても、無意識下でも同じようなことがおこなわれています。 そして暗記というのは脳みそに何回も登場させることによって初めて定着します。 英単語は何回も単語帳を読み込むことで暗記できますよね。 しかし勉強嫌いの人の脳みそは勉強中しか勉強のことを考えません。 一方、勉強が好きな人は勉強していない時でも勉強のことを考えています。 両者には脳みそに登場する回数に圧倒的な差があるのです。 当然、暗記のスピードにも大きな差があらわれます。 「好きこそものの上手なれ」という言葉はとても理にかなっていたのですね。 どうすれば勉強が好きになれるの? 「理屈はわかったけど、どうすれば勉強を好きになるの?」 「嫌いなものを好きになる方法なんてないだろ!」 そんな声が聞こえてきそうですが、勉強を好きになる方法は確かに存在します。 具体的に説明していきます。 実はこれ逆のことも言えるのです。 CMで流れてくる音楽が頭に残ったり、CMの商品をつい買ってみたくなってしまうことってありますよね? いつも一緒にいる友達の女の子をなぜか好きになってしまうことってありますよね? そうなんです。 実は人間は 脳みそに登場する回数が多いものを好きになる生き物でもあるんです。 脳みそ 「最近〜のことがよく出てくるなぁ。 もしかして俺〜が好きなのかも!」 …なんだか脳みそって可愛いですね(笑) つまり勉強が好きになりたければ、単純に勉強のことを意識させる機会を増やせばいいのです。 実は東大合格者はこれが自然とできているんですよ。 もっと具体的に言うと、 大学資料を持ち歩く&部屋に飾るのはめちゃくちゃおすすめです。 最近の大学の資料は入学者獲得のためにかなり作り込まれていています。 授業の内容• 大学生のリアルな声• サークル紹介• キャンパス情報 などなど。 大学の情報を一番リアルに知れるのが、大学の資料です。 これを読み込んで自分がその大学に行く姿を妄想しましょう! 勉強部屋に飾るのもいいかもしれません。 持ち歩いて勉強のモチベーションを上げたい時に読み込むのもいいですね。 資料請求は無料ですし、で申し込みすれば 最大で図書カード1000円分をもらえます。 超効率的な〜勉強法• 1分間集中勉強法• 超集中〜法 などなど ここまで勉強法の情報があふれかえると逆に混乱しますよね。 しかし、ここでも勉強を好きになるという根本を忘れてはいけません。 周りの常識を疑う 繰り返しになりますが、あなたにベストな勉強法を見つけることが受験を勝ち抜くうえで一番大切なことになります。 それは時に常識を疑うことにもつながります。 一番良い例が予備校ですね。 多くの受験生が「安心」を買うために、予備校に通っています。 だって不安ですよね?まわりが予備校に通うなか自分だけ1人で勉強するのは。 しかし、 予備校に通うことがあなたにとってのベストな受験戦略とは限りません。 常識を疑いましょう。 今は参考書だって充実しているし、 のような動画授業サービスもかなりクオリティーが高いです。 今、僕が受験生だったら確実に参考書とスタディサプリを活用して受験に挑みますね。 僕はもともち教室で授業を受けるのが嫌いで、自分でサクサク進めたいタイプだからです。 基本は参考書を使ってどうしてもわからないところはスタディサプリを使うというスタイルが僕には合っていそうです。 しかし、「スタディサプリだけで受験は不安だな…」と言って、自分の特徴よりも周りの常識を優先させてしまうと、思ってしまう人多いんですよね。 周りは関係ありません。 あなたにとって最善の選択をしましょう。 部屋に目標を貼る 東大合格者の9割以上が自分の部屋に「東大合格」という紙を貼っていたそうです。 これで部屋には入ったら嫌でもあなたの脳みそは「東大」、「受験」…を意識することになります。 私は受験生時代にさらに発展させて以下の様なことも行っていました。 私は東大生じゃないですけどね(笑)• 第一志望校の名前が入ったシャーペンを使う• 第一志望校の名前が入ったスウェットで寝る• 第一志望校の赤本を部屋の目立つところに飾っておく• 第一志望校のスクールカラーに部屋を模様替え 親からは頭がおかしくなったと思われていました(笑) このように自分の生活の中に勉強と関連するものを取り入れると、嫌でも脳みそは勉強のことを意識せざるを得なくなります。 周りの環境をかえる 東大生の9割以上が進学校の出身です。 もともと頭が良いということもありますが、実は進学校の環境にも要因があります。 進学校では受験や勉強の話がメイントピックスです。 先生はもちろんのこと、友達同士での話題も勉強に関する話が多いです。 自然と「受験」「勉強」について意識する機会が多くなります。 なので、もし勉強が好きになりたかったら環境づくりからはじめましょう。 一番手っ取り早いのは自分と同じ目標をもっていて、自分より頭がいい人と仲良くなることです。 「周りにそんな人いないよー。 」って人も安心してください。 最近はtwitterで勉強垢、資格垢なるものが流行っています。 プライベートとは別の勉強用のアカウントです。 同じ目標を持った人同士でつながることができます。 よく言われる話ですが、環境を変えることが成功への近道です。 好きこそものの上手なれ 「好きこそものの上手なれ」 もともと好きなことばかりして生きていくことは難しいです。 嫌なことでも、どうしてもやらなければいけない場面というのは存在します。 しかし何事も楽しむことができれば、すごくいいですよね。 【おすすめ】大学の資料請求で勉強モチベを爆上げだ! ここまで長々と説明しましたが、 1番のおすすめは資料請求からの大学生活の妄想です笑 先ほども紹介しましたが、最近の大学の資料は入学者獲得のためにかなり作り込まれていています。 まるで雑誌みたいに読んでいて楽しいものもあります。 これを読み込んで自分がその大学に行く姿を妄想しましょう! 勉強部屋に飾るのもいいかもしれません。 持ち歩いて勉強のモチベーションを上げたい時に読み込むのもいいですね。 資料請求は無料ですし、で申し込みすれば 最大で図書カード1000円分をもらえます。 図書カードもちゃっかりゲットして参考書を買いましょう笑 今すぐ志望校の資料をGETです! \急げ!期間限定で図書カードが無料でもらえる/ ・すぐ勉強に飽きてしまう ・受験勉強がつまらなくてしょうがない ・ついついゲームやテレビを優先してしまう ・E判定からの逆転合格を狙っている ・1日10時間以上勉強ができない ・やる気はあるけど行動に移せない ・いくら勉強しても偏差値が上がらない こんな悩みを抱えていませんか? これらの悩みを解決するために「楽しく毎日10時間勉強して自然と偏差値を爆上げする方法」題して「 Enjoy Study Method」を無料で配布しています。 高学歴な学生ライターを率いる当メディアの叡智を結集した2万文字にも及ぶ限定コンテンツです。 LINE にご登録いただければすぐに無料で閲覧することができます。 ぜひ、今すぐ登録してください!.

次の

休憩について考える

東大 生 勉強 時間

受験生の最終目標である合格から逆算して考える 1日の勉強スケジュールを立てるにも、闇雲に勉強計画を立ててはいけません。 以下の図のような逆算での作成が必要になります。 1日の勉強スケジュール• 今回は1日の計画の立て方なので、くわしくはそれぞれのリンク先を参考にしてください! コツ2. 無理な勉強スケジュールにしない 受験生にとって1分でも長く勉強しなければいけないと考えることは重要ですが、今まであまり勉強する習慣がなかった人が急に無理なスケジュールを立てても、挫折してしまいます。 勉強計画表を作っているときは、勉強へのモチベーションが高くて、いろんな科目を詰め込んでしまいがちですが、最初は余裕のあるスケジュールを立てていきましょう。 徐々に勉強の習慣が出来てきたら、少しずつ学習時間を増やしていきましょう。 コツ3. 復習の時間をしっかりと取る 受験生にとってもっとも大事なところは復習をしっかりとやるということです。 いくら新しい知識をどんどん蓄えても、忘れていってしまっては意味がありません。 復習は習慣化していなければなかなかやらないので、ぜひ決まった時間に少しでもいいので復習の時間を作りましょう。 コツ4. やるべきことの優先順位を間違えない 受験生にとってやらなければいけない勉強は無限にありますが、時間は限られてきます。 最終目標の大学合格から逆算して作った年間や月間の勉強計画を参考にしながら、今やるべきことの最優先を間違えないようにしましょう。 大事なことなのでもう一度言っておきますが、最初に一日のスケジュールを作っても意味がないので、しっかりと逆算して年間の計画表から作っていってください。 1日の勉強のスケジュールの作り方!『やることリスト』を作ろう 受験生はまず1日1日の勉強を大切にこなしていくことが受験勉強の第一歩になります。 しかし! こんな日が毎日続いていたら、あなたは今不合格への道を全速力で進んでいることになります。 夜に翌日やることを書き出す=P• やることリストを見て勉強=D• 夜にやったことを書き出し振り返る=C• 翌日にやることを書き出す=A PDCAサイクルを回すのが、一番効率のいい勉強計画の立て方です。 東大生の1日の勉強スケジュールその1:やることリストを作ろう! 名前:山岡くん 出身:東京都 現浪:現役 科類:文科2類 趣味:ヒッチハイク 得意科目:英数 苦手科目:特になし 山岡君より一言 僕は受験期は毎日「やることリスト」を作っていました。 やはり目的意識がないとダラダラと過ごしてしまいがちになるので、紙に書き出すことでその日にやるべきことをしっかりと意識できるようにしていました。 ちなみに紙のサイズはB5ノートを半分に切ったもので、ポケットに入れて一日中持ち歩いていました。 この習慣は僕の受験勉強においてかなり重要なものだったと思いますので皆さんもぜひ「やることリスト」を作ってみてください。 (*クリックすると拡大できます*) 解説 彼は、その日にやることを小さな紙に書き出して持ち歩くことでしっかりと目的意識を保って一日を過ごせていたといいます。 また、紙には「やることリスト」だけでなく「その日の名言(的なもの)」や「勉強時間の記録」「勉強場所の移動案」みたいなものも書き込まれています。 皆さんも是非、オリジナルの機能を持った「やることリスト」を作ってみましょう。 対応テンプレート1. 「受験生の一日のスケジュール表」 勉強計画のテンプレートについては、「」をご覧ください。 僕は手帳に直接、その日に扱った科目のポイントや注意点、テスト関連のメモなどを書き込んでいました。 具体的なことまで書き混んでいるため、空いた時間に見返すだけで復習になりました。 (お昼ご飯まで書き込んであって恥ずかしいです…) 解説 これはM君が浪人時代に塾の授業を記録していた手帳です。 手帳にその日の授業をリストアップし、さらに 各授業で何を学んだのか、授業に対する自分の取り組みが書き込まれています。 手帳にはそのほかにもプライベートなことも書き込まれており、特にライブやお昼ご飯に関する書き込みからは彼の受験時代の生活を想像することができますね笑。 この勉強スケジュールの作り方• 手帳を用意する• その日受ける授業をリストアップ• 授業で学んだ内容、授業の感想を書く• テストの点数や励ましになる情報も書く• 一週間の最後に各教科に対する振り返りを書く 対応テンプレート2. 時間の横線が入ったページを利用し、一日の欄を縦に割り、まずは左側に「何を何時~何時にやるのか」という理想の計画を立てる。 次に、それをきちんとこなすことができたら該当枠にバツ印を入れていき、実際には何を何時~何時にしたのか、とういうことを記録していくんだ。 解説 「やりたいこと」と「やったこと」をまとめていく。 なぜこの勉強方法が最も効率的かというと、PDCAサイクルを上手く回すことができているからです。 PDCAサイクルとは以下の4つのことを言います。 P(Plan)• D(Do)• C(Check)• A(Action) このように何度もPDCAを繰り返すことによって成績アップしていきます。 このPDCAサイクルをKくんの勉強方法に当てはめていくと、• P=前日の夜にやりたいことを書く• D=実際に勉強• C=やったことを書く、明日の予定を立てる• A=実際に勉強 1日の勉強がこれでいいのかと試行錯誤しながら勉強していくことが非常に重要です。 これを高校生の段階で実践出来ていたKくんが現役合格するのも納得です。 どの勉強法がいいのか分からないという人はKくんの勉強法を真似してみることをオススメします。 東大生の1日の勉強スケジュールその4: ルーティンを決める! 名前:S・Nさん 高校:神奈川私立中高一貫 出身:神奈川県 生年月日:1998年 現浪:現役 科類:文科一類 趣味:読書 得意科目:英数 苦手科目:現代文 Sさんから一言 このノートは私が夏休みに使っていた、一日の過ごし方の基本的な「型」を記したものです。 早起きな私は朝の時間を英語、国語、百マス計算の時間とし、朝食後はいくつかの場所を移動しなら演習などを中心に疲れたら暗記物、というスタイルで毎日を過ごしていました。 basicと書かれている方が塾に行かない日で、specialと書かれているのが塾の授業を受ける日です。 基本的なルーティンを決めることでいちいち迷うことなくその日のやることを決めることができました。 1日の予定はその日の朝か、前日の夜に考える人が大半ですが、彼女は固定化することでその考える手間を省いていました。 「basic」のページには塾に行かない日のルーティンが書き込まれており、根岸と横浜の2つの塾を自習室として利用していた彼女が、自宅を含め 複数場所を移動しながら勉強していた様子が伺えます。 一方「special」は昼から夕方にかけて東進で授業を受けており、それに合わせて通常の日程を少し改造している様子が見られます。 両者に共通して見られるのは、何と言っても彼女の早寝早起きです。 彼女ほど徹底した朝型の受験生も珍しいと言えます。 また、これらに付随して各科目のやるべきこともざっくりメモしておくことで、彼女は「迷いなき勉強」に集中することができたのだろう。 この勉強スケジュール表の作り方• 自分の起床時間や就寝時間、その他の生活時間を把握する• 一日を、朝、午前、午後、夕方、夜、深夜の区切りで分けてみる• それぞれの時間で何をどのくらい勉強するのが最も理想かを考える• いくつか試し、自分に最もあったパターンを研究• 一番いいものを一日の「型」としてルーズリーフに書き上げる• 塾に行くかどうかなどを基準にいくつかのパターンを考える 日単位ルーティーン 勉強計画のテンプレートについては、「」をご覧ください。 受験生の平日の勉強時間は?合格者のデータから平均勉強時間を読み解く せっかくこのページを読みに来てくれた人には申し訳ありませんが 結論からいうと 合格したいなら『勉強できる時間全て』の時間を勉強しましょう。 まずKくんの例を見てみましょう。 【平日の勉強時間は約5時間】できる限りの時間を勉強! ~プロフィール~ 名前:K・Mくん 高校:地方私立中高一貫 出身:福岡県 生年月日:1998年 現浪:現役 科類:文科二類 趣味:温泉巡り 得意科目:数学 苦手科目:英語 これは僕の1週間の勉強時間をまとめたものです。 画質が悪くて申し訳ありません 平日は大体5時間勉強しています。 これはどういう1日のスケジュールだったかというと• 起床(7時30分• 塾で勉強(5時〜9時30分)【4時間】• 帰宅、夜ご飯、お風呂、携帯いじったり(〜11時30分• やり残した勉強と1日の振り返り、明日の予定作成(〜1時)【1時間30分】• 就寝(1時30分) このような感じの1日を過ごしていました。 これ以上に睡眠時間を削って夜遅くまで勉強していたこともあったので、学校で寝ることもありました笑。 平日1日5時間くらいが高校生の確保できる1日の勉強時間のMAXかな、と思います。 解説 彼の受験生活は理想的なストイックな受験生のあるべき姿です。 毎日できる限りの時間(=5時間程度)を勉強し続けましょう。 学校の時間も上手く利用できると、更に勉強時間を確保できるでしょう。 受験生の休日の勉強時間は?1日10時間って本当? 続いて、受験生の休日の勉強時間についてです。 またKくんの例を参考にしましょう。 休日は大体10時間目標に勉強していました。 僕の高校は土曜日の午前は授業があったので、土曜は少し勉強時間が減っています。 日曜日の1日のスケジュールはこんな感じです。 起床(8時)• 塾に到着(9時)• 午前の勉強(9〜12時)《英単語やリスニングなどのルーティン勉強》【3時間】• 5時間】• 帰宅、お風呂、携帯いじる(〜24時)• 1日の復習、明日の勉強計画作成(〜25時)【1時間】• 就寝 大体これで10時間はいけます。 午前、午後、夜、深夜で4分割して勉強を進めていくことが1日10時間達成のコツです。 解説 休日も「勉強できる最大の時間」を勉強にあてています。 受験生は1日の最大限の確保できる時間(平日5時間、休日10時間程度)を勉強すべきです。 受験生にとって、毎日が戦いです。 毎日自由な時間を勉強に費やしていれば、当然ストレスも溜まっていきます。 こんなに勉強して落ちたらどうするの?• 勉強しても成績が上がらない!• 勉強もういやだ!やめたい! このようなストレスを溜めてしまうのは当たり前です。 ただ、こうしたストレスを溜めすぎるとモチベーションの低下に繋がり、1日の勉強を継続することも出来なくなってしまいます。 (勉強のモチベーションを上げる方法は「」を参考にどうぞ。 ) 確かに1日勉強するだけでは成績は伸びません。 でも、1日の勉強をしっかりこなさないと何も問題は解決はしません。 目の前の苦しいことから逃げてばかりの人生でいいんですか? もし、あなたがこれまで全力で何かに取り組んだ経験がないなら、これがいい機会です。 苦しくても、頑張りましょう。 東大BKKはそんな頑張る受験生を応援しています。

次の

忙しい時期は潔さと効率がカギ

東大 生 勉強 時間

時間の使い方について、高3生と高卒生のときのそれぞれを紹介します。 高3生時の問題点 高3生は通学、高校の授業、塾と忙しく、昼間は眠くなることが多かったうえに、私は人がいるところだと勉強になかなか集中できませんでした。 ですので、授業の空きコマや塾の自習時間など、 日中の空き時間は眠くなったら潔く睡眠にあてていました。 その代わり、朝は開門と同じくらい早く登校して誰もいない教室で自習し、夜は自室で遅くまで勉強していました。 この方法でまとまった勉強時間は確保していたのですが、夜の 睡眠時間が短いことと、隙間時間を有効に使えていないという欠点がありました。 片道1時間近くあった通学時間で英単語学習を継続していたものの、古文や漢文の知識はかなりお粗末になってしまっていました。 受験生全体を見ても、 英単語、古典知識、文系なら地歴の知識、理系なら化学の知識などのすべてに時間を確保できている人はあまりいないと思います。 しかし私は高卒生時に、睡眠時間の不足と知識の暗記をする隙間時間の欠点を、両方解決できました。 睡眠時間と隙間時間を確保する方法 高卒生時の大きなポイントは、 夜はしっかり寝ていたということです。 私は毎日8時間くらい寝ていましたので、日中の眠気は高3生のときよりだいぶ改善され、 勉強の密度が格段に上がりました。 それでも眠くなったときの対処法は、『』の「」でお話ししましたので、読んでみてください。 そして知識の暗記は、 毎日決まったタイミングで決まった科目をやることでルーティーンにしていきました。 風呂で湯船に浸かったら古典を5ページ進めてから上がる、風呂から上がったらストレッチしながらリスニングをやり、シャドーイングと音読を3回ずつやる、英単語は自習の合間の休憩時間にお菓子を食べながら覚える、と決めて毎日やったところ、 2週間ほどでそれが当たり前になり、苦ではなくなりました。 そして、それ以外は家では一切勉強しませんでした。 「家では基本まったりと過ごして、日中と隙間時間にしっかり勉強する」という メリハリが、勉強効率を上げるコツだったと思います。 高3生は時間があまりなく、ついつい夜遅くまでやってしまいがちです。 しかし思い切って、夜は早く寝て 勉強時間が多少短くなっても密度を濃くした方がよいかもしれません。 1つの方法にこだわらずに、さまざまなアドバイスを聞いて試してみてください。

次の