アドリブ 2018 dvd。 新ブログ① 『アドリブログ 〜JAZZ/FUSION DVD批評〜』:アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

Blu

アドリブ 2018 dvd

帯・応募券・応募ハガキ等、開封する事により消滅するものや、前保有者が使用する事によりダウンロードコード・プロダクトコード等、消滅するものは、保証の対象外となりますのでご容赦ください。 また、電子説明書が内蔵されているソフトにつきましては解説書・操作説明シートが付属されていない商品がございます。 万が一、動作不備・再生不備がございましたら全額返金させて頂きます。 また土日祝日はお休みを頂いております。 休日中のお問い合わせへのご返信は休日明けに順次行わせていただきます。 昼・夜公演をそれぞれ収録した2枚組。 電話が鳴る、誰かが来る が 決められているのみで、出演者のキャラクター 役 も、セリフも、全てアドリブで紡がれる 90分の舞台劇。 お互いのキャラクターは、舞台上で初めて知ることになります。 『感動と衝撃のドラマ』 どう紡がれるのか、何が生まれるのかわからないアドリブ要素と、予め決まっている いくつかの出来事の化学反応により、その日その瞬間に、その場だけの感動と衝撃のドラマが 生まれます。 生涯誰にも言わずに、最期まで抱える「秘密」。 予期せぬことで露見し、一喜一憂する「秘密」。 世界には、様々な「秘密」が溢れています。 『AD-LIVE 2017』に集うのは、 それぞれの「ヒミツ」を抱えた2人。 2人が知るのは、自分が抱える「秘密」、 相手との関係などのわずかな設定。 さらにストーリーが進むにつれ、 2人には新たな「秘密」が明かされていきます。 果たして2人は「秘密」を上手く味方にし、 ストーリーを結末まで運ぶことができるのか? 全公演、全て異なる世界観・シナリオで 描かれる意欲作『AD-LIVE 2017』! その日、その場、その瞬間に生まれる 誰も知らない奇跡の90分間、 全てアドリブで紡ぐ舞台劇をお楽しみください! わずかな設定だけが決められた舞台上で、「秘密」を抱えたふたりのキャラクターがアドリブ劇を展開する。 鳥海浩輔と中村悠一が共演した9月10日の昼・夜公演を収録。 現時点ではこのメニューの読み込みに問題があります。 window. when "data". html? html? html? html? html?

次の

Blu

アドリブ 2018 dvd

毎回人気を博している90分間をアドリブで紡ぐ、唯一無二の舞台劇。 10月7日(横須賀芸術劇場)の出演は櫻井孝宏さんと前野智昭さん、そして総合プロデューサーでありストーリーテラー役の鈴村健一さんです。 そのハチャメチャドタバタ劇の模様をお届けします! 舞台はとある洋館。 「ハッピーミレニアムイベント」を祝うため招待され……? インターホンが響き渡るとある洋館。 櫻井さん扮する乾正一は、ピシッと整ったタキシード姿。 招待されたにもかかわらず誰もいない洋館を不審に思います。 すると、クローゼットの中から煙とともに前野さん扮するマルオが登場! 薄紫のボブにメガネ、一般的なシャツにズボンという少し不思議な姿で正一と顔を合わせます。 マルオを警戒しつつも、弟に招待されたと状況を説明する正一。 正一は「(株)LIFE~今を生きる~」の支配人として身辺整理をしていると話します。 そして、マルオは宇宙から来たと話し、乾はよりマルオへの苦手意識を高めることに。 さらにマルオは、正一の弟、寅一をマルオの星で保護していると打ち明けます。 続けてマルオは自身の星のことを正一に語ります。 地球を征服しようとしているマルオの星、惑星ダーウィン。 その名は地球人が勝手に命名したもので、本当の名は「シャツキング」だと話すマルオ。 正一はというと、「クリーニング屋みたいだね」と突っ込んだり、弟のパリピ感をダンスで表現したりするなど、不審に思っていながらもちょっとごきげんな様子でした。 マルオのねらいは……? その時、ポルターガイストのような現象が! 急にラジオが流れ、10年後、惑星ダーウィンが地球に衝突し、地球が滅亡するというのです。 そこで地球人の移住計画を考えているというマルオ、もといマルス・シャツキング。 有能な地球人をシャツキング星人にする計画があると打ち明けます。 そして、弟の寅一は、惑星シャツキングで保護していると付け加え、正一もマルオに勧誘されることに。 「正一・シャツキング」という名を不満に思いながら、10年後に地球がなくなることをまだ信じることができない正一。 シリアスな流れが続く中、シャツキングという言葉が会場の笑いを誘います。 とりあえず、10年後にまたこの洋館で会う約束をし、正一とマルオは別れます。 そのときの合言葉は「あー、尊い尊い尊い」(笑)。 一体10年後はどうなっているのでしょうか? 二人の主人公が去ると、ストーリーテラーの鈴村さんがシルエットで登場。 今までのストーリーを綴った小説家を褒め称えます。 そんな鈴村さんの姿はというと、赤バンダナに銀のジャケットという特撮オタク。 ずっと陽気な受け答えをしていました(笑)。 先に現れたのは、マルス。 さらに紫が濃くなった長髪に、謎の角がついたような不思議な髪型、カラーコンタクトに黒の学ランのような衣装に、会場もざわめきます。 すると、窓から正一が登場! 以前の凛々しいタキシード姿は見る影もなく、ボロボロのシャツに傷だらけの顔、さらに銃を構えてマルオに向かい合います。 どうやら、会社もダメになり、恋人に逃げられ、最低の人生を送ってきたよう。 諦めなければ魔法使いになれるとおかしな元気づけ方をするマルオですが、正一はマルオに銃を向けます。 途中で犬塚寅一という弟と苗字違いの寿司職人を呼び出したり、正一が薬を飲み一度死に、マルオが謎の薬で助けたりという、とんでもない展開が繰り広げられます。 果たして結末は……!? 最後のごあいさつ 意外と最後は感動的な終わり方で幕を閉じた本公演。 最後のあいさつでは、一人ひとり舞台裏の慌ただしさや、心情を話してくれました。 本公演のリードは櫻井さんだったのですが、前野さんが思っていた以上にめちゃくちゃやってきていた、と話し、とても大変だったようです(笑)。 世界で一番「シャツキング」という言葉をこの公演で発しただろうと話す鈴村さん。 リュックの文字にコンプライアンス問題を起こしてしまったことを謝る櫻井さん。 自身のことを「コスプレおじさん」と称する前野さん。 不思議な展開の中で彼らのアドリブが光り、とても賑やかな公演となりました。 チケット発売中!! 予めご了承下さい。

次の

新ブログ① 『アドリブログ 〜JAZZ/FUSION DVD批評〜』:アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

アドリブ 2018 dvd

声優のが総合プロデューサーを務め、人気声優たちが出演する即興舞台『AD-E 2018』(アドリブ)の出演者全18人が公開された。 8日間で全16公演を開催する。 企画立ち上げから今年で10周年を迎える同舞台。 大まかな世界観と舞台上で起こるいくつかの出来事が決められているだけで、出演者のキャラクター(役)、セリフ、全てアドリブで紡がれ、お互いのキャラクターは事前に知らされず舞台上で初めて知り演じていく。 何が生まれるのかわからないアドリブ要素と、予め決まっているいくつかの出来事の化学反応により、その日その瞬間、その場だけの感動と衝撃のドラマが生まれることが、ファンの間で人気となっている。 今年は「究極のアドリブ」をテーマに、今回は「世界観」と「最後の行動」だけが決定しているだけで、「ストーリー」自体も出演者が「アドリブ」で生み出す。 総合プロデューサーの鈴村は全公演にストーリーテラー役として出演。 その場その場で、第三者として設定や状況を付け加えて、「ストーリー」に変化を加えていくが、出演者は、その変化にもリアルタイムに対応しながら演じていくことになる。 公演は9月から開始し、埼玉・三郷市文化会館、神奈川・横須賀芸術劇場、大阪・メルパルク大阪の3会場で開催。 また、11月には、宮城・ゼビオアリーナ仙台にて特別公演「AD-LIVE 10th Anniversary stage 〜とてもスケジュールがあいました〜」が行われる。 チケットは、『AD-LIVE 2017』Blu-ray/DVDに封入されているチケット優先販売申込券を用いた先行販売が7月1日10時から、チケットぴあは7月21日10時より先行販売、一般発売は8月11日10時からスタート。 ライブビューイングの開催も決定しており、詳細は追って発表される。 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の