きょう の 料理。 きょうの料理【モロッコ料理のワンプレート】

【きょうの料理】夏野菜のチーズつくねの作り方を紹介!堤人美さんのレシピ

きょう の 料理

直径15cmの底が抜けるタイプの丸型1台分 ---------- 【レモンのシロップ煮】 ・レモン (国産) 1コ(170~190g) ・グラニュー糖 120g ・白ワイン 大さじ2 ・はちみつ 大さじ1 ---------- 【生地】 ----- 【A】 ・卵 2コ ・グラニュー糖 120g ・塩 1つまみ ・プレーンヨーグルト (無糖) 大さじ2 ----- ・中力粉 100g *薄力粉でもよい。 その場合は140gにする。 《【レモンのシロップ煮】をつくる》 1. レモンはよく洗い、皮はおろし金などで黄色い部分だけを削る。 削った皮は【A】のグラニュー糖に混ぜておく。 残ったレモンは2~3mm厚さの輪切りにして種を除き、【シロップ煮】の残りの材料とともに鍋に入れる。 ヒタヒタになるまで水を注ぎ、中火にかける。 沸騰したらアクを取り、弱火にして紙タオル(不織布タイプ)で落としぶたをする。 そのままレモンの縁が半透明になるまで、10分間煮る。 鍋の中で冷まし、レモンを取り出して汁けをよくきる。 シロップは100~120mlとっておく。 余ったシロップはソーダで割っても。 《【生地】をつくる》 3. ボウルに【A】を入れ、泡立て器でよく混ぜる。 中力粉とベーキングパウダーを合わせてふるいながら加え、粉っぽさがなくなるまでしっかりと混ぜる。 小鍋にバターを入れ、弱火で溶かす。 沸いてきたら火を止め、一度に3のボウルに加えて泡立て器でよく混ぜる。 ラップで【生地】の表面をピッチリと覆い、冷蔵庫で6時間以上休ませる。 型にオーブン用の紙を敷き、冷たい【生地】を流し入れ、表面に2の【レモンのシロップ煮】を並べる。 竹串を刺して、【生地】がついてこなければ焼き上がり。 焼き時間は様子を見ながら調整する。 《シロップを塗る》 6. 【生地】をオーブン用の紙ごと型から外す。 熱いうちに、2のシロップをはけで表面にたっぷりと塗る。 香りの高さと強いうまみが持ち味。

次の

【きょうの料理】夏野菜のチーズつくねの作り方を紹介!堤人美さんのレシピ

きょう の 料理

直径15cmの底が抜けるタイプの丸型1台分 ---------- 【レモンのシロップ煮】 ・レモン (国産) 1コ(170~190g) ・グラニュー糖 120g ・白ワイン 大さじ2 ・はちみつ 大さじ1 ---------- 【生地】 ----- 【A】 ・卵 2コ ・グラニュー糖 120g ・塩 1つまみ ・プレーンヨーグルト (無糖) 大さじ2 ----- ・中力粉 100g *薄力粉でもよい。 その場合は140gにする。 《【レモンのシロップ煮】をつくる》 1. レモンはよく洗い、皮はおろし金などで黄色い部分だけを削る。 削った皮は【A】のグラニュー糖に混ぜておく。 残ったレモンは2~3mm厚さの輪切りにして種を除き、【シロップ煮】の残りの材料とともに鍋に入れる。 ヒタヒタになるまで水を注ぎ、中火にかける。 沸騰したらアクを取り、弱火にして紙タオル(不織布タイプ)で落としぶたをする。 そのままレモンの縁が半透明になるまで、10分間煮る。 鍋の中で冷まし、レモンを取り出して汁けをよくきる。 シロップは100~120mlとっておく。 余ったシロップはソーダで割っても。 《【生地】をつくる》 3. ボウルに【A】を入れ、泡立て器でよく混ぜる。 中力粉とベーキングパウダーを合わせてふるいながら加え、粉っぽさがなくなるまでしっかりと混ぜる。 小鍋にバターを入れ、弱火で溶かす。 沸いてきたら火を止め、一度に3のボウルに加えて泡立て器でよく混ぜる。 ラップで【生地】の表面をピッチリと覆い、冷蔵庫で6時間以上休ませる。 型にオーブン用の紙を敷き、冷たい【生地】を流し入れ、表面に2の【レモンのシロップ煮】を並べる。 竹串を刺して、【生地】がついてこなければ焼き上がり。 焼き時間は様子を見ながら調整する。 《シロップを塗る》 6. 【生地】をオーブン用の紙ごと型から外す。 熱いうちに、2のシロップをはけで表面にたっぷりと塗る。 香りの高さと強いうまみが持ち味。

次の

【きょうの料理】夏野菜のチーズつくねの作り方を紹介!堤人美さんのレシピ

きょう の 料理

全体備考 【食べごろは約1か月後】 梅が柔らかくなれば、食べごろ。 梅酢が出た漬け床は「梅塩麹」として使える。 爽やかな風味が移った「梅塩麹」は、調味料として、肉や魚の下味として、さまざまに使って。 【保存】冷蔵庫で約6か月間。 【容器】 梅は酸が強いので、ホウロウやガラス製のものがおすすめ。 5cmのホウロウ製の保存容器、塩麹用に容量900mlの保存瓶を使用。 本体とふたは消毒して使う。 【容器の消毒】 容器が耐熱性で鍋に入るサイズであれば、煮沸しておくと安心ですが、酢をたくさん使う保存食や冷蔵庫で保存するものは、焼酎や食品用アルコールで消毒すれば十分。 大きめの鍋に布巾を敷いて耐熱の保存瓶を並べ入れ、かぶるくらいに水を注いで中火にかける。 沸騰したら弱火にし、途中でふたを加えて5分間ほど煮沸する。 菜箸を瓶に差し込み、斜め下に向けて湯をきる。 *やけどをしないように作業用手袋をはめ、熱湯が手にかからないように注意! 3. 清潔な布巾に伏せておき、自然に乾かす。 水けが残っていたら紙タオルでしっかりと拭く。

次の