ポケモン リザードン はらだいこ。 【ポケモン剣盾】はらだいこの使い方と対策

【USUM】はらだいこを覚えるポケモンとZ技の威力【ポケモンウルトラサンムーン】

ポケモン リザードン はらだいこ

禁止級伝説であるを除くと、唯一2種類のメガシンカが可能。 X・Yの双方を後出しから受けられるポケモンは非常に少なく、見せ合いの時点で双方の対策を強いられ、メガシンカ先の読み違えから全抜きすら目指せるポテンシャルが個性。 パーティに組み込む際は、安易にどちらか見破られない並びにする、有名な並びに反対のメガシンカを採用するなどの工夫を施すとなおよい。 各メガシンカ形態および通常リザードンの詳細については下記に委ねる。 なお、各形態の採用率に関してはシングルではXとYがほぼ五分五分。 天候操作・全体攻撃が重宝されるダブルではYが9割以上。 <メガリザードンX> 典型的な積みエース。 AとCは同値だが、特性かたいツメにより物理運用が基本。 味方に起点を作ってもらい、りゅうのまい、つるぎのまい、ニトロチャージから超火力の一致技で全抜きを狙う。 最大の特徴は耐性変化。 リザードンの弱点であるみずは等倍、でんきは半減となる。 またドラゴンでありながらフェアリーもこおりも等倍であり、一致ほのお技の火力もあるため従来のドラゴン対策が通じにくい。 この優秀な耐性と上昇した物理耐久を活かした物理受け型も一定数存在する。 ただし無効だったじめんが弱点になり、メガシンカ前からいわが一貫することに注意。 <メガリザードンY> C159の超火力特殊アタッカー。 特性ひでりによりほのお技の威力は桁違いに膨れ上がる。 特化晴れオーバーヒートの火力指数は67860と最高クラスで、半減であってもごり押しが成立するほどの超火力。 起点を必要とせず即最強クラスの火力を叩き出せるため、リザードンより遅い大半の相手を制圧できるのが特徴。 速い相手に対しては引き際のみがわりかニトロチャージから隙をうかがえる。 晴れている間は本来の弱点であるみずが等倍。 更に溜め不要のソーラービームにより返り討ちにしてしまえる。 Xとの択が存在するためメガシンカターンにでんき技を撃たれにくいのも強みである。 ただし、いかに超火力と言えどもある程度の耐久からタイプ受けされ、同族のタイプやタイプに対する有効打が乏しいことに注意。 オーバーヒートやひでりの性質も含め、居座って全抜きするXとは異なりサイクル戦・ダブル向けのポケモンと評される。 <通常リザードン> サンパワーでの運用が前提。 自動で晴らすことはできないため、自身で晴らすか・等味方のサポートが必要になる。 ここから持ち物による更なる火力ブーストができるため、無補正こだわりメガネだいもんじでも必殺級の火力を誇る。 今作からホノオZにより、にほんばれを使いつつ素早さを上げるか、通常Zワザで受けに来たポケモンに負担を負わせる2択ができるようになった。 補正ありZオーバーヒートは特防特化しんかのきせきを高乱1 75% で落とすほど。 ただし撒かれやすいステルスロックに加え、サンパワーでの体力消耗も大きく短命になりがちで素の耐久自体も高くないため非常に繊細な場作りが要求される。 Yをも凌駕する火力は魅力的だが、汎用性ではYに大きく劣る。 最新世代の考察はに、 前世代の考察はにあります。 鬼火羽休め型なら必須。 追加効果が優秀で、物理だがYでも採用を検討できる。 ドラゴンに有利な鋼・フェアリーはフレアドライブを受けられない。 非接触を活かしにも。 Yでもりゅうのまいとセットで採用あり。 など対水・フェアリー複合を意識するなら。 ダブルでの採用も。 ピンポイント気味。 レートでは基本的に使用不可。 耐久型や後出ししてくる相手に圧力をかけられる。 晴下なら十分な火力。 Yならオーバーヒートとのセット採用も。 かえんほうしゃと選択。 どちらかというとサブウェポン。 両刀型でも採用しやすい。 ダブルでは基本的にこちら。 素早いため怯みが期待できる。 Yなら必須。 対面では命中率との賭けになりがち。 ・・などに有効。 追加効果発動は稀。 特にYだと起点にしてくる、などへの対策に。 貫通注意。 どちらかというとシングルよりダブル向け。 一舞で強力な抜き性能を得られる。 Zワザ化でA上昇。 命中難。 耐久はあまりできないが、微妙な火力の相手に対しては居座れる。 通常・Yは先制で使うと耐性が若干変わる。 それ以外の型ならりゅうのまいで充分。 Zワザ化でS上昇だが晴らした後の攻撃をZワザ化するのもあり。 この技自体に効果はないが、Zワザとして使う事により 全能力値を1段階UPという強力な効果を得た。 しかしZワザを使うにはメガシンカを放棄せねばならず、1ターン使って全ての能力が一段階上がったところでメガシンカするより指数的に落ちてしまう。 ちなみに色違いリザードンでプレシャスボールに入った個体は2017年1月30日現在この配布のみなので、 てをつなぐを覚えさせているかはともかく、相手に型のおおよその推測をたてられてしまう点もデメリット。 でんこうせっか 期間限定で第4世代にて配布されていたヒトカゲが覚えている。 唯一の先制攻撃技であり、これ込みで特定の仮想敵に対し確定数を確保する場合に採用はあり得るも、 げきりんと相性が非常に悪く、かたいツメ補正もかかるもののカイリューのこだわりハチマキしんそくのような抜き性能もない。 ニトロチャージや、一般のリザードンに攻撃に性格補正をかければ確定数は事足りることになりがち。 こちらもプレシャスボールに入っており、性格はがんばりや、やんちゃ、むじゃき、おっとりのいずれか。 いずれにせよプレシャスボールは遺伝技等を覚えられないため、「この個体はりゅうのまいが無い」という情報を与えてしまう要素が強い。 ほのおのパンチ リスクのない物理炎技。 素だと火力不足。 かみくだく げきりんで行動固定せずにを処理できるため、採用機会がないわけではないが、 仮想敵の環境における数を鑑みると一般的には技スペースを削ってまで採用する技ではない。 きあいパンチ 後出し・ピンポイント。 みがわりなどとセットで。 サブウェポンには他に汎用性の高い技が多く、みがきあ自体が今作は逆風。 カウンター きあいのタスキと合わせて奇襲用に。 サンパワーと相性が悪く、メガシンカだとタスキが持てない。 ブラストバーン 行動不能が相手後続に起点化され、様々な負け筋を生むため基本的に採用しない。 Zワザとして見ても、オーバーヒートと5しか威力が違わず、確定数がほとんどずれない。 めざめるパワー 氷以外 氷以外では電気・草あたりが候補に成り得るが、基本的に他のサブウェポンで補える。 はらだいこ 爆発力はあるが一発芸で終わりやすい。 サポートが欲しいところ。 みがヤタorカムラならHPは4nになるので偶数。 そうでないなら奇数にするのが基本。 稀に控えめで更に火力UPを狙う奴も居るがあんまり使いやすくはない。 特定のポケモンにとても有利なのでそれなりに流し性能はあるのだが、やっぱり扱いにくい。 上記の特殊型と違い、お膳立てやサポート前提での運用になるので火力UPの意地っ張りも候補に入る。 ぶっちゃけ純粋な力ではヒヒダルマでやった方が強いけど特殊型が一般なのでたまに刺さる。 水で止まるのは痛すぎる。 というわけで2刀流を提案したい。 サンパワー両刀型 性格:ゆうかん れいせい 努力値:攻撃252 特攻252 持ち物:いのちのたまorひのたまプレートorもくたん 確定技:日本晴れ、オーバーヒート、フレアドライブ、腹太鼓or剣の舞 新特性であるサンパワーを生かして破壊力のみを追及した型。 日本晴れ発動時の珠オバヒでH振りハッサム約16体分を葬れるダメージに。 腹太鼓を積めればフレアドライブで約20体分のハッサムを倒せるぞ! どうしてもハッサムに抜かれたくない場合はSの下降補正をかけずに、Sに68振れば抜かれなくなる。 nicozon. ただこの型自体は結構上級者向けっぽい カウンターとかも候補に入らないか?ごり押してくるガブあたりを返り討ちに出来る 対リザードン• 注意すべき点 X かたいツメによる高い火力に加え、炎・ドラゴンの広い技範囲。 りゅうのまいやニトロチャージによる素早さアップも厄介。 一度積まれるとそのまま全抜きもありうる。 おにびとはねやすめを用いた物理受けもたまにいる。 Y ひでりによる超火力の炎技に加え、相性補完に優れるソーラービーム。 水、岩で受けようとするとソーラービームで返り討ちにされる。 ダブルだとほぼこちら。 メガシンカしたターンにひでりが発動するので、対面からの天候合戦を制しやすい。 また、どちらもかなりの突破力があるので、メガシンカ先が不明のままだと対策ポケモンの後出しが安定しない。 対策方法 選出時点でどちらにメガシンカするかを見抜ければよいが、完全に見抜くことは不可能。 簡単な指標としては、でんき技が重い構築であればメガリザードンXの可能性が高い。 また、物理アタッカーが多いならY、特殊アタッカーが多いならXの可能性が高い。 次に、後出しで受けることが困難なため、先手を取って釘付けすることを考えたい。 リザードンより素早いポケモン、もしくは先制技を持ったポケモンで対抗する。 ラムのみは持てないのででんじはで機能停止させる。 みがわり持ちも多いので注意。 ほかには対策としては弱いが、おみとおし持ちのポケモンなら先方で対面した際などにXかYか分かるので、有利なポケモンに退くことができるほか、 まもる持ちのポケモンならメガシンカ先を見てから有利対面に交代できるし 起点化されないように注意が必要だが 、S100族以上のポケモンでトンボルチェンから有利対面を作るのも有効。 岩タイプのみX・Y共通の弱点なので、岩技で攻撃するポケモンならどちらにメガシンカしても大打撃を与えられる。 対面であれば最安定。 Yであれば後出しも可。 C179パワージェムでH153B105メガリザードンXを丁度確定1発(101. 岩技の命中率安定。 テラキオン同様自分でステルスロックを撒けるので退かれても有利。 A181ストーンエッジでH153B132メガリザードンXを丁度確定1発(101. 先発対面時に退かれようがステルスロックを撒けば5割削れる。 メガリザードンXにメガシンカされてもタスキで耐えてじしんで突破。 りゅうのまいをされた場合はがんせきふうじでS上昇を相殺できるので無償突破できる。 先発対面時に退かれようがステルスロックを撒けば5割削れる。 ようきAS げきりん@いのちのたまorこだわりハチマキの場合、メガリザードンX・メガリザードンYの双方を先制確1。 交代に注意。 特にスカーフを持たせた霊獣フォルムなら、上からいわなだれで通常リザードンとYは落とせる。 Xならいかくが刺さる。 メガシンカでXYの両方に強い。 ただし現在未解禁。 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技01 ふるいたてる - - ノーマル 変化 30 技02 ドラゴンクロー 80 100 ドラゴン 物理 15 技05 ほえる - - ノーマル 変化 20 技06 どくどく - 90 どく 変化 10 技10 60 100 ノーマル 特殊 15 技11 にほんばれ - - ほのお 変化 5 技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5 技17 まもる - - ノーマル 変化 10 技19 はねやすめ - - ひこう 変化 10 技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20 技22 ソーラービーム 120 100 くさ 特殊 10 技26 じしん 100 100 じめん 物理 10 技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20 技31 かわらわり 75 100 かくとう 物理 15 技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15 技35 かえんほうしゃ 90 100 ほのお 特殊 15 技38 だいもんじ 110 85 ほのお 特殊 5 技39 がんせきふうじ 60 95 いわ 物理 15 技40 つばめがえし 60 - ひこう 物理 20 技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20 技43 ニトロチャージ 50 100 ほのお 物理 20 技44 ねむる - - エスパー 変化 10 技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15 技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技49 エコーボイス 40 100 ノーマル 特殊 15 技50 オーバーヒート 130 90 ほのお 特殊 5 技51 はがねのつばさ 70 90 はがね 物理 25 技52 きあいだま 120 70 かくとう 特殊 5 技56 - 100 あく 物理 10 技58 フリーフォール 60 100 ひこう 物理 10 技59 ぶんまわす 60 100 あく 物理 20 技61 おにび - 85 ほのお 変化 15 技65 シャドークロー 70 100 ゴースト 物理 15 技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5 技75 つるぎのまい - - ノーマル 変化 20 技76 そらをとぶ 90 95 ひこう 物理 15 技78 じならし 60 100 じめん 物理 20 技80 いわなだれ 75 90 いわ 物理 10 技82 ドラゴンテール 60 90 ドラゴン 物理 10 技87 いばる - 85 ノーマル 変化 15 技88 ねごと - - ノーマル 変化 10 技90 みがわり - - ノーマル 変化 10 技100 ないしょばなし - - ノーマル 変化 20 過去作技マシン No. 53 自力 Lv. 77 メタルクロー レベル 系統 旧自力 FL:Lv.

次の

リザードン : はらだいこリザードン

ポケモン リザードン はらだいこ

使用パーティ 途中でいろいろパーティを変更しましたが、現状ではこれが最適かなと思っています。 リザードン キョダイマックス 性格:ようき 特性:もうか 努力値:A252 S252 B6 持ち物:ラムのみ 技:フレアドライブ、はらだいこ、そらをとぶ、じしん 対あくびカビゴン用の最終兵器。 晴れ+もうか+攻撃6段階アップなら、ダイマックス状態のH振りウォッシュロトムも一撃です。 カバルドンやドヒドイデと対面した場合、あくびやどくどくをしてくることが多いので、はらだいこを積むことができます。 ただし、 特性 てんねんのピクシー・ヌオー・ナマコブシには要注意です。 リザードンの育成論はこちら。 コータス 性格:のんき 特性:ひでり 努力値:H252 B252 D6 持ち物: あついいわ 技:ふんえん、ステルスロック、こうそくスピン、ボディプレス ドリュウズにはふんえん、バンギラスにはボディプレスを撃つことができるコータスです。 コータスの育成論はこちら。 ウインディ 性格:ようき 特性:いかく 努力値:H158 A148 S204 持ち物:じゃくてんほけん 技:フレアドライブ、おにび、ワイルドボルト、インファイト 対ギャラドス・ドリュウズ・バンギラスの弱点保険ウインディ。 一時、いのちのたま両刀ウインディも使いましたが、結局この型が1番使いやすいです。 ウインディの育成論はこちら。 マルヤクデ 性格:いじっぱり 特性:しろいけむり 努力値:H110 A252 B4 D4 S140 持ち物:とつげきチョッキ 技:ほのおのムチ、はたきおとす、パワーウィップ、きゅうけつ 特殊アタッカーを受けつつ物理技で攻撃する型です。 ブラッキーに対しては、タイプ相性では有利なのですが、イカサマで大ダメージを受ける危険があります。 マルヤクデの育成論はこちら。 エースバーン 性格:ようき 特性:もうか 努力値:H60 A252 S198 持ち物: きあいのタスキ 技:かえんボール、カウンター、ダストシュート、ふいうち とびひざげりを抜いてダストシュートを採用しました。 H振りアシレーヌに対して86. 6~102. たつじんのおびを持てば確定1発になりますが、アシレーヌがきあいのタスキを持っている場合もあるため、こちらもきあいのタスキ持ちにしています。 エースバーンの育成論はこちら。 キュウコン 性格:おくびょう 特性:ひでり 努力値:H6 C252 S252 持ち物:いのちのたま 技:ソーラービーム、でんこうせっか、おきみやげ、オーバーヒート オーバーヒート後に積みの起点にされないように、おきみやげを採用しています。 キュウコンの育成論はこちら。 苦戦した相手 対インテレオン 相手の先発インテレオンを止める方法がないことが厄介です。 高い素早さから水技 ダイストリーム を連発されるだけでこちらのポケモンは倒れていきます。 キュウコンのダイソウゲンでも、ダイマックスしたインテレオンは倒せません。 当たらないことを祈るのみです。 対アシレーヌ 対アシレーヌ用に育成したダストシュート持ちエースバーンでしたが、中々この技を使う場面に恵まれませんでした。 フェアリーに抜群をつける毒タイプならエンニュートもいるのですが、アシレーヌを一撃では突破できません。 相手からの攻撃を1回耐えることを考えると、 とつげきチョッキシャンデラのほうが有用かもしれません。 シャンデラはクリアスモッグも使えますし。 対リザードン こちらの晴れを利用されると危険です。 相手に先にダイジェットされ、素早さを上げられてしまうと手に負えません。 エースバーンのきあいのタスキで耐えて、もうか+晴れのかえんボールと次ターンのふいうちでなんとかなれば…という感じでした。 対戦結果 通算成績は193勝188敗。 勝率は50. 最終順位は、 8875位!ポケモンHOMEのデータによると、ちょうど レート1700でした! 今回もなんとか10000位以内には入りましたが、目標の5000位には入れず。 もっと勝ち越せるように頑張ります。 いよいよDLCが近づいてきましたね。 大きな環境の変化が予想されますが、炎統一はどうなってしまうのか。 環境が変わる前に、目標達成できるのか?また次回! おまけ 今シーズン戦った統一パたち 今シーズンは、ブイズ統一、ゴースト統一、水統一、化石統一に当たりました! 人気のブイズ、実力のゴースト、という感じでしょうか。 前回の記事はこちら.

次の

【ポケモン剣盾】炎統一ランクバトル21・シーズン6最終8875位

ポケモン リザードン はらだいこ

全国 No. 7 m 重さ : 90. 5倍になる。 5倍になる。 リザードンのさらに詳細なデータはを参照 覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます。 リザードンの特徴 【良いところ】• リザードンは実戦で型が多く、物理か特殊か判断しづらいため相手の対処が遅れやすいです。 高めの素早さから先制で「みがわり」を連打し、特性「もうか」を発動させて高火力となることができます。 ついでに「カムラのみ」「ヤタピのみ」を使って全抜きを狙っても。 使えるサブウェポンを多く覚えることができます。 物理サブウェポンは「じしん」「ドラゴンクロー」「かみくだく」、特殊サブウェポンは「りゅうのはどう」「ソーラービーム」「きあいだま」など。 特殊技は「めざめるパワー」もあります。 特殊型メインウェポンの「エアスラッシュ」は3割ひるみの追加効果があります。 もうムリ・・・という時でも運よく相手がひるんで押し切れることも少なくありません。 最近流行りのハッサムにタイプ的に強いです。 メインウェポンの鋼・虫技に耐性があり、「ばかぢから」も半減。 【悪いところ】• 特に6on6では「ステルスロック」の使用率が高いので、パーティに「こうそくスピン」持ちのポケモンがいると理想です。 「みがわり」「はらだいこ」できのみ発動等の目的でHP4n調整をすることもありますが、きのみを使わないならHPは奇数調整にします。 奇数にしておくことにより、「ステルスロック」をギリギリ2回耐えられるようになります。 メインウェポンの炎技と飛行技で弱点をつける相手で、草タイプと虫タイプが被ってしまいます。 素の種族値はどれもあまり高くありません。 特性「もうか」、「ヤタピのみ」「カムラのみ」、積み技などに頼らないと突破力は微妙です。 リザードンの型 性格 : いじっぱり 努力値: 攻撃252、HP4n調整、残り素早さ 持ち物: カムラのみ メイン: ほのおのパンチ サブ技: じしん 補助技: みがわり、はらだいこ 「みがわり」を張って「はらだいこ」する型です。 一度成功すれば全抜きできるかも。 リザードンの有利な相手に出して交代読みで「みがわり」を張ります。 コチラの催眠ポケモンが相手を眠らせてからリザードンに交代し、「みがわり」を張ってもOK。 「みがわり」のあとは「はらだいこ」を積みます。 性格・努力値について。 いじっぱり攻撃特化にします。 HP4n調整にするデメリットは、「ステルスロック」を1回しか耐えられなくなることですが、なるべく体力を残して「カムラのみ」を発動させたいので仕方ありません。 リザードンのHP個体値がVなら、HPに20だけ振ればLv50でのステータス実値が156となり、4n調整ができます。 持ち物について。 全抜きを狙うため、素早さUPの「カムラのみ」推奨です。 技について。 「みがわり」「はらだいこ」「ほのおのパンチ」「じしん」という構成にします。 サブウェポンの「じしん」は「ほのおのパンチ」を半減してくる炎・岩・水・ドラゴンタイプに撃ちます。 対ドラゴンに限っては「ドラゴンクロー」の方がダメージが大きいですが、ドラゴンタイプは半減「ほのおのパンチ」でもなんとかなることが多いため「じしん」が使いやすいです。 「はらだいこ」サポートについて。 サンダース・クロバットでのサポート法を紹介します。 もちろん他のポケモンでサポートしてもOKです。 催眠に頼るサポートが成功率が高いです。 サンダースでサポート 相手の交代読みなどでサンダースが「みがわり」を張ります。 相手が「みがわり」を壊しに来るターンに「あくび」をし、相手を流します。 相手が交代したら、再び交代読み「みがわり」か「あくび」をします。 攻撃技を撃ちつつ、これを何度か繰り返します。 最終的にサンダースが「あくび」をし、相手はサンダースを倒すために攻撃します。 サンダースが倒れ、コチラのリザードンVSあと1ターンで眠る相手という状況ができます。 「あくび」を使うので、相手の「ラムのみ」「カゴのみ」に非常に弱いです。 クロバットでサポート 初ターンに相手に「くろいまなざし」をかけて逃げられなくした上で、「さいみんじゅつ」を使います。 相手が眠ったら、次のターンにクロバットだけ交代すれば、コチラのリザードンVS眠った相手という状況ができます。 クロバットをサポートに使うメリットは、「ちょうはつ」が使えるため相手の「ちょうはつ」に強いこと・「さいみんじゅつ」を使うので、サンダースの「あくび」よりも確実に相手を眠らせることができることです。 「はらだいこ」型の注意点について。 主な負け筋は、 「ちょうはつ」「アンコール」を受ける・「ステルスロック」を撒かれて「はらだいこ」できない・体力を減らして戦うので、先制技で倒される などなど・・・ 「ちょうはつ」は、リザードンが受けると困るというよりは、むしろリザードンをサポートするポケモンが受けると困ります。 リザードンは攻撃特化ですし、最悪「はらだいこ」が積めなくても攻撃手段がないわけではありません。 HP4振りボーマンダ 「いかく」込み に 95. 9~112. HP4振りギャラドス 「いかく」込み に 96. HP4振りガブリアスに 105. 防御特化ヤドランに 62. 3~73. 誰でも確1で倒せるわけではありませんが、かなりの火力が期待できます。 味方のポケモンで物理受けに予めダメージを与えておいたり、「ステルスロック」を撒いて「きあいのタスキ」を潰しておく等のサポートが欲しいところです。 種族値同じ• 「はらだいこ」サポート• 「はらだいこ」サポート• たいこ.

次の