キウイ 舌 が 痛い。 グリーンとゴールドキウイの違いは?栄養や効能の違い

キウイの食べ過ぎは舌がピリピリする?原因や予防法についてご紹介♪

キウイ 舌 が 痛い

なぜキウイフルーツを食べると舌が痛くなるの? 人の舌は、ヌルヌルした粘膜で覆われているのを知っていますか? 舌を保護しているのですが、実はキウイには、 この粘膜を溶かしてしまう働きがあるのです。 一体どういうことなのでしょう? 舌を覆っている粘膜は、 たんぱく質でできています。 キウイフルーツには、 アクチニジンという酵素が含まれており、たんぱく質を分解してしまう働きがあるんです! つまり、 キウイを食べすぎると、どんどん粘膜がはがれてしまい、保護されていた舌がむき出しになってしまって、刺激を受けやすくなる。 ということなんですね。 刺激を受ける範囲が広ければ、ピリピリと痛みを感じるのも強くなるという訳です。 アクチニジンは、キウイフルーツだけでなく、 パイナップルやメロンにも含まれています。 私はメロンを食べると、2~3口目には舌のピリピリ、イガイガが始まるので、• グリーンキウイ• ゴールドフルーツ• レインボーレッドキウイ よく置いてあるのが、切った時に中が緑色のグリーンキウイと、金色っぽいゴールドフルーツです。 お店によっては赤みがあるレインボーレッドキウイも置いているかもしれません。 私が幼少のころは、キウイと言ったらグリーンキウイのことでした。 今では様々な種類があるんですね。 さて、みなさんはこの中のどのキウイを買いますか? 我が家では甘みが強く、少し大きめの ゴールドキウイを良く購入しています。 皮も向きやすいし、食べやすく、子供たちも喜んで食べてくれるからです。 ゴールドキウイは割と人気の種類。 買い物に行くと売り切れていて、たまーにグリーンキウイを買っちゃうんです。 実は、「舌が痛い」と騒いだ時に食べていたのが、グリーンキウイでした。 つまり、グリーンキウイをたくさん食べたら、舌が痛くなったわけですね。 これは、先ほど紹介した アクチニジンという舌をピリピリさせる原因の酵素が、グリーンキウイに多く含まれているからなのです。 そして、 ゴールドキウイ・レインボーレッドキウイにはほとんど含まれていないのです。 なるべく痛くならずに、美味しく食べたいですよね。 グリーンキウイに含まれるアクチニジンは、熱に弱いので、加熱してジャムにすると、美味しく食べることができます。 また、そのまま食べる時は、大きめにカットすると良いですね。 カットする回数を減らした方が、シュウ酸カルシウムの細胞が壊れないので、イガイガ感を抑えることができます。 もし、キウイを口に入れて、あまりにも「ピリピリする!イガイガする!」と感じたら、 強いアレルギー反応かもしれません。 その際は、飲み込まずに口から出した方が良いです。 さらに熱めの飲み物で、口の中をゆすぐと良いですね。 アクチニジンが原因物質となり、アレルギーを発症するケースがあります。 アレルギーとなると、舌のピリピリだけでは済みません。 蕁麻疹が出たり、体中が痒くなったり、下痢や嘔吐が起こることもあります。 そうなると命の危険性が出てきます!キウイフルーツを食べて体への違和感があったら、よく注意し、様子を見ながら食べるようにしましょう。 スポンサーリンク まとめ.

次の

キウイ食べたら舌が痛い?いつもと違うキウイを買うと危険だぞ!

キウイ 舌 が 痛い

こんにちは!どくらぼ編集部でございます! 本日は 【舌がヒリヒリする】方に向けての対処法、治療法をテーマにお送り致します。 舌がヒリヒリする原因って一体なに?? まずは物理的な原因を疑ってみること舌がヒリヒリする原因はいくつも考えられます。 舌がヒリヒリしたり痛みが出たりする症状のことを 舌痛症(ぜっつうしょう)といいますが、そのような症状を訴えて受診された患者さんには まず物理的な刺激がないかをチェックします。 歯のとがった所が当たっていたり、入れ歯や詰め物がぶつかっていたりすることでそこに痛みが出てくることがあります。 この場合はとがった所を削ったりすることで症状の様子をチェックします。 緊張が強く、舌を歯に押し付けてしまって痛みが出ることもあります。 常に舌に当たっている刺激が舌癌などの原因になる、とする報告もありますので、放っておかない方が良いでしょう。 関連リンク: 舌がヒリヒリしているのは、アレルギーが原因かも?? また、詰め物などのアレルギーでヒリヒリすることもあります。 主に金属アレルギーですが、こちらの場合は本当にその金属にアレルギーがあるかを、パッチテストなどをして調べます。 そしてアレルギーがあるようでしたが、詰め物を取り外して、アレルギーのない材料でつめなおすことが必要になってきます。 この場合は放置しておくと、さらにアレルギーが悪化して別の場所に湿疹などが出てきてしまうこともあるのでやはり対処が必要です。 舌がヒリヒリするのは舌だけの問題ではない?? 物理的な刺激、アレルギーの次に考えられるのは全身疾患です。 例えば鉄欠乏貧血や、亜鉛不足、ビタミンB群の不足で舌に異常感が出てくることがあるからです。 このようなチェックは一般的な血液検査でできるため、一週間ほどで結果がわかります。 もし異常があれば、そのような栄養分が多い食べ物を食べるようにしたり、サプリメントなどを処方したりして、改善を図っていくことになります。 このような栄養不足は、ひどくなると体に大きな異常をきたすことがありますので、放っておかない方が良いです。 舌のヒリヒリ感は感染症の疑いも?? 次に考えられるのは感染症などによる炎症です。 例えばウイルスに感染したり、口内炎があったり、というような場合に舌が腫れて舌炎になることがあります。 この場合は、塗り薬や飲み薬、または経過観察ですむことがほとんどです。 カンジダという菌による舌痛症も珍しくなく、この場合は菌を退治することで痛みがかなり楽になる場合があります。 退治をするのには薬を使いますが、2週間もあれば効果が出てきます。 関連リンク: 唾液の量も関係している? 次に考えられるのは唾液の量です。 例えば加齢によっても人間の唾液の量は次第に減少するといわれていますが、それ以外にも唾液が少なくなってしまう病気があります。 例えば、唾液が出てくる腺が詰まってしまっている場合、それからシェーグレン症候群などといった、唾液の腺の病気で唾液の量が減ってしまう場合です。 そのほかにも、摂取している薬の影響で唾液が減ってしまうこともあります。 この場合はそれぞれ対処方法が違います、唾液腺が詰まっているようであれば原因を取り除く手術をすることもありますし、シェーグレン症候群は難病で難治性ではありますが、唾液の量を増やすのに効果的な薬もあります。 唾液が少なくなると虫歯にもなりやすくなりますし、やはり放置しない方が良いです。 舌癌(ぜつがん)などの病気の可能性も・・・ 稀にはなりますが、舌癌(ぜつがん)や、半数が癌化する紅板症(こうばんしょう)、前がん状態の白板症(はくばんしょう)、稀に癌化する可能性がある扁平苔癬(へんぺいたいせん)などの病気があることもあります。 この場合は切除、放射線、または定期的なチェックなど長期での受診が必要となってきます。 関連リンク: 舌がヒリヒリする原因で一番多いもの こういった考えられる原因を取り除いていって後に残るのは、 原因不明の舌痛症です。 実はこの原因不明のものが一番多く、そのためなかなか治らない方が多いのが現状です。 原因不明のもののうち、ストレスや更年期障害、など落ち込みがひどかったり緊張感が強かったりする、精神的なものから来ている場合の舌痛症には抗うつ剤がとても効果があるといわれています。 また、漢方の中にも相性が良ければ効果があるものもあります。 精神的なものの場合、がんではない、といわれ、うがい薬を処方されてなるべく気にしないようにすごすだけで、あまり痛みがなくなってきました!とおっしゃる方も実は多くいらっしゃいます。 どの治療も保険が利きますので、舌癌の場合には大きな手術が必要になればかなり費用はかかりますが、それ以外ではそんなに費用はかからないです。 以上になります。 一口に「舌がヒリヒリする」といってもその原因は非常に様々なものがあります。 何日も舌のヒリヒリが気になる場合は歯医者さんや口腔外科にいって相談してみることをオススメ致します! 関連リンク:• 関連カテゴリ• この記事に関連した診療•

次の

舌がピリピリする原因~キウイやパイナップルを食べるとなぜ舌がピリピリするの?~|MASAMEDIA

キウイ 舌 が 痛い

こんにちは!どくらぼ編集部でございます! 本日は 【舌がヒリヒリする】方に向けての対処法、治療法をテーマにお送り致します。 舌がヒリヒリする原因って一体なに?? まずは物理的な原因を疑ってみること舌がヒリヒリする原因はいくつも考えられます。 舌がヒリヒリしたり痛みが出たりする症状のことを 舌痛症(ぜっつうしょう)といいますが、そのような症状を訴えて受診された患者さんには まず物理的な刺激がないかをチェックします。 歯のとがった所が当たっていたり、入れ歯や詰め物がぶつかっていたりすることでそこに痛みが出てくることがあります。 この場合はとがった所を削ったりすることで症状の様子をチェックします。 緊張が強く、舌を歯に押し付けてしまって痛みが出ることもあります。 常に舌に当たっている刺激が舌癌などの原因になる、とする報告もありますので、放っておかない方が良いでしょう。 関連リンク: 舌がヒリヒリしているのは、アレルギーが原因かも?? また、詰め物などのアレルギーでヒリヒリすることもあります。 主に金属アレルギーですが、こちらの場合は本当にその金属にアレルギーがあるかを、パッチテストなどをして調べます。 そしてアレルギーがあるようでしたが、詰め物を取り外して、アレルギーのない材料でつめなおすことが必要になってきます。 この場合は放置しておくと、さらにアレルギーが悪化して別の場所に湿疹などが出てきてしまうこともあるのでやはり対処が必要です。 舌がヒリヒリするのは舌だけの問題ではない?? 物理的な刺激、アレルギーの次に考えられるのは全身疾患です。 例えば鉄欠乏貧血や、亜鉛不足、ビタミンB群の不足で舌に異常感が出てくることがあるからです。 このようなチェックは一般的な血液検査でできるため、一週間ほどで結果がわかります。 もし異常があれば、そのような栄養分が多い食べ物を食べるようにしたり、サプリメントなどを処方したりして、改善を図っていくことになります。 このような栄養不足は、ひどくなると体に大きな異常をきたすことがありますので、放っておかない方が良いです。 舌のヒリヒリ感は感染症の疑いも?? 次に考えられるのは感染症などによる炎症です。 例えばウイルスに感染したり、口内炎があったり、というような場合に舌が腫れて舌炎になることがあります。 この場合は、塗り薬や飲み薬、または経過観察ですむことがほとんどです。 カンジダという菌による舌痛症も珍しくなく、この場合は菌を退治することで痛みがかなり楽になる場合があります。 退治をするのには薬を使いますが、2週間もあれば効果が出てきます。 関連リンク: 唾液の量も関係している? 次に考えられるのは唾液の量です。 例えば加齢によっても人間の唾液の量は次第に減少するといわれていますが、それ以外にも唾液が少なくなってしまう病気があります。 例えば、唾液が出てくる腺が詰まってしまっている場合、それからシェーグレン症候群などといった、唾液の腺の病気で唾液の量が減ってしまう場合です。 そのほかにも、摂取している薬の影響で唾液が減ってしまうこともあります。 この場合はそれぞれ対処方法が違います、唾液腺が詰まっているようであれば原因を取り除く手術をすることもありますし、シェーグレン症候群は難病で難治性ではありますが、唾液の量を増やすのに効果的な薬もあります。 唾液が少なくなると虫歯にもなりやすくなりますし、やはり放置しない方が良いです。 舌癌(ぜつがん)などの病気の可能性も・・・ 稀にはなりますが、舌癌(ぜつがん)や、半数が癌化する紅板症(こうばんしょう)、前がん状態の白板症(はくばんしょう)、稀に癌化する可能性がある扁平苔癬(へんぺいたいせん)などの病気があることもあります。 この場合は切除、放射線、または定期的なチェックなど長期での受診が必要となってきます。 関連リンク: 舌がヒリヒリする原因で一番多いもの こういった考えられる原因を取り除いていって後に残るのは、 原因不明の舌痛症です。 実はこの原因不明のものが一番多く、そのためなかなか治らない方が多いのが現状です。 原因不明のもののうち、ストレスや更年期障害、など落ち込みがひどかったり緊張感が強かったりする、精神的なものから来ている場合の舌痛症には抗うつ剤がとても効果があるといわれています。 また、漢方の中にも相性が良ければ効果があるものもあります。 精神的なものの場合、がんではない、といわれ、うがい薬を処方されてなるべく気にしないようにすごすだけで、あまり痛みがなくなってきました!とおっしゃる方も実は多くいらっしゃいます。 どの治療も保険が利きますので、舌癌の場合には大きな手術が必要になればかなり費用はかかりますが、それ以外ではそんなに費用はかからないです。 以上になります。 一口に「舌がヒリヒリする」といってもその原因は非常に様々なものがあります。 何日も舌のヒリヒリが気になる場合は歯医者さんや口腔外科にいって相談してみることをオススメ致します! 関連リンク:• 関連カテゴリ• この記事に関連した診療•

次の