お尻 黒ずみ 治る。 男だって気になる!おしりの黒ずみの原因と対策!【美尻ケアアイテム13選】

おしりをきれいにしたい!お尻黒ずみ ニベアやオロナインで治る?: 陰部の黒ずみ解消クリーム 皮膚科やクリニックに行かず自宅ケアで改善できます!

お尻 黒ずみ 治る

事務などデスクワークの仕事をしている• 車や自転車で通勤している• 普段座っている事が多い• ストレスなどでホルモンバランスが乱れている• 生理中にかぶれやすい• 乾燥肌が気になる 自分に当てはまる項目がある人はすでに黒ずみができてしまっている可能性が高いです。 お尻の黒ずみの原因と対策方法 具体的にお尻の黒ずみの原因と、これからの黒ずみを予防する為の対策方法をまとめてみました。 長時間座りっぱなしによる黒ずみ 仕事柄どうしても座る機会が多い方は座る事による負荷や、こすれなどにより黒ずみができてしまいます。 また、長時間同じ姿勢でいると血行も悪くなってしまい、黒ずみができやすくなります。 長時間座る事が多い方は、なるべく1時間に1回は立つようにしたり、角質が厚くならない為にもお風呂上がりに黒ずみクリームを塗るなどのケアが必要です。 自転車通勤などによる摩擦が原因の黒ずみ 自転車通勤をしていたり、パンツを履く機会が多かったりしませんか? 摩擦をうけた皮膚は炎症を起こして色素沈着による黒ずみの原因になります。 色素沈着を起こした皮膚はメラニンが過剰に生成され、過剰角化が進む事で分厚い皮膚へと進んでいきます。 肘や膝など、机や地面にあたりやすい場所は黒っぽくなっていますよね?それは摩擦によるものです。 摩擦による黒ずみは黒ずみクリームでケアする事ができます。 生理中のかぶれによる黒ずみ ナプキンは自分の肌にあったものを使っていますか? どうせ1週間しか使わないからといって適当に安いものを使っていて肌に合わない事に気づかないままでいるとそれがかぶれを起こし、黒ずみの原因となってしまいます。 赤ちゃんでも紙おむつが合う、合わないがあるように、ナプキンでも人それぞれ合う合わないナプキンがあります。 生理中におしりのかゆみがある方は肌に優しいタイプのナプキンを選ぶようにしましょう。 乾燥肌によるザラザラとした黒ずみ 顔などの乾燥肌タイプの人は全身も乾燥肌なので毎日全身に保湿を行う必要があります。 お肌が乾燥状態なのに放置していると肌のターンオーバーが乱れ、皮膚の過剰角化を起こす事によってザラザラとした分厚い黒ずみが形成されていきます。 乾燥肌の人はお風呂上がりに浴室にてタオルで軽く拭いたあとすぐに保湿ケアをする事がおすすめです。 ホルモンバランスの乱れによる黒ずみ 女性は妊娠・出産・ストレスなどで女性ホルモンに影響を受けやすく、ちょっとした事ですぐにホルモンバランスが乱れがちです。 妊娠や出産では全身に黒ずみができやすくなりますが、産後しばらくするとホルモンバランスが落ち着いてくるので自然と黒ずみも解消される事が多いです。 ストレスに影響を受けやすいタイプの人はリラックスした時間を過ごせるように工夫したり、生理周期などが乱れている人は婦人科を受診したりなどして体調を整えるようにしましょう。 おしりの黒ずみをケアできるおすすめクリーム3選 おしりは比較的黒ずみができやすい部分なので日頃のケアが必要です。 黒ずみ専用のクリームには医薬部外品の美白有効成分や保湿成分などがたっぷりと配合されているのでケアを考えている方にはぜひおすすめします。 1位:スウィープホワイト• 美白有効成分である『トラネキサム酸』がメラニンの生成を抑制する• 炎症性色素沈着に働きかけるグリチルリチン酸ジカリウムを配合• 9つの無添加で肌をいたわりながら保湿成分や美肌成分がうるおいのある肌へと導く スイープホワイトはトラネキサム酸を配合し、肌の弱い方にも安心して使える9つの無添加や炎症性色素沈着を抑制しつつメラニン生成をブロックしてくれる黒ずみクリームです。 とにかく肌の弱い方にとっても安心できる無添加処方で、美肌成分や保湿成分などをたっぷりと配合しつつメラニンの生成を抑制してくれます。 高品質な有効成分『トラネキサム酸』を配合しており、黒ずみクリームで早く解消したい方にはぴったりの商品です。 おしりやデリケートゾーンにも安心して使えるので肌の弱い方にもおすすめです。 2位:ピーチローズ• デリケートゾーンから顔にまで使用でき、肌に優しい安全な黒ずみクリーム• 定期コースは1回の購入でも休止・停止ができ、30日間の返金保証付き• 肌を整える『グリチルレチン酸』や医薬部外品である『トラネキサム酸』を贅沢に配合 ラスターは医薬部外品の成分である『トラネキサム酸』や『グリチルレチン酸ステアリル』を配合している黒ずみクリームです。 デリケートゾーンにも使え、顔の気になる部分にも使用できる黒ずみクリームなので高成分なのにコスパがかなりいい所が特徴です。 水溶性ビタミンC誘導体の270倍の効果があると立証されている油溶性甘草エキスを配合しており、天然和漢成分との相乗効果で黒ずみを解消してくれます。 お尻の黒ずみはニベアで解消できるの? A. 結論から言うと効果はありません。 SNSでニベアは黒ずみを解消できると話題になりましたが、ニベアの成分は主に保湿成分です。 黒ずみの原因であるメラニン色素の過剰生成をブロックしてくれるような成分は一切配合されていないのでおしりの黒ずみを解消することはできません。 おしりの黒ずみはオロナインで解消できるの? A. 結論から言うと効果はありません。 オロナインは保湿性に優れており、殺菌・抗菌成分が配合されているクリームです。 SNSなどで黒ずみにも効果があるのではないかと話題になりましたが、メラニンを抑制してくれる成分は一切配合されていないので黒ずみを解消することはできません。 おしりの黒ずみは重曹で消える? A. 結論から言うと重曹では消えません。 重曹は弱アルカリ性なので酸性の汚れを中和して取り除いてくれる効果があります。 おしりの黒ずみの原因は毛穴に詰まった汚れではないので重曹を使う事で肌を痛めてしまう可能性が高いです。 また、デリケートな部分は乾燥しやすい状態なので重曹によって乾燥を悪化させてしまう可能性もありおすすめできません。 おしりの黒ずみにハイドロキノンを使ってもいい? A. デリケートな部分にハイドロキノンを使用すると重篤な副作用がでる場合があります。 ハイドロキノンは美白成分として非常に強い効果がありますが、その分副作用もつよく、赤み・ほてり・かゆみ・白斑などが報告されています。 私が顔に使用した際にも医師からの処方であるにもかかわらず、赤みとほてり、かゆみが強かったので長期間続ける事はできませんでした。 おしりに使用するとかゆみが強く出る可能性があり、寝ている間に無意識にそれを掻いたりすることを考えるとデメリットしかありません。 Q5.お尻の黒ずみに市販のユースキンは効果がある? A. 結論から言うと効果はありません。 一時期ユースキンパックをすると肌が白くなるとSNSなどでも話題になりました。 しかし、ユースキンの主な効能はひび・あかぎれ・しもやけと記されています。 成分をみても消炎作用のある成分や保湿成分しか配合されていないのでメラニン色素の過剰生成をブロックしてくれる効果は一切ありません。 よっておしりの黒ずみには効果がないと断言できます。 Q6.おしりの黒ずみにヒルドイドは効果がある? A. 財政の圧迫&副作用がないわけではないので絶対にやめてください。 私も元アトピー性皮膚炎で全身の乾燥やかゆみに悩まされていましたが、テレビでヒルドイドが紹介されて以来健康な方もヒルドイドを保険で処方してもらう事が多くなり財政を圧迫しています。 このままだと本当に必要な方も保険適用外になる可能性があるので美容目的の方は絶対にやめましょう。 また、ヒルドイドはニキビを誘発したり、発疹、潮紅、紫斑などの副作用も報告されているので、デリケートゾーンの黒ずみを解消したい場合はデリケートゾーン専用の黒ずみクリームでのケアをおすすめします。 お尻の黒ずみを解消するならスウィープホワイトに決まり!• 美白有効成分である『トラネキサム酸』がメラニンの生成を抑制する• 炎症性色素沈着に働きかけるグリチルリチン酸ジカリウムを配合• 9つの無添加で肌をいたわりながら保湿成分や美肌成分がうるおいのある肌へと導く スイープホワイトはトラネキサム酸を配合し、肌の弱い方にも安心して使える9つの無添加や炎症性色素沈着を抑制しつつメラニン生成をブロックしてくれる黒ずみクリームです。 とにかく肌の弱い方にとっても安心できる無添加処方で、美肌成分や保湿成分などをたっぷりと配合しつつメラニンの生成を抑制してくれます。 高品質な有効成分『トラネキサム酸』を配合しており、黒ずみクリームで早く解消したい方にはぴったりの商品です。 デリケートゾーンにも安心して使えるので肌の弱い方にもおすすめです。

次の

お尻の黒ずみの6つ原因と6つの改善方法を紹介!

お尻 黒ずみ 治る

多分子供のころからあって、お尻のブツブツが気になるな~としっかり自覚したのは中学校の頃かなと思います。 お風呂でゴシゴシこすってみてもダメ、下手なことをするとかゆくなるし、赤くなって肌が荒れてしまいます。 そうすると座っていても不快だし、かゆい! お尻のブツブツはニキビではなくてお尻の付け根というか座るところがブツブツしているんですよね。 自分では見えにくい場所なのでしっかりはわかりませんが・・ ブツブツしているのと、黒ずみですね。 気にはなりつつ何をしたらいいのかわからなかったのでそのままにしていました。 でも、なんだか最近、お尻のたるみも気になってきまして。 そうなったらお尻のブツブツも気になっているのです。 お尻のブツブツに効く市販薬はあるのか? 最近、色々な肌のブツブツや肌の悩みに対して特化した商品が色々出てきてます。 例えば二の腕のブツブツにいいと言われる薬とか、背中ニキビのジェルとかデコルテニキビ対策商品とか。 今まで悩んでいた人が多いであろうけれども、なかなか解決策がわからなかったと症状に対する薬や商品が多く出てきていますよね。 皮膚科などに行けば今までもそれなりに薬はあったのかもしれませんが、その当時はその位のことで皮膚科に行っていいのかわからず・・(知り合いはこんなことを医者に聞くなと怒られたことがあるそうです汗) とりあえず市販薬や対策クリームとかグッズが出てくると自分で対策できていいですよね。 と言う訳でネットで情報を探しつつ、お尻のブツブツが早く治る方法を探してみることにしました。 お尻のブツブツにいいのではと言われている、ドラッグストアで買えるアイテムで気になるのは、オロナイン、ヴァセリン(ワセリン)、馬油、ニベア、ニノキュアでしょうか。 ヴァセリン、ワセリン、馬油、ニベアについては今までにやってみたことがあります!どれも保湿を重視にしていると思うんですが、確かに悪くはなかったです。 しっかり保湿することで皮膚が柔らかくなるのか、黒ずみは少し良くなってかゆみも楽になりました。 ただ、ニベアや馬油など油分が多めのものは要注意なことも気づきました。 理由はニキビです!油分が多いせいか、ブツブツではなくてお尻ニキビができた事があります。 それで使うのをやめてしまいました。 クリームなどでの保湿は完全にブツブツが治るワケではないですが、多少効果はありそうです。 でもニキビには注意です。 次に使ってみたのがオロナインです。 オロナインはかゆいのに効いた感じがありますが、それ以外はあまり効果を感じませんでした。 お尻につけると結構量を使うので・・面倒なのとオロナイン臭がスゴイです笑 それでも効果があればよかったんですが、私のお尻には微妙でした。 そして気になるのがニノキュアです。 ニノキュアは二の腕のブツブツ用の市販薬です。 ニノキュア以外にも似たような商品が最近は出てきていますよね。 お尻のブツブツ、言われてみれば二の腕のブツブツに似てるんですよね。 ぶつぶつする感じとか赤っぽくなるところとか、ちょっと固いところとか。 それならニノキュアが効くのでは、と思いましたが、口コミを見ているとやはり微妙なようです。 まぁ二の腕用のものをお尻に使うのもどうなの?という感じですからね・・ 二の腕もブツブツがあったので買ってみて使ってみようかなと思ってもいます。 二の腕のブツブツとたるみ用のジェルで結構いいものがあるんです。 今年、しばらく使っていてよかったのですが、、試しにこれをお尻に使ってみようかな?と思っています。 お尻のブツブツにいい市販薬、今のところは特には見つかりませんでした。 多分ニノキュアみたいなのも出てないと思います。 とりあえずワセリンや馬油などでの保湿も効果があると思うのでそれでケアしつつ、別の方法も考えていきたいと思います。 またいい商品や市販薬があったら紹介したいと思います。

次の

お尻 ブツブツ,早く治す方法?市販薬は?かゆい&赤み&黒ずみ

お尻 黒ずみ 治る

Contents• お尻の黒ずみの原因は? お尻の黒ずみの原因はメラニン色素の沈着が原因です。 肌が刺激を受けると、その防御機能として、肌はメラニン色素を作ります。 メラニン色素は肌細胞を守る役割を持ち、肌へのダメージを吸収してくれるのです。 本来ならば役目を終えた表皮のメラニン色素は、肌の代謝(ターンオーバー)によって垢と一緒に剥がれ落ちますが、強い刺激によって過剰にメラニン色素が作られた場合や、ターンオーバーが追いつかずに皮膚に残ってしまった場合、そのまま沈着し黒ずみになってしまうのです。 これらの原因を踏まえた上で、どうすればお尻の黒ずみを目立たなくできるのか、対策を考えていきましょう! 自宅で簡単!おしりの黒ずみ対策・改善方法! お尻の黒ずみには様々な対策が考えられますが、その中でも重要なのが「皮膚への刺激を減らすこと」です。 とにかくメラニン色素の発生を最低限に抑えたまま、肌の代謝を上げることを意識すれば、お尻の黒ずみは怖くありません。 体重を支えるために椅子や、床と接しているヒップ部分には、やはり大きな刺激となり得ます。 肌への重圧を吸収しやすい低反発のクッションや、体重を上手く分散してくれる円座クッションなどを活用すると良いでしょう。 また、座りっぱなしの仕事をしている人などは、こまめ離席してお尻を休ませるだけでも改善が見られます。 通気性をよくすることで、雑菌の繁殖が防げます。 すると、肌自体が持つ正常な代謝に戻り、メラニン色素が沈着しにくくなります。 また、蒸れた状態のお尻は炎症やニキビを引き起こしてしまい、汗による痒みやかぶれの原因となってしまいます。 肌の衛生環境を整えるためにも、お尻の通気性をよくするというのは大事なことです。 綿やシルクなどの天然素材で、通気性の良いショーツ、下着を選ぶのが良いでしょう。 体重が少し増えたけど、下着は買い替えずに同じサイズを使い続けている、なんて人は要注意! 自分の体形に合わせて、適したサイズの着用することで、下着の締め付けや摩擦によるダメージを減らすことが出来ます。 カサカサの肌ではターンオーバーも正常に働きませんし、角質も固まりやすくなってしまいます。 結果として黒ずみが排出されずに、蓄積されやすい状態になってしまいます。 顔のケアと同じように、保湿をしっかりすることですべすべで整った肌を作ることができます。 乾燥することで、硬化してしまったお尻の皮膚にもしっかりと有効成分を届けることができるのが特徴です。 一般的なボディクリームやジェルなどに比べると、浸透力、保湿力が高いものや、メラニンが生成されにくくなる成分が含まれているのが特徴です。 これらを効率よくスキンケアに取り入れることで、お尻の黒ずみも改善することができます。 美白・保湿効果があるもの お尻の黒ずみに有効なケアアイテムは、基本的に美白(整肌)効果と保湿効果の2つのアプローチで改善を促してくれます。 保湿成分としてよく配合されているのはヒアルロン酸、セラミド。 普段のスキンケア用品でも聞き馴染みのある一般的な保湿成分ですね。 美白効果においては、プラセンタやビタミンC誘導体が含有されているのが一般的です。 そのほか天然植物エキスなどによって効果を高めている製品も見られます。 人によって肌に合う成分は異なるため、現在使っているスキンケア用品などを参考に、最も適したものを使用するのがオススメです。 お尻以外の部位にも使える 専用のケアアイテム以外にも、お尻の黒ずみに効果のあるものがあります。 それはマッサージクリームなどの代謝を高めることで効果を発揮するタイプのボディケアアイテムや、肌への刺激が少なく身体のどこの部分にも利用できる美容液商品です。 これらは、他の部位にも流用できることからコストパフォーマンスの面で見ると優れているように感じます。 ただし、お尻の黒ずみに特化した商品に比べると、やはり効果は低くなってしまいます。 黒ずみができ始めたばかりの方や、まだできていないけど予防ケアを行いたいという方にはちょうど良いかも知れませんね。 価格・コスパ お尻の黒ずみに限らず、肌のケアというものは毎日行うもの。 ケアに使う商品を選ぶときには、やっぱり値段も気になります。 価格の高い商品は、それだけ成分や効果にこだわりを持ったものが多いのは確かですが、逆に安いものに効果が低いかというと決してそんなことはありません。 「せっかく高いモノを買ったのだから、使い切らないともったいない」などと考えて、肌に合わないものを使い続けた場合、炎症などのトラブルを引き起こしてしまうことも。 ポイントケアアイテムにはどうしても人によって効果の出やすいものもあれば、効果の表れにくいものもあります。 手ごろな価格で自分の肌質に適した、コストパフォーマンスの高い商品を見つけるのが重要です。 お尻の黒ずみケアアイテムおすすめ3選! お尻の黒ずみケアで、重視する項目をご説明しました。 それでも「結局、何を選べばいいのか分からない」という方のために、数あるお尻の黒ずみケア商品の中から選出した、オススメアイテムをご紹介していきます。 その運営を行う(株)ファイブテイルズが企画開発したホワイトニングクリームです。 VIOエリアといったデリケートゾーンを始め、肘、脇、バストトップなど、全身の黒ずみに使用することができます。 アルコールやパラベン、鉱物油などの刺激物が入っていない、肌へのやさしさにこだわったアイテムです。 イビサクリームの口コミ 3ヵ月愛用しています。 しっとりとした使い心地で、抵抗なく使い続けることができています。 わたしの場合、一本目ではそれほど効果が出ませんでしたが、徐々に黒ずみが薄くなってきた気がしたので二本目を購入。 二本目を半分ほど使ったあたりで、目に見えて日に日に黒ずみが薄くなっていきました。 完全に黒ずみがなくなるまで、これ一筋で使い続けます。 他の黒ずみケアクリームで、肌が荒れてしまったのでこちらに切り替えました。 使い続けているうちに、まず肌質が変わって、使う前と比べると明らかにすべすべになりました。 黒ずみが急激に改善するということはありませんが、少しずつ薄くなってはいます。 ただ、美肌効果だけでも使い始めてよかったと思っています。 硬くなってしまった角質にも浸透しやすいナノ化したヒアルロン酸を配合しています。 ターンオーバーを正常化することに重点を置き、美容液のような保湿効果が最大の特徴で、マッサージジェルとしての用途でも使用できる万能アイテムと言えます。 ピーチローズの口コミ 友人数人と温泉に行った際、赤いニキビがお尻にできていたのを指摘されたのをきっかけに、ケア商品を探していました。 今までお尻のスキンケアなんて考えていなかったので、半信半疑で使い始めたのですが、使ってすぐにしっとりとした潤い肌になったのが印象的でした。 ニキビはすぐに収まり、残った黒ずみもケアを続けるうちになくなっていきました。 お尻のトータルケアができるという口コミを見て、黒ずみや、ガサガサな肌をまとめて改善したかったため購入を決めました。 とろみのあるジェルで、少しべたつきのある使用感のため好みが分かれると思いますが、そのまま美容液として塗ったり、マッサージジェルとしてお尻のリフトアップに使ったりと、気分や目的で使い分けられるのが気に入っています。 美白成分であるプラセンタエキスの働きによってメラニン色素の生成を抑えることで、黒ずみを元からシャットアウトしてくれます。 一見しただけでは黒ずみ用クリームとは分からないお洒落なパッケージデザインも、周りの目を気にせずにケアができると評判です。 ハーバルラビットの口コミ VIO脱毛をしたら黒ずみが気になるようになって購入。 1本目を使い切るぐらいで、黒ずみが薄くなるというよりは、肌が一段階明るくなった感じ。 使用感もしっとりしていて気に入ったので、このまま定期購入で続ける予定。 ゆるいテクスチャーでしっとりした使い心地がお気に入りです。 敏感肌なので荒れてしまわないか心配でしたが、保湿成分がしっかり配合されているお陰か問題なく使い続けています。 年末に温泉旅行の予定があるので、それまでに黒ずみも薄くなってくれればうれしいです。 お尻の黒ずみは皮膚科で治る? 黒ずみは皮膚科や、美容外科のピーリングによって改善することもできます。 ヒップ部分は皮膚が固く、厚くなりやすい部位ですが、専門的なピーリングケアによって古くなった角質を除去して肌を柔らかくすることが可能です。 何度か通院することで、黒ずみも角質と共に落ちるため薄くなっていきます。 しかし、3~6回の通院が必要となり、また自己負担となるため診察代を含めた治療費が高額になりやすいのが実情です。 専門となる医師の処置であるため、効果もお墨付きではありますが、自宅で利用できるケアアイテムを利用する方が手軽に取り組めそうです。 ポイント専門医によるケアは効果的。 しかし保険が効かないため、医療費が高額になりやすいというデメリットもあります。 また、「医師とは言えど、他人に臀部を見られるのはちょっと……」という人もいるはず。 まずは気軽に自宅でできるケアから始めるのが無難かも知れません。 まとめ 毎日の座り仕事で気付いたらお尻の肌がボロボロになっていた、という女性は多いものです。 下着やクッションを変えて皮膚への刺激を抑えたり、意識して毎日のケアを怠らなければ、理想のヒップを手に入れることも夢ではありません。 お尻の黒ずみがなくなるだけで温泉やプールなどの人前でも自信を持てるようになります。 黒ずみケアは代謝によって角質を落としていくことが重要になるため、どうしても時間がかかるのも事実です。 取り組むのが早ければ早いほど、その解決も早くなります。 ぜひ、今からでも黒ずみ対策を始めましょう!.

次の