たかの しょう 相撲。 貴景勝ってどんな力士?父や貴乃花親方との関係も解説!

貴景勝光信

たかの しょう 相撲

八 朔 相 撲 大 会 ・ 期日 : 毎年10月第1土曜日 (雨天順延) ・ 時間: 9:00~15:30 ・場所: あけぼの山農業公園果樹園特設会場 ・出場: 富勢小学校、富勢東小学校、富勢西小学校、富勢中学校児童生徒 ・主管: 柏市富勢地域ふるさと協議会 八朔相撲大会実行委員会 ・共催: 柏市富勢地区青少年健全育成推進協議会 ・後援: 柏市、柏市教育委員会 ・協賛: 柏市富勢地域町会・自治会、 柏市富勢地域行政関連団体、 柏オークライオンズクラブ ・協力: 富勢中学校、 富勢小学校、 富勢東小学校、 富勢西小学校 あけぼの山農業公園風車広場横に設置の特設土俵で,地域の小学生200余名が参加して 相撲のトーナメントを繰り広げます。 昼休みには大相撲のアトラクションもあります。 「八朔」とは「八月朔日(さくじつ)」の略,朔日とは毎月の「一日」のこと。 この日は昔から吉日とされ各地で稲の初穂を神に供え豊作を祈願する祭礼が行われたとのこと。 ぜひ当日は会場へ足を運んで,熱戦相撲をご覧になってください。 ふるさと協議会役員はじめ地域の方々や地元企業の協力で, 土を盛り平らにして,俵袋を敷き詰める力作業が進められます。 年1回限りの土俵 造りもご覧ください。 千葉県中南部に大きな災害をもたらした超大型台風15号の接近で開催できるか気をもませられましたが、当日は文字通り嵐の前の静けさの好天で、例年通り盛大に挙行されました。 主役の地域3小学校から136人の児童がエントリーしましたが、直前に富勢西小6学年が学級閉鎖となり、残念ながら取り組みが実現しないケースがいくつかありました。 各校ともこの日に向けて入念な準備をしていた模様です。 西小学校は 「富西小おやじの会」の皆さんが中心となって、夏休みや土曜日、日曜日に子供たちに熱心に指導をしたり、東小学校は日本体育大学柏高等学校相撲部の監督と部員に、四股・すり足からぶつかり稽古まで指導してもらったとの事です。 熱戦又熱戦! そして表彰式。 特別表彰もありました。 アトラクションの時間(その2) ちびっこ相撲 模擬店や給水車、移動交番もオープンです 令和元年 八朔相撲大会個人戦上位入賞者 部 順 位 学校名 氏 名 部 順 位 学校名 氏 名 小学一年 男子の部 優勝 富勢東 山本 颯汰 小学一年女子の部 優勝 富勢東 青山 志乃 準優勝 富勢小 新井 優太 準優勝 富勢小 高橋 遥 第3位 富勢小 梅崎 陽平 第3位 富勢小 伊能 実寿 富勢東 岡崎 遼斗 富勢東 石井 忍 小学二年 男子の部 優勝 富勢小 宇佐見和志 小学二年女子の部 優勝 富勢小 井澤 汐花 準優勝 富勢小 小沼 杏樹 準優勝 富勢東 椎橋 美月 第3位 富勢小 石川 創介 第3位 富勢小 鈴木 想乃 富勢東 石田佑人夢 富勢小 福別府 愛 小学三年 男子の部 優勝 富勢小 宮内 颯甫 小学三年女子の部 優勝 富勢小 畠山 歩未 準優勝 富勢小 小出 大地 準優勝 富勢小 八木里桜歌 第3位 富勢東 西野 日葵 第3位 富勢西 野沢莉里果 富勢東 岩屋ヶ野響 富勢西 小谷野莉子 小学四年 男子の部 優勝 富勢小 川﨑 駿 小学四年女子の部 優勝 富勢西 天瀬 夏美 準優勝 富勢小 木原 颯斗 準優勝 富勢東 根本 舞歌 第3位 富勢小 山縣 透真 第3位 富勢小 城代 日咲 富勢西 丹羽 凌仁 富勢東 青山 優 小学五年 男子の部 優勝 富勢小 關口 耀太 小学五年女子の部 優勝 富勢小 東川 芽衣 準優勝 富勢西 佐藤 飛羽 準優勝 富勢小 野田 愛子 第3位 富勢小 十文字喜城 第3位 富勢小 飯田みのり 富勢小 種橋 海吏 富勢西 関根 稟桜 小学六年 男子の部 優勝 富勢小 新井 将生 小学六年女子の部 優勝 富勢小 久木美七海 準優勝 富勢小 本栁 颯大 準優勝 富勢小 古賀 天音 第3位 富勢小 畠山 将誓 第3位 富勢小 伊能 ゆず 富勢小 床井 晴 富勢小 野口かなみ 団体優勝 富勢小学校 台風・強風が続き1週間前に造った土俵の状態など心配されましたが、好天に恵まれた相撲日和となりました。 地元出身で五輪担当相に就任された桜田大臣はじめ、柏市長・柏市役所・柏オークライオンズクラブ・布施弁天東海寺・富勢地域内小、中学校や議員さんなど多くの来賓のご臨席を頂きましたが、保育園、幼稚園などの運動会と重なり、見学応援の父兄が例年より少なく感じられました。 大会は、三小学校児童の男子103名、女子55名総勢 158 名が参加、中学生は学校行事との兼ね合いで今年も不参加となりましたが、観客の大声援のもとに白熱戦が繰り広げられました。 小学校三校による団体戦は、男女の別なく学年対抗戦が行なわれ、 富勢西小が三連覇。 個人戦の上位入賞者は下の成績表をご覧ください。 昼休みには、大相撲朝日山部屋力士によるアトラクション、力士とちびっ子相撲と富勢東小音楽部による演奏が行なわれました。 会場には、柏オークライオンズクラブのご厚意による餅つきのほか、当協議会および青少協のメンバーによる模擬店も開かれ好評をいただきました。 収益金は運営資金として活用されます。 この八朔相撲は土俵造り、テントの借用・設営・撤収、テーブル・イスの調達・運搬・返納、模擬店等々地域の多くの皆さんだけでなく日体大柏高の協力により実現しています。 後藤実行委員長による土俵清め 秋山柏市長ご挨拶 桜田五輪担当相のご挨拶 富勢西小より優勝杯返還 ・レプリカ贈呈 選手宣誓 見合ってみあって! 富勢東小音楽部 ブラスバンド 表彰式です 移動交番、水道局などにも ご協力を頂きました 平成30年 八朔相撲大会個人戦上位入賞者 部 順 位 学校名 氏 名 部 順 位 学校名 氏 名 小学一年 男子の部 優勝 富勢小 池田 輝利 小学一年女子の部 優勝 富勢小 鈴木 想乃 準優勝 富勢東 松本 陸巧 準優勝 富勢小 神田 彩葉 第3位 富勢小 宇佐見和志 第3位 富勢東 大坪 龍正 小学二年 男子の部 優勝 富勢東 岩屋ヶ野響 小学二年女子の部 優勝 富西小 野沢莉里果 準優勝 富勢小 小出 大地 準優勝 富勢東 末永 莉々 第3位 富勢小 木原 柊斗 第3位 富勢東 佐藤 春叶 富勢小 手塚 泰我 富勢東 桒原 汐里 小学三年 男子の部 優勝 富勢小 川﨑 駿 小学三年女子の部 優勝 富西小 松本 小暖 準優勝 富勢東 後藤 尚翔 準優勝 富西小 天瀬 夏美 第3位 富勢小 奥山 蒼介 第3位 富勢小 遠藤 由萌 富勢小 下村 法大 富勢東 根本 舞歌 小学四年 男子の部 優勝 富西小 佐藤 飛羽 小学四年女子の部 優勝 富勢小 野田 愛子 準優勝 富勢小 小林 壕 準優勝 富勢小 東川 芽衣 第3位 富勢小 關口 耀太 第3位 富勢小 下村 琴菜 富勢小 滝口 大翔 富西小 関根 稟桜 小学五年 男子の部 優勝 富勢小 畠山 将誓 小学五年女子の部 優勝 富勢小 波間 彩夏 準優勝 富勢小 高橋 祐翔 準優勝 富勢小 古賀 天音 第3位 富勢小 遠藤 琉生 第3位 富勢小 梅崎 琴美 富勢東 根本 玲哉 富西小 瀬下 珠加 小学六年 男子の部 優勝 富西小 田中 一斗 小学六年女子の部 優勝 富勢小 細谷ひまわり 準優勝 富西小 吉村 光平 準優勝 富勢小 田中ここみ 第3位 富勢小 十文字陽城 第3位 富勢小 齋藤菜々子 富西小 加賀谷 翼 富勢東 野口かなみ 第23回の八朔相撲大会は雨天順延の平成29年10月8日、あけぼの山農業公園果樹園内特設相撲場で行われました。 予報通りの好天気に恵まれ、富勢地域3小学校の1年生から6年生まで男子129名、女子80名、合計209名のちびっこ力士で熱戦が繰り広げられました。 団体戦は富勢西小が二連覇。 個人戦の上位入賞者は下の成績表をご覧ください。 昼休みには、富勢東小音楽部による演奏と大相撲朝日山部屋力士によるアトラクション、柏市出身の隆の勝(たかのしょう大相撲千賀の浦部屋新十両)も加わって力士とちびっ子相撲も行われました。 会場内梅の木から毛虫が落ちて悩ましい状況があったこと(生物多様性の観点から殺虫剤を使っての駆除が出来ないとの事)、および犬・猫などペット類の公園内入場は禁止されていますが、このルールが徹底されず、アレルギーの小学生対応が十分でなかったことなどが次回からの検討課題として挙げられました。 この八朔相撲は土俵造り、テントの借用・設営・撤収、テーブル・イスの調達・運搬・返納、模擬店等々地域の多くの皆さんだけでなく日体大柏高の協力により実現しています。 共催: 柏市富勢地区青少年健全育成協議会 協賛: 富勢地域内町会・自治会、柏オークライオンズクラブ、富勢地区行政関連団体 協力団体: 富勢中学校、富勢小学校、富勢東小学校、富勢西小学校 (左から)市議会議長、市長、 東海寺住職と後藤会長 選手宣誓 開会式を見守るちびっこ力士たち はっけよーい、のこった がんばれ! 行司にも熱が入ります 朝日山親方と部屋の力士たち (左)千賀の浦部屋 隆の勝関 平成29年 八朔相撲大会個人戦上位入賞者 部 順 位 学校名 氏 名 部 順 位 学校名 氏 名 小学一年 男子の部 優勝 富勢東 岩屋ヶ野 響 小学一年 女子の部 優勝 富勢小 畠山 歩未 準優勝 富勢小 田近 愛豊 準優勝 富勢小 増川 葵心 第3位 富勢小 木村 修翔 第3位 富勢東 末永 莉々 富西小 千田 修和 富勢東 染谷 華月 小学二年 男子の部 優勝 富勢小 木原 颯斗 小学二年 女子の部 優勝 富西小 黒木 栞 準優勝 富勢小 奥山 蒼介 準優勝 富西小 松本 小暖 第3位 富勢小 鈴木 琥哲 第3位 富勢小 遠藤 由萌 富西小 丹羽 凌仁 富西小 中根 穂琴 小学三年 男子の部 優勝 富勢小 關口 耀太 小学三年 女子の部 優勝 富勢小 野田 愛子 準優勝 富勢小 滝口 大翔 準優勝 富勢小 東川 芽衣 第3位 富勢小 小林 壕 第3位 富勢小 田中 実希歩 富勢小 種橋 海吏 富西小 野沢 奈々果 小学四年 男子の部 優勝 富勢小 床井 晴 小学四年 女子の部 優勝 富勢小 久木美 七海 準優勝 富西小 飯島 歩 準優勝 富勢小 古賀 天音 第3位 富勢小 遠藤 琉生 第3位 富勢小 田島 夕楓 富勢東 青山 心 富勢小 中川 茉奈美 小学五年 男子の部 優勝 富西小 田中 一斗 小学五年 女子の部 優勝 富勢小 細谷 ひまわり 準優勝 富西小 佐藤 由絃 準優勝 富勢小 東川 優衣 第3位 富西小 田村 昂大 第3位 富勢小 丸山 梨沙富 富西小 吉村 光平 富西小 村田 妃菜花 小学六年 男子の部 優勝 富勢東 井口 絢翔 小学六年 女子の部 優勝 富勢小 渡辺 陽香 準優勝 富西小 神戸 俐星 準優勝 富勢小 畠山 夢叶 第3位 富勢小 床井 仁 第3位 富勢小 田島 未結 富勢東 野口 真吾 富勢東 根本 和奏 当初予定の10月1日は雨で順延となりましたが、2日は思わぬ好天に恵まれました。 柏市長をはじめ柏市役所・柏オークライオンズクラブ・布施弁天東海寺・富勢地域内小、中学校や議員さんなど多くの来賓のご臨席を頂き、開催されました。 大会は、三小学校児童だけで234名の参加、中学生は学校行事との兼ね合いで不参加となりましたが、観客の大声援のもとに白熱戦が繰り広げられました。 小学校三校による団体戦は、男女の別なく学年対抗戦が行われましたが、三校とも1勝1敗で同成績になりました。 再度決定戦をおこなう時間がなく、審判団協議の結果勝敗数ではなく、トータルの勝率で決することにしました。 西小5割4分、富小5割、東小4割6分で富勢西小学校が優勝となりました。 昼休みには、東小ブラスバンド・スイングイースターズによる演奏と大相撲式秀部屋力士によるアトラクション、力士とちびっ子相撲も行われました。 会場には、柏オークライオンズクラブのご好意による餅つきのほか、当協議会および青少協のメンバーによる模擬店も好評をいただきました。 収益金は運営資金として活用されます。 天正18年(1590年)徳川家康が領地替えにより、秀吉から関東を拝領し、江戸に入ったのが、同年八月朔日(一日)でした。 これを一般に江戸城お打入りといいます。 開幕以来260余年の長きにわたり続いた、徳川家繁栄の元となった日で、 五節句につぐ祝日とされました。 布施弁天に伝わる八朔相撲は、享保9年、江戸両国にあった兜山(かぶとやま)部屋の力士が、同弁天の改築などを祝って奉納したのが始まりとされています。 以来、富勢地域での五穀豊穣、家内安全の祈願や村人の娯楽、心身の鍛錬などを目的に、村人に引き継がれ、八朔の語源の旧暦の八月朔日に行われてきました。 布施の八朔相撲-河岸の繁栄を伝える伝統行事 出典「歴史ガイドかしわ」より この相撲の始まりについては、布施河岸の繁栄を物語る一説があります。 この頃、東北地方や銚子方面から、江戸へ人や物を運ぶ大きな道は何と言っても利根川でした。 ところが関宿から下流の利根川中流域は川床が浅く、特に冬場の水が少ない時などは、大きな舟はとくに難航しました。 このため利根川右岸でいったん陸に揚げ、江戸川添いの加村や流山岸まで荷駄で送り、再び江戸川から舟で江戸市中に運ぶルートが開かれました。 実は布施村は初めから、河岸としての地位や特権を認められていたわけではありませんでした。 ですから元禄時代を過ぎると布施と同じような条件を持つ利根川沿いの村々は、利権を求めて一斉に荷物の付け替えを始めたのです。 ついに享保6年(1721年)には村々の間で争いとなり、双方が幕府に訴える騒ぎとなりました。 幕府評定所は吟味の結果、「布施村は古来より荷物を揚げ下しており、 松戸・小金筋から笠間筋への馬継ぎもしているので、布施村にとっては大変有利な内容で、村人たちの表情は笑顔に満ちていたことでしょう。 これにより布施河岸が名実共に成立し、喜んだ人々によって八朔相撲が始められたというものです。 その後の河岸の繁栄を見ればこの話には説得力がありますが、実際には相撲はそれ以前から行われていました。 裁許状の出された享保9年より17年前の宝永4年(1707年)の古文書に相撲の記述が見られるのです。 「弁財天の境内では一年に6回、己巳の日に縁日が立ち、近辺の商人たちが集まる。 さらに、八月朔日には近村が寄り合い相撲が打たれる」とあります。 利根川図志の著者、赤松宗旦も布施弁天の項で「この社地において八月朔日 毎年風祭相撲あり」と書くなど、近郷に知られた行事でした。 布施の八朔相撲は、昭和36年に一度中断しましたが、地元の皆さんの努力により、また再開された由緒ある行事です。 八朔相撲の復活 昭和36年に中断された八朔相撲ですが、平成7年10月1日、「由緒ある行事を復活させ、地域おこしのはずみにしよう」と富勢地域ふるさと協議会と地元が一丸となり、復活にこぎつけました。 当日は、八朔相撲について布施弁天の牛田秀一東海寺大僧正が説明と解説し、観衆は熱心に聞きいっていました。 第一回目ということで、戸田耕作柏市相撲連盟会長が模範相撲を行い、大いに熱気を盛上げました。 さらに、柏市内と近隣市の小・中学生が古式通りのまわし姿で土俵に上がり、団体戦と個人戦で親善相撲を取りました。 八朔相撲の会場と大会運営 あけぼの山農業公園のシンボルである風車と布施弁天の間にある梅林の中に、4本の柱を組んで、本格的な特設土俵を設営。 会場の周りには八朔相撲ののぼりや各町会・自治会ののぼりが何十本とたちならび、模擬店も出て、イベント会場に相応しい設営となっています。 大会運営は、富勢地域ふるさと協議会および富勢地区青少年健全育成推進協議会の共催で行われ、富勢地域の全ての町会・自治会、中学校、小学校が協力し、まさに地域総出の伝統行事のお祭です。 また、昼休には、地元小学校の楽器演奏や近隣有志のイベントも行われ、来場者を楽しませてくれます。 八朔相撲の運営費 復活前は、地元で「相撲田」という共有田を持ち、この収穫米で八朔相撲の経費をまかなっていました。 現在では、地元町会・自治会・商店・企業や有志の方々の支援により、優勝者、上位入賞者に賞品を提供したり、用具を整えたりしています。 取材・編集発行 柏市富勢地域ふるさと協議会 総務部 柏市布施1196-5 布施近隣センター内 FAX (04)7132 3107.

次の

貴景勝ってどんな力士?父や貴乃花親方との関係も解説!

たかの しょう 相撲

人気NO・1力士は誰だ? 今年も大相撲総選挙を実施します。 photo• 相撲・格闘技 阿炎が結婚、20代一般女性と 婚姻届すでに提出 []• 大相撲 [6月29日 7:27]• ボクシング [6月28日 18:21]• 大相撲 [6月28日 7:00]• プロレス [6月28日 0:34]• 格闘技 [6月27日 20:01]• 大相撲 [6月27日 7:40]• プロレス [6月27日 0:07]• 大相撲 [6月26日 18:44]• 大相撲 [6月26日 16:27]• ボクシング [6月26日 15:25]• 大相撲 阿炎が結婚、20代一般女性と 婚姻届すでに提出 []• 大相撲 [6月29日 7:27]• 大相撲 [6月28日 7:00]• 大相撲 [6月27日 7:40]• 大相撲 [6月26日 18:44]• 大相撲 [6月26日 16:27]• 大相撲 [6月25日 19:43]• 大相撲 [6月25日 17:54]• 大相撲 [6月24日 18:07]• 大相撲 [6月24日 15:42]• 大相撲 [6月24日 8:00]• プロレス 秋山準DDT移籍「思うことあるが男は黙って尽力」 []• プロレス [6月28日 0:34]• プロレス [6月27日 0:07]• プロレス [6月25日 8:28]• プロレス [6月25日 0:00]• プロレス [6月25日 0:00]• プロレス [6月24日 1:14]• プロレス [6月23日 0:00]• プロレス [6月22日 22:52]• プロレス [6月22日 22:09]• プロレス [6月22日 17:11]• ボクシング 比嘉大吾が井岡一翔ら所属のマネジメント会社と契約 []• ボクシング [6月28日 18:21]• ボクシング [6月26日 15:25]• ボクシング [6月26日 14:57]• ボクシング [6月25日 22:13]• ボクシング [6月25日 18:38]• ボクシング [6月25日 18:10]• ボクシング [6月25日 10:18]• ボクシング [6月24日 13:52]• ボクシング [6月24日 13:52]• ボクシング [6月23日 19:35]•

次の

貴景勝ってどんな力士?父や貴乃花親方との関係も解説!

たかの しょう 相撲

来歴 [ ] 6人兄弟の4番目で、他の兄弟は皆細身だったのに対し、伸明少年のみ体格に恵まれており、小学1年の時から地元の相撲大会に出場し、3年生の時に地元・千葉県の柏相撲少年団で本格的に相撲を始めた。 厳格な父の指導もあり最初は嫌がっていた稽古も積極的に取り組むようになった。 少年団での稽古は1日4時間、週2回から3回であったが、学年が上がるにつれて自主稽古が増え、ある時期には週に2、3回、家で30分間延々と四股を踏んでいた。 「中卒で大相撲に入るまでずっと通っていました。 稽古は厳しかったけど、小さい頃はとにかく相撲が楽しかった記憶があります」と本人は少年団時代を振り返っていた。 中学時代には全国中学校相撲選手権に千葉県代表として団体戦メンバーの1人として出場。 同じ団体戦メンバーにはがいた。 中学卒業と同時にに入門。 四股名は師匠の19代千賀ノ浦(元関脇・)の現役時代の四股名から一字貰った「 舛ノ勝」とした。 入門同期生には、らがいる。 3月場所で初土俵を踏み、は二番出世。 を1場所で、と5場所でそれぞれ通過。 この間2010年11月場所の負け越し(2勝5敗)以外は全て勝ち越し、7月場所でに昇進。 三段目でも2011年9月場所の負け越し(3勝4敗)以外は全て勝ち越し、5月場所でに昇進した。 に2回三段目落ちを経験したが1場所で幕下復帰をして、1月場所以降は幕下に定着した。 4月に師匠が20代千賀ノ浦(元小結・)へ代替わりし、部屋が出羽海一門から貴乃花一門へ移籍すると、貴乃花一門のやへ出稽古へ通うようになって良質な稽古を積めるようになり 、幕下上位へ定着した。 1月場所で、四股名を読みはそのまま「 舛の勝」へ変更した。 師匠の考えで、心機一転などの意味合いを込めた改名であったが、改名後は勝ち越しを続けて、同年9月場所で自己最高位となる東幕下3枚目の番付で6勝1敗としたことで、翌11月場所での新十両昇進が決まった。 柏市からの関取誕生は以来44年ぶり(麒麟児は旧出身)で、このことは柏市の広報でも伝えられた。 また、十両昇進に合わせて、20代千賀ノ浦の現役時代に因み、四股名を「 隆の勝」へ再改名した。 新十両昇進に際して隆の勝は「本当に夢みたい。 目標にしていた場所に上がれてめちゃくちゃうれしい」と喜びを見せる一方で、「同期の輝や、(年下の)やが活躍している。 負けたくない気持ち」と闘志を見せた。 「11月場所はまずは勝ち越し、あわよくば十両優勝を目標としている 」と抱負を述べた。 その後も勝ち越しを続け、5月場所は幕内昇進を伺う西十両3枚目まで番付を伸ばした。 直前の5月7日にで行われた幕内力士8人が集まって行われた合同稽古では時津風一門の横綱である鶴竜と5番取って1勝4敗、この日唯一鶴竜に土を付けた力士となった。 場所では序盤から黒星が先行して12日目に関取として初の負け越しが決定。 しかし残りを3連勝として1点の負け越しに抑えた。 番付を半枚落として迎えた7月場所は先場所から一転して持ち味の押し相撲が冴え、特に中日以降は7連勝とするなど13勝2敗の好成績を挙げた。 9日目から星の差1つで追走していたが千秋楽でに敗れたため優勝決定戦にも進出したが、引き落としで敗れて十両優勝は果たせなかった。 十両で13勝を挙げながら優勝できなかったのは2014年7月場所の以来4年ぶりとなる。 それでも続く9月場所は新入幕を果たし、東前頭14枚の地位を与えられた。 両国国技館内で内で行われた記者会見では「幕内はテレビでみる世界だった。 番付の一番上に名前が載り本当にうれしい。 めちゃめちゃ、うれしいです」と話し、師匠は「今はまだ通過点。 ぜひ、なってほしい」と自分が経験した三役力士への成長を願った。 9月場所は二桁白星と三賞受賞を目指していた が、13日目に6敗目を喫して二桁白星は不可能になり、この場所は8勝7敗に終わった。 三賞に関しては、そもそもこの場所は大相撲史上初の三賞すべて該当者なしという結果になっている。 この場所の勝った8番中3番は捕まってからの、2番は攻めあぐねた状況でのであった。 10月5日の秋巡業足利場所では巡業3日目で初めて稽古土俵に立ったに胸を出してもらい、8分間ぶつかり稽古を行った。 この日の稽古後に稀勢の里は「スタミナはあると思う。 (厳しい稽古を)普段からやっているんじゃないですか。 お互い良い稽古になる」と評価し、今後に期待した様子だった。 2019年4月20日の春巡業柏場所は御当地場所。 ぶつかり稽古では大関・に、たっぷりかわいがられ稽古をつけてもらった。 稽古後は、地元テレビ局や新聞社の取材が特別に設けられ、5人の兄弟はじめ家族全員が応援に駆けつけるなど、地元で晴れ姿を披露した。 2020年3月場所では、無観客の中9日目までに1敗と優勝争いにも加わり、最終的には12勝3敗の好成績で、自身初の三賞となる敢闘賞を受賞した。 取り口 [ ] 押し相撲が持ち味であり、関取昇進後は稽古と食事で体格と持久力を向上させた。 2020年3月場所は力のある突き押し、右を差して素早く寄る相撲も目立ったが、2020年5月に本人が語ったところによると「自分の相撲をつかみ始めたのは出稽古を積極的にするようになった3、4年前くらいからです」とのこと。 怪我に強い力士であるのも特徴であり、場所中でも痛そうだと整体師の母に判断されたら母がすぐ治療しに行くため、大きな怪我に発展しづらい。 エピソード [ ]• がに在籍していた頃「推しメン」として応援しており、十両昇進時に田名部との対談が実現している。 十両昇進を機にの描いた化粧廻しを使用している。 のファン。 ONE OK ROCK 2019年11月27日 福岡公演に参戦。 アリーナ席から4人ステージに呼ばれたうちの1人。 メンバーとのトークも楽しんだ。 その時の写真はTAKAのインスタに掲載。 「おにぎり君」というあだ名がありながら、梅干しが嫌い。 整体師の母に育てられていたが、「姿勢が悪くなるから」という理由で携帯ゲームは禁止されていた。 一方、テレビゲームは禁止されていなかった。 主な成績 [ ] 2020年3月場所終了現在 通算成績 [ ]• 通算成績:300勝224敗9休(60場所)• 幕内成績:41勝34敗(5場所)• 十両成績:85勝56敗9休(10場所) 三賞・金星 [ ]• 三賞:1回• 敢闘賞:1回(2020年3月場所)• 舛ノ勝 伸明(ますのしょう のぶあき)2010年3月場所 - 2016年11月場所• 舛の勝 伸明(ますのしょう のぶあき)2017年1月場所 - 2017年9月場所• 隆の勝 伸明(たかのしょう のぶあき)2017年11月場所 - 脚注 [ ] []• 日刊スポーツ 2020年3月16日20時10分(2020年3月18日閲覧)• 刊 『』 2017年5月号(夏場所展望号)別冊付録 平成29年度版 最新部屋別 全相撲人写真名鑑35頁• 時事ドットコム 大相撲 新星探査• 柏市 2018年8月29日(2019年11月11日閲覧)• Sponichi Annex 2018年5月10日 10:30(スポーツニッポン新聞社、2018年8月29日閲覧)• 日刊スポーツ 2018年8月27日16時43分(日刊スポーツ新聞社、2018年8月28日閲覧)• 毎日新聞 会員限定有料記事 毎日新聞2018年9月8日 地方版 (毎日新聞社、2018年10月1日閲覧)• 2018年9月24日7時10分 スポーツ報知(報知新聞社、2018年10月1日閲覧)• 『相撲』2018年10月号 p. 19-49• 日刊スポーツ 2018年10月5日19時8分(日刊スポーツ新聞社、2018年10月6日閲覧)• 日刊スポーツ 2019年4月20日17時2分(日刊スポーツ新聞社、2019年4月21日閲覧)• 千賀ノ浦部屋 2020年3月16日. 2020年4月4日閲覧。 十両優勝決定戦進出• 右膝前十字靱帯損傷のため3日目から休場、9日目より再出場、11日目から再休場• 無観客開催 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - 日本相撲協会• takanosho1114 -• takanosho1114 -.

次の