インフルエンザ 予防 接種 腫れ ひどい。 インフルエンザ予防接種の副反応|熱は出る?副反応の症状と予防法を解説

インフルエンザの予防接種で炎症?赤くなるとか腫れるのはなぜ?

インフルエンザ 予防 接種 腫れ ひどい

もくじ• 予防接種で腫れる原因は? 身体がワクチンを異物と認識、腫れや赤みが出ることも インフルエンザワクチンに限らず、ワクチンは、その病気の微生物から作られています。 弱めた感染力のないウイルスから作られるワクチン(インフルエンザワクチンは、不活化ワクチン)は、身体に入ると異物と認識されますので免疫が働き抗体を作ります。 その際に局所的な腫れや赤みが出ることがあります。 アレルギーがある人は要注意 また、インフルエンザの予防接種は、つくられる過程において鶏卵を使用しています。 そのため、卵アレルギーがある方は腫れをはじめとした、副作用反応が出る場合があります。 しかし、卵アレルギーがあるからといって、必ず「腫れ」が出るわけではなく、体調不良や免疫が低下している時などにだけ、腫れるという人もいます。 腫れが現れても通常は数日で腫れがひき元に戻ります。 卵だけでなく何らかのアレルギーがある人は、インフルエンザの予防接種を受ける前に医師に伝えた上で、接種を受けるようにしてください。 また、アレルギー反応が薄く、自分ではアレルギーがないと思っていても、何らかのアレルギーを持っている場合もあり、この様な方が疲労や免疫機能が低下している時などに予防接種を受けるとワクチンに入っている成分に反応して腫れが現れる場合もあるでしょう。 注射した部分を抑える時間が短いと腫れる? 注射した部分を抑えるのは、血が止まるために抑えているだけなので、抑える時間によって腫れる、腫れないということはありません。 腫れてしまったときの対処法 注射した部分がかゆい、痛い場合 接種箇所に腫れや痛みが現れても、 ほとんどの場合は、2~3日で自然に治癒します。 気になる場合は、濡れタオルや保冷剤をタオルで包んだものなどを使って、冷やしてください。 また、虫さされの薬には、抗ヒスタミン薬が入っている場合が多いので腫れや接種後のかゆみに働きかけてくれます。 しかし、薬によって配合成分が違うので、塗る前には必ず、かかりつけの医師や予防接種を受けた病院の医師に相談するようにしてください。 ひどいときは病院に行くべき? 腕全体や身体にまで腫れが広がる・我慢できないほどの痛みが現れた場合は、すぐに病院を受診してください。 また、発熱や悪寒、呼吸困難と言った、いつもと違う体の症状(歩けない・ふらつき・手足のしびれなど)が現れた場合も速やかに病院を受診し、診察を受けましょう。 腫れているとき、お風呂に入ってもいいの? 予防接種当日でも入浴は、可能です。 しかし、腫れが悪化したり、雑菌が入ったりする場合もあるので接種箇所を強くこする・拭くのは避けましょう。 予防接種後、腫れないようにするには 次に予防接種を受けたらまた腫れるの? アレルギーや体調によっては、次回も腫れが出る場合があります。 腫れを軽減させる方法は? 腫れを長引かせない・軽くするためには、予防接種前には、体調を整えておく必要があります。 腫れやすいという人は、睡眠不足や疲労がたまっているといった体調不良がある状態での接種は、避けましょう。 まとめ 腫れや痛みが出ても、通常数日でなくなります。 このような症状が出ている方は、特に予防接種後には、激しい運動や過度な飲酒は避け、安静に過ごしましょう。

次の

インフルエンザ予防接種後の腫れやかゆみ、痛みは冷やす?対処発熱

インフルエンザ 予防 接種 腫れ ひどい

接種当日は接種部位を清潔に保ち、いつも通りの生活をしましょう。 また、激しい運動や大量の飲酒は避けてください。 接種当日の入浴は差し支えありませんが、注射した部位をこするのはやめましょう。 接種直後、または数時間経ってから、発疹やじんましんなどのアレルギー症状が出た場合は、速やかにお医者の診察を受けてください。 注射した部位が赤く腫れたり痛んだりすることがありますが、いずれも一過性で通常2~3日で治ります。 ですが腕全体が腫れるなど異常な症状が現れたときは、速やかにお医者さんの診察を受けてください。 接種後、高熱やけいれんなど体調の変化が現れたときは、速やかにお医者さんの診察を受けてください。 インフルエンザワクチンは、13歳未満の人は2~4週あけて2回接種、13歳以上の人は1回または1~4週あけて2回接種です。 2回接種を行う人は次回の接種を忘れないようにしましょう。 近日中に他の予防接種を受ける場合は、出来るだけ今回と反対側の腕に受けるようにし、接種間隔は1週間以上あけましょう。

次の

インフルエンザの予防接種で体調不良になる?

インフルエンザ 予防 接種 腫れ ひどい

スポンサーリンク インフルエンザ予防接種をしたら腫れがひどいけど大丈夫? 注射を受けた部分が腫れることはよくあることですが、腫れが腕全体に広がったり、体全身に蕁麻疹が出て腫れているような状態は正常な反応ではありません。 すぐに医療機関を受診するようにしましょう。 腕全体ではなくても、明らかに予防接種を受けた部分以上にひどく腫れているようなら、その場合も医療機関を受診することをおすすめします。 気になる症状がある時は、これくらいで受診してもいいのだろうかと悩む必要はありません。 たとえ正常な副作用だとしても、ずっと心配でストレスを抱えているよりは、医師に相談してスッキリした方がいいですよ。 インフルエンザ予防接種で腫れないための対策は? 予防接種後に腫れるのは、ワクチンが抗体を作るために頑張っているという証拠であるとお話しました。 そのため、今まで全く体に入ったことのない未知の型のワクチン(ウイルス)に対しては、より頑張って抵抗力を作ろうとして反応が大きくなり、腕の腫れや痛みなどが出やすくなります。 要は同じ型のインフルエンザにかかったことがある方が、副作用は出にくいということです。 でも、予防接種の後に腫れないようにするためにインフルエンザにかかるというのは現実的ではありませんし、腫れ自体も自然と2~3日でおさまるものです。 ひどい腫れではない場合は、そのまま気にせず放置しても問題ありません。 予防接種の副作用を起こさないような対策を考えるよりも、副作用が起きても気にしなくていいんだと考えた方がいいでしょう。

次の