豚 ひき肉 下味 冷凍。 これで食費1か月1万円!特売肉の「下味冷凍」テクニック

下味冷凍肉で1週間!解凍なしで作れちゃう晩ご飯おかず~豚肉編~

豚 ひき肉 下味 冷凍

同じ豚肉なのにここまで大きな差が出るのは、やはり脂肪の量の差です。 カロリー計算では、たんぱく質や炭水化物は 1g=4kcal で計算しますが、脂質は 1g=9kcal で計算するため、少しの違いが大きなカロリー差として表れます。 また、以下のようなビタミン、ミネラルが含まれています。 【ビタミン】 ビタミンA、D、E、K、B1、B2、ナイアシン、B6、B12、葉酸、パントテン酸、C、(ビオチン) 【ミネラル】 ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、(ヨウ素、セレン、クロム、モリブデン) ()内は部位によって含まれていない栄養素です。 豚肉の効能 効能その1: 疲労回復で夏バテ知らず 豚肉にはたんぱく質や脂質が豊富に含まれています。 さらに、たんぱく質や脂質をエネルギーに変換するためのビタミンB1、B2も豊富に含んでいます。 豚を食べることで、 エネルギー不足を起こすことなく、パワフルに活動できるようになります。 豚肉に豊富に含まれるビタミンB1は主に糖質を、ビタミンB2は脂質やたんぱく質をエネルギーに変換する働きを持っています。 特にビタミンB1は、たまねぎやにらと一緒に食べることで吸収率がグーンと上がりますから、生姜焼きなどで一緒に調理すると良いでしょう。 効能その2: 必須アミノ酸によるストレス改善 豚のたんぱく質には、トリプトファンという成分が含まれています。 このセロトニンがストレス改善に効果を発揮するのです。 また、ロイシンという必須アミノ酸も含まれているのですが、こちらには筋力アップの効果があります。 筋肉の分解を抑制&強化修復を促し、代謝を上げて太りにくい体を作ることができるのです。 これ無しでは人は生きられないくらい重要です。 長期保存が可能になる 豚肉は、冷凍することにより長期の保存が可能になります。 特に、ひき肉などは買った日のうちに調理することが推奨されています。 長期保存できるようになれば、特売日などにまとめ買いすることもできるようになります。 調理時間の短縮になる 豚肉は、冷凍することにより調理時間の短縮が可能になります。 冷凍する際にまとめて下処理をしておくことで、 食事の準備時間をグッと短くすることができるのです。 例えば、あらかじめ下味をつけておけば、解凍後すぐに生姜焼きを作ることができます。 ボウルにたれを作り、数十分かけて浸して置く必要がなくなるのです。 あるいは、あらかじめ揚げ物用の衣をつけておけば、あとは揚げるだけでとんかつを作ることができます。 事前にした処理を済ませておくことで、毎日の食事の準備時間を短くすることができます。 豚肉の解凍方法 豚肉は、どの方法で冷凍した場合も、 基本的には冷蔵庫で自然解凍することをオススメします。 冷蔵庫でゆっくり解凍することで、余分なドリップ(液漏れ)を抑え、うまみの流出を防ぐことができます。 お急ぎの場合には、氷水解凍がオススメです。 ボウルなどに氷水を張り、フリーザーバッグごと浸して解凍する方法です。 冷蔵庫解凍よりも短時間で済み、流水解凍よりも水を節約できます。 電子レンジでも解凍はできますが、解凍ムラや加熱しすぎになりやすいため、最終手段として考えていただければと思います。 豚肉の保存期間 どのように冷凍したかによって、保存期間が変わってきます。 空気に触れている面積が多いため、早く劣化してしまいます。 生のままラップに包んだものや、野菜巻などが該当します。 下味つけたものや、火を通したものが該当します。 3)フライパンでお肉を炒めます、この時油はひきません。 4)お肉の色が変わったら、(2)のたれを入れます。 5)中火で煮詰めて、照りが出たらごはんに盛り付けて完成です。 3)お肉を広げ、塩こしょうを軽く振ります。 その上に、にんじん&ほうれん草、もやし&ほうれん草の組み合わせで乗せ、巻いていきます。 4)フライパンにごま油をひき、中火でお肉の巻き終わりから焼いていきます。 5)巻終わりが焼けたら、弱めの中火にして他の側面も焼いていきます。 6)全体に火が通ったら、弱火にしてポン酢を回しかけたら完成です。 とんかつ 材料(2人分) ・豚ロース 2枚 ・小麦粉 大さじ2 ・卵 1個 ・パン粉 適量 ・塩こしょう 小さじ1 ・揚げ油 適量 1)お肉はあらかじめ冷蔵庫、ないし氷水にて解凍しておきます。 2)お肉を包丁の背で叩いて筋切をし、裏表に塩こしょうをします。 3)トレーに小麦粉、溶き卵、パン粉を用意し、この順番でお肉にまんべんなくつけていきます。 4)油を170度まで熱し、両面を5分ほど揚げます。 キッチンペーパーで余分な脂を落としたら完成です。 その場合は、ラップに包んでフリーザーバッグに入れて冷凍してください。 チャーシュー 材料(4人分) ・豚バラブロック 500g ・長ねぎ 1本 ・下味用の酒 大さじ3 ・酒 大さじ4 ・みりん 大さじ4 ・めんつゆ 大さじ5 ・おろししょうが 大さじ2 ・砂糖 大さじ3 1)お肉はあらかじめ冷蔵庫、ないし氷水にて解凍しておきます。 2)長ねぎを半分だけ白髪ねぎにして水にさらし、もう半分は5㎝幅に切っておきます。 3)お肉に酒を振りかけて揉み込み、10分ほどしたらフライパンで両面に焼き色を付けます。 4)酒、みりん、砂糖を加えてふたをして、火が通るまで弱火にかけます。 5)火が通ったら5㎝幅に切った長ねぎを入れ、めんつゆと水を入れてさらに煮ます。 6)火を止め、少し冷ましてから5㎜幅程度に切り、フライパンに戻して味を染み込ませます。 7)お皿に盛り付け、残り汁をひと煮立ちさせたら、全体に回しかけましょう。 その場合は、お肉を何枚かまとめてラップで包み、フリーザーバッグに入れて冷凍してください。 2)豚バラブロックを半分に切って、フライパンで全体を焼きます。 3)焼いた豚バラを2㎝幅程度(食べやすい大きさ)に切ります。 まとめ 豚肉の冷凍保存方法はいかがでしたでしょうか。 豚肉を冷凍する際のポイントは、水気を拭きとることと、空気を抜くこと。 この2点を守ることで、食品の劣化スピードを抑えることができます。 豚肉の解凍方法は、基本的には冷蔵庫解凍、急いでいる場合には氷水解凍がオススメです。 時間をかけて解凍することで、うまみの流出を減らすことができます。 冷凍保存のテクニックを使えば、家計も助かりますし、食事の準備にかける時間を減らすこともできます。 ぜひ上手に活用してみてください。 >> >> >>.

次の

【みんなが作ってる】 冷凍 下味 ひき肉のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

豚 ひき肉 下味 冷凍

ミートソースにハンバーグ、オムレツや餃子、そしてつくねなど、ひき肉やミンチと聞いて思い浮かぶ料理って数多くありますよね。 ただ、ハンバーグだったら合いびき肉が良かったり、ミートソースなら牛ひき肉が良かったりと一括りに「ひき肉」と言ってもそれぞれのお料理に合うひき肉って違いますよね。 豚のひき肉でも最近では、油の多い餃子用なんていうのも売っていたりします。 どれでも一緒のように思いがちですが、それぞれ向いているお料理が異なるように、冷凍できる期間も違ったりしてなかなか奥が深いひき肉。 今回はそんな ひき肉の冷凍保存方法、冷凍期限や下味を付けたものは冷凍できるのか、またおすすめのレシピを合わせてご紹介します。 スポンサーリンク 目次• ひき肉は冷凍できる? 少しあると何かと重宝するひき肉ですが、冷凍することは可能なのでしょうか。 ひき肉はお肉を細かく挽いたものですので、そのまま 冷蔵しているとどんどん水分が抜けて美味しさも失われていきます。 また、消費期限も購入日から 2,3日と短く、日持ちもしません。 買ったその日に調理をするのであれば問題ありませんが、実は数日置くなら 冷凍保存が断然おすすめなんです。 ひき肉が冷凍でもストックできるなんて助かりますよね。 もしくは、そのままフリーザーバッグにお肉を入れて平らに伸ばし、一回分ずつ菜箸などで筋を入れておくと、後でぱきっと割って簡単に取り出すことができるので使いやすいです。 パラパラにして保存するには、フリーザーバックに入れて冷凍し、30分~1時間したら、一度だしてバックを振りパラパラにしたら、また冷凍庫に入れて、これをあと2回ほど繰り返します。 また、冷凍をする時に金属製のトレーやバットなどを敷いておくと、 急速に冷凍することができ、お肉の美味しさが保たれるので、こちらもおすすめです。 なお、この冷凍する際には 手で直接お肉を触らないように注意しましょう。 触ったところからどんどん雑菌が繁殖してしまいます。 また、冷凍するのであれば、買ってきたらできるだけ すぐに冷凍してしまいましょう。 消費期限切れの場合は、 ひき肉も足が早いので臭いを確認して少しでも異臭がしたら、体を壊してもいけないので処分しましょう。 とはいえ絶対にできないわけではありませんので、そこはご判断におまかせします。 ということで、下味をつけてから 冷凍ももちろん可能です。 冷凍をしている間にも味付けが染み込み、使う際にもすぐに調理することができて、とっても便利です。 ここで簡単な 下味付きのひき肉レシピをご紹介します。 保存期間は 約1ヶ月可能です。 使う時には、袋から使う分だけ取り出し、包丁で一口サイズまたは食べやすい大きさに切り分け、フライパンでしっかり焼きます。 塊としてだけでなく、ばらしてミートソースとしても使うこともできますよ。 他にも、 ハンバーグのタネを冷凍することも可能ですが、冷凍する場合は、捏ねる時に 素手ではなくビニール手袋を着用し、お肉に 直接触らないよう注意しましょう。 冷凍方法は、ハンバーグの形に成形をしてひとつずつラップでくるみ、フリーザーバッグに入れて冷凍します。 ハンバーグは 焼く前ももちろん冷凍できますが、 焼いてから冷凍をしても食べたい時にすぐ使えるのでおすすめです。 加熱前のもので 冷凍約2週間、加熱後で 冷凍1ヶ月保存できます。 時々、ハンバーグは多めに作っておいて冷凍しておくのですが、その日に時間がない時などは、冷凍庫から出して焼くだけなのでとても助かっています。 しかも味も染みておいしいのでおすすめです。 また、 肉団子や鳥つくねも同じように作り置きして冷凍保存が可能です。 ブリも冷凍がおすすめです!冷凍したブリでおいしい照り焼きも!ブリの冷凍保存はこちらをご覧ください。 それぞれの賞味期限は、次の通りです。 ただ、おいしく食べるためにはこの期間が理想ですが、1ヶ月や2ヶ月、3ヶ月と冷凍して忘れた場合、食べられないことはありませんが中身は必ず確認しましょう。 また、半年や1年など冷凍したことを忘れて放置しておくと冷凍焼けを起こし色も茶色に変化していたりするので、状態やにおいがおかしい時は処分しましょう。 解凍方法は、常温に放置するのではなく 、肉質を傷めずに解凍できるので 冷蔵解凍が適しています。 その他、電子レンジも使えますが、解凍の際に加熱しすぎないよう 短時間ずつ様子を見ながら解凍しましょう。 解凍したひき肉は、こちらも長持ちしませんので、できるだけ早めに遅くとも2日以内に使い切りましょう。 使う前には、異臭がしないか一度しっかりと確認をして判断してくださいね。 意外ですが、タコも冷凍がとっても便利です。 タコの冷凍方法はこちらを参考にしてみてください。 少しあるとお弁当やおにぎりの具材にも使えてとっても便利な作り置きのおかずにもなりますね。 甘辛く炒めて水分を飛ばしたそぼろは、 冷蔵だと3~5日程、 冷凍したら1ヶ月保存が可能です。 鶏そぼろだけでなく、豚肉でも牛肉でも作れます。 こうすることで、そぼろ同士がくっついてしまわず パラパラに冷凍され、使いやすくなります。 作ったそぼろは、そのままはもちろん、オムレツに入れたりコロッケに使ったりと万能です。 わが家では作り置きをして、こちらも献立に困ったときに重宝しています。 何にでも変身してくれるので大活躍しています。 ここでは、ひき肉を使ったおすすめレシピをご紹介します。 先ほどのおすすめの食べ方にあったそぼろの作り方もご紹介しますので、ぜひ試してみてください。 豚ひき肉そぼろ 下茹でをして油を落とし、炒める際にもオイルを使用しませんので油っぽくなく冷めても美味しいそぼろです。 あっという間にできてしまいますよ!日持ちもするのでひき肉を大量に購入したら作っておくといいですね。 小松菜ひき肉丼 子供が苦手な小松菜もひき肉と一緒に甘辛く炒めてご飯に乗せれば、もりもり食べてくれるかもしれません。 まとめ 今回は、ひき肉の冷凍方法や解凍法、保存期間などについてご紹介しましたが、お肉の種類ごとに冷凍できる期間が異なるのは意外ですね。 私も以前は全部同じだと思って1ヶ月も2ヶ月も保存したりしていました。 使うときのことを考えて冷凍をすることで、解凍にものすごく時間を取られたり、余分な水分がたくさん出てしまったりといった失敗も少なくすみます。 ひき肉はお手頃で使いこなせばとことん使いやすい食材ですので、これをきっかけにどんどん冷凍保存も活用してみてくださいね。 スポンサーリンク•

次の

下味冷凍肉で1週間!解凍なしで作れちゃう晩ご飯おかず~豚肉編~

豚 ひき肉 下味 冷凍

酒…大さじ1• 生姜(すりおろし)…小さじ1• Lサイズの冷凍用密封保存袋…1枚 作り方 1 冷凍用密封保存袋に豚薄切り肉を重ならないように薄く広げて入れる。 2 混ぜ合わせたAを、1の肉全体にかけるようにして少量ずつ流し入れる。 3 2の空気を抜いて肉を平らにし、密封する。 平らな状態のまま冷凍する。 【食べ方例】豚の生姜焼きの香味野菜和え 肉を凍ったまま加熱して、生野菜と和えるだけのスピードレシピ。 肉にしっかり味がついているので、香味野菜との相性がバツグンです。 材料(2人分)• 下味冷凍肉(豚薄切り肉の生姜焼き味)…1袋分(160~200g)• サラダ油…小さじ1• 豆苗…1パック• みょうが…2個• 青じそ…10枚 A• ごま油…大さじ1• 塩…少々 作り方 1 豆苗は根を切り落として5㎝の長さに切り、みょうがと青じそは千切りにして、混ぜ合わせたAで和える。 2 フライパンにサラダ油、凍ったままの豚肉を入れてから中火にかける。 最初は肉に触らず、表面の色が変わってきたら裏返し、菜箸でほぐしながら肉全体に火を通す。 3 火を止め、肉が大きければフライパンの中で調理用ばさみを使って食べやすく切り、1を加えて余熱でさっと和える。 鶏もも肉…2枚• 長ねぎ(青い部分)…1本分• 生姜…1片分 A• Lサイズの冷凍用密封保存袋…1枚 作り方 1 鶏もも肉は余分な脂と皮を除き、半分に切る。 厚みのある部分に包丁を入れて開き、均一な厚さにする。 2 長ねぎは5㎝の長さのぶつ切りにする。 生姜は千切りにする。 3 冷凍用密封保存袋に1、2の順番に入れ、混ぜ合わせたAを全体にかかるように少量ずつ流し入れる。 4 3の空気を抜いて、密封する。 平らな状態のまま冷凍する。 【食べ方例】シンガポールチキンライス 下味冷凍の袋の中身と米を、炊飯器に入れて炊くだけの簡単レシピ。 肉と野菜のうま味を吸い込んだごはんが絶品! 鶏肉はごはんの蒸気に蒸されて、ふっくらジューシーに仕上がります。 材料(3人分)• 米…2合• 香菜、トマト(お好みで)…各適量 [つけダレ]• 生姜(すりおろし)…大さじ1• オイスターソース…大さじ1• ナンプラー…大さじ1• レモン汁…大さじ1弱• サラダ油…小さじ1 作り方 1 米は普通に水加減し、30分ほど吸水させ、水を大さじ2取り除く。 2 下味冷凍肉は袋ごと流水に30秒~1分当てて、表面を少し解凍する。 3 1にナンプラーを入れて混ぜ、2の鶏肉の皮目を下にして米の上に並べる。 生姜、長ねぎもできるだけ重ならないよう並べて、普通に炊飯する。 4 炊きあがったらすぐに鶏肉、長ねぎ、生姜を取り出し、ごはんを混ぜる。 鶏肉は食べやすい大きさに切る。 5 器にごはんと鶏肉を盛りつけ、2㎝幅に切った香菜、くし形切りにしたトマトをつけ合わせ、混ぜ合わせたつけダレを添える。 豚挽き肉…200g• 生姜(すりおろし)…小さじ1• 塩麹(市販品)…大さじ1• Mサイズの冷凍用密封保存袋…1枚 作り方 1 冷凍用密封保存袋にすべての材料を入れ、袋の上からもみ込んで混ぜる。 2 できるだけ薄く平らにしながら密封し、菜箸を押しつけて4分割の線をつける。 【食べ方例】肉みそジャージャーうどん 下味の塩麹と生姜は、中華風のアレンジとも相性ぴったり。 凍ったままの肉を炒めて調味料を加え、冷たい麺に乗せるだけで完成です。 材料(2人分)• 下味冷凍肉(豚挽き肉の生姜塩麹味)…200g• うどん…2玉• 長ねぎ(みじん切り)…10㎝分 A• ごま油…小さじ1• 酒…大さじ2• 水…大さじ3• きゅうり、トマト、白髪ねぎ(お好みで)…各適量 作り方 1 フライパンに凍ったままの豚挽き肉を手でわり崩して入れ、ヘラで挽き肉を崩すようにしながら中火で炒める。 2 肉の色が変わったらAと長ねぎを加えてよく炒め合わせる。 水溶き片栗粉を少しずつ加えて加熱しながらとろみをつける。 3 うどんをゆでてざるに上げ、水気をよく切る。 4 器にうどんを盛り、2、角切りにしたトマト、斜め薄切りにしたきゅうり、白髪ねぎを彩りよく盛りつける。 5 食べる直前に、混ぜ合わせたBをかける。

次の