今後ともよろしくお願いします 英語 メール。 英語で「よろしくお願いします」の表現と意味をプロが解説

【定型文あり】「今後とも」の意味と正しい使い方、類語や英語表現を解説!

今後ともよろしくお願いします 英語 メール

「今後ともよろしくお願いします」の「今後とも」の意味は? 「今後ともよろしくお願いします」の「今後とも」はこれからもという意味 「今後ともよろしくお願いします」の「今後とも」はこれからもという意味です。 漢字をよく見ると分かりますが、今と後とありますよね。 「いまとあとも」ということで「これからも」という意味になります。 つまり現在そして未来もということになります。 「今後ともよろしくお願いします」の「今後とも」の意味は関係継続を願う 「今後ともよろしくお願いします」の「今後とも」の意味には関係継続を願う気持ちが込められています。 今後ともは今だけでなくこれからもを含んだ意味であることをお伝えしました。 つまり今後ともは、今だけでなくこれからもあなたと関係を続けていきたいという発言者の気持ちが込められているんですね。 これからのことを意識したビジネス言葉は、今後ともよろしくお願いしますの他にもあります。 その一つである「楽しみにしております」のビジネスメールについての記事をご紹介します。 仕事相手との良好な関係を続けるためには最適な言葉を使うことが求められますね。 その参考に下記をぜひご覧ください。 こちらは立場が自分よりも上の人に対してメールの最後で使うといいですね。 仕事をしていく上で自分が教えてもらう立場の場合にこの言葉を使うと、丁寧な印象を与えられます。 相手を立てられる表現です。 今後ともはこれからも一緒に仕事がしたいということを伝える言葉です。 お付き合いも同じことですから、この二つは今後も続く関係性を願う言葉として最適とも言える表現ですよ。 お引き立ては自分の会社をひいきにしてもらうという意味ですね。 そのような時にこの言葉で締めくくると、特別感と同時にこれからも仕事関係を続けたいという気持ちを表現できます。 ビジネスメールにおいて、言いたいことや伝えたいことを述べて簡単な言葉で締めくくることもありますよね。 そんな時にこの表現は丁寧でありながらくどすぎず適切ですよ。 今後ともよろしくお願いします」です。 こちらは年末のあいさつに使われる表現です。 この一年一緒に仕事をしてくれたことへの感謝や労いの気持ちを表すと同時に、来年もよろしくという願いを伝えられますね。 今後ともの類語には「末永く」があります。 これとおつき合いを使うとこれからも一緒に仕事をしましょうと伝える表現が作れます。 メールや会話で今後ともを使わない場合に「末永く」が使えますよ。 今後ともの類語には簡潔な表現のこれからもという言葉もあります。 今後ともではかしこまってしまう場合に、この表現はシンプルですが丁寧に締めくくれますよ。 つき合いが長かったり対等な立場の場合などに使えます。 今後ともはこれから先のことを示す場合に使いますので、将来的にもは類語になります。 この言葉を使ったこの表現は、今もこれから先も良好な関係を続けたいという強い願いを相手に伝えられますね。 「今後ともよろしくお願いします」の敬語お願い致しますは頼む時に 「今後ともよろしくお願いします」の敬語お願い致しますは、相手に頼む時に使います。 致すは「する」の謙譲語で、致しますは敬語表現になります。 そして致しますは相手に何かしてもらうという意味合いになりますので、お願い致しますのように相手に何かを頼む場合に使うのが正しい使い方になりますよ。 「今後ともよろしくお願いします」の敬語お願い申し上げますはおわびなどに 「今後ともよろしくお願いします」の敬語お願い申し上げますは、おわびやお礼などを言う時に使います。 お願い致しますと比べると、お願い申し上げますは自分に焦点が当たった表現になります。 ですので反省の気持ちを伝えるおわびの文で使ったり、感謝の気持ちを伝えるお礼の文で使ったりしますよ。 今後ともよろしくお願いしますのビジネスメール例文についてご紹介しましたが、ビジネスメールの件名の表現方法はご存知ですか?ビジネスメールの件名はメール全体の印象を左右しますのでとても重要な部分ですよね。 下記に件名マナーについての記事を載せましたのでぜひご覧ください。 直訳すると引き続きの支援をありがとうございますとなりますが、これからもいい関係を続けていきましょうや、これからもよろしくお願いしますという意味の英語になります。 こちらの英語も続けての支援という表現を使ってこれからの継続した関係をお願いする表現になっていますね。 これら二つはよく使われ、また比較的覚えやすい英語です。 同じ言葉を使って返信するよりは、こちらもよろしくお願いしますと表現した方が相手の言葉をしっかり受け取ってから返事をしている表現になり適切ですよ。 こちらこそ、これからもよろしくという気持ちを伝えます。 こちらこそ、変わらぬお付き合いをよろしくお願いしますのように、こちらこそとお願いしますの間にお願いすることを加えて表現することもできます。 こちらの方が丁寧ですし、自然なやり取りになる場合が多いですね。 ビジネスメールの返信に関連して、「早速のご返信」という表現の記事をご紹介します。 ビジネスメールの冒頭の言葉として使いやすい表現ですので、下記をぜひ参考にしてみてくださいね。 先述の通り、お願い致しますはお願いをする時に使います。 この例文の場合は相手に今後ともおつき合いをしましょうとお願いをしているので「お願い致します」を使いますよ。 こちらはよく使われる表現ですね。 この場合も私にご指導をしてくださいと相手にお願いしているので、文末はお願い致しますを使いましょう。 仕事上で立場が上の人や目上の人に使うと丁寧で、これからもいい関係で指導を受けながら仕事ができるような表現ですね。 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」です。 先述で「申し上げる」はお詫びの際に使うと述べました。 使い方は何についてのお詫びを先に述べてから、よろしくお願い申し上げますと続けましょう。 今後ともよろしくお願い申し上げます」です。 お願い申し上げますは感謝の気持ちを伝える時にも適した表現です。 相手へありがとうの気持ちをこの言葉と共に伝えれば、敬語ができる人だと感心されますね。 上記でも出てきたお忙しい中についての記事をご紹介します。 お忙しい中は仕事での会話やメールのやり取りでたくさん使われる表現ですね。 この言葉の使い方や類語、英語について詳しく解説されていますので、この機会にぜひおさらいしてみてくださいね。 何卒はお願いすることを強く主張する際に使います。 つまりほんとうにそうしてほしいという時には何卒を使えば相手に強く伝えられる言葉なんですね。 この例文では、これからもどうかひいきにしてくださいと強く伝えています。 何卒の文の前にお願いすることを述べない、「今後とも何卒よろしくお願いします」という表現もよく使われます。 この表現は、これからもどうかよろしくお願いしますと強く伝えられますね。 引き続きは、今起こっていることがこれからも続くことを意味します。 それに対して今後ともはこれからのことを意味すると述べましたね。 仕事が継続している中で相手に何かをお願いする場合にはこの「引き続き」を使うようにしましょう。 引き続きは今も続いている仕事の事柄で使いますので、仕事中に仲間や部下にお願いをする時などに引き続きお願いしますと伝えましょう。 引き続きは今後ともよりはかしこまった印象が少ない言葉ですね。 今後ともよろしくお願いしますとその敬語を上手に使いこなそう! 今後ともよろしくお願いしますについて、敬語や英語、ビジネスメールの返信などについてご紹介しました。 今後ともよろしくお願いしますやその敬語は、仕事相手との関係を良好にしてくれる素敵な言葉です。 相手と気持ち良く仕事を続けていけるように、これらの言葉をきちんと理解して使いこなせたらいいですね。

次の

ビジネスでの「今後とも」の正しい使い方、「引き続き」との違い

今後ともよろしくお願いします 英語 メール

「今後とも」の意味 「今後とも」は、 「これからも」「以後も」を意味しています。 「今」は音読みだと「コン」「キン」、訓読みだと「いま」と読みます。 「今」は「過去と未来との境になる時」「現在」を表しています。 「後」は音読みだと「ゴ」「コウ」、訓読みだと「のち」「うしろ」「あと」と読みます。 「後」は「その時のあと」「これから先」「未来」を表しています。 「今後」は、「今からのち」「こののち」を意味していて、 「とも」は、「同じであること」「一緒」を意味しています。 「今後とも」には、「これからもずっと」という継続のニュアンスのほかに、「その次もまた同じように」という反復のニュアンスも含まれます。 「今後とも」は、 「このまま終わるのではなく、その先も関係を築いていきたい」といった意思表示の言葉になります。 「今後とも」は目上の人にも使える 「今後とも」は、「結びの言葉」としてビジネスシーンでは、汎用性が高いフレーズです。 「今後とも」は、「今後も継続して関係を築きたい」という意思を表明しているので、上司や取引先など、 目上の相手に対しても、目下の相手に対しても使うことができます。 「今後とも」はビジネスメールで使うことがほとんどです。 ビジネスメールでは最初と最後に挨拶文を入れます。 最初の挨拶文では「お世話になっています」が基本的です。 最後の挨拶、結びの挨拶はメールの内容によって変える必要があります。 ビジネスメールでの結びの言葉は、メールの内容をより引き立てたり、メール全体の印象に影響を与える重要な役割を持っています。 「今後とも」は「今後ともよろしくお願いいたします」といったように、一般的によく使われる結びの言葉で、取引先への挨拶や年末年始の挨拶として頻繁に使うことができます。 取引先とのメールで「今後ともよろしくお願いいたします」と使うことによって、 継続的に関係を続けるのをお願いすることとなります。 「今後とも」とよく一緒に使う「何卒」 「今後ともお願いいたします」は頻繁に使用することが多いフレーズです。 ただ、もう少しお願いする気持ちを強調して伝えたいときは、 「何卒」を組み合わせるのが良いです。 「何卒(なにとぞ)」は、相手に対して強く願う気持ちを表す言葉です。 「何卒」は、「どうぞ」「どうか」を丁寧にした言葉で、「何とかして尽くすのでお願いします」という意味合いで使うこともできます。 「何卒」を使うことによって、文章全体が引き締まる効果があるので、ビジネスシーンで「何卒」は頻繁に使用されます。 「何卒」は、メールや手紙など書き言葉として使うことがほとんどで、お願いやお詫びのときに使うことが多いです。 「今後とも何卒よろしくお願いいたします」と使うことで、「これからもどうぞよろしくお願いします」という意味になり、相手に対しての感謝の気持ちを強く伝えられます。 また、相手や状況によっては、「今後ともどうぞよろしくお願いいたします」や「今後ともどうかよろしくお願いいたします」と言い換えることができます。 「何卒」を使った定型文 ・何卒よろしくお願いいたします。 ・何卒ご配慮いただきますよう、よろしくお願いいたします。 ・何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。 ・何卒ご容赦いただきますよう、よろしくお願いいたします。 ・ご多忙のところ恐縮ですが、何卒よろしくお願いいたします。 ・ご足労お掛けしますが、何卒よろしくお願いいたします。 ・何卒お付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。 「今後とも」を使った例文 「今後とも」の例文を紹介します。 ビジネスシーンで「今後とも」を使う場合 ・この機会にさらなる努力を重ねてまいります。 今後ともご支援とご愛顧のほどよろしくお願いいたします。 ・この度は誠にありがとうございました。 今後ともご指導頂けましたら幸いです。 ・今後とも変わらぬお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。 ・今後とも何かとお世話になるかと存じますが、よろしくお願い申し上げます。 ・今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようお願いいたします。 ・今後とも変わらぬご厚誼とご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。 ・皆様のご期待に添えるよう、精一杯努力してまいる所存です。 今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。 ・今後とも昨年と同様お引き立てを賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 ・旧年中は、一方ならぬご愛顧を賜り感謝申し上げます。 今後とも変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。 「今後とも」の使用上の注意点 「今後とも」を使用するにあたって、いくつか注意しなければいけない点があります。 謝罪する場合には使わない メールの内容がお詫びや謝罪の場合には、「今後とも」の使用はなるべく避けるべきです。 自分が起こしたトラブルやミスについてのお詫びのメールで、「今後ともよろしくお願いいたします」と送ってしまうと、例え問題が解決していたとしても、ミスが起きたことについて反省していないのでは、または厚かましいと思われてしまう可能性があります。 お詫びのメールの際は、「今後とも」は使わずに、 「重ねてお詫び申し上げます」「ご期待に添えず、申し訳ありませんでした」「この度は大変申し訳ありませんでした」などといった謝罪の言葉か、「この度は誠にありがとうございました」などと問題が解決したことへのお礼で締めるのが適切になります。 継続的な付き合いをしない相手には使わない ビジネスメールなどで「以後も」「これからも」を意味する「今後とも」だと違和感がある場合には、他の言葉に言い換える必要があります。 例えば、ビジネスシーンでの取引が1回限りで、継続的ではない付き合いなどがあります。 取引が1回限りだと分かっている場合には、今後の付き合いを示唆する「今後ともよろしくお願いいたします」だと相応しくありません。 こういった場合は、 「誠にありがとうございました」「それでは失礼いたします」といったように、状況に応じた言葉で締めるようにしましょう。 また、取引があと少しで終わってしまう場合などは、「次回は改めてよろしくお願いいたします」だったり「次の機会は、ぜひご一緒させていただきたいと存じています」と言い換えるのが無難になります。 身内や親しい相手には使わない 「今後とも」は身内や親しい相手には使用しない言葉です。 「今後とも」は改まってこれからの付き合いをお願いする言葉です。 親しい相手に対して「今後とも」を使っても決して間違いではありませんが、身内に対して使ってしまうとどこかよそよそしく感じ、冗談だと捉えられる可能性があります。 親しい間柄に対しては、 「それではまた」「いつもありがとうございます」といった気軽な言葉の方が良いでしょう。 「今後とも」と「引き続き」の違い 「引き続き」の意味 「引き続き」には 名詞と副詞の2つの品詞があります。 「引き続き」のそれぞれの品詞の意味は、 名詞「引き続き」の意味 ・物事が途切れることなく続くこと 副詞「引き続き」の意味 ・続けざまに ・途切れることなく ・すぐそれに続いて といったようになります。 「今後とも」と「引き続き」の違い 「今後とも」と「引き続き」ほぼ一緒と言っていいほど意味に違いはない言葉です。 ただ、少しだけ言葉の持つニュアンスが異なります。 「今後とも」は文字通り、「これからも」や「以後も」という意味で、 「やりとりが一旦終わっても、これからも同様の付き合いを願う」ということを表します。 「引き続き」は「続けざまに」「途切れることなく続く」という意味で、 「このままと変わらぬ気持ちで関係を続けていくことを願う」ということを表します。 「引き続き」は、取引先へ経過報告をする時や、先方からの質問に答える時など、やりとり・取引が現在進行中の段階で使います。 例えば「この間の件ですが、A案の方で進めてください。 引き続きよろしくお願いします」と使うことができます。 この場合は「まだ完成していないけれど、最後までお願いします」といったニュアンスになります。 「引き続き」は、現在進行中のやりとりや取引に対して使います。 一方で、 「今後ともよろしくお願いします」は取引が一度終了したとき、この先の取引に向けての挨拶として使用します。 「引き続き」は現在進行形のことに対して使い、「今後とも」は未来のことに対して使います。 「今後とも」と「引き続き」の意味に、大きな違いはありませんが、使用場面に微妙な違いがあります。 一般的には「今後とも」を使用するのが無難です。 「今後とも」と「今後も」の違い 「今後とも」と「今後も」は非常に似ている言葉です。 2つともほぼ同じ意味ですが、ニュアンスに少々違いがあります。 「今後とも」は、現在に関する感謝の気持ちを含んでいますが、 「今後も」は「これから」のことに重点をおいていて、現在のことは含んでいません。 例えば、「今後ともよろしくお願いします」と言った場合は、「今回と同様にお願いします」といった意味になり、「今後もよろしくお願いします」と言った場合は、「これからもお願いします」といった意味になります。 「今後もよろしくお願いします」には「今回と同じように」という意味合いが含まれないので、現在に対しての感謝もほとんど含まれていないことになります。 ビジネスシーンでは、現在の感謝が含まれている「今後とも」を使うのが無難です。

次の

引き続きよろしくお願い致します。って英語でなんて言うの?

今後ともよろしくお願いします 英語 メール

仕事で海外との取引が増えれば、当然、メールでも英語を使ったコミュニケーションが増えます。 英語でメールを書く際、内容部分は、お知らせ、確認、依頼、謝罪やお礼など、伝えるべき具体的な事柄が決まっているため書き易いですが、メールの書き始めの部分や、終え方、締めの部分に手間取ってしまうという方もあるでしょう。 仕事仲間との関係を良好に保ったり、より良いモノにするために、感じよくメッセージを始めたい、締めたいと思えば、尚更です。 また、メールの締めの部分は、ある程度型が決まっている常識的な部分のため、間違えると恥ずかしいということもあります。 そこで今回は、英語メールを終える時、ネイティブ・スピーカーが使う英語表現をご紹介します。 フォームがある程度決まっていますから、この記事でご紹介する締めのフレーズをコピペして使っても良いですし、最近あったエピソードなどを織り交ぜて、少しカスタマイズしていただいても良いと思います。 英語メールの締めの部分に、感謝の言葉を添える メールの最後を感謝の言葉で締めくくられれば、受け取った相手も嬉しい気持になりますし、あなたへの印象も各段に良いものになるでしょう。 何に対する感謝か、具体的な内容を書かなくても、Thank you. だけでも入れておくと、感じの良いメールになります。 英語メールでは、よくある終え方です。 Thank you. I appreciate your help. Thank you for your help. Thank you for your support. Thank you again for your help with this matter. Thank you for your consideration. Thanks in advance for your time. If you would clarify it, I shall be very thankful. 感謝の気持ち、英語で十分に伝えられていますか?せっかくの温かい気持は、キチンと言葉にして伝えましょう。 ビジネスでの英語メールの締め「お返事をお待ちしています」 問い合わせや、何かしらの対応を依頼する内容のメールであれば、最後に、相手からの返事を期待する文言を入れることが多いです。 「~を楽しみにしている」という意味のlook forward to の後は、名詞、あるいは動名詞になる点に気を付けましょう。 I look forward to hearing from you. I look forward to your reply. Looking forward to hearing from you. Hope to hear from you soon. クレームや催促する内容の英語メールの締めに、「対応していただけると有難い」 クレームや、催促など何かしらの対応を必要とするメールの場合は、下記のように相手のアクションを促す文言を入れましょう。 I would appreciate your immediate attention to this matter. I would really appreciate it if you could deal with these matters urgently. Please let me know, at your earliest convenience, when you would be available. Looking forward to receiving the revised document. メールではなく電話で問い合わせをしたい時は、こちらの記事をご参考にされて下さい。 (問い合わせ電話の話し出し、用件の切り出し方、終え方等) アポイントメントを取る内容の英語メールの締め「お会いするのを、楽しみにしています。 」 アポイントメントを取ったり、約束の確認するメールの締めくくりは、会えるのを楽しみにしているという内容を入れると良いでしょう。 I look forward to meeting you next Tuesday. Looking forward to discussing the proposal at the dinner. I look forward to seeing you soon. 下記のフレーズの場合は、下の行に自分の署名を入れます。 In anticipation of our meeting on Thursday, Kaori Ito ビジネスでの英語メールの締め「今後とも、よろしくお願い致します。 」 日本語で言う、「よろしくお願いします」は、なかなか英語にしにくいものですが、こんな文言を入れると、ニュアンスが伝わるのではないでしょうか。 We are honored to be able to do business with you. We are constantly indebted to you for your diligence and skill in handling these matters. We look forward to celebrating our mutual growth in the future. We look forward to a successful working relationship in the future. We appreciate your ongoing involvement in this project. We are grateful for your enduring assistance. We appreciate all that you continue to do for us. Thank you for your continued support. 下記は、ビジネス上、何か失敗があった時など、謝罪の言葉の後にも使える「今後とも、よろしくお願いします」です。 We hope that we may continue to rely on your valued custom. 英語ビジネスメール全般(書く時の基本ルール、カスタマイズして使える英語ビジネスメールのフォーマット)をご紹介している記事も、併せてお読みください。 ビジネスでの英語メールの締め「質問があれば、連絡してください」 何かを説明、紹介するメールの場合、相手が何かしらの疑問を持つことが想像されます。 読み手が気軽に問い合わせをできる環境作りをするのに役立つ下記の表現は、英語メールの締めくくりに、頻繁にみられます。 Should you need any further information, please do not hesitate to contact me. Please feel free to contact me if you need any further information. If you require any further information, please do not hesitate to contact me. Should you have any questions, please feel free to contact me. Do not hesitate to contact me if you need any assistance. Do not hesitate to contact me if you have any concerns. Please let me know if you have any questions. If you require any further information, let me know. メールで連絡した用件等について、問い合わせ電話がかかってきた場合、スムーズに応対したいものです。 では、電話を受ける際のネイティブの英語例文をご紹介しています。 ビジネスでの英語メールの締め「お力になれる事があれば、お知らせください」 質問と同様、何か助けが必要な時には、いつでも連絡してくださいという文言は、メールの締めくくりとして、思いやりが感じられます。 また、ビジネスの相手として、安心感を与え、信頼関係を築くのに役立つ表現です。 Please let me know how I can be of any further assistance. If I can be of assistance, please do not hesitate to contact me. I hope the above is useful to you. Please contact me if there are any problems. Let me know if you need anything else. Drop me a line if I can do anything else for you. 謝罪、お詫びの英語メールの締めで使える「申し訳ありません。 」 メールの内容が何かしらのお詫びや、相手に面倒をかけることになるお知らせの内容であれば、最後に再度、謝罪の言葉を入れると良いでしょう。 Once again, I apologize for any inconvenience. I apologize in advance for any inconvenience this may cause. I know this may cause you some inconvenience, so I apologize for this. Hopefully this is not an inconvenience for you. Again, my apologies. I am sorry for any inconvenience. I hope that by letting you know now it will help mitigate any future inconvenience. I hope this is not too problematic for your scheduling. I look forward to your thoughts, and apologize again if this appears too trivial a matter. Again, I apologize for the delay. Thank you very much for your patience. Thank you for your understanding. 英語メールでの「敬具」にあたる部分:クロージング 英語のメールを締めくくる時、名前の前に、サインオフを置きます。 日本語の敬具に当たる部分で、サインオフの後に、あなたの氏名を書きます。 Respectfully Cordially Yours truly Sincerely yours Yours faithfully Yours sincerely Kind regards With best wishes All the best With appreciation, Always, Best regards, Best wishes, Best, Regards, Sincerely, Warm regards, With regards, Many thanks, Warmly, Most heartily, With affection, See you soon, Take care Bye for now, Cheers, Have a great day, メール内容と、送信する相手と自分との関係性(親しさの度合いなど)から、適したものを選んで、下記のように使いましょう。 jp ——————— 数回のメールの遣り取りがある場合や、親しい相手の場合は、連絡先などの情報は省略します。 ——————— Kind regards Taro Tanaka ——————— まとめ 今回は、英語メールの締めくくり部分をご紹介しました。 「質問があったら、気軽に連絡してくださいね。 」や、「助けて頂いて本当にありがとうございました。 」など、ちょっとした一言ですが、最後に入れると各段にメールの雰囲気を良くしてくれます。 英語メールでのコミュニケーションの際に、是非、ご活用ください。 ネイティブ講師による、では、この記事で述べたようなビジネスの場で使える英会話をトレーニングし、身に付けることができます。 もご用意しておりますので、ぜひ一度お試しください。 お読み頂きまして、ありがとうございました。 こんにちは。 アットイングリッシュ/@English グローバル人材開発室リーダー 新田洋子です。 こちらの編集を担当しております。 私達は、ネイティブ講師による、中級、上級者向けオンライン英会話スクールとして、おかげさまで1 4年間、皆さまと関わらせて頂いております。 本当にありがとうございます。 その感謝を込めて、このサイトと無料メルマガで、 英会話スクール運営で蓄積してきた、【ビジネス英語上達のヒント】をシェアさせて頂きます。 それに際し、以下の3つをご提供することをお約束します。 無料で学べる機会• 考える工夫、伝える技術• 学び合い、成長する仕組み 英語でのコミュニケーションを通して、ビジネスでのご活躍、人生が一歩進むようなお手伝いをさせていただければと願っております。 仕事での英語(スピーキング)に お困りの方へ このサイトとメルマガは、流暢に英語を話すのには不可欠な、知識のインプットを担っています。 実際に喋れるように練習したいとお考えの方は、弊社サイトを訪れてみてください。 ネイティブ講師の、 中級、上級者向けオンライン英会話 アットイングリッシュ/ English (無料体験レッスンも用意しています).

次の