卵巣 が ん 腫瘍 マーカー。 卵巣がんの腫瘍マーカーであるCA125について医師が解説

卵巣がんの手術後に、腫瘍マーカーが上昇して、再発を疑わせる時の対処法を医師が解説!

卵巣 が ん 腫瘍 マーカー

まだ術後間もない頃ですよね? 身体の傷も癒えてない中での結果に、精神的にも参ってしまわれないようにどうかお気を付けて下さい。 確かに術前では良性だと思われていても、病理検査では「境界性悪性腫瘍」だったということはあります。 それほど微妙なラインで判断が難しいものです。 卵巣の場合は子宮頸癌のように簡単に組織を取って調べることができないため、どうしても病理検査の結果次第では悪い結果になってしまうのです。 ただ境界性悪性腫瘍はその名前の通り、完全に悪性(癌)ではなく良性でもない中間のものです。 未婚の方に言うのは酷な話ですが、卵巣を全摘すれば大丈夫とも言われます。 でもまだ31歳、これから結婚もして子供も欲しいですよね? まずは将来結婚もし子供も欲しいことを相談し、そして抗癌剤の副作用も聞いて上で、自分にとって最良の判断をされて下さい。 抗癌剤はどうしても副作用がきつく出る場合があります。 そうなると仕事への影響も考えないといけなくなります。 境界性悪性腫瘍であっても、完治して元気な方はたくさんいらっしゃいます。 でも抗癌剤は副作用で体力が落ちることもありますし、どんな副作用が出るかは薬によっても違います。 抗癌剤治療をするとしても半年ほどだとは思いますが、その半年が長いです。 色々考えることはあると思います。 でも質問主様にとって1番は何かを考え、もし将来的な結婚・出産であればそれに向けて最良の治療を、そうではなく健康になるだけでいいのなら副作用も乗り切るつもりで抗癌剤治療を…。 そのためにもとことんまで担当医と話されることをおすすめ致します。 どうかお大事になさって下さいね。

次の

腫瘍マーカー【がん治療.com】

卵巣 が ん 腫瘍 マーカー

卵巣がんの検査を受けたい。 診断してもらいたい。 検査や診断を受けるには、 婦人科で受けることができます。 卵巣がんは、子宮頸がんや子宮体がんのような検診体制が確立されていないのが現状です。 つまり、確実な診断法がなく、それに 卵巣がんは急激に進行するので年に1回の検査・診察では発見が困難なのです。 なにせ卵巣がんはサイレントキラーですので、症状に気づいた時にはすでに卵巣がんが進行しますから…。 スポンサーリンク 婦人科で検査を! 現状、検診体制が確立されていないので、 婦人科への受診や子宮がん検診の際に内診や検査をしっかりと受けることです。 少なくとも症状が出る前の病気の発見につながるはずです。 面倒でも婦人科を受診してくださいね。 医師による診察の際に、症状や触診、内診から、子宮からの腫瘍または卵巣からの腫瘍かが大まかに判断がつくそうです。 ひと通り、医師の診察後に転移の有無の確認を細かく検査をしていきます。 検査方法は、次の通り。 超音波検査(腹部エコー) CTスキャン MRI …などがあり、 卵巣がんの詳しい状態の診断ができるのです。 卵巣がんは転移するもの(悪性)か転移しないもの(良性)のものの2種類あります。 内診で卵巣が腫れているかも?と医師が判断したら、超音波検査、CT、MRIなどの画像検査や血液検査の結果などから良性か悪性かを診断することができます。 良性か悪性かは CA125という物質で見分けることができます。 この物質は、 腫瘍マーカーと呼ばれています。 卵巣がんができると、血液中に含まれる腫瘍マーカーの数値が基準値よりも高くなります。 しかし、この腫瘍マーカーは、卵巣がんのみに使われる指標ではないのです。 その他にも、この腫瘍マーカーは、子宮筋腫、子宮内膜症、腹腔内炎症、卵巣出血、妊娠でも値が高くなります。 この腫瘍マーカーは、さまざまな婦人科系疾患に広くみられる物質であるといえますね。 なので、静かに進行するこのがんは、既に他の部位に転移している人が多いのが現状なのです。 「転移してから発見する」という流れから「症状がないけど、定期検診して早期発見を!」という呼びかけも進められています。 実は、検診の有効性はいまだ証明されていないのですが、 忍び寄る病魔を未然に防ぐ! 検診はそういった意味では、有効性が十分にあるといえるでしょう。

次の

腫瘍マーカー検査とは?検査の種類とその意味・必要性は?

卵巣 が ん 腫瘍 マーカー

卵巣がんの検査を受けたい。 診断してもらいたい。 検査や診断を受けるには、 婦人科で受けることができます。 卵巣がんは、子宮頸がんや子宮体がんのような検診体制が確立されていないのが現状です。 つまり、確実な診断法がなく、それに 卵巣がんは急激に進行するので年に1回の検査・診察では発見が困難なのです。 なにせ卵巣がんはサイレントキラーですので、症状に気づいた時にはすでに卵巣がんが進行しますから…。 スポンサーリンク 婦人科で検査を! 現状、検診体制が確立されていないので、 婦人科への受診や子宮がん検診の際に内診や検査をしっかりと受けることです。 少なくとも症状が出る前の病気の発見につながるはずです。 面倒でも婦人科を受診してくださいね。 医師による診察の際に、症状や触診、内診から、子宮からの腫瘍または卵巣からの腫瘍かが大まかに判断がつくそうです。 ひと通り、医師の診察後に転移の有無の確認を細かく検査をしていきます。 検査方法は、次の通り。 超音波検査(腹部エコー) CTスキャン MRI …などがあり、 卵巣がんの詳しい状態の診断ができるのです。 卵巣がんは転移するもの(悪性)か転移しないもの(良性)のものの2種類あります。 内診で卵巣が腫れているかも?と医師が判断したら、超音波検査、CT、MRIなどの画像検査や血液検査の結果などから良性か悪性かを診断することができます。 良性か悪性かは CA125という物質で見分けることができます。 この物質は、 腫瘍マーカーと呼ばれています。 卵巣がんができると、血液中に含まれる腫瘍マーカーの数値が基準値よりも高くなります。 しかし、この腫瘍マーカーは、卵巣がんのみに使われる指標ではないのです。 その他にも、この腫瘍マーカーは、子宮筋腫、子宮内膜症、腹腔内炎症、卵巣出血、妊娠でも値が高くなります。 この腫瘍マーカーは、さまざまな婦人科系疾患に広くみられる物質であるといえますね。 なので、静かに進行するこのがんは、既に他の部位に転移している人が多いのが現状なのです。 「転移してから発見する」という流れから「症状がないけど、定期検診して早期発見を!」という呼びかけも進められています。 実は、検診の有効性はいまだ証明されていないのですが、 忍び寄る病魔を未然に防ぐ! 検診はそういった意味では、有効性が十分にあるといえるでしょう。

次の