雑居 時代。 雑居時代

雑居時代

雑居 時代

詳細 2020年4月15日 23:11更新 1973年10月から半年間にわたり日本テレビ系列で放送されたドラマ。 石立鉄男主演。 1971年の「おひかえあそばせ」のリメーク作品ですが、 度重なる再放送を経て評価され、今や昭和を代表する 不朽の名作となりました。 石立さんが好き。 ビデオやDVDを一晩中でも観てしまう。 大原麗子・山口いづみ大好き。 栗山家にいっしょに住みたい。 ニセ夏代に一目ぼれした。 夏代の詩人友達と同棲したい。 稲葉先生に弟子入りしたい。 川口晶に殴られたい。 チー坊よりも阿万里の杉田かおるがいい! デコのミニスカートが最高! 「そよ風のように」をいつも口ずさんでしまう。 飲むなら日本酒「月桂冠」。 独り笑いならお手のものw 東京に住むなら成城、遊ぶなら渋谷・新宿・六本木。 そんなあなたをお待ちしています。 参加される方はぜひ自己紹介をカキコしてください。 企画 小坂敬 脚本 松木ひろし・葉村彰子 他 音楽 大野雄二 制作 ユニオン映画 主な出演者 レギュラー 石立鉄男・大坂志郎・冨士眞奈美・大原麗子・川口晶・山口いづみ 杉田かおる・川崎敬三・山田吾一・山本紀彦・浅野真弓・二見忠男 津村秀祐・小沢直平 ゲスト 山形勲・加藤治子・岡田眞澄・和田文夫・大泉滉・倉石功・天草四郎 根岸明美・多々良純・佐山俊二・楠トシエ・竹下景子・徳光和夫 神山卓三・キャッシー中島・犬塚弘・青野武・西尾得・石原ちづる 夏夕介・幸田宗丸・阿部寿美子・水野哲・小山渚・山田由美子 望月真理子・有吉ひとみ・車だん吉・吹田麗子・森下哲夫・山田禅二 木島新一・小林トシエ・松川勉 他 オープニング「そよ風のように」 唄・山口いづみ 「そよ風のように」 ふーこファン必見 facebook の「雑居時代」ファンページもよろしくお願いします。 「いいね!」をどうぞ!.

次の

雑居時代 ロケ地住所一覧表

雑居 時代

父と娘ばかり5人の家に、訳あって若いカメラマン・大場十一(石立鉄男)が同居することになる。 末っ子を除く4人姉妹は十一を嫌い、ケンカばかり。 姉妹と十一の壮絶な闘いを人情話もまじえつつ描いたコメディ。 【「TV Bros. 石立鉄男と四人姉妹の住む家庭の温かい人間感情がほのぼのと伝わる。 当初は『おひかえあそばせ』と同様、人情コメディ的な味わいと姉妹と石立との闘いがやや戯画的に描かれる側面が強かったが、第12回あたりからラブコメ的な色彩が色を添え、中後半に向けて作品の魅力が増し第23回で最高潮を向かえる。 作り手に邪悪な心があっては作れないような奇跡の理想的世界がここにはある。 山口いづみの主題歌も作品にマッチして絶妙だが本放送時はオイルショックの影響でシングル盤が発売されることはなく、後年、石立鉄雄ブームの最中にリリースされた主題歌コレクションCDではじめてサウンドトラックからのモノラルで収録された。 「石立鉄男と大原麗子との淡い恋愛がコミカルにほのぼのとした中で進行していく。 今、その二人はこの世にいないけれど、このドラマの中では今でもこの上なく元気いっぱいの瑞々しさが映し出される。 このドラマを見るといつも心がなごむ。 ドラマの中だけの理想の世界。 居心地が良すぎて、見ている間はその世界の中にいるような気分になれる。 それにしても、よくもこんな優しい世界が作れたものだと感心する。 当時だって世間は殺伐としていたはずでそれを劇中に持ち込ませずに描けたのは奇蹟的で作り手の心持ちがきれいで優しい気持ちがなければとてもこんな話は作れないようにみえる。 昨今の緻密に作られた、寸分の隙もなく綿密に練られたドラマもいいけれど、このドラマのように多少ゆるゆるだけど人の温もりが伝わって、そこに一緒に佇んでいる感覚になれるドラマには何物にも代え難い魅力がある。 『雑居時代』をみていると、映画ではなくてドラマならではの魅力というものはむしろこういう趣向の作品にこそ存在するように思えてくる。 新婚早々のドラマ出演にあたる。 キャスト欄記載の出演回は放送クレジットからの採録だが、このドラマでは主要キャストに関しては出演していない回でもクレジット表示が行われていたため正確ではない。 一部資料では第15話の脚本は千野皓司、葉村彰子と記載されているが誤り。 末っ子を除く4人姉妹は十一を嫌い、ケンカばかり。 姉妹と十一の壮絶な闘いを人情話もまじえつつ描いたコメディ。 出典:テレビドラマデータベース.

次の

楽天ブックス: 雑居時代 Blu

雑居 時代

プレミアちびさん 『雑居時代』24話が『おひかえ』12話のリメイク?とあり、深堀り探りしましたが、特に見つかりませんでした…。 以前の「雑居時代掲示板」を拝見しました。 とても二晩三晩では読み切れません。 更に十年前からあったのですって!!。 『雑居時代』、他の回の話では皆様大変熱く盛り上がってましたね 感動、何もそこまで深堀りせずとも…不覚にも涙が。 そんなことないよ、面白いよと自分的には好きなんです。 いいなあ、 涙。 マリーは最初から。 菊枝さんも、多分。 菊枝ちゃんには取り巻きがけっこういるんだもの… 投稿者: 恵太郎 投稿日:2020年 7月14日 火 18時32分49秒 雑居よりおひかえ好きの私としての意見を言わさせて下さい。 私は雑居で現時点で好きな回は11話15話、おひかえは5話12話です、おひかえの12話が好きな方がほかにいらっしゃるのが嬉しいです。 雑居の24話とおひかえの12話の類似ですが、私はあまり感じませんでした 笑 雑居の24話は石立鉄男の怪我のしわ寄せじゃなかったでしたっけ?。 雑居とおひかえの類似を回ごとに限定するのはちょっと難しいと思います。 おひかえの代表的な回6話ですが、自分のお財布事情とは別に友人の為にお金を用意する辺りは稲葉先生の借金を肩替わりや私財を投じる話と被り、夏代が十一の見る目がかわる辺りは雑居とおひかえの6話は同じですが、全体の印象は違うように思います。 2話に関しては十一さんのおっしゃる通りまるっきり逆張りですよね。 おひかえには稲葉先生がいない、雑居には菊枝がいない。 この差は結構大きなウェイトを占めてると思います。 投稿者: 十一 投稿日:2020年 7月12日 日 15時07分25秒 プレミアちびさん いやー、『雑居』第24話が『おひかえ』第12話を下敷きにしているとは、全く気づきませんでした。 私が知る限り『おひかえ』と『雑居』対比の正式な資料はないと思います。 でも、ざっと思いつくところでは 『雑居』第1話、『おひかえ』第1話、薫と十一が同居することになる展開が同じ。 『雑居』第2話は『おひかえ』第2話の逆バージョン。 『雑居』第3話で長女・春子が同居することに、『おひかえ』第3話でも長女・桜が池西家に転がり込む。 『雑居』第4話で十一が信に意見する場面が、同じく『おひかえ』第4話でも薫が猪太郎に駐車場係に引け目を感じることではないと意見する場面が。 十一と信、薫と猪太郎、それぞれ男同士の距離が縮まっていく展開が同じ。 もっと、深堀すると面白そうです。 投稿者: プレミアちび 投稿日:2020年 7月10日 金 14時17分18秒.

次の