電子 体温計 電池。 体温計のボタン電池LR41が品薄売り切れ!どこに売ってる?代用は?

体温計の電池寿命は?何年使える?オムロン・テルモ・シチズンを調査

電子 体温計 電池

ネット通販• コンビニ• スーパー• ホームセンター• 家電量販店・小さな電気屋さん• 100均 最近では ネット通販で在庫が増えてきているので近くで売っているお店がないという方はまずはチェックしてみてください! お店では コンビニ、100均などでボタン電池の在庫が残っていて買えたという声が多くなっていました。 下記で口コミを集めて紹介しているので参考にしてみてくださいね。 スポンサーリンク お店では品薄でもネット通販には在庫あり!当日発送できる物も お店などではまだ品薄なところも多い体温計の電池ですが、 ネット通販では在庫が増えてきていて、すぐに買える物が多くなってきています。 値段も 送料込みで200円代〜400円ぐらいで何個か入っている物があるので、以前よりも値段も落ち着いてきていますよ。 体温計用の電池、LR41が全く売ってないので通販で買った。 10個買ったのだが、届いた物は20個入ってた。 本当にありがとう。 あなたのおかげで体温計の電池が買えました。 お値段はネット通販ですが300円ちょっと(税・送料別)でした。 無名メーカーだけど、値段がまともだったから良かった。 amrhbaby1 体温計のボタン電池のこと考えてなかったからお散歩の帰りにコンビニ寄ってみたら該当の電池1個だけ置いてあった。 とりあえずこれでなんとかなるだろう。 スーパー、コンビニ、小売店にLR41がなくとも、街の時計屋さんにあるSR41が同じ大きさなので使えます。 値段は1個300〜500円。 2個使う体温計や合わない場合もあるので電子体温計を持って買いに行きましょう。 — 日本酒 nihonshu64 体温計のボタン電池が瀕死で、LR41がどこいっても売ってない。 最後に行った地元密着型?の電気屋さん行ってもなかったんだけど、品番が違うやつがあって店員さんに聞いたら互換性があるって教えてくれてようやく体温計使える🥺感謝! — ももてぃー🐰1y3m👧🏻&9w momotty38 体温計用の電池LR41 イオンとホーマックで探すもどちらも売り切れてた 体温計本体だけでなく電池まで品薄なのかよ😩 — 抹茶🐌 sakasaka4453 電子体温計用のボタン電池 LR41が必要なので 大手家電ストアや、薬局、スーパー、100均、 カー用品店、釣具屋などなどを探し回った。 LR44はあるのに、41の姿は皆無。 うーん、みんなの電子体温計の電池が切れたとは思えず。 ゲーム機のために売り切れなのかな。 その経路で体温計の電池をホームセンターで購入。 今回の騒動で思い出すがベイブレードが流行っていた時にどこにもないがゲーマーズには沢山あったので甥や姪に送ったことがあったがこれと同じように選択肢は多く持っておくべきか。 — Kenji Wako nullotawako おはようございます。 体温計の電池が切れたらしく、まともに計れなくなったので、電池を探しにホームセンター2件、電気屋さん2件回ったが、どこも在庫切れ。 マスクといい、体温計といい、コロナのせいでまともに買えない。 — ゆめの きし YumenoKishi 体温計用のボタン電池LR41を10個1000円で買いました。 ホームセンターでは1個が500円ちょいするからお買い得でした。 電池までないって。。 — naokindorop! エディオン、イオン、ヤマダ電機になし。 — K 1975kome LR41はホント何処にも無いですよ。 私も体温計の電池が切れて何日も探し回り、やっと先日ビックカメラに残ってたノーブランドをゲットしました それも残り一つ。 これでガンガン体温計れるぞ!と — じん zin1970 アマゾンで売り切れ続出してる体温計用の電池ですが、ビックカメラで頼んだらすぐに届きました チャイナ製だから実際使ってみないとなんともだけど、とりあえず電池切れで使えないという人はビックで買ってみては? やっぱりパナソニックのが安心だよねえ💦 — ジン@せどりで1億稼ぎマイルでハワイに毎年家族旅行する JinSedoken 調剤薬局行ってきて、ずっと体温計は使ってないけど探してみたら、二本見つかって、両方電池生きてる。 貰ってたペンライトになるボールペンには3個ボタン電池が使われた。 コンビニ、100円均一、小さな町の電気屋さんなら、体温計の電池売ってるかも。 電気屋さんは電池入れてくれるよ。 — 鳥飼 藤衣 torikaitoi ダイソーにマスクを見に行ったら、電子体温計用のLR41ボタン電池を発見。 2個で110円。 今はPAYPAYでさっと払えるので楽。 マスクはなし。 アルコール除菌ティッシュはあったが、アルコール度数30%だとどうなのだろう。 ドラッグストアのマスクは、ウェルシアにアイリスオーヤマの小さめなら結構あった。 — たかしょお~ LANEWYORK1 100均に行ってなんとなしに電池あるか見たら、1個だけこっそり隠れてた 意図的? ので、体温計用の電池買いました。 ラッキー — koeta(トレーニングおサボり中) koetakizae 体温計の電池切れたからどうしようと思ってたが 100均の時計がLR41仕様だったので取り出して無事動作 — kiyonya ジム楽しいです kiyonya 体温計用のボタン電池LR41がお店もネットも売り切れで詰んでたんだけど、100均のライトに入ってるって聞いて買ってきた🌟 テスト用だけど4個も入ってる神か😭 そしてライトは中身3個でも光った…. なんで….. w — STF. 体温計用の電池がどこを探しても売り切れだったんですが、セリアで発見。 しかも3つ入り。 それは ペンライト(小さな懐中電灯)や電卓、小さなゲームなどに入っている電池です。 あまり上手く伝えられないので下記の画像で説明していきたいと思います。 主にこういった物に入っている電池です。 去年100均で購入したんですけど飼っている犬が嫌がって付けていませんでした。 ライトの電池を取り出します ライトのネジをドライバーで外していきます。 すると内部にある電池が見えてきました。 なんと電池が3つも入っていました。 これがLR41型の電池になります。 意外なところに使われているんですね。 こういったライトなどに購入時から入っている電池は、お試し電池なので あまり寿命は長くないと思いますが、新しい電池を買うまでの間の代用としては使えると思います。 するとこれは LR44型の電池でした。 LR41の電池を使う体温計の方が多いようですが、 LR44型を使用する体温計もあるようです。 もし緊急で体温計の電池を必要しているなら、こういったライトやゲームなどに入っている物を取り出して代用として使ってみても良いかもしれませんよ。 自宅にこういった物があるなら中身の電池を確認してみてください。 もしない場合は、100均とかにライトなどが売っているかもしれないので、覗いてみても良いかもしれないですね。 他にもある!体温計のボタン電池が売ってない時に使える代用方法 体温計の電池がない時にできる方法として当サイトにコメントを頂きましたので紹介させていただきたいと思います。 体温計の電池を探している方は参考にしてみてください。 本当にLR41がSR41で代用できるの?と懐疑的な人向けの情報です。 ここにOMRONの体温計の電池の情報があります。 LR41の代わりにSR41が使える機種が列挙されています。 テルモではメーカー側に同様の情報は見当たりませんでした。 それから追加で、電池で大騒動にならないように、体温計不足が終息後に、以下の体温計のうち、どれかを購入することもお勧めです。 テルモ P330 オムロン MC-174V オムロン MC-682 これらの特徴は、CR2032を使っているところです。 これにする理由は、CR2032が最初から添付している機器は多数に及ぶ上に、Pokemon GO plus のために買い置きしておいた電池まで使えます。 もっと言わせてもらうと、CR20xx系で一番出るのがCR2032で、当然ですが、最初から生産体制が全く異なります。 一時的に在庫が枯渇したとしても、最初から生産設備の量が違うので、他の電池に比べたら、あっという間に回復するでしょう。 こちらでは接触式のサーミスタ測定の体温計に絞って話をします。 耳用タイプなどでは事情はまた異なります。 そのうちでリストアップされた電池は、以下の通りです。 代替のSR41を含めて、全然見当たりません。 但し、OMRONの体温計を使っていて、LR41採用機種では、vinnic L736Fが出荷時電池で、同じものがAMAZONで売っており、在庫豊富なようですので、純正電池として入手しても良いでしょう。 なお、上記の電池リストは上から順番に販売在庫潤沢な形で並べてあります。 なお、CR2032は大量に陳列販売されており、CR2025も大量ではないものの切らしているのを4月から敢えてあちこち回って200回以上見ていますがあまり見ません。 特にCR2032に至っては、採用機種があって少しは需要が増えたはずなのに、びくともした形跡がありません。 CR2016は切らしている店舗をちょくちょく見ます。 が、数店舗回ればほぼ確実に入手可能な状態が続きました。 CR1220はCR2016と比べて、高頻度で切らしている店舗をちょくちょく見ます。 数店舗回れば入手可能な形が多かった感じです。 これらを踏まえて、今後、体温計を用意しておくのなら、CR2025やCR2032を採用している機種にターゲットが絞られるでしょう。 CR2032はOMRONとterumoの二社で採用機種が見られます。 CR2025はCITIZENで採用機種が複数見られます。 CR2016、CR1220ともにOMRONで採用機種が見られます。 OMRONのCR2016採用機種は何故かCR2025とも親和性が高い設計だったり。 但し、CR20xx系の電池を採用した体温計は高付加価値の高価な部類の製品だらけなので、少々とっつきづらいでしょうね。 LR41採用機種は税抜700円以下で買える実測式で特に採用が多く、terumoに至っては中上位機種まで採用しているありさまです。 その次にCR1220、CR2016採用のOMRONの中位機種が、OMRONの名前だけあって良く売れているのか、この電池まで品薄になっているのを見ました。 が、数店舗回ればほぼ確実に入手できるような状態であったため、さほどパニックにはなっていません。 むしろ、CITIZENは時計、というイメージがあるのか、体温計ではさほど知名度がないのか、CR2025は売り切れをほとんど見ませんでした。 これらを見ると、源流がどういうタイプのメーカーなのか、によって、採用電池がどうなるのか、変化が見えて面白いですね。 中華OEMで提供された機種を排除できる中位機種以上を見ると、それぞれでメーカーの性格が見えます。 中位以上の機種は各メーカーが独自に設計したもの(と思われる、と言うのは、各社で共通点がないので。 )なので、傾向を見るのにちょうどよいのです。 下位機種は中華メーカーのOEM供給なので、どこも同じような製品だらけで、OMRONでもこのあたりは(多少のカスタマイズはあるものの)例外ではありません。 中位以上の機種の特徴である、体温計として3Vの電源が必要な製品での採用電池は ・医療製品総合メーカーのterumoは安直にLR41を2個直列にする方の採用が多い(このあたりが医療製品メーカーだな、と思った。 電池のことを深く考えてない、というかね。 ) ・電機機器メーカーのOMRONはCR系の電位差3Vの材料の電池の採用が多く採用電池の幅が広く一つに集中しないように見える。 一つの系統でLR41が2個の構成が見え、おそらく医療機関を意識したものか、と思われるので、これはOMRONの本意の設計ではないだろうと思い、例外扱い。 特にCR2016採用機種がCR2025まで意識したのではないか?と思われる設計があったりなど、代替電池を意識したつくりなのか?とまで思われるような感じである。 ・時計メーカーのCITIZENは使用電池の種類をあまり増やそうとしていないように見え、電位差3Vの材料の電池は採用、主力が腕時計屋だけに電池は物理的に1個にこだわる傾向に見える こんな傾向が読み取れます。 とりとめがなくなりましたが、アルターコロナで準備しておく体温計としては、CR2025かCR2032を採用した機種にすること、源流がどこの製品が好みなのか、それぞれ各自で選んで、今現在所持している体温計にプラス1本を、ということです。 CR系の電池を採用している機種は、一部を除いてほぼ例外なく予測機能付きなので、計測が短時間で済み、家族全員で共用するにもちょうど良いでしょう。 電池不足の影響を受けづらい体温計を1本は常備しておきたいものですね。 かく言う私も、所持体温計はOMRONのCR2016採用機種がメインです。 CR2016、CR2025、どちらかがあれば何とかなる機種として。 最悪時はCR2012も紙でも挟んで使うつもりでいます。 こう考えると電池の幅は3種類にまで及ぶわけですね。 この中のどれかが売っていれば、劇的に困ることはない、と言うことです。 アフターコロナで、CR2032採用機種でも買おうかな、と思っています。

次の

体温計の電池(LR41)はコンビニに売ってる?在庫・入荷・販売状況は?

電子 体温計 電池

体温計の電池寿命は何年? 体温計の電池寿命ですが、体温計のメーカーによって寿命が違うかもしれないので、メーカー別に調べてみました。 体温計の国内メーカーと言えば、 オムロン・テルモ・シチズンの3社が市場シェアを大きく占めているかと。 オムロン体温計の電池寿命は? オムロンのホームページを見てみると、体温計の型式や電池の種類によってそれぞれ寿命が異なるとのこと。 電池寿命が年ではなく予測検温回数になっているので、1年で何回体温計を測るかをちょっと考えてみました。 家族人数や熱を出す機会の多い年頃の子供がいる家庭かどうかなど、家族構成で体温計の使用頻度が異なるので考察しにくいですが・・・。 仮に1年に365回予測検温したとして、電池耐用回数の少ない5,000回で計算しても13年。 体温計を頻繁に使うのは熱が出た時だけで、何か月も使わないこともあるので、1年に150回の予測検温で計算上は33年使えることに・・・。 ほんとに?? 最初に入っている電池はテスト電池なので、テスト電池が切れて新しい電池を交換してからの耐用回数なのかも。 テルモ体温計は子供が電池を誤飲するトラブルを防ぐため、電池交換がそもそも出来ないモデルがあります。 我が家にあるのがまさにそのタイプ。 電池交換の出来ないC202を使用中ですが、かれこれ10年以上は余裕で使ってますね。 電池が切れたら!と思っていたのですが、電源は持ちのいいリチウム電池が使われていました。 取り扱い説明書にも1日3回の使用で約5年以上とありました。 テルモが1日3回の使用を目安と考えているのなら、それを他の体温計に当てはめてみると、耐用回数2500回なら約2. 2年で、耐用回数が10,000回なら約9年の計算になります。 古い型式の体温計の場合は、取り扱い説明書に実測10分の計測を1日1回行った場合、約3年ほど持つと書いてあります。 予測検温もあるタイプで、あえて電池を使う実測で計算されているので、予測検温でしか使わないなら5~6年くらいは使えそうな気がします。 他の体温計でも予測検温を1日1回で1年で365回使用したと仮定すると、耐用回数が2500回で約6. 8年、5,500回で約15年使えることになります。 まとめ 体温計の電池寿命は?何年使える?オムロン・テルモ・シチズンを調査した結果で考察してみました。 使用頻度によって電池寿命は全く異なるので、ズバリ体温計の電池寿命はこれだ!と言える数値はありませんが、1年に365回使う想定でだいたい約5~6年といったところかな~と推測します。 我が家の体温計。 電池交換の出来ないタイプを10年以上使用中(汗) 本当に使いたい時に電池切れになったら困るので、ちょっと対応を考えないとですね。

次の

体温計の電池が交換できない!?そこに隠されたボタン電池誤飲事故の背景とは。

電子 体温計 電池

体温計の寿命について 体温を知るために毎日使う人や風邪かな?と思った時や風邪を引いた時などで使用する体温計。 頻繁に体調を崩すわけでもないので、使おうとした時に体温計が壊れていたりしますよね。 毎日体温計を使用している人でも、体温計の寿命や前触れは把握していないものです。 病院に行くとなっても、熱が何度あるのか、が分からない事には行くのを躊躇ってしまいますよね。 ですので、体温計はとても重要だと言えます。 また、体温計の寿命や耐用年数が分かれば、予備の体温計を購入しといたり、とできますよね。 ですのでこの記事では、体温計の平均寿命と平均耐用年数、水銀体温計の寿命、体温計の電池の寿命、体温計の寿命の症状や目安、体温計の寿命が縮んでしまう原因、体温計の寿命を長持ちさせる方法、体温計の処分方法、寿命が長いおすすめ体温計、をご紹介したいと思います。 体温計の寿命や耐用年数は平均何年? テルモ 約1. 5年~約5年。 体温計の種類により短いのもあれば長いのもあります。 また、電池が交換式の場合は、体温計の寿命は長くなります。 引用元: オムロン 体温計の種類により異なりますが約3年。 寿命や耐用年数が3年よりも短いものもあれば、3年以上の寿命を持つ体温計もあります。 シチズン 体温計の種類により寿命や耐用年数は異なりますが、だいたい約3年です。 1日3回、1日10分使用の場合です。 ですが、モニター電池は3年以下で消耗する場合があります。 引用元: 水銀体温計の寿命はどのくらい? ガラスの管の中に金属水銀が入っているもので、管の中の水銀が熱膨張して体積が増える、ということを利用して温度を測ります。 水銀が使われていることから、取り扱いには十分に気をつけないといけません。 今は、電子体温計が主流となっているため、水銀体温計を使用している人は殆ど居ないと思いますが、少なからず使っている人が居るのも事実で、水銀体温計の寿命はどのくらいなのか?と疑問に思っている人も居ます。 水銀体温計は、半永久的に使用する事ができます。 電池切れや寿命で使えなくなる、ということはありません。 ですが、ガラスでできているため破損して水銀が漏れてしまう、といったことがあります。 その場合は注意が必要で、 水銀は気化すると有害物質になるので、吸い込んだり、素手で触ったり放置しないようにしましょう。 体温計の電池の寿命はどのくらい? 一括りで体温計と言えばそれで終わりですが、種類は豊富で電池の寿命も様々です。 一般的な脇で測る体温計は、電池の寿命が約数年、と長いのが特徴です。 ですが、婦人体温計といったモニターが大きい体温計や高性能な体温計は、一般的な体温計に比べて電池の寿命が短くなっています。 一般的な体温計は約3年ほどで、モニターが大きい体温計や高性能な体温計は約2年前後となっています。 ですが、使用している体温計の電池が分からない事には交換は出来ませんよね。 最初に体温計を買った場合の電池は、テスト用の寿命が短い電池ですので、体温計を購入したら電池も購入しておくことをおススメします。 また、高すぎると思う温度も同じです。 こういった症状が出た場合、体温計本体の寿命の症状と考えられます。 また、電池を交換してみても直らない場合は、体温計本体の寿命と言う事になります。 体温よりも少し高いぬるま湯に体温計に先端のみ付けてみてください。 温度が測れたら体温計本体の寿命は大丈夫です。 この時に、高温に付けてしまうと壊れてしまうため必ず、体温よりも少し高いぬるま湯で試して下さい。 また、体温計本体は、壊れる事が少なく情報も少ないため、体温計本体の寿命や目安について寿命はこれです言い切ることはなかなか難しいのも現状としてあります。 また、体温計の耐用年数を越える年数も使っていると、いつ体温計本体の寿命がきてもおかしくありません。 体温計本体の寿命に関しては、 極端に温度が低い場所や温度が高い場所に置いておくと、体温計本体の寿命を早めてしまったり、寿命の症状が起きてしまう原因にもなりますので注意が必要です。 また、モニター付きの電子体温計が多くなっている事から、水がかかったりすると壊れやすくなっています。 ですので、いくら防水といえども電子ですので、水がかからない様にしましょう。 水がかかってしまいしっかり拭いたつもりでも、体温計の内部に水が入ってしまっては、体温計の寿命を縮めてしまう原因にもなりますので気をつけて使用しましょう。 小さく壊れにくい体温計ですが、雑な扱いをしていては体温計の内部が壊れてしまう場合があります。 風邪を引いて体温計を使用して、風邪が治ったのに体温計が出しっぱなしでいては、踏んでしまったりする可能性があります。 また、壊れなくとも部品が損傷すると、体温計の寿命を縮めてしまう原因にもなり、使えなくなってしまいます。 ですので、使わない時はきちんと保管しましょう。 ですので、長期間使用しない場合は体温計の電池を取り外して保管しておくと寿命を長持ちさせることができます。 交換式の場合、電池を交換することで長く使う事ができますが、交換式ではない場合はそれまでで捨てるしかありません。 ですので、体温計を長持ちさせたいのなら電池が交換式の体温計を買う事をおススメします。 体温計をなるべく壊れないように長持ちさせたいのであれば、正しい使用方法をしてください。 体温計の寿命を縮めてしまう原因でも書いたのですが、防水仕様の体温計であっても、なるべく水がかからない様にしましょう。 体温計を正しく使用していても、間違ったお手入れをしていては意味がありません。 体温計の取扱説明書に必ず書いている事ですが、使用後のお手入れで消毒してから保管する人が多く居ると思います。 消毒する場合は、 ・熱湯で消毒しない事 ・長時間アルコールに浸けない事 ・消毒するのは必ず体温計の先端のみ ・軽く拭く程度 ・消毒した後は水気をしっかりふき取る 以上の事を注意しながらお手入れをすることで、体温計を長持ちさせる事ができます。 体温計に寿命がきた時の処分方法は? 体温計は不燃ごみでの処分になりますが、住んでいる地域で分別方法が異なるため注意が必要になります。 また、体温計といっても種類がありますので注意が必要になります。 ですので、 必ず自治体に従って分別しましょう。 プラスチック製の体温計ならば、分別さえしっかりすれば問題ないのですが、 ガラス製の体温計や水銀体温計の場合は、割れ物になりますので、新聞紙に包み、何が包まれているのかを明記する必要があります。 水銀体温計ならば、『水銀体温計』や『危険』などしっかり表示しましょう。 ですが、 電池の寿命は長く予測検温の場合、約15,000回測定できる長寿命の体温計です。 検温終了時にはブザー音でお知らせしてくれます。 前回値メモリで、前回の測定結果の確認ができます。 また、電源を切り忘れても15分後に自動でオフにしてくれます。 電池も交換式ですので、長く使う事ができます。 電池を買っておく事で、電池切れでもすぐに交換できるので買いなおす必要がありません。 モニターが大きいので見やすく、測定時間も約20秒と短くなっています。 ですので、子どものいる家庭やお年寄りの方や毎日の健康管理におススメの体温計です。 水洗いも可能。 電池は交換式です。 収納ケースも付いているので、清潔に保つことができます。 バックライト点灯で見やすい液晶となっています。 検温完了時にはピポピポ音でお知らせしてくれます。 こちらも子どもが居る家庭やお年寄りの方におススメですが、水洗いができるので清潔に保ちたい人におススメです。 収納ケース付きで、清潔に保って保管する事ができます。 前回検温値を呼び起こすことができるので毎日の使用に。 約3年の使用が可能で、電池も交換式です。 カラーも3種類あるので、家族で分かりやすいように色分けしたり、使用用途別に使用する事もできます。 ですので、毎日の健康管理をしている人や体温計を分けて使いたい人におススメです。 参考元: 画像をクリックするとAmazonに移動します まとめ 体温計について、寿命や耐用年数・寿命の症状や処分方法・寿命が縮んでしまう原因と長持ちさせる方法、など書いていきましたが、あまり使う事がない体温計で、使おうとした時に限って使えなくなっている体温計。 毎日の健康管理のために体温計を使用している人も居ます。 特に、一人暮らしや子どもがいる家庭では自己判断は禁物です。 必ず体温計が必要となります。 体温計の寿命や耐用年数・寿命の症状などを知っておく事により体温計が壊れてしまっても、予備の体温計や電池を買っておくと、緊急事態を避ける事ができます。 基本的には風邪を引いたときにしか使わない体温計ですが、定期的に壊れていないか確認したり、体温計を少しでも長持ちさせる方法を試してみてください。

次の