麻生家系図。 【財閥】末裔の現在と自宅一覧(75財閥)

出川哲朗の家系図がすごい!親戚が有名人で実家の家族も金持ち!|はぐれめたる

麻生家系図

3大財閥(15大財閥) 三井財閥 三井越後屋(三越・三井銀行)を源流に始まった、日本三大財閥の一つ。 2019年現在の当主である三井永乗氏(建築家)の先代、三井高公氏の自宅は東京都港区から東京都小金井市の「江戸東京たてもの園」に移築 歴代当主 三井高平 三井高富 三井高房 三井高方 三井高美 三井高弥 三井高清 三井高祐 三井高就 三井高福 三井高朗 三井高棟 三井高公 三井永乗 三菱財閥 土佐藩出身の岩崎弥太郎が創立した三菱商会を基盤に、明治政府の保護も得て海運業を独占。 2008年に岩崎寛弥氏が他界し跡取りがなく断絶の危機(三菱銀行役員、東京都文京区の岩崎寛弥邸) 歴代当主 岩崎弥太郎 岩崎久弥 岩崎彦弥太 岩崎寛弥 住友財閥 愛媛県の別子銅山によって隆盛を極めた。 世界財閥家系のなかでも最も古い歴史を持つ。 住友芳夫(住友金属工業技監、東京都渋谷区の高級分譲マンション) 歴代当主 住友政友 住友友以 住友友信 住友友芳 住友友昌 住友友紀 住友友輔 住友友端 住友友聞 住友友視 住友友訓 住友友親 住友友忠 住友登久 住友友純 住友友成 住友芳夫 10大財閥(15大財閥) 安田財閥 金融部門の絶対的な優位性を持つことから「金融財閥」とも呼ばれ、三井、三菱、住友と共に4大財閥として数えられることもある。 安田一(安田生命会長や経団連顧問、東京都港区の高級住宅街に建つ一軒家) 安田弘(安田学園教育会理事長やセコム監査役、自宅は東京都港区の高級マンションでしたが、その後は不明) 歴代当主 安田善次郎 安田善之助 安田一 安田弘 鮎川財閥(日産コンツェルン) 日立鉱山を源流とし持ち株会社、日本産業のもとにコンツェルン化した財閥。 鮎川純太(山一証券を経てベンチャー企業向け投資会社社長に就任、女優杉田かおるの元夫) 歴代当主 鮎川義介 鮎川弥一 日本冷蔵(ニチレイ)入社後、テクノベンチャー社長など、東京都新宿区に居を構えていた 鮎川純太 2007年ころの鮎川純太氏の自宅は東京都文京区の分譲マンションの高層階 浅野財閥 浅野総一郎がコークス販売で成功を収めたのをきっかけとして大規模化していった。 歴代当主 浅野総一郎 浅野泰治郎 浅野五郎 浅野一(浅野総業社長や太平洋セメント販売社長) 浅野一郎(次期当主?) 港区の高級住宅街に建つビル型住宅(浅野五郎、一邸) 古河財閥 足尾銅山における鉱山開発事業の成功を経て財閥化。 古河潤一(古河林業社長、自宅は古河潤之助氏と同じマンション) 歴代当主 古河市兵衛 古河潤吉 古河虎之助 古河従純 古河潤之助 古河潤一 大倉財閥 乾物店から始まり鉄砲屋を経て貿易事業へと乗り出した。 大倉喜彦(大倉商事社長時代に会社が破産、のちに中央建物社長やホテルオークラ会長など歴任、東京都渋谷区の高級住宅街の一軒家) 歴代当主 大倉喜八郎 大倉喜七郎 大倉鶴吉(大倉喜六郎) 大倉喜彦 中島財閥 航空機・航空エンジン製造が主軸で第二次世界大戦終戦までは東洋最大、世界有数の航空機メーカーであった。 創業者、中島知久平の庶子、中島源太郎は文部大臣 歴代当主 中島知久平 中島源太郎 自民党の衆議院議員 中島隆太郎? 源太郎氏の秘書(源太郎氏の長男) 中島洋次郎 自民党の衆議院議員(源太郎氏の次男) 群馬県太田市の国の重要文化財に指定された中島知久平邸 野村財閥 銀行や証券会社などの金融資本を中心とした財閥。 野村文英(2011年他界、野村ホールディングス役員、自宅は東京都港区の高級住宅街に建つ共同住宅) 歴代当主 初代野村徳七 二代野村徳七(野村信之助) 野村文英 長女:小林昌代 二女:白井房代 家督を誰が継いだか調査中 15大財閥 渋沢財閥 500にのぼる企業の創設、育成に携わったが株を大量に保有しなかったため、支配力の点からも財閥に相当しない。 渋沢雅英(渋沢栄一記念財団理事長、東京都港区の分譲マンション) 歴代当主 渋沢栄一 渋沢敬三 渋沢雅英 神戸川崎財閥(松方コンツェルン) 川崎汽船や川崎重工業などの経営。 現当主の詳細不明 歴代当主 川崎正蔵 兵庫県神戸市中央区に豪邸を構えていた 川崎芳太郎 川崎武之助 川崎芳熊 兵庫県神戸市東灘区 川崎芳久 川崎桟橋監査役 以降不明 理研コンツェルン(理研産業団) 持株会社、理化学興業による理化学の研究および技術開発などが目的の企業群。 同族支配は行われていない 日窒コンツェルン 日本窒素肥料を中心に石灰窒素・硫安の製造に成功し拡大した財閥。 現当主の詳細不明 歴代当主 野口遵 野口寛 三菱商事を経て日本窒素役員、野口研究所理事長 以降不明 日曹コンツェルン 日本曹達を主軸としてソーダ生産企業を傘下におさめ事業を拡大。 現当主の詳細不明 歴代当主 中野友禮 中野和雄 以降不明 阪神財閥(大阪府) 大林財閥 大林組による建築を主軸とする財閥。 大林剛郎(大林組会長) 歴代当主 大林芳五郎 大林義雄 大林芳郎 大林剛郎 石原財閥 鉱山開発の南洋鉱業公司が元の化学専業の財閥。 現当主の詳細不明、石原健三(2005年他界、石原産業社長) 歴代当主 石原広一郎 石原健三 以降不明 弘世財閥 日本生命などで構成される財閥。 弘世源太郎(日本生命保険役員) 歴代当主 弘世助三郎 弘世助太郎(日本生命保険社長) 弘世現(日本生命保険社長) 弘世源太郎 安宅財閥 官営八幡製鐵所の指定問屋として発展。 安宅昭弥(2015年他界、安宅産業役員だったが公私混同・放漫経営で破綻、自宅は東京都大田区の高級住宅街に建つ立派な邸宅) 安宅一弥(アタカコーポレーション社長) 歴代当主 安宅弥吉 安宅英一(安宅産業社長) 安宅昭弥 安宅一弥 岩井財閥 岩井商店を中心に鉄鋼商社として発展。 現当主の詳細不明 歴代当主 岩井勝次郎 岩井英一郎 岩井英夫(日商岩井会長) 兵庫県神戸市東灘区 岩井浄 広海財閥 広海商店による貿易や海運業が主軸。 現当主の詳細不明 歴代当主 広海二三郎 広海仁三郎(広海四郎) 広海浩三 以降不明 岸本財閥 岸本汽船による海運業が主軸。 現当主の詳細不明 歴代当主 岸本五兵衛 岸本五兵衛(二代) 岸本兼太郎(岸本汽船社長、大阪府大阪市西区居住) 以降不明 久原財閥 久原鉱業が中心の鉱業系財閥。 久原裕(日立製作所役員、自宅は東京都武蔵野市) 歴代当主 久原房之助 久原光夫(日産自動車役員) 久原裕 白い陸屋根の建物と手前の赤い車の停車している戸建てが久原家 伊藤財閥 松坂屋などを経営。 代々松坂屋を継いでいたが祐洋氏の代で途絶える 歴代当主 伊藤祐民(伊藤家15代当主) 伊藤次郎左衛門 伊藤次郎左衛門祐洋 伊藤哲也 武田財閥 製薬業により発展。 武田國男(武田薬品工業会長) 歴代当主 武田長兵衛 二代目長兵衛 三代目長兵衛 四代目長兵衛(亀蔵) 五代目長兵衛(重太郎) 六代目長兵衛(鋭太郎) 武田國男 山口財閥 銀行資本中心の財閥。 四代目山口吉郎兵衛氏の自宅は兵庫県芦屋市の立派な邸宅(滴翠美術館) 山口格太郎氏の自宅は芦屋市の旗竿地に建つ一軒家 歴代当主 山口吉郎兵衛 二代目山口吉郎兵衛 三代目山口吉郎兵衛(大阪第百四十八国立銀行頭取) 四代目山口吉郎兵衛 四代目山口吉郎兵衛(山口銀行頭取や日本生命保険会長など) 山口格太郎(会社役員、かるた・百人一首研究) 山口治男(英語教諭) 山口宏典 四代目山口吉郎兵衛邸 山口格太郎邸 藤田財閥 非鉄金属・精錬等が主力。 藤田直照(藤田美術館理事、兵庫県西宮市の生垣を巡らせた立派な和風住宅) 歴代当主 藤田伝三郎 藤田平太郎 藤田光一(藤田組、現・DOWAホールディングス社長) 藤田直照 寺田財閥 酒造業により発展。 現当主の詳細不明 甚与茂の系統は南寺田家、元吉系は北寺田家、利吉系は堺寺田家と称された。 この三家が起こした3つの家業グループが、寺田財閥を構成していた。 歴代当主 寺田甚与茂 寺田甚吉(和泉銀行頭取、南海鉄道社長など) 以降不明 岸和田城二の曲輪跡地に建つ寺田利吉氏の大屋敷(現在は飲食店) 村井財閥 タバコ王と呼ばれた村井吉兵衛によって創設。 現当主の詳細不明 歴代当主 村井吉兵衛 村井弥吉 村井弘忠(会社役員、東京都世田谷区だった) 村井徹也 京都府京都市東山区の村井吉兵衛氏の別邸、長楽館(ホテルやカフェとして営業中) 広岡財閥 銀行、保険業などを経営 歴代当主 第8代広岡久右衛門正饒 第9代広岡久右衛門正秋 第10代広岡久右衛門正直(大同生命社長) 広岡恵三(大同生命社長) 兵庫県芦屋市 広岡喜一(大同生命役員) 兵庫県神戸市東灘区 以降不明 阪神財閥(兵庫県) 兼松財閥 商船会社や新聞社などの経営。 現当主の詳細不明 歴代当主 兼松房治郎 兼松馨(養子) 以降不明 鈴木財閥 樟脳、砂糖貿易商として世界的な拠点網を確立。 鈴木一誠氏の自宅は鈴木治雄氏との敷地内別居二世帯住宅 歴代当主 鈴木岩治郎 鈴木岩治郎(二代目) 鈴木岩蔵 鈴木治雄(太陽鉱工、東邦金属会長など) 鈴木一誠(太陽鉱工社長) 乾財閥 乾汽船による海運業が主軸。 代々家業を継いでいる 歴代当主 乾新兵衛(三代目) 乾新治 乾豊彦 乾英文 乾新悟 小曽根財閥 阪神内燃機工業などに多角的投資。 小曽根真造氏の自宅は兵庫県神戸市須磨区では有名な洋館 小曽根実氏の自宅は兵庫県神戸市? 小曽根真氏は神奈川県鎌倉市 歴代当主 小曽根喜一郎 小曽根貞松 小曽根真造(阪神内燃機工業) 小曽根実(ジャズピアニスト) 小曽根真(ジャズピアニスト) 呉錦堂財閥 神戸を本拠にマッチ、綿花などを扱う。 現当主の詳細不明、呉錦堂の別邸で孫文記念館として保存されている兵庫県神戸市垂水区の移情閣 歴代当主 呉錦堂(ご・きんどう:ウ・ジンタン) 呉啓藩(東亜セメント社長) 以降不明 山邑財閥 清酒ブランド・桜正宗の創業家。 現当主の詳細調査中 八代目山邑太左衛門が居住していた兵庫県芦屋市の旧山邑家住宅 歴代当主 山邑太左衛門(~11代目、家業の櫻正宗を代々継いでいる) 嘉納財閥 「灘の生一本」で知られる、灘五郷の本家・本嘉納家(菊正宗)と分家・白嘉納家(白鶴)の酒造業が母体。 現当主の詳細調査中 歴代当主 嘉納治郎右衛門(~十二代目) 川西財閥 昭和毛糸紡績、共立モスリン、山陽皮革、神戸生糸などを経営。 現当主の詳細不明 神戸市立王子動物園内に移築された旧ハンター邸 歴代当主 エドワード・ハズレット・ハンター(Edward Hazlett Hunter) 長男:範多龍太郎:大阪鉄工所社長 二男:範多範三郎(ハンサブロウ・ハンター:Hansaburo Hunter:東京都小平市に『範多農園』と呼ばれる広大な農園があったが既にない) 三男:範多英徳 範多龍平 範多商会社長 範多貞彦? 辰馬財閥 清酒『白鹿』を製造する辰馬本家酒造を代々継ぐ。 自宅は兵庫県西宮市 歴代当主 辰屋吉左衛門(のち辰馬吉左衛門) ~13代辰馬吉左衛門 辰馬吉男 辰馬章夫 辰馬健仁 牛尾財閥 電気、ガスなどの事業が主力。 現当主は牛尾吉朗氏か?自宅は兵庫県姫路市の閑静な住宅街 歴代当主 牛尾梅吉 牛尾健治 ウシオ工業社長牛尾吉朗かウシオ電機会長牛尾治朗(子:牛尾志朗) 内田財閥 内田信也氏は海運業で成功し山下亀三郎、勝田銀次郎と並ぶ三大船成金の一角。 現当主の詳細不明 歴代当主 内田信也 兵庫県神戸市須磨区に百畳敷きの大広間のある大別荘 内田誠太郎 以降不明 山下財閥 山下汽船による海運業。 現当主の詳細不明 歴代当主 山下亀三郎 兵庫県神戸市中央区に2万坪の和洋折表の豪邸と、神戸市須磨区に1万坪超の邸宅、神奈川県小田原市に対潮閣という別邸(全国十か所に別荘) 山下太郎 山下真一郎 (商船三井副社長など) 山下隆一郎 以降不明 山下真一郎氏の自宅は東京都港区の一等地に建つマンション 勝田財閥 勝田商会による海運業。 現当主の詳細不明、勝田銀次郎氏の自宅は兵庫県神戸市灘区の立派な日本家屋だが現在は宗教団体が利用 歴代当主 勝田銀次郎 以降不明 八馬財閥 海運業が中心だが西宮銀行、武庫銀行、神戸土地興業、阪神急行電鉄などに出資。 八馬啓氏、兵庫県西宮市不明 歴代当主 初代八馬兼介~三代八馬兼介 八馬啓(会社役員) 岡崎財閥 岡崎汽船による海運業を基盤として、銀行業や保険業などを経営。 山崎豊子さんの華麗なる一族のモデルとされる財閥、岡崎真雄氏の自宅は東京都港区の高級賃貸マンション 歴代当主 岡崎藤吉 岡崎忠雄 岡崎真一 岡崎真雄(ニッセイ同和損保名誉会長など歴任) 岡崎忠(岡崎忠雄氏の婿養子の系統) 岡崎晴彦(子供服ブランド「ファミリア」社長) 岡崎忠彦(子供服ブランド「ファミリア」社長) 鴻池財閥 江戸時代に成立した銀行が主力の財閥。 鴻池統男(不動産管理業鴻池合資会社経営、2013年他界、自宅は兵庫県芦屋市の立派な邸宅) 歴代当主 鴻池善右衛門(初代~九代) 鴻池幸富 鴻池幸方(鴻池銀行頭取、日本生命初代社長) 鴻池幸昌 鴻池正通 鴻池統男 以降不明 竹中財閥 建設業中心の財閥。 竹中勇一郎(竹中工務店役員) 歴代当主 竹中藤兵衛正高(初代) 竹中藤右衛門(14代) 竹中錬一 竹中統一 竹中勇一郎 中京財閥 岡谷財閥 鉄鋼、機械などを扱う岡谷鋼機の経営。 歴代当主 岡谷惣助(9代目) 岡谷惣助(10代目) 岡谷正男 岡谷篤一 瀧財閥 代々家業である瀧定名古屋を経営。 歴代当主 瀧定助(初代) 瀧定助(瀧正太郎) 瀧定助(瀧憲蔵) 瀧晋太郎 以降不明 愛知県名古屋市瑞穂区の高級住宅街の一区画を占める瀧潤次郎邸(左側)、右も瀧家 神野財閥 エネルギー事業が中心のサーラグループを経営。 歴代当主 神野金之助(初代) 神野金之助(2代目) 神野太郎 神野信郎 神野吾郎 森村財閥(森村グループ) 貿易会社である森村商事や森村学園の運営。 歴代当主 森村市左衛門(六代目) 森村開作 森村義行 森村衛 森村産業社長 東京都世田谷区の高級住宅街にあったが既にない 以降不明 甲州財閥 甲州財閥は創業一族が家業として事業を行うという性質よりも、山梨県出身の実業家たちが緩やかに連合して事業を行うという性質。 若尾財閥 若尾逸平は銀行家。 東京都港区の一等地の自宅は既にない 歴代当主 若尾逸平 若尾民造 若尾謹之助 若尾達郎 東建商事社長など 雨宮財閥 鉄道、海運、貿易など。 詳細調査中 歴代当主 雨宮敬次郎 雨宮亘 雨宮鉄郎 東京都渋谷区の一等地 以降不明 根津財閥 東武鉄道による鉄道事業が主力。 根津公一氏の自宅は根津嘉一郎氏と同じマンション 歴代当主 根津嘉一郎(初代) 根津嘉一郎(二代) 根津公一(根津美術館館長、東武百貨店会長) 東京都港区の一等地に広大な土地を有する根津美術館 その他の財閥 大原財閥 紡績や銀行など。 大原謙一郎(自宅は大原孫三郎と同じ) 歴代当主 大原孫三郎 大原総一郎 大原謙一郎(倉敷商工会議所の名誉会頭など) 大原あかね(大原美術館理事長) 東京川崎財閥(川崎八右衛門財閥:川崎金融財閥) 銀行や保険など。 川崎守之助氏の自宅は東京都港区の一等地(解体済み)と別邸が神奈川県湯河原町の洋館 歴代当主 川崎八右衛門 川崎八右衛門(二代目) 川崎守之助 川崎雄厚(川崎定徳社長) 福沢財閥 電気事業が主力。 現当主の詳細不明 歴代当主 福澤桃介 福澤駒吉(東亞合成化学工業、現・東亞合成社長) 以降不明 森コンツェルン アルミニウムなどの電気化学工業中心。 現当主の詳細不明 歴代当主 森矗昶 森曉(衆議院議員、昭和電工社長など、東京都千代田区) 森矗一(ジャパンインベストメント社長) 藤山コンツェルン 大日本製糖(現・大日本明治製糖)を中心に製糖業を営む。 現当主の詳細不明 歴代当主 藤山雷太 藤山愛一郎(外務大臣、初代日本航空会長など) 藤山覚一郎(大日本製糖社長・会長やホテルニュージャパン社長など、自宅は東京都港区) 藤山清一郎 中外コンツェルン 紡織業など朝鮮で事業を展開。 現当主の詳細不明 歴代当主 原安三郎 東京都千代田区、神奈川県茅ヶ崎市に松籟荘という別荘 以降不明 是川グループ 投資や投機にて財を成す。 現当主の詳細不明 歴代当主 是川銀蔵 是川正顕(地学者) 以降不明 横河グループ 建築家、工学博士横河民輔による建設業。 横河健氏の自宅は横河正三氏との敷地内別居二世帯住宅 歴代当主 横河民輔 横河時介(横河電機製作所社長など)か横河正三(日本ヒューレット・パッカード社長など) 横河健(横河正三の息子、建築家、日大教授) 津島財閥 元々大地主だが銀行業により更に発展。 太宰治の姻戚、政治家一家、詳細調査中 歴代当主 津島惣助 津島源右衛門 津島文治 津島康一(俳優) 以降不明 茂木財閥 生糸売込商や銀行業。 キッコーマンの茂木家とは別 歴代当主 茂木惣兵衛(茂木保平) 2代目茂木惣兵衛 3代目茂木惣兵衛(茂木良太郎) 以降不明 片倉財閥 製糸業から発展。 片倉康行氏の東京都世田谷区の高級住宅街に建つ邸宅。 歴代当主 片倉兼太郎(初代) 片倉兼太郎(二代:佐一) 片倉兼太郎(三代:脩一) 片倉五郎 片倉工業取締役 片倉康行 片倉工業取締役 片倉信政 日本航空機長? 鈴与財閥 物流業により発展。 代々家業を継いでいる 歴代当主 初代鈴木与平 二代鈴木与平 三代鈴木与平 四代鈴木与平 五代鈴木与平 六代鈴木与平 七代鈴木与平 八代鈴木与平 鈴木健一郎 豊田財閥 豊田グループの運営。 歴代当主 豊田佐吉 豊田喜一郎 豊田章一郎 豊田章男 服部財閥 セイコーホールディングスの経営。 歴代当主 服部金太郎 服部玄三 服部謙太郎 服部純一(服部純市)か服部真二 ソフトバンクグループ ソフトバンクグループ傘下の企業統治。 歴代当主 孫正義.

次の

大久保利通と麻生太郎は血縁だった?家系図から読み取る意外な関係性

麻生家系図

福岡市内で街頭演説し、東大卒の北橋健治北九州市長を 「人の税金を使って学校に行った」と批判した麻生太郎氏。 麻生太郎氏が東大出身の北九州市長を「人の税金を使って学校に行った」と発言し、批判が噴出しはじめています。 識者らからは「大問題の発言」などの声。 麻生氏は「人の税金を使って学校に行った。 麻生太郎氏のご家族はやお子さんたちの卒業した大学は?と思って調べてみると 息子さんが私立の慶應義塾大学卒業で 娘さんは麻生太郎氏が批判した国立大学卒・・ しかも 東京大学のご卒業であることがわかりました。 麻生太郎氏の娘さんは現在結婚されていてフランスに在住?では?と言われています。 麻生太郎氏の娘さんどんな方と結婚されたのでしょうか? 目次• 麻生彩子 麻生太郎の娘 の年齢は? 麻生太郎氏の娘さんは 麻生彩子さんとおっしゃいます。 1988年生まれと言うことなので 2018年の時点で30歳ですね。 2009年には東京大学4年生であると報じられています。 海外経験が豊富で外国語も堪能。 どこに行っても適用して物おじしない性格なのだそう。 卒業後はイギリス留学をし、その後フランス人の方と結婚したとのことです。 そのため、 麻生彩子さんは現在は、フランスで生活しているのでは?と思われます。 麻生彩子 麻生太郎の娘 の結婚相手は誰? 麻生太郎氏の長女、麻生彩子さんの結婚したお相手が気になりまよね・・ 彩子さんが結婚されたお相手というのは・・フランス人の「ロスチャイルド一族」の男性ではないかといわれています。 ただ、結婚相手ではないかとされているフランス人男性の年齢や画像などは明らかになっていません。 何で報道しないの? 夫 フレデリック・デホン (Frederic Dehon) ロスチャイルド・フランス分家 デホングループ ヴェオリア・エンバイロメント 妻 麻生彩子デホン (Ayako Aso-Dehon) 東京大学卒 美術キュレーター 妻の父 麻生太郎 副総理大臣兼財務大臣 — 山崎 AR4bvoZqxuzrwZF 麻生太郎財務大臣の娘さんがパリの古城で盛大に結婚披露式をされたと、週刊文春1月30日号(2014年1月23日発売)が報じています。 26歳の頃でしょうか? 麻生太郎氏が結婚されたのは40歳を過ぎてからだったそうで、 奥様は鈴木善幸元首相の三女・千賀子さんです。 麻生太郎氏には息子(長男)さんと娘さん(長女・彩子さん)がいます。 週刊誌の報道では、彩子さんは2014年の時点では美術品のオークションの会社勤務。 以前は留学先のイギリスで英国人と交際していたそうですが、その後、フランス人と結婚されたそうです。 また、大学時代は東大の服飾サークルのファッションショーにも登場されたとか。 麻生彩子さんは海外経験が豊富で外国語も堪能とのこと・・ 披露式はパリで大勢の方を招き、ホテル「ル・ムーリス」 も利用したと言われています 麻生彩子 麻生太郎の娘 の年齢は? 東大卒で現在はフランス? 結婚相手は誰? まとめ 麻生太郎氏が、東大卒の北橋健治北九州市長を 「人の税金を使って学校に行った」 と批判しましたが・・ 麻生太郎氏の娘さんの彩子さんも、その東京大学出身なのでした。 現在麻生彩子さんは30歳で、 2014年にフランス人の「ロスチャイルド一族」の男性と結婚され フランス在住では?と思われます。

次の

安倍首相、麻生太郎氏の家系図から見えてくる日本の歴史

麻生家系図

三島通庸とは誰なのか?鬼県令で警視総監! 三島通庸とは、薩摩藩の武士の子に生まれ、・らに、その才能を認められ、「」「」で活躍した人物。 1835年、薩摩藩で生まれた「三島通庸」は、「」の後、「山形」「福島」「栃木」で県令(知事)」を務め、最期は「警視総監」となっています。 三島通庸は、明治新政府に反発していた農民たちの反乱を、厳しい弾圧でしずめました。 そのため、後世では「鬼県令」と呼ばれることとなったのです。 その後、1885年に「警視総監」に就任。 「子爵」の爵位を与えられています。 そのわずか3年後「1888年」、脳溢血で倒れ、死去。 葬儀では、12000人もの参列者に見送られたと言われています。 墓地は東京「青山墓地」。 ちなみに、妻「和歌子」は、「女西郷」と呼ばれた女傑で、常に命を狙われていた「三島通庸」の「護衛」「ボディーガード」を務めていたと言われています。 かなりの剣豪だったとも言われていますね。 息子たちも大物ぞろい!長男は日銀総裁!三男はオリンピック選手 三島通庸の息子たちは、大物ばかりです。 長男「 彌太郎(やたろう)」は、「日銀総裁」として活躍。 次男「 豊沢弥二」は、父と同じく「警察官」の道を進み、「滋賀県警察部長」「奈良県警察部長」となっています。 この豊沢弥二の妻「愛」の姉「夏子」の孫が「三島由紀夫」です。 上の家系図には書かれていませんが、もう1人「三島弥彦」の兄に「三島弥吉」という人がいます。 総理大臣「」の内閣で浮上したスキャンダル「シーメンス事件」で有名な起業、シーメンス社の重役だった人です。 末の弟「 三島弥彦」は、「」とともに「ストックホルムオリンピック」に参加した「日本最初のオリンピック選手」。 弥彦はその後、兄「彌太郎」と同じ「横浜正金銀行」で務めています。 弥彦は、ストックホルムオリンピックで惨敗。 次の「ベルリンオリンピック」は中止となり、その後は「金栗四三」と違って、スポーツ界に携わることなく生涯を終えています。 「 三島弥彦」については、よろしければ、以下のリンク記事をお役立てくださいませ。 『三島通庸』について「ひとこと」言いたい! 「三島通庸」は、「反対運動」を弾圧し、道路工事などのインフラ整備を強引にすすめ、「鬼」と呼ばれた人物です。 しかし、三島通庸の葬儀には「12000人」もの人が参列。 別れを惜しんでいます。 なぜ三島は、それほど慕われていたのか? 三島通庸がすすめた道路などのインフラは、今でも活用されており、県民の生活を支えています。 県民の生活を豊かにしたことで、三島は慕われていたのではないでしょうか。 三国志の英雄「曹操孟徳」が憧れた政治家「西門豹(せいもんひょう)」も、三島通庸と同じように、民衆から文句や苦情を言われても、水路工事をすすめて、後に土地の生産力を大幅にアップさせています。 三島通庸という政治家は、たとえ民衆から嫌われても、人気がなくても、民衆の利益(国益)となることは、断固として実行する「信念の政治家」だったのでしょう。 最近の日本では「借金が1000兆円」などという、嘘八百を並べたて、自分たちの権限を強くするために「増税」ばかりを主張する「政治家」「役人」があふれています。 「 借金1000兆円は、子孫の代で返さなくてはいけない。 子孫に肩代わりさせてはいけない」という理屈らしいですが、三島通庸の時代に、無理してつくった「道路」のツケを、子孫である「麻生太郎」さんらが払ったとは、聞いたこともありません。 (そもそも1000兆円の借金の他にも、ほぼ同額の貯金があるので、日本は破産なんてしない・・・と嘉悦大学教授・高橋洋一さんが言っていました。 ) 借金してつくった「インフラ」などは、子孫が恩恵をこうむるので、返す必要がないのです。 我々も三島通庸のように、子供や孫の世代に財産を残す必要があります。 そのためには、「借金」というウソとついて「増税」しようとする政治家ではなく、国益を守れる優れた政治家を見抜いて投票する「眼」と「正しい情報を選択できる手」が必要なのかもしれません。 まとめ 本日の記事をまとめますと• 三島通庸の子孫は、元首相「麻生太郎」さん• 三島通庸とは、「明治維新」後に、南東北の各県で県令を務め、最期は警視総監となった人• 三島通庸の息子達は、「彌太郎」が「日銀総裁」、「弥二」が「警察部長」、「弥吉」がシーメンス社の重役、「弥彦」が「オリンピック選手」となっている 以上となります。 本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。 よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。 ありがとうございました 「三島通庸」関連記事 よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。 こちらの記事では「三島通庸」に関係する人たち、「西郷隆盛」や「大久保利通」、三島通庸の息子である「三島弥彦」「三島弥太郎」の「逸話」や「功績」を簡単に理解できるように、極めてわかりやすく解説しております。

次の