妊娠 後期。 【助産師監修】妊娠28週~40週(妊娠後期)について|ベビーカレンダー

妊娠後期の歩きづらさ…助けてくれたアレ!|赤ちゃんがやってくる!30(2020年6月10日)|ウーマンエキサイト

妊娠 後期

妊娠後期に近づいてくると息苦しさを感じる妊婦さんは多いのではないでしょうか?わたしも最近すぐ息が上がってしまう場面が増えてきたように感じます。 - 1,072 ビュー• - 682 ビュー• - 556 ビュー• - 511 ビュー• - 413 ビュー• - 373 ビュー• - 340 ビュー• - 339 ビュー• - 329 ビュー• - 320 ビュー• - 319 ビュー• - 308 ビュー• - 300 ビュー• - 290 ビュー• - 274 ビュー• - 258 ビュー• - 247 ビュー• - 243 ビュー• - 239 ビュー• - 237 ビュー• - 234 ビュー• - 233 ビュー• - 228 ビュー• - 221 ビュー• - 219 ビュー• - 215 ビュー• - 209 ビュー• - 208 ビュー• - 205 ビュー• - 201 ビュー• - 200 ビュー• - 198 ビュー• - 196 ビュー• - 193 ビュー• - 193 ビュー• - 192 ビュー• - 189 ビュー• - 187 ビュー• - 187 ビュー• - 182 ビュー.

次の

妊娠後期

妊娠 後期

妊娠後期に近づいてくると息苦しさを感じる妊婦さんは多いのではないでしょうか?わたしも最近すぐ息が上がってしまう場面が増えてきたように感じます。 - 1,072 ビュー• - 682 ビュー• - 556 ビュー• - 511 ビュー• - 413 ビュー• - 373 ビュー• - 340 ビュー• - 339 ビュー• - 329 ビュー• - 320 ビュー• - 319 ビュー• - 308 ビュー• - 300 ビュー• - 290 ビュー• - 274 ビュー• - 258 ビュー• - 247 ビュー• - 243 ビュー• - 239 ビュー• - 237 ビュー• - 234 ビュー• - 233 ビュー• - 228 ビュー• - 221 ビュー• - 219 ビュー• - 215 ビュー• - 209 ビュー• - 208 ビュー• - 205 ビュー• - 201 ビュー• - 200 ビュー• - 198 ビュー• - 196 ビュー• - 193 ビュー• - 193 ビュー• - 192 ビュー• - 189 ビュー• - 187 ビュー• - 187 ビュー• - 182 ビュー.

次の

【助産師監修】妊娠28週~40週(妊娠後期)について|ベビーカレンダー

妊娠 後期

妊娠9カ月(妊娠32~35週)の症状と母体の変化 胎児が大きくなるに従い、子宮はみぞおちの近くにまで大きくなってきています。 そのため、胃が圧迫されて食欲減退、胃のむかつきなどの症状がでることもあります。 また、膀胱も圧迫されるためトイレに行く回数が増えたり、ちょっとした拍子に尿漏れを起こしたりしてしまうこともあります。 これは妊娠後期に入った妊婦さんでよくみられるトラブルですが、骨盤底筋群を鍛えるストレッチをおこなうことで改善することが可能です。 尿漏れ対策としてナプキンを当てておき、こまめに交換するなど、対処しておくと安心です。 循環血液量がもっとも増える時期のため、貧血になりやすくなります。 たちくらみによる転倒などを避けるためにもゆっくり行動するようにしましょう。 そして、鉄分やビタミンCを多く含む食事を摂るよう心がけましょう。 妊娠後期に起こる可能性のある異常 ・妊娠高血圧症候群 妊娠20週以降~分娩後12週までの間に高血圧、あるいは高血圧と蛋白尿を伴う場合、「妊娠性高血圧症候群」と診断されます。 全妊娠の約3~7%の割合で発症すると言われていますが、母児にさまざまな影響を及ぼす恐れがあるので注意が必要です。 ・妊娠糖尿病 妊娠中によって軽度の糖代謝異常をきたすと、「妊娠糖尿病」と診断されます。 家族に糖尿病の方がいる場合や、肥満・過度の体重増加、35歳以上の方で発症リスクが高くなるといわれています。 妊娠糖尿病では、胎児が巨大児になるリスクがあるため食事療やインスリンの注射などによって治療がおこなわれます。 ・胎児発育不全(FGR) おなかの中の赤ちゃんの成長が妊娠週数に対して遅く、基準値を超えた場合、「胎児発育不全(FGR 」と診断されます。 初期の診断が胎児の染色体異常や先天奇形が原因なのに対し、中期以降は胎盤梗塞や前置胎盤、臍帯付着異常などが原因となっています。 全妊娠のうち約8~10%の割合で発症します。 ・切迫早産、早産 妊娠22~37週未満で早産のリスクが高くなると「切迫早産」と診断されます。 この時期は、胎外でも赤ちゃんが生存できる可能性はありますが、妊娠数週が長いほど生存率は高くなるため、妊娠を継続するための治療がおこなわれます。 切迫早産と診断されたら、医師の指示に従いできる限り安静にすることが大切です。 切迫早産の原因には、子宮頸管無料症や羊膜絨毛膜炎(CAM)などがあげられます。 ・前置胎盤 大量出血などが起こり、胎児だけではなく母体にも危険性が高いのが前置胎盤です。 妊娠後期になると入院管理をし、突然の出血にも対応できるような体制がとられることが多いです。 ・常位胎盤早期剥離 分娩前に何らかの原因で胎盤が子宮壁からはがれてしまう状態です。 発症直後は少量の出血の場合が多いですが、放置しておくと出血量が増え血圧低下や貧血により母体は危険な状態に陥ってしまうこともあります。 常位胎盤早期剥離になるとおなかの中の赤ちゃんも危険な状態に陥る可能性が高いので緊急帝王切開となることもあります。 全分娩において発生頻度は約0. 5~1. 3%となっています。 ・前期破水 陣痛が来る前に破水してしまった場合を「前期破水」といいます。 破水後は陣痛がきて出産に至るケースが多いので、妊娠37週未満に破水した場合、入院となり経過観察、あるいは出産となります。 破水後は、感染のおそれもあるため、注意が必要です。 妊娠後期に気を付けることは? おなかが大きくなる妊娠後期は、妊娠中期の頃までに比べると足元が見えづらくなってきます。 転んだりしないように、歩きやすい靴などをはくことをおすすめします。 また、出産に向けておなかが張りやすくなってくるのも特徴です。 妊娠37週に入るまでは、切迫早産や早産にならないようにおなかの張りが強くなってきたら休息をとるようにしましょう。 出血や規則的なおなかの張り、下腹部痛がある場合は、すぐに受診することが大切です。 また、臨月を迎えた後は飛行機の搭乗に医師の診断書や医師の同伴が必須などの条件がつくことがあります。 遠方に里帰りを希望している場合は、このようなことも考えて帰省スケジュールをたてておきましょう。

次の