オーバーロードハーメルン。 オーバーロード2次創作のおすすめをまとめてみた【ハーメルン】

生きたければ飯を食え

オーバーロードハーメルン

概要 時点で小説掲載数は約8万5000作、登録者数は約26万9000人。 小説専門の投稿サイトでは、(なろう)に次ぐ規模を持っている。 ユーザー登録しなくても閲覧可能であり、ユーザー登録や作品投稿も簡易である点はなろうとほぼ同じである。 これは、ハーメルンがなろうの別館で投稿サイトとして運営されていた「にじファン」が母体となっているためである。 しかし、権利者による二次創作規制が強まったことから、2012年7月20日に「にじファン」のサービス終了が発表された。 これに対して、の有志によって「にじファン」ユーザーの受け皿として設立したのいくつかのサイトの一つがハーメルンである。 そういった経緯もあり、掲載作品はと同様に二次創作がメインであるが、()も投稿されており、基本的には他サイトとの同時掲載も許可されている。 との違いとして、 だけでなく、やも含む が登場する作品の投稿が禁止となっている。 二次創作では オリキャラ主人公の登場率も高い。 また、オリジナルの人気作品ではものが多い傾向にある 機能 検索機能の特徴として、一話 全話 の文字数・平均 総合 評価・話数・などの上限下限や会話文の比率を細かく指定して小説を探すことが可能という点がある。 また必須というものがあり、好みのわかれる、、、などの要素が含まれる作品にはそれぞれのタグを必ず付ける必要がある。 必須タグについて詳しくは後述。 これによって幾ばくかを踏みにくくなっている。 しかしアンチヘイトものなどは線引きが難しいため、として付ける作者も多い。 と違ってブロックユーザー、ブロック小説の設定が 無制限 しかも プレミアム登録などのはまったく必要ない である。 捜索掲示板が設置されており、サイトの内外問わず読みたい小説をさがすスレがたてられる。 商業小説を探したり勧めたりするユーザーも居り、機能性ではArcadiaの捜索掲示板を上回る。 評価が一定以上の非R-18小説では、に小説を読み上げてもらう読み上げ機能も使える。 縦書きPDF、EPUBの生成も可。 さらには他に類を見ない数の特殊タグ機能により、形式、 本当に画面にコメントを流せるの小説 例:動画配信者モノ、RTAもの の投稿も、他サイトと比べ容易である。 本文中の単語に後書きに表示される注釈のリンクをつけることもでき、それらはアスタリスクマーク 長押しを押しっぱなしにするだけで見ることができる。 また、2020年6月29日からは「」という段落いいね機能が試験的に実装された。 必須タグ一覧 前述のように、以下の条件に当てはまるものには以下の必須タグというものをつけなければならない。 性・暴力・麻薬・いじめ・ホラーなどの描写が含まれる場合。 R-15に加え、著しく性的感情を刺激する行動描写、著しく反社会的な行動や行為、麻薬・覚醒剤の使用を賛美するなど極めて刺激の強い表現など、いわゆる「18禁」的要素が含まれる場合。 男性同士の恋愛の描写が含まれる場合。 女性同士の恋愛の描写が含まれる場合。 二次創作作品において、作者が独自に設定したキャラクターが小説の中心人物となる場合。 (三次創作作品の場合、二次創作作品の作者が独自に設定した人物が主人公となる場合も「オリ主」タグを設定する) (原作キャラクターに成り代わる場合はオリ主タグが不要。 代わりに「憑依」「転生」タグを使う) 「神様のミスなどによって死亡した主人公が、別世界へ転生する」というような類の描写が含まれる場合。 な描写 残酷な描写が含まれる場合。 例:血飛沫など) 原作に登場するキャラクターを過度に「貶める・批判する」描写がある場合。 キャラクターが別の世界で生まれ変わるような描写が含まれる場合(俗にいう原作キャラクターの「逆行」は含まない) キャラクターに別のキャラクターが憑依するような描写が含まれる場合(原作キャラクタの立場に成り代わる設定の作品の場合、このタグと「転生」タグの両方を最初は必須とされてきたが、後に不要となった 登場キャラの性別が変わっていた場合。 (原作キャラだけでなく、オリジナルキャラクターでそのような描写がある場合も含む。 ふたなり等の両性化も含む。 無性化は除く) 別の原作のキャラクターや能力などの要素が登場する描写がある場合 同一世界観作品同士の場合、「クロスオーバー」タグの対象とならない。 例:機動戦士ガンダムSEEDと機動戦士ガンダムSEED DESTINYはクロスオーバータグの対象とならない。 同一世界観であるため) 例:機動戦士ガンダム00と機動戦士ガンダムSEEDの組み合わせはクロスオーバータグの対象となる。 (世界観が異なるため• 「転生」「憑依」「性転換」については、原作で転生・憑依・性転換しているキャラクターの場合は設定不要。 今後、必須タグは増えない予定。 規約遵守 サイトにおいてはありふれたものだが、ハーメルンは基本的に通報の対応が速くかつ正確なのが特徴。 ちなみにアカウントをBANされたユーザー、及び処分を受けたユーザーはサイトのページにIDが載せられる。 複数のアカウントを所持すること、感想欄でのユーザーへのはもとより、キャラクターへのそういった行為も禁じられており、設定改変の強要、他の感想への横レス、感想以外の文の投稿、更新の催促なども規約では禁止事項。 粘着行為もあまりに酷いと一発BANという作者にとって投稿がしやすい環境である。 最強オリキャラ主人公 その名の通り、原作には登場しないオリキャラが主人公で彼(女)が最強であるというもの。 もともとにそういった要素を持つ作品が多く、ハーメルンにもそういう傾向が継承されている。 特徴としては• 当然だが原作強者を更に上回る強さ• 原作キャラが修得している強力な術や技はオリキャラも修得済み• むしろ原作キャラの術や技の上位互換を使える• 特定キャラだけの固有能力であるはずのものまで使える場合もある• 固有スキルは1人1つ、などの原作における基本ルールを無視• 全く関係ない作品の技や術をオリキャラのみ使えたりする• 原作キャラがたどり着いた解答、作戦、アイデアをコピペしてさもオリキャラが先にたどり着いたように振る舞う• それに付随して原作キャラの活躍や名セリフを横取りしたりもする etc 以上のような、原作のキャラクターや設定を踏み台にする要素を含む。 数字自体は四捨五入で有効数字2桁。 関連タグ 外部リンク - - 形式の似たサイト またはハーメルンユーザーから流刑地と揶揄されているサイト : 関連記事 親記事.

次の

オーバーロード ss まとめ|おすすめの二次小説一覧

オーバーロードハーメルン

眠る前にも夢を見て この作品の特徴としては、オリジナル至高の御方あり、毎日更新、原作13巻までの作者知識、ニグン生存、独自ルート、になります。 まずこの作品の評価したいところは、100話以上投稿されていますが、 毎日投稿されていることです。 とりあえず完結はされそうだな、という安心感があります。 二次小説で一番残念なのは打ち切られることですからね。。。 元はpixivで投稿していた作品らしいので、ストックを出しているだけかもしれませんが、100話以上毎日更新は素晴らしいです。 毎日の楽しみの一つです。 作品の内容についてです。 原作と同じく、ナザリックごと転移しますが、プレイヤーがアインズ一人ではなく、 オリキャラ(女性)の至高の御方も一緒に転移します。 その点から、オリキャラが受け入れれない、アインズだけの物語が見たいんだ、という方にはお勧めしません。 原作に沿って物語が進んでいく、のではなく完全オリジナルな構成です。 ただ、魔導国の要素や各キャラクターは原作要素が強いので、オーバーロードという作品を楽しみたいと思っている私ですが、違和感はそんなに無いです。 普通に楽しめています。 アインズとオリ主は原作のニグン戦を経て、神と崇められるようになり、法国が魔導国になります。 そこから王国、帝国、聖王国・・と活躍の場を広げていきます。 一応、オリキャラがヒロインなので、アインズ様には孤高を貫いてほしいという人や、やっぱり アインズ様の隣は守護者統括様だろという人は注意。 最新話まで読んだ感想 現在、よく更新されているオーバーロード作品では一番好きです。 他の作品でも、フォーサイトや骨の親子なども好きですが、 更新頻度という点で頭一つ抜きん出ていると思っています。 毎日のルーティンで楽しめるというのはやはり大きいですね。 私が 好きな話はエ・ランテル編(31~41話)ですね。 逆に言えばそこが、最大の盛り上がりで、そこからはちょっと盛り下がっている気も個人的にはします。 しかしそれは、原作補正があるので面白さが強かった訳で、中盤以降のオリジナル部分は原作に無い部分なので、補正が無い分そう感じてしまうのは仕方が無いと思います。 どの二次小説にも共通することなので、その部分をどう描いてくるのか楽しみですね。 ちなみにオリジナル部分はラブコメの波動を感じるので、会う合わないは分かれそう。 個人的にはオーバーロードにラブコメ要素は求めていないですが、許容範囲内です。 とりあえず、読んでみてほしい作品です。

次の

[B!] オーバーロード ~集う至高の御方~

オーバーロードハーメルン

眠る前にも夢を見て この作品の特徴としては、オリジナル至高の御方あり、毎日更新、原作13巻までの作者知識、ニグン生存、独自ルート、になります。 まずこの作品の評価したいところは、100話以上投稿されていますが、 毎日投稿されていることです。 とりあえず完結はされそうだな、という安心感があります。 二次小説で一番残念なのは打ち切られることですからね。。。 元はpixivで投稿していた作品らしいので、ストックを出しているだけかもしれませんが、100話以上毎日更新は素晴らしいです。 毎日の楽しみの一つです。 作品の内容についてです。 原作と同じく、ナザリックごと転移しますが、プレイヤーがアインズ一人ではなく、 オリキャラ(女性)の至高の御方も一緒に転移します。 その点から、オリキャラが受け入れれない、アインズだけの物語が見たいんだ、という方にはお勧めしません。 原作に沿って物語が進んでいく、のではなく完全オリジナルな構成です。 ただ、魔導国の要素や各キャラクターは原作要素が強いので、オーバーロードという作品を楽しみたいと思っている私ですが、違和感はそんなに無いです。 普通に楽しめています。 アインズとオリ主は原作のニグン戦を経て、神と崇められるようになり、法国が魔導国になります。 そこから王国、帝国、聖王国・・と活躍の場を広げていきます。 一応、オリキャラがヒロインなので、アインズ様には孤高を貫いてほしいという人や、やっぱり アインズ様の隣は守護者統括様だろという人は注意。 最新話まで読んだ感想 現在、よく更新されているオーバーロード作品では一番好きです。 他の作品でも、フォーサイトや骨の親子なども好きですが、 更新頻度という点で頭一つ抜きん出ていると思っています。 毎日のルーティンで楽しめるというのはやはり大きいですね。 私が 好きな話はエ・ランテル編(31~41話)ですね。 逆に言えばそこが、最大の盛り上がりで、そこからはちょっと盛り下がっている気も個人的にはします。 しかしそれは、原作補正があるので面白さが強かった訳で、中盤以降のオリジナル部分は原作に無い部分なので、補正が無い分そう感じてしまうのは仕方が無いと思います。 どの二次小説にも共通することなので、その部分をどう描いてくるのか楽しみですね。 ちなみにオリジナル部分はラブコメの波動を感じるので、会う合わないは分かれそう。 個人的にはオーバーロードにラブコメ要素は求めていないですが、許容範囲内です。 とりあえず、読んでみてほしい作品です。

次の