承知 と 了解 の 違い。 「了解」「了承」「承知」「承諾」の意味とは?“わかりました”の使い分けは難しい

了解と承知の違いって?

承知 と 了解 の 違い

A ベストアンサー 格助詞「に」と「と」の違いですね。 この質問は過去に2,3回ありましたのでその1つを1部付け加えて回答しておきます。 「に」「と」はともに帰着または結果を表しますが、ニュアンス的には少し違いがあります。 「雨が降れば川になる」というのは平板で当然の帰結としての言い方の場合は「に」 「蛇行を繰り返し小川や多くの支流を集めて大河となる」のように紆余曲折を経る場合は「と」です。 「すったもんだの末、結局彼が村長となった。 また、「へと」と 「へ」との違いについての質問にも私が回答したのがありますので参考にしてください。 html A ベストアンサー 異論は当然あるものと思いますが、《感動》と《感激》、それぞれに対して私が持っているイメージを書き出してみました。 《感動》 ・「包まれるもの、じんわりと浸るもの、外側 五感 から内側 心 へ向かうもの」 「ゆっくりと心の中に入り込むもの、しみじみとしたもの」 というイメージがある。 ・自然と心の中から湧き上がる暖かな思い。 ・出来事を通して、もともと自分の中に備わっていた感性が呼び起されたり、 自分にはないと思っていた感性が備わっていたということに気付かされたりする 心の動きで、「発見や再生という感情が好ましい方向に揺れ動くこと」。 《感激》 ・直接的に感じ取ること、突然心の中に飛び込んで来る思いのことで、 熱い感情を伴うもの。 ・好ましい出来事に遭遇したり、好ましい感情を注がれたことに反応して、 舞い上がったようになること。 ・対象に対して何らかの力を感じて心が突き動かされること。 *** 以上のことを踏まえて、《感動》と《感激》のニュアンスにはどんな違いがあるのか、例文を使って考察したいと思います。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 1)雄大な風景に思わず《感動》した。 雄大な風景に思わず《感激》した。 2)この雄大な風景を私に見せてくれた彼の心配りに《感激》した。 この雄大な風景を私に見せてくれた彼の心配りに《感動》した。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 《感動》と《感激》それぞれ1回ずつしか使えず、1と2の例文の《 》を埋めるという条件付きの問題があったとしたら、私はそれぞれ上の文章を選択します。 2の例文を喧嘩中の友人同士や恋人同士に当てはめて考えるとイメージしやすいと思いますが、《感動》と《感激》を比べると、《感動》するのには何のお膳立ても必要ないけれど、《感激》するのには、ときとしてシチュエーションを要することがあるのではないかと思います。 異論は当然あるものと思いますが、《感動》と《感激》、それぞれに対して私が持っているイメージを書き出してみました。 《感動》 ・「包まれるもの、じんわりと浸るもの、外側 五感 から内側 心 へ向かうもの」 「ゆっくりと心の中に入り込むもの、しみじみとしたもの」 というイメージがある。 ・自然と心の中から湧き上がる暖かな思い。 ・出来事を通して、もともと自分の中に備わっていた感性が呼び起されたり、 自分にはないと思っていた感性が備わっていたということに気付かされたりする... A ベストアンサー 基本的な言葉の意味がわかっていないのではないでしょうか? まず、「了解」も「承知」も名詞です。 なので、「いたしました」という敬語を用いているのでどちらも問題ないと思います。 では、意味はどうなるか。 了解・・・物事の内容や事情を理解して承認すること。 例文:「お申し越しの件を了解しました」 承知・・・ 1 事情などを知ること。 また、知っていること。 わかっていること。 多く下に打消しの語を伴って用いる。 「かしこまる」これは、命令・依頼などを謹んで承る意を表します。 なので、お客様に何か用件を頼まれた際には、これ一言でOKですね。 goo. php? goo. php? goo. php? 私や周囲の経験上、実質、下記のように使い分けされていると思います。 無神経 人に迷惑を掛けているという意識や知覚といった機能自体が、その人には無いように見える場合。 厚かましい 人に迷惑を掛けているという意識がおそらくあるのにもかかわらず、それでも遠慮をしない様。 図々しい 1. 上記の「厚かましい」の意味にも使われ、 2. 神経が図太くて動じない、 の意味にも使われる。 松坂投手や城島捕手が堂々とプレーする様を、野球解説者が「図々しい」と表現することがありますが、「厚かましい」と表現するのは聞いたことがありません。 goo. php? goo. php? goo. php? Q お付き合いしてる男性が45歳です。 さっそく、ぶっちゃけばなしですみませんが、性交する回数は、 週に1回が精いっぱいと彼は言ってます。 男性によってもまちまちなのかもしれませんが、 週に1回ってこの年齢の男性では普通でしょうか。 彼からは「週1回で精いっぱい。 それとももっとできて不倫して欲しい?」と笑って言われました。 私は、実は、彼がそれ以上元気で、 実はほかの女性とも・・・って勘ぐってしまっています。 勘ぐっている根拠はないのですが、 40代なかばの男性の精力がよくわからないから心配している、というところでしょうか。 同年代か、それ以上の年齢の男性のご意見を お聞かせいただけましたら幸いです。 よろしくお願い致します。 できましたら、ご無理でない限りで結構ですので、 ご回答くださる場合、貴方様が、女性か男性か教えていただけると ありがたいです。 A ベストアンサー ANo. 5で回答した者です。 お礼メッセージ有難う御座います。 いきなりですが、自分でするエッチは 単に手っ取り早いといったところが一番かなぁ・・ コントロールもしやすくて出したいところで出せる、 また自分のいじりかたを熟知しているので その辺ストレスが発生しませんね。 で貴女はそんなに心配されなくてもいいです。 大丈夫でしょう。 例:お腹減ったなぁ・・あっ ソーセージだ、ちょっとつまもう というのが自慰行為に似ていて ゆっくりと白米を食べ、味噌汁をすすり、おかずを食べ 一つ一つを噛み締めて満足感を心から得る というのがあなたとの行為的な感じです。 ってあくまでも私個人の見解です。 それと私の経験ですけど、ちょっと疲労感があるとか ちょっと仕事などで気になっていることがあるとか ちょっと身体のどこかに痛みがあるとか・・・ ほんの少しでも阻害する要素があるとイケないこと がありました。 彼の内面も考えてみるとイケなくてもそれ程 心配なことでは無いかもしれませんよ。 A ベストアンサー 「通す」は、下記辞書の、 4 イ 全期間、また、全体にわたってする。 goo. 包括する。 goo. 1年間、継続する主体は発言者である、という意図が強い文。 「通じる」が自他兼用動詞であることも関係しているのかもしれません。 このように捉えることができるでしょう。 よって、意気込みを示す意味では、「年間を通して広報活動を行います!」のほうが自然だと、わたしは感じます。 「通じて」は、「年間を通じて広報活動が行われる予定です!」のような表現の中で使われるほうが適していそうです。 「通す」は、下記辞書の、 4 イ 全期間、また、全体にわたってする。 goo. 包括する。 goo.

次の

「了解しました」の正しい使い方

承知 と 了解 の 違い

(2)納得し、了承すること。 「ー事項」 (新選国語辞典 より) りょうかい【了解】【諒解】 (1)事情を思いやって納得すること。 理解すること。 のみこむこと。 「事情をーする」「ーできない」 (2)〔ドイツ Verstehen〕ディルタイの用語。 文化を生の表現とみて、その意味を自己移入・追体験などによって共感的にとらえること。 (大辞林 より) 考察:了解について ビジネスでは敬意が含まれない言葉とされる年代もいるのでご用心。 「目上(上司)の人」が「目下(部下)の人」に対して使う。 または、「(気心のしれた)同僚同士」で使う。 感覚値としてですが第二次ベビーブーム年代以前のご年代の方々に多いような。 他動詞:(1)聞きいれること。 「その条件ではーできない」(2)知っていること。 (新選国語辞典 より) しょうち【承知】 (1)知っていること。 わかっていること。 「いきさつはーしております」 (2)聞きいれること。 承諾すること。 「解約の件はーできない」 (3)許すこと。 多くの否定の形で「許さない」「勘弁しない」の意を表す。 「そんなことをしたらーしないぞ」 (大辞林 より) 考察:承知について ビジネスにおいて一般的。 「目下(部下)の人」が「目上(上司)の人」に対して使う。 「 かしこまりました」としてもよい(個人的にはこちらが無難かと)。 謙虚な上司は部下に対して使うこともある。 しかし、部下との上下関係を明確にしバランスが取れないようであればNG。

次の

「理解」と「了解」

承知 と 了解 の 違い

「了知」の意味と使い方 「了知」は「 りょうち」と読みます。 「了知」の意味は「 ある物事の内容や事情をさとり知ること」です。 「了」は「明らかである、確かである」、「知」は「しる、感づくこと」を意味します。 ある事柄についてしっかりと理解すること、はっきりと知ることを表します。 主に「 了知する」という形で、「その物事についてはっきりと知っていること」を表したい場合に使います。 例えば、「事の良し悪しを了知する」などと用います。 「了知」は法令用語として使われることが多いです。 「了知主義」という言葉があります。 これは「意思表示の効力が生じるのは、相手がその内容に了知された時点であること」を表します。 「了知」の類語には、「わかる」「会得」「気づく」「知る」「存じ上げる」「認知」などがあります。 例文 ・新しい決まりを了知する。 ・計画の内容について、了知しています。 ・来期の戦略について了知している。 「承知」の意味と使い方 「承知」は「 しょうち」と読みます。 「承知」の意味は、 ・物事の詳しい内容や事情をよく知っている ・相手の依頼や願望などを聞き入れる ・相手の事情を知って許す です。 「知っている」という意味では、「詳しい内容を承知している」「百も承知」「無理を承知で」などと使います。 「事情をよく知った上で、依頼や命令を受け入れること」も表します。 「承」は「相手の意を受けること」を意味します。 「承知」は「承」という字を含んでいるため、丁寧な表現です。 目上の人に対して使うことができます。 主に「承知しました」「承知いたしました」という表現が使われます。 目上の相手には「わかりました」と返事をするよりも、「承知しました」と言った方が丁寧な印象を与えられます。 「事情を知って許す」という意味では、「〜しない」など打ち消しの語を伴って用います。 例えば、「今度遅刻したら承知しない」と使います。 打ち消しの語をつけることで、「許さない、勘弁しない」という意味になります。 ・難航するのは百も承知の上で、A社に交渉してみる。 資料については今週中にお届けします。 ・日程の変更について承知しました。 ・また無駄遣いして...。 この次からは承知しないよ。 「承諾」の意味と使い方 「承諾」は「 しょうだく」と読みます。 「承諾」の意味は「 相手の依頼や要望などをもっともと思い、受け入れること」です。 「諾」は「引き受けること、同意すること」を意味します。 相手の意見・依頼・願望を聞いて、それを引き受けることを表します。 「承諾」は「前向きに引き受ける」とプラスな意味合いを含みます。 契約を結んだり、取引を行う場合などに使います。 例えば、「転勤を承諾する」「ドラマへの出演を承諾する」などと言います。 個人の行為に対して使われる他に、会社同士の取引などにも使うことができます。 ビジネスの場では「ご承諾いただき〜」という形で用います。 依頼をするときや、承諾してくれたことへの感謝の気持ちを伝える場合に使います。 「承諾を得る」という表現も使われます。 「自分の頼みや意見に、相手が納得してくれて引き受けてくれること」を表します。 「承諾」はビジネスシーンだけでなく、日常会話でも使うことがあります。 例文 ・大物俳優にオファーしたら、出演を承諾してくれた。 ・ホールを借りるには、承諾を得る必要がある。 ・未成年者が手術を受ける場合は、保護者の承諾が必要になる。 「了解」の意味と使い方 「了解」は「 りょうかい」と読みます。 「諒解」と表記することもできますが、一般的には「了解」と表します。 「了解」の意味は ・物事の内容や事情を理解すること ・事情を理解した上で納得すること ・無線通信において、通信内容を確実に受け取ったことを表す語 です。 「了」は「明らかである、確かである」、「解」は「よくわかること」を意味します。 例えば、「サービスの内容を了解する」と使います。 また、「了解」は「通信で、内容を受け取ったことを表す語」として使います。 『こちら現場です、どうぞ!』『了解!』などと使うこともできます。 「了解」は相手から何か依頼されたときの返事として使うことが多いです。 「了解」は素っ気なく、敬意が足りない表現のため、 同等や目下の人に対して使います。 目上の人に使うと失礼に当たります。 「了解!」「了解です」は当然のことながら、「了解しました」と丁寧な言い方でも軽い印象を与えてしまいます。 ・私の家では、最後に食べ終わった人が皿洗いをするのが暗黙の了解となっている。 「諒承」と表記することもできますが、一般的には「了承」と表します。 「了承」の意味は「 事情を理解して納得すること」です。 納得して賛同することを表します。 「受け入れる」ことに重点を置いていて、「許可する」という意味合いがあるので、上から目線のニュアンスが強いです。 目上の相手に要求・依頼をする場合や、それを許可する場合に使います。 例えば、上司に対して案を提案する場合に「ご了承いただけますか」と言うことができます。 それに対して賛成であるというときは、「了承しました」と言います。 「了承する」のは立場が上の人なので、目下が目上の人に対して「了承しました」と使うのは誤用です。 目下が目上の人に使えるのは、了承をお願いするときと、了承してくれたことに対してお礼の気持ちを伝える場合になります。 例文 ・本日は臨時休業とさせていただきます。 ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承ください。 ・その案については、お客様の了承を得ている。 ・天候によって、イベントを中止させていただく場合があります。 ご了承願います。

次の