新年 挨拶 メール ビジネス。 新年の挨拶メールはどう送ればいい?基本的なマナー4つと宛先別の例文8つ

新年の挨拶メールのビジネス文例とタイミングと遅れた時の対応法

新年 挨拶 メール ビジネス

新年の挨拶はいつまで?ビジネスの例、メールの場合 お正月休みも終わり、会社で最初に行う仕事が 新年のご挨拶回りという方も多いのではないでしょうか?あちこちの会社に顔を出し…、いつの間にか年明け最初の週が終わっていた、なんていうこともあるかもしれません。 でも、この新年のご挨拶、 一体いつまで「明けましておめでとうございます」と言っても良いのでしょうか? また、 メールで新年の挨拶をする場合、送るタイミングやその内容について悩まれたことはありませんか? 新年から挨拶で失敗することなく、気持ちの良いスタートを切ってスムーズに仕事を開始したいものです。 取引先へのご挨拶のマナー といったテーマで、 ビジネスにおける新年の挨拶のタイミングやメールでの挨拶の注意点などについてご紹介します。 本日より営業を開始いたします。 本年もどうぞ宜しくお願い致します。 というような内容で連絡するようにしましょう。 万が一仕事始めの日に送れなかった場合でも、 極力早い段階で連絡するようにします。 取引先へメールで新年のご挨拶を行う目的はご挨拶だけではなく、 年始の営業日や営業時間、また 緊急の場合の連絡先などを相手に伝えるという意味合いもあります。 ただ、ここで気をつけなければならないのは BCCで取引先へ一斉送信というのは止めておいた方が良いということです。 一斉送信メールを自分で受け取った事がある方は分かると思いますが、TOやCCに宛先が入っていなくても、 文面を見れば一斉送信したという事は薄々察せられてしまうものです。 新年から気持ち良く仕事を進めていくためにも、 取引先へのご挨拶メールは一通一通送る相手に合わせて少しずつ文面を変えて送るようにしましょう。 メールで使われる文例を下記に挙げておりますので、宜しければ参考にしてみてください。 SPONSORED LINK ビジネスの場合。 取引先へのご挨拶のマナー 取引先への新年のご挨拶回りは仕事が始まったら、出来るだけ早く済ませてしまいたいものです。 ですが、 スケジュールの都合でどうしても遅くなってしまう場合もありますよね。 「あけましておめでとうございます」をいつまで使っても良いのかというのは気になるところではないかと思います。 明確にいつまでと決まっているわけではありませんが、一つの目安となるのは 仕事始めの最初の一週間の間です。 例えば、1月5日から仕事が始まるのであれば、 「明けましておめでとうございます」と挨拶するのは、その週の金曜日である1月9日までにし、翌週からは「今年もよろしくお願い致します」とするのが無難です。 ただ、地域によっては小正月である1月15日までですとか、松の内である1月7日までと決まっているところもありますので、 その地域のルールがある場合はそれに従うようにしましょう。 どちらにしろ迷った場合は、 「今年もよろしくお願い致します」で留めておくのが無難と言えます。 また、 相手が喪中である場合もありますので、先方から「明けましておめでとうございます」と言われた場合のみ「明けましておめでとうございます」とご挨拶を返すという方法もありますね。 取引先へ訪問したのに 担当の方が不在だった場合、 自分の名刺に「謹賀新年」を朱印した名刺を置いていくこともあるかと思いますが、 この時使用する名刺が 折れ曲がっていたり、印がかすれていたりすると逆に失礼になりますので、 名刺の状態はしっかり確認してから置くようにしてください。 【関連記事】 さて、新年の挨拶メールでお困りの皆様にはこちらの記事はいかがでしょうか。 こちらでは、ビジネスシーンで役立つ新年の挨拶メールの具体的な文例をご紹介しています。 参考になさってみてください。 「紫外線アレルギー」という言葉をご存知でしょうか? 私の友人にも、これで悩まされている人がいます。 誰でも気になってしまう口臭。 実に8割以上の人が、自分や他人の口臭が気になるとの調査結果があるほどです 犬って何でこんなに無駄吠えするの?以前、犬を飼っていたからか、はじめて犬を飼った人からよく相談を受け 前回の記事では三春の滝桜をご紹介しました。 菓子折りを持って謝罪に伺うということ。 それは残念ながら 桃の節句ひな祭り。 娘さんの居るご家庭では、娘さんと一緒に雛人形を飾るのも、楽しみの一つなのではないで.

次の

新年の挨拶はいつまで?ビジネスの例、メールの場合

新年 挨拶 メール ビジネス

一年の仕事は、新年の挨拶メールを送ることから始まります。 ビジネスの場においても良好な関係を築くためには挨拶が大切です。 しかし、どのようなことを書けばいいのか悩んでしまうかもしれません。 今回は、新年の挨拶に使えるビジネスメールの例文を場面ごとに紹介します。 新年の挨拶のビジネスメールを送る際のポイント 新年の挨拶としてビジネスメールを送る際には、• 仕事絡みのメールとは別にする(1メールには1つの用件のみにする)• 一斉送信は避け、1件ずつ送る• 件名には名前を入れる• 営業開始前にメールを送る場合は 営業開始日を案内する• 年賀状が届いた場合は、メールではなく年賀状を返す などの点に注意しなければなりません。 新年の挨拶メールはいつ送る? 新年の挨拶メールは、 年明けの最初の営業日~松の内(1月7日)までに送るのがベストです。 松の内は、関西では15日までとされる場合もあります。 仮に松の内を過ぎてしまった場合は、新年の挨拶ではなく 「寒中見舞い」としてメールを送るのがよいでしょう。 新年の挨拶をするときに注意すべき表現 新年の挨拶によく用いられる言葉の中には、ビジネスシーンでの使い方に注意が必要なものがあります。 「迎春」「賀正」はNG 「迎春」「賀正」は、相手を敬う意味が含まれないため、取引先や目上の人に使うのはNGです。 「謹賀新年」「恭賀新年」といった言葉を使用しましょう。 「去年」には忌み言葉が含まれるので使用しない 「去年」という言葉には忌み言葉である「去」が含まれるため、新年の挨拶に使うのは避けるべき表現です。 「昨年」「旧年」といった言葉を使用しましょう。 「元日」は1月1日のみを指す 「元日」とは、新年の最初の日、つまり1月1日を指す言葉です。 2 日以降は使うことができないので注意しましょう。 また、「元旦」は1月1日の朝を表すので、「元日」と同じく2日以降は使えません。 昨年は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございました。 貴社のご繁栄を心よりお祈り申し上げますとともに、 本年も倍旧のお引き立てのほど切にお願い申し上げます。 なお、1月4日から平常通り営業いたしております。 皆様のご健勝をお祈りいたします。 旧年中は、格別のご愛顧を賜り、厚くお礼を申し上げます。 本年もさらに一層のサービス向上に努め、皆様方にご満足いくサービスが提供できるように、励んで参ります。 昨年同様、変わらぬご愛顧のほど、どうぞよろしくお願いいたします。 なお新年の営業日につきましては、本日より通常営業いたしております。 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。 しかし、年始は挨拶回りや業務の調整などで多忙になることも多いですから、 直接会う余裕がないときはメールでも問題ありません。 旧年中は公私にわたりご親身なご指導を賜り、 誠にありがとうございました。 新たな年を迎え、気持ちを引き締めて業務に臨む所存です。 本年も引き続き、変わらぬご指導をお願いいたします。 皆様からの助言にはいつも助けられております。 今年は、より一層の責任感を胸に積極的な姿勢で業務にあたりたいと思っております。 本年も変わらぬご支援をどうぞ宜しくお願いいたします。 佐藤大介.

次の

新年の挨拶はいつまで?ビジネスの例、メールの場合

新年 挨拶 メール ビジネス

「明けましておめでとうございます。 昨年はお世話になりました。 今年も何卒よろしくお願いします」というこのフレーズには、旧年がお陰様で無事に終わったという事への「感謝」の気持ちと、新しい年が明けたことを「祝う」気持ちが込められています。 おめでとうは「めでたい」という言葉からきているのですが「芽出度い」とも書きます。 新しい年を迎え、今年も芽が出るようにという意味が込められています。 自分自身の気持ちも、新たなおもいで出発します。 「めでたい」の語源とは「愛でる めでる 」+「甚し いたし 」ということです。 ・「愛でる」とは、心ひかれる素晴らしく思うなどの意味があります。 ・「甚し」とは、程度がはなはだしい、非常に、たいへんなどの意味があります。 つまり、新年の挨拶に使われる「おめでとう」の場合には「非常に素晴らしい」ということです。 新年の挨拶をメールでする方法 一年の始まりである新年の挨拶は、大切な取引先の場合には特に直接新年の挨拶を伝えたいところですが、どちらも慌ただしい時期です。 メールでの新年の挨拶になる場合も多々あるでしょう。 その前に「そもそも新年の挨拶をメールではいかがでしょうか」という声も聞こえます。 新年の挨拶は直接会い行くか、もしくは年賀状というのが基本ですが昨今日常でのやりとりもメールで行うという人がとても多く、新年の挨拶も不在になったり来客が重なったりという人にとっては、むしろメールでもらう方が都合が良いというメリットもあります。 メールでの挨拶はいつまでに出せばいいの? ただしメールでの新年の挨拶の場合も、年賀状と同じで「松の内まで」に新年の挨拶を行うのが基本だということは覚えておいてください。 「直接新年の挨拶に伺えない」「年賀状が出せなかった」などの場合には、「直接ご挨拶ができず大変失礼致しました」などというお詫びの一言を必ずメールの前置きにしましょう。 次項では、特にビジネスで付き合いの場合「新年の挨拶」をメールでする場合のポイントを取り上げます。 新年の挨拶メールの打ち方 基本的な新年の挨拶メールの打ち方と、注意点を手順ごとに説明します。 件名について 近頃はウイルスメールなどの危険なメールも多い時代です。 せっかく渾身の新年の挨拶メールを出しても、相手が開いてくれなくては何にもなりません。 受信ボックスを開いた時点で安全だとおもわれるように、件名には送り主と新年の挨拶だとわかるようにしましょう。 本文について 本文については、基本的なメールマナーとほぼ違いはありません。 読みやすい書式を選んでください。 ・ファイルは添付しません。 ・賀詞が2つ以上重複しないようにしましょう。 (「謹賀新年」と最初に書きながら、「あけましておめでとうございます。 」はNGです) ・忌み言葉を使わないようにしましょう。 (「去る」「離れる」「切れる」「落ちる」「終わる」など) ・年号を間違えないことや、誤字脱字に注意します。 ・いくら仲が良い間柄でも、砕けた内容は新年の挨拶の場合は避けましょう。 ・一斉メールで送信してはいけません。 (もちろんCCやBCCも使用しません) ・年賀状をいただいている場合は、メールで済ますことなく松の内に年賀状を出します。 ・たとえメールでも非常識な時間の新年の挨拶メールは控えましょう。 (営業時間の10時から17時がいいでしょう) 新年の挨拶はいつまで? 新年の挨拶は初仕事で出会った時に行います。 その週のうちには新年の挨拶を済ませるようにします。 ビジネスで大切な相手の取引先には、松の内(1月4日から7日の間)に直接出向き、顔を合わせ新年の挨拶をするのがベストマナーです。 とはいっても訪問先がたくさんだったり、急用ができた場合は新年の挨拶に行くのが遅れてしまうこともあるでしょう。 そんな場合、直接新年の挨拶できません。 挨拶しないで日が経つと、信用を失うことにもなりかねません。 そのような場合は、とりあえずメールで新年の挨拶をしましょう。 相手にとっては「仕事始めの日に挨拶メールが送られた」として好印象になり、ポイントも高くなります。 その際には近日中に新年の挨拶にお伺いする旨を伝えましょう。 件名:「(相手先社名)」新年の挨拶「当社名・担当者名」 (相手先会社名) 御中 (相手氏名)様謹んで新年のお慶びを申し上げます。 昨年中はひとかたならぬご愛顧を賜りまして、厚く御礼申し上げます。 本年も社員一同、御社の皆様のお役に立てるよう 最善の努力をさせていただく所存でおります。 何とぞ相変わらずのご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。 皆様のご健勝と御社益々のご発展を心よりお祈りいたします。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 なお、弊社は〇月〇日より平常営業をいたしております。 何かございました場合は遠慮なくご連絡下さい。 メールにて大変恐縮ではございますが、新年のご挨拶とさせて頂きます。 (謹賀新年でも可能) 旧年中は格別のご愛顧を賜わり厚くお礼申し上げます。 本年もスタッフ一同、お客さまにご満足いただけるサービスを心がけ 誠心誠意努める所存でございます。 本年も旧年同様よろしくお願いいたします。 ご来店を心よりお待ち申し上げております。 (自社会社名)(部署・自分の氏名)です。 旧年中はひとかたならぬご配慮を賜り、厚く御礼を申し上げます。 (旧年中は格別のご厚情を賜り心より御礼申し上げます。 でも良いでしょう) 本年も皆さまにご満足いただけるサービスを目指し社員一同、 努力を重ねてまいりますので一層のご厚情を賜わりますようお願い申し上げます。 (ご厚情はご愛顧に差し替えてもよいでしょう) メールにて大変恐縮ではございますが、 貴社の益々のご発展を心よりお祈り申し上げ、年始のご挨拶とさせて頂きます。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 また言葉の使い方に関しましては、数点ご紹介しましたので組み合わせてご使用されるのもよろしいでしょう。 スピーチ 祝辞のスピーチの場合 新年の挨拶の祝辞とは、お客様や取引先などといったおつき合いの相手に対して、その年の最初に述べる新年の挨拶です。 ・最初に新年を祝う言葉での「新年の挨拶」を述べます。 「あけましておめでとうございます」などです。 ・会社を取り巻く現在の環境や状況などについて述べます。 ・今年一年の「目標」や「抱負」について話します。 ・最後に参加者への「励まし」や「激励」の言葉、「健康」や「発展」を祈るというような言葉を述べます。 新年会で行う挨拶スピーチ 新年早々に行われる「新年会」は職場や仲間などで、新年を祝う宴会が行われます。 この宴席には「激励会」「親睦会」「懇親会」「親睦会」というようなな意味もあるります。 新年会の席上で行う場合の新年の挨拶でのスピーチは、この後の宴席のためにもできる限り短くスピーチは切り上げましょう。 新年の挨拶を年賀状でする方法 元日に届くようにするには「12月25日までに投函」しましょう。 最近では年賀はがきではなく自製で年賀状を作られる方もあります。 一般はがきや私製はがきの場合は「年賀」と朱書きを入れてください。 これを忘れると、新年の挨拶のはずの年賀状が年内に配達されてしまいます。 ちなみに「お年玉付き年賀切手」という物もありますので私製の年賀状で、新年の挨拶の際にはおすすめです。 年賀状の書き方「賀詞」 「賀詞」とは新年の挨拶の決まり文句のことです。 まず最初に一番大きく書きましょう。 この賀詞には「漢字1文字」「漢字2文字」「漢字4文字」などの定型があります。 賀詞の「漢字」 【漢字1文字の賀詞】 ・賀(が):喜び祝うこと ・春(はる)新年のこと 【漢字2文字の賀詞】 ・迎春(げいしゅん):新春(新年のこと)を迎えること ・賀正(がしょう):正月を祝うこと ・頌春(しょうしゅん):新春をほめたたえること 【漢字4文字の賀詞】 ・謹賀新年(きんがしんねん):つつしんで新年を祝うこと ・恭賀新年(きょうがしんねん):うやうやしく新年を祝うこと 一般的に使用されている漢字の賀詞ですが、目上の人に対しては2文字以下の賀詞は避けるようにしましょう 賀詞の「決まり文句」 新年の挨拶の「決まり文句」の賀詞のご紹介をしましょう。 「新年おめでとうございます」 「新春のお喜びを申し上げます」 「謹んで新年のお祝辞を申し上げます」 「謹んで新年のお祝辞を申し上げます春のお喜びを申し上げます」 といろいろあります。 ただし、賀詞は重複して使わないようにしましょう。 良くしがちな間違いとしては「新年あけましておめでとうございます」です。 この「あけまして」とは、新年の挨拶における「太陽が昇り新しい年が明ける」ことを意味します。 もちろん毎日東から日が昇り夜は明けていますが、あけましてとは新しい年が明けたことを祝う言葉です。 同じように「A Happy New Year」も間違いで「A」は不要です。 「Happy New Year」が正しい英語表現となります。 日付の書き方は? 一般的に新年の挨拶文にはは「元日」や「元旦」を使います。 こちらも賀詞の場合と同様で、重複は避けましょう。 元日は「一年の始めの日」という意味ですから「1月元旦」は重複になります。 他に気を付けることは? ・賀詞は、ほかの箇所より少し大きめの文字で書くとバランスが取れます。 ・メールの場合と同様「忌み言葉」は使用しないようにしましょう。 また年賀状では「昨年」「旧年」を使い「去年」は使いません。 ・句読点などの「、」「。 」は年賀状にはいれないのがマナーで、必要な場合は改行したり、一文字分開けます。 ・年賀状をいただいた場合メールでの返信はせず、必ず年賀状でお返ししてください。 ただし「年賀状をいただき、ありがとうございました」などとは書かず「ご挨拶が遅れてしまい、申し訳ありません」と書きましょう。 仕事始めでのあいさつ 立場ごとでの例をあげてみました。 部分的に自社の状況で差し替えてください。 支店長・所長職などの役職の場合 あけましておめでとうございます。 今年は我が社も「創立〇〇周年」を迎えます。 その間、とても多くの皆さまにお世話になってきた事を深く感謝しております。 我が社は、「常にチャレンジ精神で社業に向かい、お世話になっている地域社会の発展に奉仕する心(この箇所は自社の社則などを用いましょう」を社則に掲げております。 今後も、この誠心を常に心に、貫きとおし「お客様あっての(社名)」「地域の理解あっての(社名)」である事を認識し鋭意努力してまいりたいとおもいます。 皆さん、目標達成を目指し今年も頑張りましょう。 役職の挨拶の場合 新年おめでとうございます。 明日からはいよいよ仕事開始です。 お正月休みでは、じっくり皆さんも充電されたことと思います。 明日からのフルパワーモードを多いに期待しております。 それは明日からですので、いまのこの時は仕事モードではなく、おおいに楽しく盛り上がりましょう。 若手社員の場合 新年あけましておめでとうございます。 昨年は、指示で仕事をしてまいりましたが、今年は自分なりに創意工夫を試み 仕事にチャレンジしていきたいと思います。 今年の1年間もよろしくお願いいたします。 たとえどのような場面でも「講演」ではありませんので「短めのスピーチ」が好印象です。 簡潔な新年の挨拶にとどめましょう。 新年の挨拶を会社でする方法 取引先への挨拶 取引先へは新年の挨拶周りとしては直接訪問することが一番望ましいでしょう。 その際にはアポイントをとり訪問するのがマナーですが、相手の都合もあり困難な場合もあるでしょう。 会社の受付まで訪問し担当者と挨拶をするという方法が一番ですが、不在の場合は受付に手土産を持参したり、名刺に賀詞などを書いて渡す方法もあります。 新年の挨拶の内容としては「昨年は一年間お仕事をご一緒させていただき、誠にありがとうございました。 本年もどうぞよろしくお願いします」というような仕事内容を含め挨拶しましょう。 社内での挨拶 上司への新年の挨拶は会社の規模にもより異なりますが、直属の上司や部長や社長など目上の人に可能な限り挨拶するのが社会人としてのマナーです。 ただしそのために時間をとらない言葉を選び「簡潔」に挨拶するべきです。 「あけましておめでとうございます。 今年もどうぞよろしくお願いいたします。 」と言えばいいでしょう。 これも「会社の雰囲気」により違いが生じます。 いつもの挨拶の「おはようございます」を「明けましておめでとうございます」に替え、いつもとおり軽い感じの方がぴったりな会社の場合は、その会社のやり方に倣いましょう。 友達への新年の挨拶の方法 友達間であれば新年の挨拶を「メール」や「ライン」でする人が多くなっています。 でも「新年の挨拶ぐらいはちゃんと年賀状を出さないといけないのでは」という考えの人もいます。 現代は誰でもがメールやラインを使う時代です。 ですから近しい心置きない付き合いの間柄の友達にはメールやラインでもOKでしょう。 ラインの場合はスタンプを使った「新年の挨拶」を送ることもできますので友達同士であればラインの活用で十分楽しいものになるでしょう。 反対に年賀状を送り合う友達関係は、「特別な相手」といった絆を持つこともできます。 特に遠方でなかなか会えない友達の場合には、近状を添えた年賀状は「より深いつながり」を感じるでしょう。 例年はメールやラインだった人も、今年は年賀状を送り特別な関係とするのもまたいいでしょう。 友達への新年の挨拶の注意点 ついラインやメールだと気軽に送信できるため、複数の人にコピーペーストしながらどんどん送信しがちです。 「喪中」の人にまで送ってしまうという失敗を犯しがちです。 十分気を付けてください。 喪中の時の新年の挨拶 続柄 「忌」日数 「服(喪)」日数 父母 50日 13ケ月 養父母 30日 150日 夫 30日 13ケ月 妻 20日 90日 嫡子(息子) 20日 90日 その他の子(娘) 10日 90日 養子 10日 30日 兄弟姉妹 20日 90日 祖父母(父方) 30日 150日 祖父母(母方) 30日 90日 おじ・おば 20日 90日 夫の父母 30日 150日 妻の父母 なし なし 曾祖父母 20日 90日 喪中はがきについて 喪中はがきは正式には「年賀欠礼状」といいます。 身内がなくなった年は「服喪中ですので、年始の挨拶を控えるため、今年は年賀状を出せません。 新年のご挨拶を控えます」ということを知らせるための挨拶状です。 現在は「父母」「配偶者」「子ども」「祖父母」「兄弟姉妹」までが一般的な喪中として「喪中はがき」として出します。 また、祖父母や兄弟姉妹に関しては同居であるかどうかで考える場合もあります。 喪に服す期間として新年の挨拶をひかえる「喪中はがき」は、一年間というのが通例となっています。 これらの事柄は、親戚や地方また宗教によっても違いますので、親戚や宗教や地域の慣習に従いましょう。 また関係性として、義父と同じ意味で「岳父」や、義母は「岳母」「丈母」という表現もあります。 喪中はがきでは、正式には句読点を使いません。 喪中はがきを出す時期 喪中はがきは、年賀状を書き始める前までに届くのがマナーです。 そのため11月中旬以降から12月初旬までには投函しましょう。 12月に不幸があった場合は、喪中はがきが間に合わなくなります。 また喪中家では年賀状は送りませんが、受けとることはマナー違反にはなりません。 間に合わなかった場合や、喪中はがきが出せていない場合には年賀状が届いてしまうことになります。 その場合には、松の内が明けに年賀状をいただいた方へは「寒中見舞い」として事情を説明した内容で出します。 新年の挨拶はこれで完璧!.

次の