スーモ カウンター。 スーモカウンターの使い方!メリットとデメリット、注意点を解説

注文住宅の一戸建てを建てるなら

スーモ カウンター

あなたの要望や予算にマッチするハウスメーカーや工務店も教えてくれるんだ! 【スーモカウンター店舗数】 全国107店舗以上、北海道~沖縄まで実店舗あり。 店舗のないエリアでも場合によっては電話での相談も可能です。 また店舗になかなか行けない方や、どんな相談が出来るのか?を聞きたい方の為に「今すぐ相談」「家から相談」などの来店以外の対応も可能です。 また相談する程ではという方の為に、基本的な内容を教えてくれる様々な内容の無料講座も開講しています。 「はじめての注文住宅講座」「1000万台で家が建つ!?注文住宅価格まるわかり講座」「ハウスメーカー・工務店選び方講座」などの基本講座に加えて、各エリアで特色ある様々な講座を開講しているので、気になられる方はスーモカウンターのホームページを覗いてみられてはいかがでしょうか? 現在ではスーモカウンター以外にも住宅の相談サービスは色々とありますが、10年以上前からこのサービスの先駆けとして発展を続けてきたパイオニア的存在です。 第1号店は横浜から始まり、首都圏からスタートし東海~関西圏、九州エリアと拡大して行きました。 今では全国の主要駅や主要ショッピングモールなどに数多く出店しています。 大手リクルートのバックグラウンドがある為、圧倒的な店舗数と付帯サービスの充実により他のサービスの差別化を図っているのが現状です。 リクルートが運営しているなら安心だね。 スーモカウンターの評判ってどうなの? さて皆様が一番気になるのはこの評判の部分ではないでしょうか? 「無料のサービスって本当なの?」「いつからかお金がかかるんじゃないの?」「信用できる情報をちゃんともらえるのかな?」などなど、気になることはたくさんあると思います。 こちらでは代表的な疑問についてご説明していきます。 基本的に、提携しているハウスメーカーや工務店から広告宣伝費として費用を頂き運営しているのでお客様が支払う費用はありません。 *ただし様々なサービスを受けるには会員登録が必要になりますので、利用規約などをよく確認してからのご登録をお勧め致します。 またスーモカウンターから提供する情報はすべてハウスメーカーや工務店から直接頂いた情報に限りますのでこの点も安心と言えるでしょう。 このサービスは、 万が一建築会社が倒産した際に一定額まで施工費用の保証がされるというものです。 *ただしスーモカウンターからのご紹介会社でご契約されたお客様でかつこのサービスの登録をお済ませの方に限ります。 このサービスは、万が一住宅の5大設備が故障した場合最大10万円迄3年間保証されるというものです。 *ただしスーモカウンターからのご紹介会社でご契約されたお客様でかつこのサービスの登録をお済ませの方に限ります。 (登録費用なども一切無料) 無料でここまでのサービスが充実しているのはすごいですよね! もちろんサービスの適用にはさまざまな条件がありますのでしっかりと事前に確認してから活用されることをお勧めします。 デメリットなんてあるの~? メリット• 何から始めていいか分からないという初心の方には 非常に効率的に住宅の知識や建築会社の情報を集めることが可能です。 膨大な数の建築会社の中から自分の 要望にあった建築会社を効率的に選択することが可能です。 約2時間のヒアリングをもとに、ご希望のエリア・予算・お家の要望などに沿った建築会社をある程度絞り込んで紹介されます。 建築会社といっても、エリアや予算によって出来る会社とそうでない会社は分かれます。 またインターネットなどには載っていない会社や担当者の雰囲気までプロの目線で説明してもらえるので、その中から選べるという点も安心材料と言えるでしょう。 専任アドバイザーが担当しますので、客観 的な第三者としての意見が聞けるので迷った時に相談できる点は魅力と言えるでしょう。 紹介された建築会社訪問のアポイント調整やお断りの代行、担当者変更の依頼まで担当アドバイザーが代わりに行ってくれますので1社1社自分で資料請求をしたり電話でアポイントをとる手間も省けます。 住宅のプロが第3者目線から会社を紹介してくれるっていうのがイイよなあ。 デメリット• 最大のデメリットはすべての建築会社の情報 を紹介出来る訳ではないという点です。 先にも述べましたが、スーモカウンターは企業から広告宣伝費を得て運営しているので広告費を頂いていない企業の紹介は出来ません。 またSUUMO誌やホームページに掲載がある企業でもスーモカウンターの審査を受け登録した会社でないと紹介が出来ないというケースもあります。 不動産物件情報や詳細な建築に関 する情報は手に入らないという点です。 スーモカウンターはあくまでも広告業であり不動産物件を取り扱うことは出来ません。 ですので、土地情報が欲しい・中古物件の情報が欲しいなどのご要望の方には対応できないのが現実です。 そのような方は是非お近くの不動産業者に直接ご相談された方が早いでしょう。 あなたの要望を取り入れたオリジナルの間取りプランを無料でつくってもらえる!• 各社の見積りを比較して、1円でも安く建てられる住宅会社が分かる!• 希望するエリアの優良土地を提案してもらえる! 土地を持っていない場合• 自宅から1歩も出ることなく、家づくり計画をスタートできる! いまはなんでもネットで手に入る時代になりました。 希望する住宅会社の「間取りプラン」と「見積もり」くらい無料一括請求でパパッと手に入る時代になっているのです。 わざわざ住宅展示場に行く必要なんて無いですよね。 新しい時代の賢い選択、それが「タウンライフ家づくり」です。 実際に私は希望する住宅会社から「間取り&見積り」を無料で送ってもらいました。 こちらの要望もしっかりと取り入れられたプランが届き、感激しましたよ。 無料で届いたモノたち 賃貸物件の間取りを見るのってすっごく面白いじゃないですか。 あれと同じで 自分のために作成してくれた間取りプランを 複数比較するのはとっても楽しいですよ! 全国600社以上の住宅会社の中から、あなたの希望する住宅会社に一括で間取りプラン&見積もり作成・土地探しを依頼できます。 最大手ハウスメーカーもほとんどが掲載されているようです。 「タウンライフ家づくり」の評判は口コミで広がり続けていて、 「利用満足度」「知人に薦めたいサイト」「使いやすさ」で、No. 1に輝いています! 「タウンライフ家づくり」は世間的にも認知度がどんどん高まっている話題のサービスなんです! 利用する前は 「強引な営業をかけられるのではないか」と心配でしたが、私が利用したときは直接の連絡はなく、間取り&見積りを送ってもらってそれでおしまいでした。 タウンライフ家づくりの他の口コミを読んでも、みなさん強引な営業はなかったみたいですね。

次の

スーモカウンターの使い方!メリットとデメリット、注意点を解説

スーモ カウンター

ということで、34歳、専業主婦、夫が36歳で子供が2人の私も利用してきました。 スーモカウンターとは? 緑色のマスコットと賃貸住宅のイメージが強いSUUMOですが、マイホームの購入を考えている人向けのサービスも展開しています。 「 スーモカウンター」では、無料講座が用意されており、「 値引きのテクニック」など最低限知っておかなければ数百万単位で損をしてしまうような貴重な情報を知ることができます。 また、希望にあった建築会社をいくつか紹介してもらい、比較することもできました。 正直、有名ではないハウスメーカーは、なかなか自分では探すことができなかったと思います。 いろいろな条件を比較したところ、やはり圧倒的に有名なハウスメーカーの方が予算が高かったです。 少しでも予算を抑えたかった私にとって、あまり有名ではないけれど評判の良いハウスメーカーを紹介してもらえたのが本当に助かりました。 色々な建築会社をまわる必要もなく、時間や手間の大幅な節約になりました。 子持ちで自由に動き回れない私達にはかなりありがたかったです。 スーモカウンターのメリット スーモカウンターの利用には、情報収集の効率化の他にも利点があります。 一つは第三者が紹介するため、情報を客観的に見やすいということ。 住宅の情報を得る手段としては他に住宅展示場がありますが、私が参加した展示場では、どのメーカーも自社の住宅を強く進めてきました。 実際の建物を見られる機会は非常に魅力的ではあるのですが、 自分のところの良いところばかりアピールされるため、比較するのがかなり難しかったです。 その他メリットとして感じたのは、ハウスメーカーや工務店、デザイン事務所の紹介だけでなく、住宅購入に関して知っておかないと損をしてしまうような知識全般を教えてもらえたことです。 どんな家が使いやすいか、将来性を考えた間取りはどのようなものかなどという住宅全般に関する知識から、土地の購入に関する情報まで幅広い知識を得ることができました。 私自身、住宅ローンの相談にものってもらい、マイホーム購入の心強い味方になってくれました。 勉強の場としてのみ活用してみるのも、良い選択肢だと思います。 やはり、私がスーモカウンターの1番のメリットだと感じたのは、あまり有名でないハウスメーカーや工務店についても知ることができたという点です。 住宅展示場や本、インターネットなどから依頼先を探そうとすると、CMや広告などで有名なところばかりが候補になってしまいがちです。 地元の工務店や規模の小さいメーカーは、正直、眼中にありませんでした。 ですが、 規模が小さくても地元の会社に依頼したほうが、その地域の特性にあった住宅が建つ可能性が高いです。 また、大手よりも親身になって相談に応じてくれる場合が多いです。 しかし、いざ自分でそういった中小の工務店を探そうとしても、情報が少なく、希望にあった依頼先をみつけるのは難しかったです・・・ あまり有名でないところほど、検索してもホームページがでてこなかったりもするのです。 では、そんな私の要望にぴったりあったメーカーや工務店を紹介してもらえました。 登録されている会社の数も多く、地元や中小規模の会社に頼んで家を建てようと考えている人には特に便利なサービスだと感じました。 スーモカウンターのデメリットはある? デメリット ・進捗確認の電話がある。 ・本気で家を探していない人にとっては、サービスがやや過剰。 確認の電話については、賛否両論があると思います。 私にもハウスメーカーを見学後に電話があり、感想を少し話したりしました。 ですが、そういった電話があることにより家づくりを前にすすめることができたり、興味のないハウスメーカーを代わりに断ってくれるのは大きなメリットに感じました。 また、ネット上では、スーモカウンターを利用すると紹介料が住宅の価格に上乗せされているのでは?という噂があります。 これは気になりますよね。 ということで、真相について詳しく調べてみました。 スーモカウンター利用で住宅の価格が高くなることはある? ・スーモカウンターはどうして無料で様々なサービスをしてくれるの? ・ただより高いものはないと言われるし、なんだか怪しい。 また建築会社の登録要件のひとつに「スーモカウンター注文住宅が紹介したお客様も、 紹介されていないお客様と同じ条件で商談・契約を行うこと」という条件を定めています。 従って、同じ建築仕様であればスーモカウンター注文住宅が紹介したお客様だけ建築金額が高くなることはありません。 ぜひ安心してご利用ください。 公式サイトにこのように明記されていますので、大丈夫そうです。 公式サイトに明記した上で万一価格の上乗せなどが行われていれば、訴訟リスクなどもあるわけで、上場企業がそのようなリスクを負うことは考えづらそうです。 逆に、「スーモカウンターからの締結」としての割引があったという話もネット上では散見されます。 ダメもとで、一度は値引きの要望は伝えてみると良いと思います。 スーモカウンターを利用するとどんなことが起きる? それでは次に、公式サイトにのっているスーモカウンター利用者の声を見てみましょう。 こんな基本的なことを聞いたら恥ずかしいのでは・・・と言うような質問も、スーモカウンターならわかりやすく丁寧に教えてくれます。 建築会社の説明だけでは納得できないことも、第三者の立場から説明してもらえたので「そういうものなんだ」と納得できました。 (Y様) 家に帰るのが毎日楽しみになっています。 当然、公式サイトには良い感想しかのってません・・・(笑) ですが、多くの人が を利用している理由がわかりますね。 私は、家を建てたあとに少しでも後悔してしまうことは絶対に避けたかったので、参加しておいて良かったです。 スーモカウンターの利用の仕方 希望日時を選択した後、名前、電話番号、メールアドレスを入力するだけで予約できます。 3分程度でとても簡単でした。 ぜひこういったサービスをうまく活用して、最高のマイホームをつくっていただきたいです。

次の

【スーモカウンターの評判・口コミは嘘】店舗や講座のデメリットは?

スーモ カウンター

スーモカウンター SUUMOカウンター は無料相談できる スーモカウンターはリクルート社のサービスで、イオン等の大型ショッピングモールをはじめ、様々な場所に設置されています。 スーモカウンターでは住宅についての相談を無料で受けることができます。 スーモカウンターで利用するサービスは完全無料で、執筆時時点では有料オプションもありません。 そのため、あまり気が進まなくても、ダメ元で使ってみる、という手もあります。 実際にスーモカウンターに相談してみて、「やっぱり自分の肌に合わなかった」という方がいても、 損することはありません。 スーモカウンターのビジネスモデル スーモカウンターはなぜ無料なのでしょうか。 当然、ショッピングモール内に設置してあるので出店料がかかりますし、対応するための人件費もかかります。 それは、スーモカウンターは最終的に ハウスメーカーや工務店に対し、紹介料を徴収しているからです。 ハウスメーカーや工務店は多くの広告宣伝費をかけ、住宅展示場を運営したり、テレビCMを流したりします。 そのお金をスーモカウンターに支払っているのです。 広告では、広告宣伝費いくらで1人集客できるかを表す指標をCPA(Cost Per Action)と言うことがありますが、テレビCM等と比べるとスーモカウンターはCPAが計測しやすく、効果的であると言えるでしょう。 そのため、 スーモカウンター利用料が住宅価格に上乗せされている、ということもありませんのでご安心ください。 上記のようなビジネスモデルを取っているため、スーモカウンターは完全無料であり、利用者からお金を徴収する必要がないのです。 スポンサーリンク スーモカウンターの利用手順 スーモカウンターの利用方法ですが、 基本的には予約をすることをおすすめします。 突然行って空いていれば対応してもらえますが、アポがあり埋まっていることが大半です。 また、 事前アンケートに答えることで話をスムーズに進められますので、事前予約の上訪問する余殃にしましょう。 事前アンケートでは、希望するエリアや予算、住宅に求めるポイント等を回答します。 スーモカウンターを利用する簡単な流れをまとめると、以下の通りとなります。 添付またはwebで訪問予約を取る• 事前アンケートに回答し、自分の希望を記入する• 当日訪問し、諸条件について相談、ハウスメーカーや工務店を紹介してもらう• スーモカウンターからアポイントを取ってもらい、訪問する• 訪問終了後アンケートに回答(500円分のポイントがもらえます) スーモカウンターを利用するメリット スーモカウンターは無料で利用できますが、 メリットは多数あります。 何も分からないまま住宅展示場に飛び込んでも、結局よく分からないまま終わってしまいます。 スーモカウンターは中立的な立場ですので、「何も分からないんですけど」と正直に言っても、足元を見られたりすることはありませんのでご安心ください。 条件に合ったハウスメーカー・工務店を紹介してもらえる スーモカウンターを利用する最大のメリットは、 自分の条件に合ったハウスメーカーや工務店を紹介してもらえることです。 予算規模はどれくらいか? 安心感の高い大手ハウスメーカーが良いのか、ローコストな格安ハウスメーカーが良いのか? 外観は洋風?和風? そういった諸条件から、自分の理想に合ったハウスメーカーや工務店を紹介してくれます。 住宅業界に関する知識がない場合、これは非常に助かります。 質の良い営業マンを充ててもらえる スーモカウンターでハウスメーカーや工務店を紹介してもらう際に、「 どのような営業マンが希望か?」と聞かれました。 色々な事例を知っていて提案力が高い人が好い、だとか、コミュニケーション能力が高くて親身になってくれる人が好い、等の希望があると思います。 私の場合、納得感が欲しかったので、「豊富な知識でロジカルに説明できる人が良い」と希望を出しました。 結果、 紹介してもらったハウスメーカーや工務店は、皆深い知識で、スキルの高い営業マンでした。 私の希望が「ロジカルに」と言ったので、対応してくださったのはどこも経験豊富な男性営業マン(柔らかく言うとおじさん)でしたが、年齢的な希望も出せると思いますので、スーモカウンターで相談してみてください。 アポイント取得等の対応を行ってもらえる 話を聞いてみたいハウスメーカーや工務店が決まったら、 スーモカウンターからアポイントを取得してもらえます。 後日スーモカウンターから「この日時で、この住宅展示場でいかがでしょうか」と連絡が来るので、後は訪問するだけです。 更に有難いのが、 お断りする際もスーモカウンターから連絡を入れてもらえることです。 住宅関係だけに限った話ではないですが、営業マンに断りを入れるのは労力を要します。 断る理由を聞かれて、引き繋ぐ営業トークをかけられます。 営業とはそういうお仕事なので仕方ないです。 そういった手間をスーモカウンターが代行して行ってくれるので、 断る時も後腐れなくスムーズでした。 保証や特典が無償でつく これは正直おまけですが、スーモカウンターを通した場合は 少しだけ保証や特典がつきます。 たとえば、マイホームの建築中にそのメーカーが潰れた場合、無償で別の事業者に引き継ぐ手続きを行ってくれます。 他にも、訪問時にチラシを持って行けば 500円のQUOカードがもらえたり、ハウスメーカーや工務店を訪問した後にアンケートに回答することで、 1社につき500円のリクルートポイントがもらえます。 リクルートポイントはじゃらんで旅行することもできますし、ポンパレモールで買い物することもできますので、使い道の幅は豊富です。 各ハウスメーカーや工務店でも、「住宅展示場に訪問するとQUOカードプレゼント!」と言ったキャンペーンを行っていることがありますが、それらを統一したようなイメージです。 スポンサーリンク スーモカウンターを利用するデメリット 正直に申し上げて、スーモカウンターは利用するメリットの方が大きいです。 しかし注意点として、 知っておくべきデメリットもあります。 とは言え、明確に致命的なデメリットというわけではなく、これらは 知識として持っておけば、十分対応できるものです。 スーモカウンターに登録している事業者しか紹介してもらえない スーモカウンターで紹介してくれるハウスメーカーや工務店は、全国すべての企業ではありません。 スーモカウンターと斡旋契約(お取次ぎ契約)を結んだ企業しか紹介してもらえません。 ハウスメーカーや工務店から手数料を徴収するビジネスモデルである以上は、契約がないと紹介できないのは当然のことでもあります。 しかし実際は、 スーモカウンターと契約を結んでいる企業以外にも、自分のニーズにマッチしたハウスメーカーや工務店はあります。 スーモカウンターだけに全て頼ったしまうと、そういった企業と出会うことなく終わってしまい、最良の選択が出来るかわかりません。 そのため、スーモカウンターで紹介してもらうだけでなく、 自分でインターネット検索をしたり、口コミを聞いたりして、他の企業も検討するようにしましょう。 無理に複数社紹介しようとする もう一点、留意点として押さえておくべき点があります。 スーモカウンターに自分の条件を伝えたところ、 場合によってはマッチする企業があまり出てこない可能性もあります。 条件が厳しすぎるという議論もありますが、仮に本人にとって譲れない条件だったとします。 その場合でも、「こういった企業もいかがですか?」条件外の企業を見ることをおすすめされます。 これはスーモカウンターが、 紹介(お取次ぎ)に対して収益を得るビジネスモデルだからです。 もちろん、「確かに、条件に合わないけど他も見ておこうかな」と思うのであれば問題ありませんが、 絶対譲れない条件なのであれば時間の無駄なので、丁重にお断りするようにしましょう。 その場合でも、自分の条件に合う施工主をインターネットや他の方法で探した上で、見つからなかった場合にもう一度スーモカウンターに相談することもできますので、ご安心ください。 スーモカウンターを利用する上での留意点 スーモカウンターを利用する上で、覚えておくべき留意点があります。 これは私の経験則上のものなので、必ず正しいかどうかは分かりませんが、 実際に利用してみて感じたことです。 そのため、注意というよりも留意しておくと良い点としてご紹介します。 家の近くのスーモカウンターで相談した方が良い まず1つ目の留意点は、 相談するスーモカウンターの場所です。 私は家の近くにイオンがあり、スーモカウンターを利用したかったのですが、丁度その日は予約がいっぱいで、アポイントが取れませんでした。 そのため、少し離れた「越谷レイクタウン店」のスーモカウンターに行き、ショッピングついでに紹介してもらうことにしました。 正直、全国チェーンなのでどこのスーモカウンターでも同じだと思っていたのですが、 紹介された住宅展示場は越谷近くの住宅展示場ばかりでした。 家から10分で着く場所に展示場を持っているハウスメーカーであっても、1時間以上かけて住宅展示場に足を運びました。 初回訪問時に、ハウスメーカーの営業マンから「次の場所はどこが良いですか?家の近くでも問題ないですよ」と提案をいただき、悟りました。 紹介していただいたハウスメーカー・工務店全て共通で、2回目の訪問以降は私の家からもっと近い場所で相談できるようになりました。 そのため、スーモカウンターを利用する場合はどこでも良いわけではなく、 できる限り家の近くのスーモカウンターの方が楽です。 もちろん、初回訪問時だけなので致命的ではないですが、面倒くさいことには変わりないのでご注意ください。 4日くらいスケジュール確保が必要 初回訪問時のアポはスーモカウンターにお願いするため、 自由なプランは組めないので注意が必要です。 訪問企業数にもよりますが、スケジュールとして4日間程度空けておき、そのうちでスーモカウンターお任せで訪問スケジュールを組んでもらいます。 私の場合は土日休みだったので、2週間分の土日を確保し、調整してもらいました。 私が訪問したのは4社で、訪問は3日間かけて行いました。 もし自分が自由に4社訪問するだけであれば、正直1日あれば回ることができます。 しかしこれは営業マンを指定している等の理由で仕方ないことですので、予め心にゆとりを持っておく方が良いでしょう。 感想、まとめ。 スーモカウンターはメリット多数!積極的に利用すべき スーモカウンターを利用する手順と、利用するメリット・デメリットをご紹介しました。 読んでご理解いただいたかと思いますが、 デメリットよりもメリットの方が圧倒的に大きいです。 実際に私もスーモカウンターを訪問して注文住宅を検討していますが、利用して本当に良かったと感じています。 多くの人にとってそうだと思いますが、初めての住宅検討で右も左も分からないところ、 第一歩を踏み出させてくれます。 マイホームの検討にあたって何をすれば良いか分からない方、行き詰まってしまった方は、試しにスーモカウンターに相談してみてはいかがでしょうか。

次の