赤ちゃん 性別 ジンクス。 妊娠中の性別判断テストジンクスの的中率は83%!(つわり・つむじ・中国式・脈・重曹など)17週で性別判明で答え合わせ|ママでもオタク宣言

お腹の赤ちゃんは男の子?女の子?性別の確認方法【エコー写真あり】

赤ちゃん 性別 ジンクス

人間の体は細胞内にある2本1対の染色体によって構成されていて、男女に共通する22種類の 「常染色体」44本と、性を決定する 「性染色体」2本の46本からなっています。 性染色体には、X染色体とY染色体の2種類があり、男性はX染色体とY染色体の組み合わせ(XY)、女性はX染色体とX染色体の組み合わせ(XX)です。 卵子が持っているのは全てX染色体。 Y染色体を持っている精子が受精するとXYで男の子に、X染色体を持った精子が受精するとXXで女の子になります。 精子がX染色体を持っているか、Y染色体を持っているか、精子に性別決定権があるのです。 受精した瞬間に男の子か、女の子か決まってしまうので、受精した後に何をしようが性別が変わることはありません。 たまに超音波検査のモニター画面やエコー写真を見て「おちんちんが見えたから、男の子!」などと判断する方がいらっしゃいますが、モニター画面はテレビのようにわかりやすくてきれいに見えるわけではないので、初産の妊婦さんが自分で判断するのは難しいです。 医師に「ここに睾丸が見えるから男の子ですね」などと説明を受けながら胎児を観察するとわかるでしょう。 3Dや、4Dなどのエコーを取り入れている産院もありますが、通常は2Dの超音波検査で性別を判断できます。 最近の超音波検査は精度が上がっており、何度かある妊婦健診の中でどこかのタイミングで性別がわかるものです。 それでも100人いたとしたら、100人とも分かりやすいということはなく、数人は胎児の位置によってわかりにくいことがあるので「100%判定が可能」とは言い切れないのです。 「出産の準備をしておきたいので」「わかっていた方が安心できるから」など、事前に性別を知りたいというパパ・やママは多く、最近は性別を知るのが当たり前のようになっています。 でも本来、妊婦健診の超音波検査は、「赤ちゃんがちゃんと発育しているか」「胎盤の位置は正常か」「羊水は正常量あるか」など、胎児が健康かどうかを医学的な目的で見るためのものです。 医学的に何か病気が疑われ、それが性別に関わるようなものであれば、そこで初めて性別に注目することはあるでしょう。 しかし、「女の子だから、この注射をしなくては」「男の子だから、この薬を飲まなくては」など、男女の差によって医学的な処方をする必要はありません。 妊婦健診の一環として外性器が見えれば、性別を伝えるでしょうが、性別を判定するだけのためにあまり時間やエネルギーを割かない医師もいるでしょう。 とはいえ、「性別を知りたい」というパパ・ママの気持ちはよくわかります。 事前に知りたいと思っているのであれば、健診のときに遠慮なく性別を聞いて構いません。 ただし、性別にこだわってエコー画面をよく見てくれる先生もいれば、胎児の性別は医学的に重要ではないと思っている先生もいるので、対応は先生によって違うかもしれないということを知っておくといいですね。 「性別をぜひ見てください」としつこく聞くのではなく、「性別は分かりますか?」と聞いて、わかれば教えてくれるでしょうし、「まだ分かりませんね」と言われたら「そうですか。 では分かったら教えてください」と医師に伝えてみてください。 医師も性別を間違って伝えないようにと細心の注意を払っています。 男の子ならば判断しやすいのですが、「女の子のようだけど、本当に女の子だよね?」というときは、ある程度一生懸命見なくてはわかりません。 男の子なのに外性器を見間違っていることもあります。 だから「絶対そうだ」という判断がついてから伝えたいと判定に慎重になるのです。 ママの中には、「生まれるまで性別を知りたくない」という方もいらっしゃいます。 「赤ちゃんが生まれるまで楽しみを取っておきたい」というに人は、医師に「性別を知りたくない」と早めに伝えておくことが大切です。 最近は事前に性別を知りたい人が多いので、医師もたまたま外性器がよく見えたら、「あ~、男の子です~」なんてサービスのつもりで言ってしまうこともあるので。 知りたくない人こそ、早めに、はっきりと意思表示をしておきましょう。 産院によっては、自然分娩か計画分娩かなど、どんなお産をしたいか妊婦の個人的な希望を記入して産院に伝える 「バースプラン」というものがあります。 バースプランに「性別を知りたくない」と明記して助産師さんに伝えておくのもいいでしょう。 性別判断のジンクスや迷信は、健診のときに妊婦さんに付き添ってくる祖父母がよくおっしゃるそう。 でも、残念ながらこの中で医学的に当たっているものはありません。 「おなかの出方に違いがある」と先輩ママが自信ありげに言うことがありますが、そもそも胎児の体形は男の子と女の子で違いはなく、おなかの中にいる位置や向きも性別による違いがないので、おなかの形状に影響を及ぼすはずがありません。 おなかの出方で関係があるとすれば妊婦の骨盤の形の違いによるもの。 骨盤が広い人は胎児の頭や体がすっぽりと骨盤の中におさまるのであまり前にせり出しません。 骨盤が狭ければ骨盤の中におさまりきれずに、おなかが前にせり出ることがあります。 とはいえ、「どれも迷信だから、非科学的なことは言わない方がいい」とは思いません。 これらのジンクスや迷信はどれも夫婦や家族のコミュニケーションツールになりうるからです。 「ママが辛いものを食べたがるから、男の子かもね~」なんて家族で想像しながら、赤ちゃんが生まれてくるのをワクワクしながら待つのはとてもいいですよね。 5円玉をぶら下げて、「女の子みたいよ~」なんてワイワイするのも楽しい。 超音波検査がない昔は、おなかの赤ちゃんが男の子か、女の子かどうかは生まれてくるまではわかりませんでした。 でも当時は「職業の跡継ぎが必要だから、絶対に男の子を産まなくては」という相当なプレッシャーを受ける妊婦もいたことでしょう。 そうなると、なんとか性別を事前に見分けたいと思うものです。 そんな中、何かひとりのジンクスが当たれば、「こうなると男の子なんだ!」とその所見が強化されて受け継がれ、迷信や言い伝えになったのだと思います。 男の子が生まれるか、女の子が生まれるかは2分の1の確率なので、何かしらは当たるのです。 今でも男の子がほしい家もあるでしょうし、女の子を育てたい夫婦もいるでしょう。 そんな思いを抱きながら、ジンクスや迷信をコミュニケーションツールとして使えるといいですね。 生まれてくる赤ちゃんが、女の子か男の子か、昔はジンクスや迷信によって想像していたものが、今は超音波検査で胎児の外性器を見ることで高い確率で分かるようになりました。 事前に性別を知ることによって、産後の子育ての準備をしておくことができます。 一方で、赤ちゃんの性別が希望と違っているとわかった場合、自分も含め周囲ががっかりするかもしれません。 しかしそんなネガティブな気持ちになるのは一時的なもの。 「男の子が欲しい」「女の子が欲しい」と思っていたパパやママも、赤ちゃんが生まれたときには新しい命に感謝し、子育てに邁進することでしょう。 健診のときに渡されたエコー写真を夫婦でながめ、「性別はどっちかな?」とワクワクしながらおなかの赤ちゃんの成長をよろこび、妊娠ライフを充実したものにしていきたいものです。

次の

赤ちゃんの性別ジンクス。|すいすい|note

赤ちゃん 性別 ジンクス

出典: 妊娠がわかったら、気になるのはおなかの赤ちゃんの性別ですよね。 男の子なのか、女の子なのか知りたくなってしまいます。 嘘なのかホントなのかはわかりませんが、 お腹の赤ちゃんの性別の違いのジンクスはいろいろありますよ!! 私の経験と合わせて、まとめてみます。 ・おなかの形 おなかが大きくなってきたときに、おなかが前に突き出ていると「男の子」。 丸みがあると「女の子」。 昔からよく言われているジンクスのようで、街であったおばあちゃんなどにも「お腹が突き出てるから男の子ねー。 」なんて言われました。 ・体毛 妊娠して、ママが毛深くなったら「男の子」。 薄くなったら「女の子」。 男の子を妊娠していた時には、おなかまわりにふわふわと産毛のようなものが生えました! 女の子の時には、特に変化は感じられませんでした。 ・脈の強さ 手首の脈を触ってみて、左手の脈が強いと「男の子」。 右手の脈が強いと「女の子」。 当たる確率の高いジンクスのようです。 ・食べ物の好み 出典: 妊娠して、肉が食べたくなったら「男の子」。 野菜が食べたくなったら「女の子」。 チョコレートや甘いものが食べたくなったら「女の子」。 塩気の強いものが食べたくなったら「男の子」といわれることもありますが、おなかの子が「女の子」の場合、マックのポテトが異常に食べたくなるというジンクスもあります。 私が男の子を妊娠した時に無性に食べたかったのは、ラーメンと餃子。 女の子を妊娠した時には、梨でした。 でも、マックのポテトは好きでした。 チョコシェイクも・・・。 ・胎動 胎動が激しいのは「男の子」。 大人しいと「女の子」。 左で胎動をよく感じると「男の子」。 右で胎動をよく感じると「女の子」。 私の場合、どちらも胎動は激しかったです。 ・パパ、ママの年齢 妊娠判明時のパパとママの年齢を足します。 出産予定日が1~9月の場合には1を足します。 10から12月の場合には2を足します。 出た数字が3で割れなければ「男の子」。 割り切れれば「女の子」。 パパ・ママの年齢で性別がわかるなんて面白いですね。 私は3で割り切れて、女の子でした。 ・仕事環境 出典: パパやママがパソコンで仕事をしている時間が長い場合には「女の子」。 電磁波の影響でしょうか? 上の子の時には、全くパソコンを使っていなくて男の子。 下の子は私も主人もパソコンを使う仕事をしていて女の子でした。 ・顔つき ママの顔つきがきつくなると「男の子」。 柔らかくなると「女の子」。 自分ではなかなかわかりませんが、男の子を妊娠中、母に「顔つきがきつくなった。 」といわれました。 ・つわり 出典: つわりがひどいと「男の子」。 つわりが軽いと「女の子」。 これは逆に言われる場合もあるようです。 2人目の妊娠の時に、上の子の時とつわりの症状が違うと性別が違うということも言われますね。 私は男の子の時は、吐きづわり。 女の子の時は、食べづわりでした。 ・正中線 妊娠すると、おへそのあたりから下にむかって出てくる正中線。 まっすぐなら「男の子」。 途中で曲がっていると「女の子」。 色が濃いと「男の子」。 薄いと「女の子」。 私は、女の子の妊娠時、曲がった正中線がくっきり!! ・五円玉占い 五円玉にひもを通し、おなかの前でたらします。 五円玉が横に揺れたら「男の子」。 円を描くと「女の子」。 これはやってみましたが、よくわかりませんでした。 ・上の子の予想 出典: 2人目以降の妊娠なら、上の子に性別を聞いてみるとかなり当たるようです。 私の場合、上の子ではなく、友人の子が、妊娠発覚前に私のおなかを見て、「女の子がいるよ。 」といいました。 産まれてきたのは本当に女の子でした! その友人の子は自分のママのおなかの子の性別も言い当てていましたよ! ・肌トラブル 妊娠中にママの肌トラブルが多いと「男の子」。 そうでない場合には「女の子」。 どちらを妊娠した場合にも。 私は特に気になりませんでした。 ・夫婦関係 夫婦関係で女性が強いと「男の子」。 男性が強いと「女の子」。 これも私はあまり当てはまらないかもしれません。 出典: おなかの中の赤ちゃんの性別は、受精をした瞬間に決定しています。 外性器の形が作られ、性別がわかってくるようになるのは、妊娠15週頃から。 エコーで判別できるのは、妊娠24週頃からのようです。 性別がわかれば、名前を考えたり、ベビー用品を準備したり、選ぶ楽しみができますが、ジンクスだけでは、性別はハッキリとはわかりません。 あくまでジンクスであり、医学的な根拠はありません。 自分と当てはめてみて楽しんでみてください。 性別はどちらでも、元気な赤ちゃんが産まれてくるといいですね!! こんな記事も読まれています• 大人として子どもに伝えたいことのひとつ、いじめの問題。 いじめは人の心を苦しめ傷つけることになると教えた […]• org ダウン症が生まれるメカニズムはまだはっきりとは分か […]• 読売テレビのの清水健アナウンサー。 関西では知らない人は殆どいないであろう、人気アナウンサーの一人です。 『かんさ […]• 投稿した本人は、思わずそんな心境になってしまい、つい投稿してしまっているのでしょうけど、誰かのそんな投稿を読ん […]• 妊娠したら、無事に出産できる。 そう思っていました。 でも現実は、そうとは限りません。 出典 […]• 最近SNSで話題を集めた投稿があります。 My Grandma, 96, with my Grandpa, […].

次の

妊娠中の赤ちゃんの性別の見分け方!いつわかる?

赤ちゃん 性別 ジンクス

おなかの赤ちゃんの性別、まだ判明していない人は気になりますよね。 そこで今回は性別にまつわるジンクス(!?)をどーんとご紹介しちゃいます。 足のかかとの内側のふくらみで、赤ちゃんの性別がわかる たまごクラブ編集部が取材した、あるリフレクソロジストの先生(たくさんの妊婦さんを診察中)によると、「かかとの内側のふくらみで、赤ちゃんが男の子か女の子かわかる」とのこと。 それって、どういうこと??…さっそく妊娠8カ月の読者妊婦さんの足を見てもらうと「右足のかかとの内側がふくれていますね。 男の子ですか?」と一言。 すると「なんでわかるんですか!?」と妊婦さんは驚愕! 男の子だと右足のかかとの内側が、女の子だと左、または両足のかかとの内側がふくらむんだとか。 理由はわからないそうですが、まだまだ妊婦さんの体には解明されていない謎があるんですね。 ちなみに、先生によると、足のかかとの内側は、子宮の反射区と呼ばれる部位で、妊娠5カ月目ぐらいから大きくなってくるとか。 そして臨月になるとパンパンに張ってくるんだそう(それまでここは、あまりマッサージはせず、やさしくなでる程度にしてくださいね)。 胎動の変化でも男女がわかる!? お次は読者妊婦さんの投稿から興味深い判別法を拾ってみました。 グニュ~という動きが多いときは女の子。 左巻きならば異なった性。 どれも、そのとおり!と言い切れるものはなく、医学的根拠はありません。 でも、「おなかが前にとがっていると男の子!」にいたっては、91%のママが「そのとおりだった」と答えているというデータも(2015年12月号、先輩ママ100人へのアンケート集計結果より)。 昔から多くの妊婦さんが語り継いでいる不思議なジンクス。

次の