ブラック クローバー アスタ。 【ブラッククローバー】アスタの魅力8選!意外な正体や能力も徹底考察【ブラッククローバー】

ブラッククローバー

ブラック クローバー アスタ

もう一人の主人公のユノとは捨て子で孤児として育てられた兄弟のような関係です。 かなりのポジティブシンキングで、身長は低いものの 声と態度が大きいために、結構目立つキャラクターです。 もちろん、 リアクションも芸人に負けず劣らずオーバーなのでアニメでは声優さんがかなり声を張り上げているシーンが多いです。 灰がかったウルフヘアーと碧眼が特徴的な15歳のアスタは、 黒地に赤の十字架の刺繍が施されたバンダナがトレードマークです。 何でもでき、高身長でイケメンなユノと比較され、さらには 魔力が一切ないことから、同じ孤児たちからは粗雑に扱われています。 しかし、魔法が使えなくとも、 魔法帝への志を持ち続けるその熱いハートがだんだんまわりの人々の関心を引き寄せます。 梶原さんはなんとブラッククローバーのアスタ役が初めての主人公なんだそうです。 初の主演が少年ジャンプ50周年の作品だなんて、かなりの実力者ですよね! 元々少年ジャンプが大好きで読んでおり、ブラッククローバーの世界観に魅了されていたという梶原さんは、主人公のアスタの声を演じれば演じるほど、そのキャラクターの魅力にハマっていったようです。 アスタは 普段と闘っているときが別人のようにギャップのあるキャラクターでもあるので、梶原さんはそのギャップもうまくこなし、 アスタのカッコイイシーンを見事に彩ってくれています。 いつもふざけたり、リアクション芸をしているときのアスタとは違う声に、 女性ファンもドキドキしてしまうのではないでしょうか。 なんといっても、梶原さん自身、 イケメンですよね! アスタの魅力2 テンションの高さがすごい! こんばんは皆さん寒いなか今日も一日お疲れ様でした、このあとはブラクロ3話アスタとユノは王都へ放送はまもなくです — SF SF88334234 アスタのテンションについては、先ほどからも触れていますが、 本当に元気な男の子なのです。 クールで冷静沈着なユノと一緒にいるために、余計にテンションが高く見えてしまいます…。 しかし、こんな元気なアスタだからこそ、 多くの人がファンになるのでしょうね。 表現力も豊かなので、 ころころ変わる表情が楽しめるアニメでは、アスタの魅力が一層引き立っているようにも思えます。 また、アスタは いつも前向きで、決して簡単にあきらめようとはしません。 こんな力強いキャラクターが主人公ということもあって、 アスタの人柄に引き込まれてついついページをめくってしまう人もいるのではないでしょうか。 アスタの魅力3 一途すぎる想いが熱い! 幸せな孤児院はもう信じないぞーと思って孤児院が登場する作品を考えてみたけど、ブラクロのアスタたちがいた孤児院しか思い出せなかった。 まさか… — かい piccolo18111 アスタの好きな人、それは幼いころから変わらず シスターです。 アスタは何度もシスターに プロポーズをして、毎回フラれています。 ユノからは 「シスターは聖職者だから結婚はできない」と何度も同じセリフを言われても、諦めません。 もはや、宗教の壁すらも越えてしまおうとするほどの熱い思い…。 自分が魔法帝になって、 シスターたちに楽をさせてあげたいという言葉も口にしているほど、シスターへの想いは誰にも負けないようです。 しつこい男は嫌われるという言葉もありますが、こんなにも 一途で熱い男だと、押し切られてしまいそうですね。 12月JF? R1010neko アスタは 自分と同じくらい大きな剣を振り回して闘っています。 こんなにも腕力がついたのは、 小さなころから巻き割をしていたからだと考えられます。 孤児だけど、ではなく、 孤児だからこそ自分にしかできないことがあると、目の前のことを一生懸命にこなしてきた賜物でしょう。 そして、魔力がないからといって腐らずに、 自分にできることを最大限にしようとするアスタの姿勢は 読者の心にも響くところがあるのかもしれません。 アスタの魅力5 正体は?魔力に秘められた秘密… アスタ格好良すぎる ブラクロのアニメサイコーー!!! — ポケポケ@アニメ垢 anipokeanipoke アスタの生きる魔法界では 15歳になるとグリモワールという魔導書が与えられます。 それまで、一切の魔力を持っていなかったアスタにとって、最後の望みともいえる日でした。 しかし、次々に魔導書が授けられる人達を横目に、 アスタの前にはいっこうに魔導書が現れません。 そのまま授与式は終了してしまい、兄弟同然に育った ユノには四つ葉のクローバーが刻印された伝説の魔導書が授与されたこともあり、それが盗賊の目に留まってしまいます。 窮地に追い込まれてしまうユノを守ろうと必死に闘うアスタの前に、 突然ボロボロの魔導書が現れます。 その魔導書には 五つ葉のクローバーが刻印されていました。 授与式では何の音沙汰もなかったのに、このタイミングとは…。 クローバーの 5枚目の葉には悪魔が宿るという説もあるそうです。 このため、 ユノと並ぶとお兄ちゃんと弟くらいの差があるように見えてしまいます。 おそらく精神年齢もそれくらい離れているとは思いますが…。 しかし、低身長のアスタはかなりの 肉体美を持っているのです!巻き割で鍛えた腕っぷしだけでなく、普段からのトレーニングもあり、 かなりのマッチョです。 たとえ身長が低くても、がっちりした体型は男らしさがにじみ出ていますね。 その上性格は熱くたくましいとあれば、低身長も気にならないほどの 大きな存在に感じることでしょう。 態度や声がデカいこともありますが、小さくてもその存在感はバツグンな主人公です。 無敵すぎる?!腕の傷事件 今週のブラッククローバー、アスタの二度と治らないと言われた腕が早くも完治してワロタ【84話】 — 月島 tukishimakouta ここからは少し ネタバレ注意なので、現在読んでいる途中の人はさらっと読み飛ばしてくださいね。 アスタが 呪いによって両腕が使えなくなるという展開になった回が、ネットをざわつかせています。 両腕が使えないということは持ち前の剣も使えないということなので、 アスタにとってかなり致命的な展開となりました。 しかしながら、 あっけなく呪いが解かれて、いつものアスタに即効で戻ってしまうという 脅威のスピード回復を果たすのです…! 読者たちは、もう治ったの!?あの呪いはなんだったんだ…とあまりの 展開の速さに戸惑ったようですが、引きずることなく ハイペースに物語が展開していくところは ブラッククローバーのいいところなのです。 また、 捨て回もほとんどないことから、かなり 内容が充実している漫画だとも言えます。 アスタの魅力7 ユノとの絆が泣ける! 【ニュース】『ブラッククローバー』第3話「クローバー王国、王都へ!」より先行場面カットが到着! アスタとユノは、魔法騎士団の入団試験に挑むことに — アニメイトタイムズ公式 animatetimes 教会の前に 同じ日に捨てられていたアスタとユノ。 小さい頃のユノは泣き虫でいつもアスタの後ろをついて回るような子どもでした。 兄貴肌のアスタと気弱なユノ、アスタはいつもユノのことを守ろうとしていました。 しかし、そんな二人にとって 忘れられない出来事が起こります。 ある雪の日にユノは神父様からおつかいを頼まれます。 心配するアスタをよそに、一人で行ってみると街にでかけたユノでしたが、悪い大人に捕まってしまうのです。 そして大事なペンダントをとられそうになったとき、アスタが駆け付け 必死にユノを守ります。 ボロボロになったアスタに涙を落とすユノは、アスタを守れるくらい 強くなろうと心に誓うのです。 命を懸けて守ろうとするアスタとユノの 友情物語に、思わずじーんと来てしまうシーンです。 アスタとユノは永遠のライバル! 10月4日はブラクロのアスタとユノの誕生日? このため、二人は 切磋琢磨しながらもお互い魔法帝になるという 同じ目標を掲げたライバルでもあります。 ユノが盗賊に魔導書を奪われそうになった時、アスタが命がけで助け出した際には、改めて魔法帝になることを誓い合い、「 どっちが魔法帝になるか勝負だ!」とこぶしをぶつけ合います。 幼い頃の雪の日に誓った以来の、 15歳の決意でした。 魔法騎士団の入団試験では、圧倒的に魔力の差があるアスタとユノは同じ騎士団には入れませんでしたが、 別々の環境の中で成長する過程も見どころです! アスタの魅力8 女子にモテモテ!? アスタさんモテる その1 — ブラッククローバー名言・名シーン画像まと a58648506 155㎝という身長、そして声も態度もデカいアスタですが、 実は女の子にモテるのです。 ユノには包容力がない落ち着きがないなど モテ要素がないことを指摘されていましたが、 ヒロインであるノエルやノエルのいとこのミモザに思いを寄せられています。 アスタは スタイル抜群の女の子になぜかモテるというのが読者から嫉妬を生んでしまっているところもあるようです。 たしかに、 ノエルもミモザもナイスバディーの持ち主です…! しかしながら、 シスター命のアスタにとって、そんなことは右から左へスルーのようで、実にモッタイナイですよね…。 アスタのような男の子は女性だけでなく、おそらく同性からも支持を得ること間違いなしなので、 性別関係なくモテるのかもしれません。 第一印象はおそらく、 うるさいキャラクターかもしれませんが、魔法帝への熱い思いや、シスターへの一途な思い、そしてユノとの友情など、 生き様を知ると一気に惚れてしまうキャラクターです。 アスタは孤児として育ったからこそ、その環境にあっても魔法帝になれるということを見せ、 希望の光になりたいと語るシーンがあります。 持って生まれた運命をただ受け入れるのではなく、その流れを力強く自分で変えていく、そんな 芯の強さに惹かれます。 そんな アスタの出生の秘密が明らかになることもこれから楽しみですね…!はたしてアスタは 本当に悪魔に関係しているのか…?魔導書の五つ葉のクローバーの意味とは…!?これからのアスタとブラッククローバーの展開から 目が離せませんね!.

次の

【ブラッククローバー】アスタの正体は魔神?悪魔?アスタについて考察してみた

ブラック クローバー アスタ

『ブラッククローバー』最強のキャラはだれ? 『ブラッククローバー』は田畠裕基による日本の漫画作品になります。 魔法がすべてとされる世界で生まれながらに魔法が使えない少年アスタの物語です。 アスタはこの魔法がすべてとされる世界で必死に自分の力を証明させるため、小さい頃からずっと一緒の友であるユノとの約束を果たすため魔法使いの頂点である 「魔法帝」を目指す 魔法ファンタジーストーリーです。 この世界はかつて魔神と呼ばれる存在により滅ぼされそうになりました。 ですがそこに一人の魔導士が現れます。 その魔導士はたった一人で魔神を倒し世界を救います。 そして後に伝説となります。 その魔導士こそが主人公であるアスタが目指す魔法帝と呼ばれた人物です。 ブラッククローバーの略称は 「ブラクロ」で 「少年ジャンプNEXT!! 」2014年Vol. 2で読み切りとして掲載されたあとに 「週刊少年ジャンプ」2015年12号から連載中になっています。 『ブラッククローバー』強さランキング13位 ノエル 覚醒 海神戦乙女 ブラッククローバーのヒロイン のえる — くま Fox4568 ノエル・シルヴァは 魔法属性「水」でブラッククローバーの主人公であるアスタと同期で 「黒の暴牛」に入団した ブラッククローバーのヒロインです。 ノエルは王族の二大巨塔であるシルヴァ家出身です。 性格としてはプライドが高く大きな態度をとることがありますが自分の弱点を克服しようとしたりと努力家でもあります。 それからノエルはアスタに好意を寄せていますがプライドが邪魔しているせいか中々自分の気持ちを打ち明けることができずに思っていることと反対の態度をとってしまいます。 いわゆる ツンデレです。 戦闘力に関しては水魔法の使い手で王族ということもあり魔力は他の魔導士よりも桁違いの魔力を持っていますが、魔力のコントロールが苦手で兄弟からは無下に扱われていました。 ですが、黒の暴牛に入団してアスタを含めた黒の暴牛のメンバーと出会ったことにより徐々に力をつけ始めています。 のぜる — くま Fox4568 そして 177話「ノエルの羽衣鎧の威力」ではノエルは女エルフを相手にノゼルと共闘することになります。 ですが女エルフの魔法である閉鎖空間により苦戦します。 この閉鎖空間の中で女エルフは羅針盤の針で二人に攻撃をします。 その攻撃をノゼルは水銀魔法でなんとか防ぎますがノエルは海竜の巣も作ることができずにいました。 ノエルだけでなくノゼルも苦戦しており二人は防御に徹底するしかない状況でノエルは 「アスタなら・・・黒の暴牛なら、何かめちゃくちゃな方法で打開するはずだ」と考えわざと暴走して魔法空間を全て水で埋めます。 それにより女エルフは仕方なく魔法空間を解除します。 そして解除された瞬間にノゼルが水銀で攻撃し女エルフを倒すことに成功します。 ノゼルはノエルに対して 「王族らしいとは言えないめちゃくちゃな戦い方だった・・・だがその力のおかげで勝った」と言います。 それに続いてノゼルは 「ノエルは強くなどなれない、だから戦場から遠ざけようとした。 だがノエルは強くなった。 自分が間違っていたという事になる」と言います。 そして少し照れ臭そうにノエルに 「・・・すまなかった」と謝ります。 完全に女エルフに勝利したと思った矢先に女エルフは完全に倒れておらず生きていました。 女エルフは魔法空間をもっと広くして強力にしました。 その場にいたソリドも完全に諦めモードになっていますがノエルだけは兄弟に良い思い出は全くありませんが護りたいと思い諦めていませんでした。 そして、この状況の中でどうすればいいのかを必死に考えてノエルは 「今この状況だからこその、今の私だからこその魔法」と言い覚醒します。 ノエルの気持ちが通じたのか水創成魔法 「海神戦乙女の羽衣鎧(ヴァルキリードレス)」を発動させることになります。 そしてノエルの「海神戦乙女の羽衣鎧(ヴァルキリードレス)」で女エルフを倒します。 『ブラッククローバー』強さランキング12位 アスタ 覚醒 ブラッククローバーの主人公 あすた — くま Fox4568 アスタは 魔法属性「無」で ブラッククローバーの主人公です。 アスタはノエルの同期で 「黒の暴牛」に入団しています。 アスタは赤ちゃんの頃に教会の前に捨てられてそれからの15年間はアスタと同じ日に捨てられていた今では幼馴染でライバルでもあるユノと一緒に貧民の孤児として過ごしていました。 アスタ幼少期の頃に自分達の力を証明すると誓いユノと魔法使いの頂点である 「魔法帝」を目指します。 アスタはこの世界では珍しく生まれつき魔力を持っておらず魔法を使えませんが 「反魔法の魔導書」に選ばれることになります。 この反魔法により数多くの強敵を倒していきます。 性格に関しては前向きな気持ちの持ち主でアスタの諦めの悪さや困難に立ち向かう姿は黒の暴牛のメンバーや幼馴染であるユノだけでなく色んな人が影響を受けています。 魔法がすべてとされる世界で魔法が使えなくても自分の力を見せつけるために努力してきたアスタだからこそ心動かされるものがあるのでしょう。 アスタは魔力が全く使えないのを補うために日頃トレーニングに励んでおり筋肉もすごく身体能力もずば抜けて高いです。 そのトレーニングのおかげもあり魔導書の大剣は一般人は持つだけでも簡単ではないのですがアスタはそれを軽々と振り回すことができます。 この反魔法を使い戦闘を行い魔法帝に期待されるほどの実力を身に着けていきます。 アスタのライバル ゆの — くま Fox4568 ユノは 魔法属性「風」でブラッククローバーの主人公である アスタとは小さい頃からずっと一緒の幼馴染です。 そして アスタと共に魔法帝を目指すと誓いライバルでもあります。 性格に関しては負けず嫌いで、自分自身で死ぬほど負けず嫌いと言うほどです。 そのため小さい頃からずっと一緒のアスタとはちょっとのことでも張り合ったりしています。 そのアスタからも 「クールじゃなくてただの負けず嫌いだ」と言われています。 魔力が全く使えないアスタとは反対で 元々高い魔力を持ち風魔法の使い手で自由自在に風を操ることができます。 そのため戦闘力は非常に高く 魔法騎士団の入団試験では全ての魔法騎士団団長から入団を望まれるほどです。 そして魔法帝になるために一番近い道として 「金色の夜明け団」に入団することを決めます。 王撰騎士団選出試験ではノエルとチームを組むことになり、結果は 「水色の幻鹿」団長リル・ボワモルティエに勝利し優勝しました。 それから王撰騎士に選抜され、白夜の魔眼のアジト襲撃に参加します。 『ブラッククローバー』強さランキング10位 ジャック・ザ・リッパー 翠緑の蟷螂団長 じゃっく — くま Fox4568 ジャックは 魔法属性「断裂」で 断裂魔法の使い手であり魔力で創った鎌状の刃を振りぬくことで対象を裂断することができます。 「翠緑の蟷螂」の団長です。 翠緑の蟷螂団のシンボルは蟷螂でシンボルカラーは緑です。 平民出身で破壊愛好家です。 ヤミとは普段言い合っていますが互いに相手の実力を認めている関係です。 ヤミと軽い喧嘩をしたときは山一つを削りとったようです。 団長同士の喧嘩ともなると次元が違います。 ヤミとは喧嘩もよくしますが似ているところもあり祭りの時などはお互いに後輩を連れて屋台を出してどっちのが屋台が多く売り上げるかを勝負したりと愉快な一面もあります。 『ブラッククローバー』強さランキング9位 フエゴレオン・ヴァーミリオン 紅蓮の獅子王団長 ふえごれおん — くま Fox4568 フエゴレオンは 魔法属性「炎」で 炎魔法の使い手であり王族特有の豪快な魔法と相手の隙を突くための魔法を使い分けることができます。 王族ヴァーミリオン家の一員で 「紅蓮の獅子王」の団長です。 紅蓮の獅子王団のシンボルは獅子でシンボルカラーは赤です。 正義感が強く身分関係なく対等な姿勢で団員からの信頼もとても厚くアスタやノエルにもアドバイスをしてあげたりしてあげています。 ヤミとは仲の良い関係でフエゴレオンは自分がいけなくなった任務をヤミに頼むなどしています。 フエゴレオンだけなくヤミもフエゴレオンを罠を使い倒したリヒトに対して 「卑怯な手でも使わねーと勝てなかったんだろう」と怒っています。 王都襲撃をされた時にフエゴレオンは魔石を持っていたため 「白夜の魔眼」の標的になり罠にかかって右腕を失う瀕死の重傷を負い昏睡状態が続いていましたが、エルフたちの襲撃の際に 四大精霊の一つであるサラマンダーに選ばれ目を覚まし、さらに強力な「精霊魔法」も扱えるようになります。 『ブラッククローバー』強さランキング8位 ノゼル・シルヴァ 銀翼の大鷲団長 のぜる — くま Fox4568 ノゼルは 魔法属性「水銀」で 水銀魔法の使い手であり、液体の性質を持つ金属は形状変化が多彩で攻守共に優れています。 ブラッククローバーのヒロインであるノエルの兄で 「銀翼の大鷲」の団長です。 銀翼の大鷲団のシンボルは鷲でシンボルカラーは銀色です。 王族としてとてもプライドが高いため王族や貴族以外の者が団長の地位にいることを良く思っていない部分もあります。 ですが、入団試験の時にはユノを自分の団に入れようとしたり王選騎士団の時にはアスタを戦力に数えるなど実力がある者を素直に認める部分もあります。 のぜるのえる — くま Fox4568 妹のノエルのことを魔力のコントロールができないため見下してはいますが、妹のノエルに対して死んでほしくないという気持ちも強いようです。 同じ王族のフエゴレオンとは民への考え方が真逆なこともあり対立することが多いですが小さい頃から一緒でライバルのような関係でもあります。 態度には出さないもののフエゴレオンが重傷を負った際には襲撃犯に対して激しく怒り、何もできなかった自分を恥じ仇を討つために密かに闘志を燃やしていました。 『ブラッククローバー』強さランキング7位 絶望のヴェット 白夜の魔眼サードアイのメンバー ヴェット — くま Fox4568 「絶望」を冠するサードアイのメンバーの一人です。 魔法属性「獣」で名前の通り圧倒的な力で相手をいたぶり絶望させることにこだわりを持っています。 獣魔法の使い手で、魔力を獣の形にする戦い方で一撃で死にかねない攻撃力を持ち氣を読んで動いても対応できない速さまで持っています。 それにヴェット自身も氣を読むこともでき接近戦ではとても強い戦闘力を持っています。 ヴェットは三つ目を開眼することができ三つ目が開眼すると魔法が「魔獣魔法」に変化します。 その魔法は強力な遠距離攻撃に腕を再生できるほどの回復魔法が使えるようになります。 海底神殿では黒の暴牛のメンバーや海底神殿の神官魔道士と戦い次々に倒していきますが、アスタ、フィンラル、バネッサの連携によりアスタの剣が腹部に刺さり魔力を吸われ敗北しアスタ達も道連れに自爆しようとしますが黒の暴牛の団長であるヤミが現れ ヤミの次元切りで完全に敗北しました。 『ブラッククローバー』強さランキング6位 ヤミ・スケヒロ 黒の暴牛団長 やみ — くま Fox4568 ヤミは 魔法属性「闇」で 「黒の暴牛」の団長です。 黒の暴牛団のシンボルは牛でシンボルカラーは黒です。 「今ここで限界を超えろ」という口ぐせがありくせ者が集まる黒の暴牛団メンバーからの人望も厚いです。 闇魔法の使い手で引力を発することで刀に闇魔法を纏わせ強力な斬撃を繰り出すことができ「破壊神」という異名を持っています。 それから 「氣」を読むことで相手の動きを予測することができ、強化魔法で身体能力を上げることにより速度のないとされる闇魔法の欠点を補うことまでやってみせています。 それは光魔法の速度にも対応できるほどのものです。 ヤミは入団試験でどの団長にも希望されることなく落とされそうになったアスタを 「面白い」と言い黒の暴牛に入団させます。 誰も団に欲しがらなかったアスタを入団させそのアスタが色んな強敵を倒していきますのでヤミはアスタに対して何かを感じていたのでしょう。 魔法帝であるユリウスからはとても信頼されており団長の中でもヤミは信じれる一人と言っておりヤミはユリウスに恩義を感じています。 ユリウスとリヒトの戦いの時にはマルクスの呼びかけにより駆けつけましたが、あと一歩のところでユリウスがリヒトに致命傷を負わせられてしまいます。 その時ヤミはユリウスに 「後の事は任せた」と全てを託されました。 『ブラッククローバー』強さランキング5位 不実のライア 白夜の魔眼サードアイのメンバー らいあ — くま Fox4568 「不実」を冠するサードアイのメンバーの一人です。 魔法属性「模倣」で 模倣魔法の使い手で他人の魔法を模倣する戦い方です。 模倣の条件は他人の魔導書を触ることです。 強大な魔力を持ちその魔力を使って魔法を放ちますので、ある程度の魔導士の魔法であれば本人の魔法以上の威力を発揮することができます。 ライアもヴェット同様三つ目を開眼することができ 三つ目を開眼すると同属性の魔法であれば同時に発動することができるようになります。 さらに転生魔法発動後には異なる属性の魔法でも同時に発動することができます。 リヒトを助けるためにネアンの洞窟に現れシャーロットと戦うことになりますがリヒトの暴走したため暴走を止め一時撤退しました。 後にライアは魔法により魔法騎士団団長の誰かに変身してクローバー王国に潜入していたことが分かります。 白夜の魔眼のアジトではメレオレオナと戦うことになりますが、相手がメレオレオナということもあり全く歯が立ちませんでした。 そして今までのサードアイのメンバーと同様自爆して道連れにしようとしますがアスタにより止められます。 その時アスタの魔法帝になって作りたい国を聞き一瞬だけ心動かされますがもう止めることはできないと話しています。 『ブラッククローバー』強さランキング4位 ウィリアム・ヴァンジャンス 金色の夜明け団長 ヴァンジャンス — くま Fox4568 ヴァンジャンスは 魔法属性「世界樹」で 世界樹魔法の使い手で魔力を吸収することによって育つ樹を生み出して戦います。 他人の魔力を利用するので一人で発動するのはとても難しい大規模な魔法を使うことができます。 現在ユリウスが魔法帝ですが 次期魔法帝の最有力候補とされており魔法帝に最も近い男とも言われています。 生まれつき顔に傷跡があり周りの人間からは 「呪われた子」と呼ばれ不気味がられていましたが、小さい頃にユリウスに魔法騎士の誘いを受けその出会いにより魔法騎士を目指すことになります。 そのユリウスにとても恩義を感じていて忠義を尽くしています。 ヴァンジャンスの肉体には実はヴァンジャンスとリヒトの二人の魂を宿していてその事を王撰騎士団が白夜の魔眼のアジトを襲撃した時に魔法帝のユリウスに正体を明かすことになります。 『ブラッククローバー』強さランキング3位 メレオレオナ・ヴァーミリオン 紅蓮の獅子王団長フエゴレオンの姉 れおれおな — くま Fox4568 メレオレオナは 魔法属性「炎」で 炎魔法の使い手であり魔力を凝縮した拳で殴ったものを焼き尽くすという近接戦を得意とししている武闘派です。 フエゴレオンの姉で 戦えば恐らくフエゴレオン以上に強いとされる実力を持っているのですが戦闘に興味がないという理由で表に出ることはありませんでしたがフエゴレオンが倒れた際には、 代理として紅蓮の獅子王の団長に就任することになります。 王都暮らしを息苦しく感じたことにより年に 300日以上自然界で暮らすという生き方をしていると一帯の魔を支配するマナゾーンの境地に達して、空中で動く方向を変えるなどの化け物じみた動きができるようになりました。 メレオレオナは王撰騎士団団長に任命されライアと戦うことになります。 圧倒的な戦闘力を持ちライアを全く寄せ付けず一方的な戦いになりますが、ライアが転生魔法の発動により前世の力を取り戻しそれに加えてエルフ化したリルフやラギル、プーリ、ルベンが合流し形勢逆転されたためアスタとゾラを逃がして5対1で戦い気絶したものの倒れることはありませんでした。 『ブラッククローバー』強さランキング2位 リヒト 白夜の魔眼リーダー りひと — くま Fox4568 リヒトは 魔法属性「光」で クローバー王国の歴史上の中でも数人しかいないとされる光魔法の使い手で魔法帝以上に速い光速移動を使え見えない速度の光の剣を放つこともできます。 それから 「白夜の魔眼」の頭首です。 クローバー王国には強い憎しみを抱いていて、アスタの持つ魔導書に関しても以前の持ち主を知っており、反魔法の剣も含めて 「あの方」の物だと主張しています。 王撰騎士団がアジトを襲撃した時には魔法帝のユリウスと戦うことになりますが劣勢に立たされたため、封印を解いて全国民の命に狙いを変えることにします。 それに対してユリウスは時間反転魔法によって全国民の命を救います。 そして、ユリウスは隙をついて致命傷を負わせることに成功し魔石を奪いアジトへと逃走します。 『ブラッククローバー』強さランキング1位 魔法帝ユリウス・ノヴァクロ クローバー王国の魔法帝 ゆりうす — くま Fox4568 ユリウスは 魔法属性「時間」で 時間魔法の使い手であり時間を急激に加速させて相手を一瞬で消滅させることができます。 それから マナゾーンによって周囲の時を加速させ未来の魔を感知し攻撃を先読みすることまでできます。 表紙がない特殊な形状の魔導書を持っています。 ユリウスの戦闘力に関しては測り知れないもので白夜の魔眼のリーダーであるリヒトに 「この人間は世界の理の最後の砦」と言わせるほどです。 軍事面に関しては国王と同等の権限を所有し国民からの人望も国王以上にあり、国民が 「魔法帝が国王だったらいいのに」と言われるほどです。 戦闘力だけでなく考え方なども頂点にふさわしい考え方を持っており 差別のない世界を作りたいがために実績を作り魔法帝まで上り詰めたようです。 ヴァンジャンスやヤミをスカウトしたのもユリウスです。 ゆりうすやみ — くま Fox4568 王撰騎士団が白夜の魔眼のアジト襲撃をしている時にヴァンジャンスに呼び出されて、ヴァンジャンスの秘密を明かされてリヒトと戦うことになります。 圧倒していたのですが、リヒトが国民を狙ったためユリウスは持ってる力全てを使い国民全員の命を救うことに成功します。 ですが致命傷をつかれてしまいヤミに 「後の事は任せた」と言い残して息を引き取ることになりました。 やはり最強は魔法帝! 魔法帝 — くま Fox4568 このようにランキングにして強さを見ていきましたが、やはり 一番最強だと思われるのは魔法帝であるユリウスだと思われます。 魔法使いの頂点とされる 「魔法帝」の強さは本物です。 リヒトとの戦いではリヒトの光魔法の速さにも完全に対応しており、さらに余力を見せつけて光の速さとされるリヒトの背後に回ってリヒトを捕えようとまでするほど圧倒的な力を見せつけ 「君では私に勝てないよ」と言いました。 そして結果としてはリヒトが国民を人質にしたためその国民を守るために自分の持っている力を全て使い国民全員の命を守ることができましたが、ユリウス自身はリヒトに致命傷を与えられ息を引き取りました。 戦いの感じだと普通に戦えばリヒトはユリウスには敵わないでしょう。 戦闘能力に関しても登場人物の中で確実に最強と言っていい人物ですし、考え方に関しても自分の命とかえても国民を守る姿はさすが 「魔法帝」といったところでしょう。

次の

【ブラッククローバー】ブラックアスタ(悪魔化)の能力や魔法まとめ

ブラック クローバー アスタ

Contents• あの方とは? 白夜の魔眼のメンバーが「あの方」を一番最初に口にしたのは2巻です。 魔石をはめ込む石碑を前に「あの方」の復活は目前と話す、おそらくリヒトと思われる人物。 そして白夜の魔眼による王都襲撃後、ラデスの勝手な行動を咎める他のメンバー。 「あの方」に気に入られているからと調子にのるな。 その後も、「あの方」に認められたもののみ、「あの方」が迎えにくる前に、など会話の中に「あの方」がなんども登場します。 46話でアスタの前に白夜の魔眼の頭首「リヒト」が現れます。 リヒトとの戦闘にヤミを含めた魔法騎士団団長が駆けつけ戦いを優位に進める中、リヒトからアスタの剣は「あの方」のモノと発言があり 頭首であるリヒトが「あの方」だと思っていましたが、リヒトとは別に「あの方」が存在することが判明します。 魔女王のヤツとは? リヒトの話ではアスタの剣、断魔の剣と宿魔の剣は「あの方」のモノだとありましたが、魔女王の話では既に絶滅したエルフ族の長が使っていた魔法剣の成れの果てとのこと。 エルフ族は数百年前まで恵外界に生息していた高魔力保持者で、一人一人の魔力は非常に高く、魔女王に匹敵するものも少なくなかったそうです。 しかし、数で勝る人間との戦いに敗れ滅び去ったと魔女王は話します。 白夜の魔眼は人間、特にクローバー王国の王族に強い憎悪を抱いています。 それはリヒトがヤミに話した寓話からもわかります。 昔とある村にとても魔力の強い人達がいた。 彼らはとても魔(マナ)に愛されていた。 彼らは天候を変えたり地脈を操ったりと、神に等しい力を持っていた。 村の外の人間達は彼らを神として崇めた。 でも次第に人間達は彼らの力を恐れ妬み欲しくなり、彼らを騙し皆殺しにして力を奪ったとさ この寓話に登場する、魔力の強い人達がエルフ族のことではないでしょうか。 さらに人間の中でもクローバー王国の王族に対しては特に恨みが強そうです。 ヴェットはノエルの名前を聞き「最も穢れし一族」と言います。 そして魔女王がアスタを操りノエルを殺そうとした際に、クローバー王国の王族が「ヤツ」の剣で死ぬことを「因果」なものだと話しています。 このことから、魔女王が白夜の魔眼はエルフ族の末裔かもしれないと話したように、「あの方」とはエルフ族の長で、エルフ族を絶滅に追い込んだ首謀者がシルヴァ家を中心としたクローバー家の王族。 リヒトの寓話では魔法はエルフ族しか使えなかったのが、エルフ族を絶滅した際に魔法の力を奪い、王族が首謀者のためクローバー家の王族は魔力が強いと予想します。 ファナとヴェット記憶 ファナとヴェットの三つ目が開眼する時に何者かの記憶が流れます。 ファナの記憶 ファナの記憶ではリヒトが登場します。 このリヒトの耳を見るとエルフ特有の耳で、誰かがリヒトに「あの人・・・人間?」と聞いていることから、リヒトはエルフ族で間違いないと思います。 そしてリヒトが友達と言っていた人間が裏切り エルフ族を絶滅したと思われる描写。 ヴェットの記憶 ヴェットの記憶では先程の人間の妹とリヒトが結婚したような描写が流れます。 その後エルフ族絶滅と思われる描写になります。 リヒトは1度封印魔法が解けたことがあるので、もしかするとリヒトの中に封印されているのが「あの方」ではないでしょうか。 そして「あの方」とは他でもない「エルフのリヒト」で、エルフ族の長も「エルフのリヒト」かなと。 そして記憶に登場する人間がクローバー王国の初代魔法帝。 さらに現在の魔法帝「ユリウス」が記憶に登場する初代魔法帝。 ユリウスは時間魔法が使えるので歳を止める、または遅くするなどの能力で生き続けている。 アスタとユノに魔法帝になるには「実績」と言いましたが、初代から魔法帝なら実績はいくらでも上げられるかと。 ただ、リヒトはヤミのことも知っているようだったので、まだまだ謎は多そうですね。 アスタの正体は魔神? 魔女王はファナの三つ目は禁術魔法で、ファナではなく何者かによって発動させたと言います。 ただし、禁術魔法はただの人間には手が出せず、発動するには途方もない魔(マナ)と何らかの犠牲が必要だと。 古の魔神もエルフ族の長が発動した最上級の禁術魔法だと言います。 魔女王はアスタが断魔の剣と宿魔の剣を使えることから、「ヤツ」の血縁のものと思っていました。 この「ヤツ」とはエルフ族の長と思われます。 そして魔女王の魔法により体全体に反魔法の力が流れ強力な力を手に入れるアスタ。 圧倒的な強さを見せるアスタの戦いに、ノエルは「あの姿はまるで・・・」と何かを言いかけます。 しかしこの後すぐにいつものアスタに戻ったため、ノエルが何を言いかけたのかは不明ですが、おそらく「魔神」と言いかけたのではないでしょうか。 アスタの正体はエルフ族の血縁のもの、または魔神と何か関係がある可能性がありますが、魔女王はアスタのことを突然変異で体に魔(マナ)が宿らなかった欠陥品と結論づけます。 そしてアスタは特別でも何でもないからこそ特別な存在だと。 魔女王独特の言い回しのため、わかるようなわからないようなw 結局アスタはマナが宿らなかったただの人間。 ってことですかね。

次の