花子 くん つかさ くん。 【地縛少年花子くん】つかさ(花子くんの弟)がかっこいい・かわいい!登場回や司普の画像・イラスト!(ネタバレ注意)

「花子くん」がロールアイスやタピオカに! オリジナルグッズも販売♪ 大阪・徳島にてコラボ開催

花子 くん つかさ くん

おまじないが大好きな少女・八尋寧々(CV:鬼頭明里)が、ドSな幽霊・花子くん(CV:緒方恵美)とさまざまな怪談に巻き込まれていくストーリーだ。 第8話に引き続き、3月5日より順次放送中の第9話「お茶会」にも花子くんにそっくりな少年・つかさ(CV:緒方恵美)が登場した。 表情豊かで無邪気な性格のつかさに、Twitter上では「つかさくん可愛すぎませんか」「今回もつかさくんがかわいかった…(満足)」「無理つかさくん可愛い」との声が相次いだ。 一方で、つかさが衝撃的な表情をするシーンもあり、視聴者からは「つかさ怖い…」「つかさホント所々怖すぎる…」といった声も上がった。 また、怖さと可愛さのギャップからか、つかさは視聴者の心をガッツリと掴んだようで「つかさくん怖い!でも、そこが大好き!」「そういうつかさくんが好きですけどね」「つかさ推しになっちゃうかも…笑」「や、やばい…つかさくん好きかも…」などのツイートが続出していた。 第九の怪「お茶会」 【あらすじ】 謎のイケメン・日向夏彦に誘いを受けた寧々は、猛烈に舞い上がっていた。 夏彦に口説かれ身をよじらせる寧々。 だが、夏彦は寧々が水に濡れると魚になってしまうことを知っていた!魚にされ気を失った寧々が目を醒ますと、そこは見たことのない洋館。 そして目の前には以前出会った美少女・七峰 桜と花子くんにそっくりの少年つかさがいた。 C あいだいろ/SQUARE ENIX・「地縛少年花子くん」製作委員会 アニメ「地縛少年花子くん」つかさ(CV:緒方恵美)は怖い? 可愛い? ギャップから目が離せない! 《AbemaTIMES》.

次の

「地縛少年花子くん」つかさ(CV:緒方恵美)は怖い?可愛い? ギャップの虜になった視聴者が多数!

花子 くん つかさ くん

Sponsored Link 【地縛少年花子くん】花子くんはどんな男の子? (C)あいだいろ まずは、花子くんがどんな男の子なのかということを簡単にご紹介していきます。 花子くんは、寧々が通う学園の七不思議の七番目である 「トイレの花子さん」。 「源先輩と両想いになりたい」と願ったヤシロに呼び出され、彼女と出会います。 学ランを着た幼い少年で、当初はニコニコと笑顔を浮かべて優しくヤシロに接します。 ……が、寧々が怪異が関わると一転。 (C)あいだいろ ドSな表情でヤシロと縁を結び、 彼女を「労働力」としてこき使う契約を迫るのでした。 縁を結んでからはヤシロのことをからかったり、七不思議の依代を破壊するために無茶をさせたりと、彼女をイジメ倒します。 ……が、 なんだかんだヤシロが怪異に襲われるたびに駆けつけてくれるイケメンです。 (C)あいだいろ 本来、人間が怪異と交わることはない。 (C)あいだいろ 恋愛関係については、後述していきます。 学園の七不思議のリーダーである花子くんは、学園にいる怪異たちを、正しくヒトと共存させようとしています。 そのために、依代に触れられるヤシロと契約し、学園に流れる歪んだ噂を正していきます。 何故そんなことをしているのか?それは、 生前犯した罪が関係しているようで……。 次に、花子くんの正体や過去についてご紹介します。 ここからちょっと本格的なネタバレが入ってきます。 先に原作で確認しときたいよ、っていう方はで無料で読めるので,まずでこちらからどうぞ。 Sponsored Link 【地縛少年花子くん】花子くんの過去・正体に弟のつかさとの関係や死因は? (C)あいだいろ 花子くんは生前に人を殺した悪霊 の3話にて、花子くんはかつて封印された、凶悪な悪霊であることが明らかになります。 信じようとしないヤシロでしたが……花子くん本人が、それを認めた。 (C)あいだいろ 人を殺してしまった花子くんに、カミサマは言った。 「この役目を全うできれば、花子くんの罪は消える」と。 だから、彼は学園の怪異たちを人と共存できるように尽くしていたのです。 花子くんの過去、そしてその正体とは……? 一体花子くんは誰を殺したのか?……そして、その正体は? 彼の本当の名前は、 柚木 普(ゆぎ あまね)。 (C)あいだいろ いつも生傷が絶えない学生でした。 誰に傷つけられたのかは、絶対に言わない。 でも、それ以外は宇宙のことが好きで、朗らかな笑顔を見せる少年だった。 (C)あいだいろ 理由はわからない。 原作は現在まで出ていますが、まだ死んだ理由ははっきりと描写されていません。 原典となるトイレの花子さんの死因は「自殺」「交通事故」「殺害された」など諸説あるので、元ネタからの特定も不可能。 それについてもご紹介しますね。 (C)あいだいろ あまねに殺された弟、つかさもまた、怪異となっていた。 彼は光のトモダチとなった「三葉」をいともたやすく殺した。 (C)あいだいろ つかさは、ガマンするのを辞めた人の顔が好きだという。 ……かつて、あまねがつかさを殺したときの顔も、良かったと。 花子くんはつかさを見た時、 普段は見せないような怯え方や、泣き顔を見せた。 (C)あいだいろ つかさはあまねにとって、花子くんにとって大きすぎる恐怖なのです。 ……だから。 それは、つかさにとっては望んでいたことだったけれど、 あまねは耐えきれない罪悪感を抱え続けていたのではないか、と考えています。 ……と、そんな悲しい過去を持つ花子くんを救い出してくれたのがヤシロでした。 いつしか二人は惹かれ合っていくので、 花子くんとヤシロの恋愛や、それにまつわる花子くんのかっこいいシーンやかわいいシーンについてまとめていきます。 Sponsored Link 【地縛少年花子くん】花子くん(あまね)のかっこいいシーンやかわいいシーン!ヤシロ(寧々)との恋愛は? それでは、 花子くんとヤシロの恋愛関係についてご紹介していきます。 花子くんがかっこいいシーンや、逆にヤシロにだけ見せてくれるかわいいところなどをそれぞれまとめていきます。 花子くんのかっこいいシーン:お代はカラダで払ってもらうよ (C)あいだいろ より。 人魚の鱗を飲んで、魚になってしまったヤシロ。 ここから、ヤシロが花子くんにこき使われるようになっていく……。 キスシーンからの告白!! (C)あいだいろ より。 七不思議の一つ、「ミサキ階段」の暴走を止めたヤシロ。 彼女が依代を解放したからこそ、今回の騒動を止めることができた。 ……だから、花子くんは彼女の頬に唇を落とすのでした。 ときめくヤシロに、追い打ちの告白! (C)あいだいろ しかしそれは、告白にまつわる怪異を騙すための芝居。 本当のことを知ったヤシロは、もてあそばれたことに涙を流します。 そんな彼女に、 (C)あいだいろ 「ごめん。 泣かせるつもりじゃなかったんだ」 帽子を取り、本当に申し訳無さそうに言う花子くんに、初めて 普通の男の子の雰囲気を感じるヤシロ。 彼女もここで、花子くんに歩み寄ることを決めたのです。 「泣き止むまで、ここにいなよ」 そう言う花子くんに、ヤシロは抱き寄せられるのでした。 ハグシーンはマジでドキドキするのでぜひ原作を。 ヤシロに過去を知られ、ぎくしゃくしていた二人。 その間にヤシロを連れ去ろうとした人魚たちを、 花子くんが撃退します。 ヒーロー的なかっこよさがありつつ、所有権を主張するかわいさも。 ……そして、ヤシロが自分のために作ってくれたドーナツを駄目にしてしまったことを花子くんはおずおずと謝ります。 (C)あいだいろ そのあと、ヤシロの頭をなでて素直に心の内を明かします。 「あと、ありがと。 俺女の子に好きって言われたの初めて。 桜に呼び出され、境界に閉じ込められたヤシロ。 そんな彼女を救ったのはやっぱり花子くんでした。 「困った助手だね」とちょっと笑っていますが、ヤシロにちょっと微笑ましささえ覚えている表情がかわいいし、距離が縮まってて嬉しい。 あまねのかわいいシーン:誰……? (C)あいだいろ より。 境界の扉を巡っていると、過去のあまねに出会うヤシロ。 傷だらけで涙を流していましたが、それを指摘すると急いで涙を拭いて逃げ出していきます。 素直に泣いていることが恥ずかしかったのか、それとも心身ともに傷ついていたことを誰にも気付かれたくなかったのか……。 どちらにせよ、顔をぐしぐしして飛び出すところがめちゃかわいいです。 Sponsored Link 花子くんのかわいいシーン:ヤシロからのキスに…… (C)あいだいろ より。 ヤシロの寿命が、残り一年。 それを知った光は、何が何でも彼女を救うと宣言した。 花子くんはそれを最初から知っていた。 知った上で、どうしようもないことだと諦めていたのだ。 光の選択を見て、 諦めてしまっていた自分の醜さを思い知る。 花子くんは彼女と顔を合わせられなくなってしまう。 でも、ヤシロはくっついてくる。 (C)あいだいろ 不意打ちに、初めて見せる真っ赤な顔。 二人とも、目を合わせられなくなってしまう。 「……ダメだよ。 光が落ち込んでいることを心配するヤシロ。 励ましてあげたい、と花子くんに相談します。 しかし、花子くんはヤシロに抱きついてかまってほしそうにするばかり。 マッジでかわいいです。 絶対見るべき。 彼女が出会ったのは、 小学生の柚木普でした。 最初は気付きませんでしたが、言動や雰囲気から彼だと感じ取り、名前を聞いて確信します。 幼い彼はわんぱくで、お世話してあげると赤面する初な少年。 生きて、一緒に暮らしていける。 つかさも生きていて、彼が罪を背負うことのない、平和な世界。 (C)あいだいろ あまねからデートに誘われたり、一緒に遊んだり……。 生きている花子くんとのやりとりは、ヤシロにとっては理想の生活でした。 普通の学園生活を送る二人が尊いので、ぜひ以降を読んでみてください。 ……もちろん、そのまま平和な世界が続くわけではありません。 でも、 花子くんがヤシロを想ってとった行動と、それに対するヤシロの反応が泣けるので絶対見て欲しい。 地縛少年花子くんを楽しむなら ちなみに、地縛少年花子くんをお得に楽しむ方法がいくつかあるのでご紹介します。 【公式】無料アプリ、マンガUPで原作が配信中! まず地縛少年花子くんの原作はで配信されています。 無料で配布されるポイントでかなり読み進めていけるので、 とりあえずダウンロードがおすすめです。 しかも、今なら一冊半額クーポンが貰えるので、好きな巻を50%オフで読むことが出来ます。 買えば買うほどポイントが付くので、単行本を全巻揃えるならここが安く済むのでぜひどうぞ。 今なら2週間無料で試すことができるので、お金をかけずに地縛少年花子くんのアニメが見直せます。 Sponsored Link まとめ 地縛少年花子くんの花子くんのかっこいいところや、かわいいところについてでした。 生前は、弟のつかさを殺してしまった少年・ 柚木普。 その罪を償うために、七不思議として活動しています。 ずっと一人ぼっちでしたが、トモダチになってくれたヤシロに惹かれていきます。 普段は下僕のようにヤシロを扱いますが、 ピンチに陥りがちな彼女を助けてくれるヒーロー。 ……そして、彼女にだけ弱いところや嫉妬心を見せる可愛いところもあります。 最高です。 ぜひアニメで緒方さんが演じるところを早く見たい。 原作はマンガUPで配信中!無料で読めるので、とりあえずおすすめ。 花子くんのかわいさを堪能するならぜひ。

次の

「花子くん」がロールアイスやタピオカに! オリジナルグッズも販売♪ 大阪・徳島にてコラボ開催

花子 くん つかさ くん

「あの、…?」 何が何で。 どうして、どうやって。 こうなった理由を教えて欲しい。 目の前には花子くん。 背後には壁。 詳しく言えばトイレの扉。 両手の間に私が居て。 ああ、所謂壁ドンってやつなのかあ、なんて悠長に考えている間にも近付く距離。 「ねーぇ、ヤシロ?」 掛かる声は何処か猫撫で声。 優しいようで何処か有無を言わせない、強い花子くんの声。 緩やかに逸らす視線、何でこうなったんだっけと巡る思考は意識の外へ相手を追い遣る行為に等しい。 向けられない視線と恐らく余所事を考えているのだと、余所事を考えることで現実から目を背けているのだと目の前の彼には御見通しでした。 「ヤシロ、こっち見て。 」 「う、」 案の定、と言うべきか。 叱るというよりは窘めるに近いトーンで囁かれた言葉に息を詰める。 想像以上に近い。 目の前、もう見馴れた筈の彼は何処か真剣な眼差しで。 目を、逸らせなくなる。 ……あれ。 花子くんって、右頬に…?姿形は花子くんなのに違和感、だけど向けられる視線が、言葉を、思考を、奪う。 浮いた片手が頬に触れて彼と同じ体温の無い指が肌を伝って、撫でて。 同じなのに違う。 唇へと伸びた親指を動く私のそれが掠めた。 「……だれ…」 瞬間、刹那だけ見開いた瞳は愉しげに歪んだ。 一度動きを止めた親指は構わず唇に触れる。 ふにふに、と悪戯に遊んでまた視線が絡む。 「誰って…花子くんでしょー?ヤシロはイジワルだなァ。 」 背筋が、震えた。 違う、違うのに違うと言えない。 向けられた視線も声音も同じで違う。 姿形は何も違わないのに拭えないこの違和感は何。 後ろへ後退ろうとして足が壁に当たる。 これ以上は無理でも背中を付けて逃げる意思を見せた。 きょとん、とした表情を向けてにんまり。 いつもの笑顔を向けられて。 「ヤシロ?」 「花子くんじゃ、ないよ。 悪びれる様子もなく彼と同じ顔で、笑顔を向けて。 気付いた瞬間、手が弾かれたように着いた壁を叩いて反射的に逃げようとした、けれど。 それより早く彼は動く。 手首を容易に捉えてそのまま壁に縫い付けるように、奪われた自由に瞳を見開いた。 「またね、って言ったでしょ?逢いに来たんだ、ヤシロ。 君にね。 」 悪意の無い笑顔の下に孕む、底知れない闇を感じて身体が震えた。 そして思い出す、彼が消えた後の屋上での遣り取り。 あの状況に似ている事がまた、恐怖を煽る。 向けられた瞳は泣いているようで、怒っているようで、その矛先が、私のようで。 じわり、浮かんだ涙が視界を滲ませる。 何とかしなければと思うのに掴まれた腕は動かなくて、苛む記憶が言葉を奪って、ざり、と床を踏み締める音だけやけに響いた。 一つ一つの音に愉しそうな反応を見せる、つかさ。 「ヤシロは良く泣くんだねェ。 」 指先が涙に触れる。 身体を微かに強張らせてもその動きが止む事は無く、危害を加えると言うよりは何処か優しく雫を払った。 恐る恐る開いた瞳に映るのは変わらない彼なのに、掴まれた手首は加減を知らないのか確かな痛みを齎すのに。 不思議そうに此方を見る視線は悪意を向けたものではないように思えた。 それでも逃げられない状況に変わりはない。 せめてと上げた声に彼がまた瞳を丸める。 「あの、…離して…」 「やだ。 」 即答。 一瞬耳を疑うも至って真面目な表情。 と思えば次の瞬間には満面の笑顔を、そうあのにんまりとした、笑顔で。 「ヤシロ、逃げるからやァだ。 」 当然でしょ、と言い掛けた言葉を飲み込んだ。 彼は、彼の笑顔には無邪気さを感じるのにそれだけでは無い何かが潜んでいるように見える。 先程から掴んだ手に入る力が変わらないのも、それを助長させて。 「に、逃げない」 「あはー、 う そ。 」 「つかさ!!」 その場に響き渡った声音は怒声。 何処か悲しみを帯びたその声の主。 こちらを睨むように見て居たのは、 「あーまね。 」 心底嬉しそうに微笑む、弾んだ声がそれを物語っている。 嬉しい筈なのにその言葉に応えるよう其方を向いているのに、拘束は緩まる気配が無い。 何も言わない二人を見て、まだ二人をちゃんと知らないが故に何も言えない私は、突然。 ぎゅーっと抱き寄せられた。 「な、なな…なに…」 「つかさ…?」 「あまねェ、ヤシロ頂戴?」 一瞬呆けた。 何を言われたのかその場に居た約二名は理解が出来ず、一人は満面の笑顔を浮かべて。 唐突に抱き締める腕は、結局拘束と変わらない。 不意に腕を見れば赤々と残る跡に背筋が震えた。 抱き締める腕が、怖くなる。 この拘束が喰い込む瞬間が怖くてまた涙が零れた。 「駄目。 」 次の瞬間にはふわり、と。 浮いた身体とまた違う拘束。 腕の中にから消えた存在にふんふんと興味深げにこちらを向く視線。 そしてまたにんまりと、何かをするでなく踵を返して。 愉しげな声は確かな余韻を残して消えた。 「…ふうん。 …またね、あまね…と、ヤシロ。 」 黒状代と共に緩やかに消えていく背中を追うことは出来なかった。 花子くんの私を抱く、その震える指は、怖いのか、だとしてそれがどういう事を意味するのか結局聞く事も出来なかった。 「花子く、」 「ヤシロ。 」 震える声で名前を呼ぼうとしたら遮られて。 おまけにぎゅーっと抱き締められた。 さっきと同じようで違う。 指の震えはもう何処にもなかった。 ヨシヨシ。 声が聞こえて宥められているのか、と思えば、ヤシロってほんと……、溜息で後が続かないらしい。 え、と思って見上げた表情は呆れ顔。 次第にくすくす愉しげに笑って何事も無かったかのようにぱっと手を離され額に人差し指。 当てて軽く、弾いて。 「お、ばーかさん。 」 その声音が何処か優しかったのはきっと、気の所為。

次の