プロテイン ソイ ホエイ 違い。 プロテインにはどんな種類がある?種類によって異なる目的と飲み方を徹底解説

ホエイプロテインとソイプロテインを飲み比べて効果の違いを比較をしてみた

プロテイン ソイ ホエイ 違い

スポンサーリンク 特に食事制限している人は必須といっていいでしょう。 ダイエット(減量)では脂肪と一緒に筋肉が落ちます。 食事制限は以外でもランニングなどの有酸素運動をしても筋肉は落ちます。 この筋肉の低下を防ぐにはプロテイン(タンパク質)の摂取以外に方法はありません。 食事制限で痩せてもすぐリバウンドして服がきつくなったらまた食事制限でダイエット。 こんな人でプロテインを飲んでいないと脂肪はついたり減ったりしますが筋肉は減る一方です。 だらしない締まりのない体型になるだけではなく、リバウンドのしやすい体型になります。 そのまま筋トレをしないでいると加齢とともに筋肉は減少し続け、最終的に寝たきりなんてことにも…運動したくないにしても最低限プロテインは飲みましょう。 プロテインの種類 ・ホエイプロテイン プロテインといったらホエイプロテイン。 牛乳から精製する動物性のタンパク質で乳たんぱく質のうちの約20%にあたる栄養価の高いタンパク質です。 市場の8割はホエイプロテインといわれています。 筋肉を肥大化させるときに飲むのはこのホエイプロテインです。 吸収が速いためトレーニングの前後に飲むといいでしょう。 筋トレ後は必須です。 ・カゼインプロテイン ホエイプロテインの残り80%がカゼインプロテインです。 一般的なタンパク質といってもいいですが流通量は少ないです。 カゼインの長所は吸収が遅いこと。 約7時間かかるので就寝前などに飲むといいといいといわれています。 ・ソイプロテイン 大豆のタンパク質を原料にしたのがソイプロテインです。 ホエイやカゼイと違い植物性タンパク質です。 ホエイ・カゼイプロテインは元が牛乳なので人によってはお腹を壊しやすいのですがソイプロテインはそういったデメリットはありません。 また、」消化に約6時間かかるため腹持ちがいいとされます。 さらに、イソフラボンなどがホルモンバランスを整えます。 ついでに、成長ホルモンと植物性タンパク質との組み合わせは美肌効果があるといわれていて女性ならソイプロテインを取らない理由はないでしょう。 デメリットは男性ホルモンであるテストステロンが減ること。 テストステロンは筋肉肥大の効果を高めることが分かっているため筋肉をゴツくしたい人は避けるべきです。 ダイエットする人ならソイプロテインだけ飲んでいればいいと思います。 細マッチョを目指してる人ならホエイとソイでしょうか。 ガチムチのボディービルダーを目指すならホエイとカゼインでしょう。 スポンサーリンク プロテインを飲むタイミング ・食事制限だけで運動しない人 食事の前に飲むことで食事の量を減らすことが出来ます。 また、寝る前に空腹であるなら寝る前に飲むのもいいでしょう。 ・運動をしていてソイプロテインだけ飲んでいる場合 食前・運動前後に飲むといいでしょう。 就寝前も効果的です。 ・運動していてホエイプロテインも飲んでいるとき 運動前後はホエイプロテイン。 食前・就寝前はソイプロテインにするといいでしょう。 プロテインを飲む量 メーカーは大体1回20gを推奨しています。 ただしそこに含まれるたんぱく質は商品によって異なるので確認してください。 食事からとるタンパク質とプロテインで補うタンパク質を合わせた数字の合計がこれを超えないようにしましょう。 取りすぎは肝臓や腎臓に負担をかけ健康を害します。 厚生労働省が定める日本人の食事摂取基準によると成人女性でタンパク質50g、成人男性でタンパク質60gが推奨量です。 これを最低基準にして後は運動量や生活習慣によって決めるといいでしょう。 まとめ 筋肉維持は健康のために必須です。 腹持ちもいいソイプロテインは食事制限をより完璧にするといっていいでしょう。 さらにホルモンバランスを整え、美肌効果と女性にとってのメリットがたくさんあります。 筋肉をつけたい男性はホエイの方がいいですが、脂肪を落とす方を優先し筋肉量を保つ目的であればソイプロテインは効果的です。 ただし飲みすぎには注意しましょう。

次の

痩せたいならソイプロテインを飲め!プロテインを徹底解説&レビュー

プロテイン ソイ ホエイ 違い

かっこいい体を作るために、プロテインの摂取を考えている方は多いのではないでしょうか。 ただ、 プロテインにはいくつかの種類があるので、自分の目的に合わせて必要なものを選んでいく必要があります。 プロテインの種類は主に原材料の違いです。 そして プロテインの各種類に合わせた飲み方を知ることで、その影響が変わってきます。 ではプロテインの種類と、それぞれを飲む目的、飲み方について詳しく見ていきましょう。 プロテインは大きく分けて3種類 プロテインは一般的に大きく分けて3種類あります。 まず、牛乳に含まれる ホエイプロテインと カゼインプロテイン。 そして大豆に含まれる ソイプロテインです。 これらのプロテインは単独で摂取するよりも、目的に合わせて組み合わせて摂取することでさらに吸収効率が良くなります。 それでは、 ホエイ、カゼイン、ソイそれぞれの特徴などを解説いたします。 ホエイプロテインの特徴とは? ホエイプロテインは 牛乳を原料としています。 ホエイプロテインは母乳の成分に近く、 低カロリーで栄養が凝縮しており、吸収が早いのが特徴です。 この特徴はタンパク質が不足しがちな運動直後のタンパク質の補給には最適といえるでしょう。 牛乳からホエイプロテインを作る場合には、乳脂肪分やカゼインを取り除いていきます。 以前は牛乳からチーズを作るときの余りものの物質として扱われていたホエイプロテインですが、研究が進み 重要なタンパク質の一つとして見直されるようになりました。 ホエイプロテインは熱に弱い性質や、食品では乳製品が主な摂取源と限られていることから、効率的に量を摂れる栄養補助食品がオススメです。 【ホエイプロテイン摂取のポイント】 吸収が早いホエイプロテインは、運動直後の摂取がおすすめです。 in ゼリープロテインは粉末を溶かす手間がなく、素早くタンパク質補給が行えるほか、ホエイペプチドが豊富なため運動後の補給におすすめです。 ヨーグルト味で飲みやすく、忙しいときの小腹満たしにもうってつけです。 カゼインプロテインの特徴とは? カゼインプロテインの原料も 牛乳です。 ガゼインプロテインはチーズやヨーグルトを固める、一般に乳固形分と呼ばれる成分の主要成分の一つです。 ホエイプロテインが水溶性であり、吸収が早いのに対し、(名前の通り固形にする成分なので)不溶性で固まりやすいという特徴があります。 この特徴から、ホエイプロテインとは違った用途で期待されています。 運動直後のタンパク質不足のカラダに素早くタンパク質を補えるのがホエイプロテインですが、 カゼインプロテインは就寝前に摂取することで、 カラダにゆっくりと持続的に蓄えさせることができるのです。 就寝時、寝ている間もエネルギーを消費しています。 そんな時、カゼインプロテインはほかの物質、特に成長期には欠かせないカルシウムと密接に結びつき、その物質をゆっくり吸収させる能力を持っています。 なおかつカゼインプロテイン自体もエネルギーになるタンパク質のため、まさに一挙両得なのです。 また、夜にお腹が空いて眠れないなどもカゼインプロテインの持つ持続性が解決してくれます。 他の物質と接合したカゼインプロテインはお腹の中で固形となって消化吸収されにくくなるので、 満腹感を持続させてくれるため、間食の予防になるのです。 メリハリのあるボディラインをつくるため、運動をしたけれどついつい食べ過ぎてしまうという人には最適なプロテインといえるのではないでしょうか。 【カゼインプロテイン摂取のポイント】 吸収がゆっくりなカゼインプロテインは睡眠時の成長ホルモン分泌に合わせて 就寝前の摂取がおすすめです。 ( ) また、ホエイプロテインと合わせることで効果が長持ちし、時間差吸収でカラダづくりの効率もアップします。 「マッスルフィットプロテイン」は「ホエイ+ガゼイン」のほか、カラダづくりの効率を高めてくれる「EMR」やカラダづくりに必要なカルシウム・鉄のほかタンパク質のはたらきに必要なビタミンB群(7種)を配合したカラダづくりに適した商品です。 ソイプロテインとは? ソイプロテインの原料は 大豆です。 プロテインと聞くと真っ先にこの大豆原料のプロテインを思い浮かべる方が多いかもしれませんね。 ソイプロテインはカゼインプロテインと同じく、摂取してから吸収されるまでに時間がかかります。 (だいたい摂取してから5-6時間)。 腹持ちが良いので、ダイエット向きのプロテインと言えます。 ソイプロテインを摂取しながら、筋トレやウォーキングなど適度な運動を行うことで、脂肪を燃焼させながら筋力アップを目指すことができます。 ですからボディラインを整えながら動ける体を作ることが期待できます。 しかし、欠点として水に溶けにくいのでソイプロテインを水に溶かして飲む場合、違和感を感じる方が多いようです。 ソイプロテインとカゼインプロテインなどが配合されつつ、飲みやすく配合された商品を選ぶと、無理なく長く続けて飲むことができるのでおすすめです。 「おいしい大豆プロテイン」は 大豆特有の香りや苦みがほとんどなく、コーヒー味なので牛乳や水との相性が良く、軽くシェイクするだけでも完全に溶けきるので、とても飲みやすい商品です。 次の記事では、ホエイプロテインとカゼインプロテインが効果的になる理由について解説しています。 ぜひ参考にしてみてください。

次の

ホエイ・カゼイン・ソイプロテインの効果の違いと摂取タイミング│筋トレ教則本

プロテイン ソイ ホエイ 違い

プロテインにも種類があることはご存知だと思います?市販されるプロテインには、大きく分けて動物性と植物性の2つの種類があります。 プロテインと聞くと、筋肉をつけたい男の方、またはハードなトレーニングをするアスリートにとって必要な飲み物。 私たち普通の生活を送っている女性にとっては、特に身近ではなく、縁遠いものと思っている方も多いのではないでしょうか? プロテインは今や女性の貴女には特に美容の目的で摂取してもらいたい、素晴らしい効果がたくさんあります。 しかし、どのプロテインをどう飲むのが美容効果のために良いのでしょうか?• また目的にあったプロテインの選び方や、最適な摂取のタイミングはあるの?• 目的に合ったプロテインを選び、適切なタイミングで摂取するには についても知らないといった声が多く聞かれます。 今回は、• ホエイプロテインとソイプロテインの違いとは?• 各特徴は効果の違いとは?• 女性におすすめなのはどっち?• 一日の摂取量 等も含めて、ホエイとソイプロテインについてご紹介したいと思います。 この記事の目次• ホエイプロテインとソイプロテインの違い プロテインには、動物性のものと植物性のものの2種類があります。 動物性プロテインの代表的なものには、牛乳から作られるホエイプロテインやカゼインプロテイン、卵から作られるエッグプロテイン、植物性プロテインの代表的なものには、大豆から作られるソイプロテイン、麻の実から作られるヘンププロテイン、玄米から作られる玄米プロテインなど、他にも様々な植物からプロテインが作られます。 今回は、中でも代表的なプロテイン、ホエイプロテインとソイプロテインを比較しご紹介します。 種 類 特 徴 ホエイ プロテイン 牛乳から作られる動物性プロテイン• 牛乳から作られるため、味に慣れている方も多く淡泊で飲みやすい• 牛乳が原料のため、乳糖が含まれている商品が多く、体質によってお腹を下しやすい• ミネラルや水溶性ビタミンが含まれる• 体内への吸収速度が早く、胃腸にもたれにくい。 また、すぐにエネルギー補給ができる• 液体に溶けやすい• 植物性プロテインよりもカロリーが高い• 筋肉を構成する必須アミノ酸が豊富で、筋肉をつける効果が高く、筋肉をつけたい人向けのプロテイン ソイ プロテイン 大豆から作られる植物性プロテイン• 大豆に含まれるイソフラボンやサポニンには、免疫力や代謝を上げる効果があり、健康効果や美容効果がある• 胃腸にやさしく、食物繊維が豊富。 消化がゆっくりで、腹持ちが良く便秘解消効果やダイエット効果、美容効果などのメリットがある• 液体に溶けにくい商品もあり、粉っぽい感じが残る• 動物性プロテインよりもカロリーが低い• 筋肉をつける目的には、不向き ホエイプロテインとソイプロテインの各効果とは 【1】 ホエイプロテイン (1) 筋肉増強効果 ハードなトレーニング後は、効率的に筋肉の損傷を修復させなければなりません。 そのためには、できるだけ早くタンパク質を補給することが必要になるため、体内への吸収速度が早いホエイプロテインは、トレーニングで筋肉を強くすることを目的としたい方に向いています。 牛乳には、約20%ものホエイプロテインが含まれており、数あるプロテインの中でも筋肉を作り出すことに重要なBCAA(分岐アミノ酸:アミノ酸のロイシンが約11%、イソロイシンとバリンが合わせて約9%)を最も多く含みます。 また、ホエイプロテインは、他のプロテインと比較してカロリーを燃焼させる効果が高く、筋肉でのタンパク質合成も強く促進させる効果があります。 (2) 脂肪肝の改善効果 脂肪肝の人がホエイプロテインを摂取することで、肝細胞内に多量の中性脂肪が蓄積した状態を改善し、徐々に正常な肝臓を取り戻す可能性も期待できます。 また、他にも抗酸化作用の向上も期待できると言われています。 (3) ストレスの軽減効果 ホエイプロテインは、セロトニンのレベルを上昇させて、脳の認識能力やパフォーマンスを改善する効果が確認されています。 セロトニンの分泌が増加することで、ストレスを緩和させる働きがあります。 ソイプロテインは、消化吸収が緩やかなため、腹持ちが良く、間食や食事の置き換えに利用するとダイエット効果が期待できます。 また、基礎代謝を向上させる効果もあり、脂肪燃焼を活発にする効果もあります。 また、筋肉維持の効果があるため、基礎代謝を維持する効果があるため、ダイエット中に基礎代謝が落ちリバウンドのリスクを軽減させることもできます。 他にも、大豆に含まれるレシチンは、セルライトの溶解効果もあると言われているため、セルライトを落としながらきれいにダイエットすることができます。 (2) 美容効果や女性の更年期への効果 女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするイソフラボンが入っています。 抗酸化作用のあるエクオールが髪や肌に作用し美肌効果や女性らしい体のラインをキープします。 ダイエットにおいても、女性らしい体をキープしながら、肌や髪の質を落とすことなく進めることができます。 また、全ての女性に効果があるとは言い切れませんが、更年期の女性ホルモンバランスの乱れによる骨粗しょう症などの身体的不調、うつや精神的な不調にも効果があります。 しかし、最近ではイソフラボンのようなフィトエストロゲン(女性ホルモンのように機能する成分)が身体に蓄積することで、人体の健康を害するのではないかという疑いが指摘されています。 (3) 筋肉への効果 ソイプロテインは、植物性のタンパク質では珍しく、必須アミノ酸をすべて含む完全タンパク質です。 エネルギー源であるぶどう糖(グルコース)の筋肉への取り込みを促進します。 また、筋力維持や筋肉の損傷を抑制する効果があります。 ホエイプロテインと比較すると劣りますが、分岐鎖アミノ酸(BCAA)も含まれており、筋肉を強くし、持久力を上げ、集中力の維持に効果があります。 しかし、ホエイプロテインのように見せる筋肉ではなく、インナーマッスルを鍛えるのに適しており、あまり筋肉をつけたくない女性に向いているプロテインです。 (4) LDLコレステロールを減少させる効果 LDL(悪玉)コレステロールは、増加すると血管の中に溜まり、動脈硬化などの悪い疾患を引き起こします。 大豆たんぱく質を積極的に摂取することで、LDLコレステロールを減らすことができます。 日常的に大豆を取ることが習慣化すると、健康的な血管、血液がサラサラとなり、動脈硬化や心疾患を改善・予防する効果があります。 女性におすすめなのはどっち? 動物性のプロテインと比較しても、カロリーが低く、筋力増強目的よりも、健康維持や美容効果、ダイエット効果を目的としたものとしては「ソイプロテイン」、こちらが女性におすすめできるプロテインです。 ソイプロテインは、栄養豊富で、健康的にダイエットや美容効果が得られます。 特に、大豆に含まれているイソフラボンは、女性のしなやかな身体を作るためには、必要不可欠な成分です。 なぜ、他のタンパク源ではなくプロテインを摂取するのか? なぜ肉や魚など他のタンパク源ではなく、プロテイン摂取がおすすめなのか?とよく聞かれます。 これはなぜかというと、無駄なカロリーを取らずに良質なたんぱく質が摂取できるというメリットが大きいからです。 効率的にタンパク質が取れる点においては、他に勝るものはなかなか見つかりません。 一日のタンパク質の摂取量を知っていますか? 運動されている方は、体重1kgあたりタンパク質を2g摂取する場合もありますが、普通の生活をしている時でも、体重1kgあたり1gは必要とされています。 例えば、体重が約50kgの人ならば50gが必要量という計算です。 例えば、これを牛乳で全て補おうとすると、およそ1500ml、木綿だと、およそ750g、牛肉(サーロイン)だと、およそ430g摂らなくてはなりません。 1日にかなりの食事量を取らなければならないのに驚かされるのではないでしょうか?さらに同時に、それぞれタンパク質には脂質もプラスされるため、これらからの摂取では、カロリーオーバーになってしまうことがほとんどです。 プロテインは、あくまでタンパク質を効果的に摂取するための『栄養補助食品』であり、筋肉増強のみを目的としたものではなく、健康維持や美容効果、ダイエット効果も同時に期待できる食品であると認識した方が良さそうです。 ホエイプロテインとソイプロテインまとめ プロテインは、ダイエットや美容、体力作り、筋力トレーニングなど様々な目的やタイミングに合わせると、効果を期待することができます。 プロテインには、タンパク質に加えて、食事で不足しがちなビタミン類やカルシウム、女性が不足しがちな鉄分などが配合されている商品もありますので、ダイエットなどで食事制限をしている場合などにも上手に取り入れるといいですね。 そして効果を実感してほしいと思います。

次の