あさり 冷凍 保存。 あさりの冷凍保存や解凍方法。賢く冷凍保存して旨味UP!

【栄養UPの冷凍保存方法】あさりの冷凍・解凍方法とレシピ5選!

あさり 冷凍 保存

アサリの新冷凍保存方法 冷凍保存すると味が落ちる 冷凍保存はアサリの保存方法としては長期にわたって家庭で簡単に保存できるため素晴らしい方法と思うのですが、残念ながら味が落ちてしまいます。 口を開けさせるため生よりも長時間熱する必要があるためアサリの身が硬くなる欠点もありました。 そんな時にテレビで そんなときにアサリの冷凍方法をテレビでやっていました。 それは、アサリを真水とともに冷凍してしまう方法です。 簡単に言えばアサリを氷付けにしてしまうわけです。 そして解凍の際には熱湯の中にアサリ入りの氷ごと入れてしまうというものです。 テレビでは途中がカットされていた 鍋でアサリ入りの氷を煮た後、すぐにアサリの口が開いた場面に飛んでいたのでアサリが口を開くところはカットされていました。 そこが見たかったのに・・・ ひょっとして口開けに失敗したのでは? という疑問もわいたりして、アサリの冷凍にはちょっとうるさい私が実際に実験して見ることにしました。 実験開始です 砂抜きをしたアサリを網のボールに入れて30分ほど放置します。 これはアサリが砂抜きの際に塩水を体内に取り込んでいるので、それを吐かせないと塩辛くて調理が出来ないためです。 そして、アサリの表面を綺麗に洗ってフリーズパックに真水と一緒に入れて冷凍します。 そして2週間後 2週間後、パックからアサリ入り氷を取り出します。 実はこの方法はアサリのうまみが乾燥して逃げたり流れ出したりしないで、うまみごと閉じ込めてしまう方法だと、海洋大の先生や料理評論家がテレビでおっしゃっておられました。 本当ならすごいよ。 熱湯の中にアサリ入りの氷を 沸騰した鍋の中にアサリ入りの氷を入れます。 口を開いてくれよと願う瞬間です。 口を開くかどうかが冷凍保存の最重要課題ですので、ここは十分に熱湯したお湯の中に氷を入れます。 必ず熱湯に突然入れてください。 水からはNGです。 ここで、鍋の水温は急激に下がりますが、強火のまま熱し続けます。 ここで、弱火、中火にしてはいけません。 弱気もいけません。 躊躇してもいけません。 強火一辺倒です。 氷がとけてアサリがバラバラになる 氷はとけてアサリがバラバラになり始めます。 当然ながら水温はかなり下がりますが、ここからが勝負ですので強火を続けます。 だんだんと美味しそうになってくる そのうちにグツグツとなりますので、アクが出たらオタマですくって捨てます。 急にアサリが増えたように見えますが、良く分かりましたね。 何回か実験していますので写真を選ぶ時に色々差し変わっているのです。 そして結果はどうなった そして、そのまま煮続けるとほどなくアサリ達は口を開き始めました。 口を開いたら火をすぐに止めます。 アサリは冷凍といえど熱を加えれば加えるほど硬くなり味が落ちます。 味はどうかと確かめると、ウーン。 美味いです。 これはすごい。 明らかに、水を抜いた方法より、アサリも柔らかく味も上でした。 脱帽です。 アサリ入り氷は究極の冷凍法なのか 調理法として解凍後、お味噌汁だけに使うなら究極の保存方法だと思います。 少々冷凍庫でかさばるのが欠点ともいえますが、アサリを冷凍庫があふれるほど獲る人もあまりおられないでしょうから、パックなどに水をヒタヒタまで少なくして保存されればと思います。 スパゲティや酒蒸しなどに使う際は水を抜いた方法で保存するように使い分ければ皆様のアサリ冷凍生活も充実するのではないでしょうか。 2015年現在、個人的には冷凍庫の中でかさ張るのと、調理方法がお味噌汁にしか使えないため、この冷凍方法は使っておりません。

次の

あさりの冷凍保存や解凍方法。賢く冷凍保存して旨味UP!

あさり 冷凍 保存

旨味成分がアップする あさりに含まれている、旨味成分の グルタミン酸と イノシン酸は冷凍することで増えます。 生のあさりは、細胞の中に旨味成分が閉じ込められているので、旨味が出にくい状態です。 冷凍することで水分が凍って細胞を壊すので、旨味成分が出やすくなり、美味しさがアップするのです。 長期保存ができる あさりは冷凍することによって、長期保存が出来るようになります。 生ものであるあさりは、冷蔵では1~2日程度しか持ちません。 上手く保存していても、時間経過と共に身が痩せていってしまいます。 潮干狩りで沢山取ってきて食べきれないという時や、安売りで買ったけれどすぐには食べられない、いう時には 冷凍保存がおすすめです。 冷凍あさりの解凍方法 殻のまま冷凍したあさりは、 絶対に自然解凍はしないで下さい。 冷凍したあさりをゆっくりと解凍すると、貝柱の細胞が壊れてしまうため、加熱をしても殻が開かなくなってしまいます。 凍ったまま一気に強火で調理すると、冷凍して解凍したあさりでも、きちんと殻が開いて美味しく頂くことが出来るのです。 水を入れて冷凍したあさりは、沸騰したお湯の中に一緒に凍らせた氷と共に入れ、強火で一気に殻が開くまで加熱して下さい。 冷凍あさりの保存期間 冷凍あさりは、 1~2ヶ月位保存が出来ます。 そのまま冷凍したあさりは、使いたい分量が取り出せて便利ですが、乾燥が進みやすいので早めに使うようにしましょう。 冷凍庫内の温度変化の状況でも、保存期間は変わってきます。 夏の暑い時期に、冷蔵庫の開け閉めが多い場合には、保存期間が短くなります。 冷凍庫の温度が一定に保たれていて、水と一緒に冷凍したあさりは、 2ヶ月位は保存が可能です。 鉄分たっぷりで貧血予防に あさりは鉄分の含有量が多く、(3. タウリンで二日酔い解消 あさりにはタウリンが含まれています。 タウリンは血液中のコレステロールを低下させ、 動脈硬化を予防する働きがあります。 また、肝臓の解毒機能を向上させる効果もあり、お酒を飲む際に一緒に摂ることで肝臓を守ってくれ、 二日酔いの防止に効果があります。 おすすめはトマト煮込み あさりは加熱したときにうまみ成分と栄養素がたっぷり含まれているので、煮汁を一緒に摂ることができる汁物や煮込みなどの調理法がおすすめです。 また、あさりに含まれる鉄分はビタミンCと一緒に摂ると吸収率が上がります。 ビタミンCの多く含まれているトマトと一緒に煮込み料理にしたり、 料理の仕上げにレモンをかけたりするとより効果的です。 お好みで野菜を足しても、美味しく頂けます。 2) 鍋にオリーブオイルを引き、ベーコンを脂が出て来るまで弱火で炒めます。 3) 野菜を加えて、玉ねぎが透き通るまで炒めます。 4) 薄力粉を少しずつ加えて、焦げないように注意しながら、炒めます。 5) 水・ワイン・コンソメ・牛乳を加えて煮立たせます。 冷凍あさりを加えて、強火で口が開くまで焦げ付かないように注意しながら、加熱し続けます。 水を加えて冷凍したあさりを使う場合には、水は後から様子を見ながら量を調整して加えて下さい。 6) 火を止めてから粉チーズを加えてサッと混ぜ、器に盛ったら、あらびき黒コショウをかけて、出来上がりです。 沸騰したら、冷凍あさりと生姜を加えて、強火で殻が開くまで、加熱し続けます。 水を加えて冷凍したあさりを使う場合には、水の分量を減らして下さい。 3) 片栗粉を水(分量外)で溶いて加え、とろみを付けます。 4) 硬めに茹でた素麺を器に盛り付け、あさりの餡を掛け、ねぎを散らせば、出来上がりです。 レンジで簡単!冷凍あさりの酒蒸し 〈材料〉 ・冷凍あさり 200g以上 ・酒 お玉1杯弱 ・水 適量 ・味噌 適量 ・たまり醤油 小さじ2~3 〈作り方〉 1) 酒を鍋で煮立てて、アルコールを飛ばします。 2) あさりが浸る位の水を加えて、煮立たせます。 3) 冷凍あさりを加えて、強火で殻が開くまで加熱し続けます。 蓋をして少し揺すると、殻が開きやすいです。 4) 殻が開いたら、お好みの量のお湯を足します。 煮すぎるとあさりの身が硬くなるので、水ではなく必ずお湯を加えて下さい。 5) 沸騰したら火を止めて、味噌を溶きながら入れ、たまり醤油を加えます。 6) 器に盛ったら、出来上がりです。 お好みで、ネギを散らすと彩りも栄養価もアップします。

次の

あさりの冷凍保存、方法や期間は?解凍や砂抜きは必要?旨味アップでおいしく保存!

あさり 冷凍 保存

旨味成分がアップする あさりに含まれている、旨味成分の グルタミン酸と イノシン酸は冷凍することで増えます。 生のあさりは、細胞の中に旨味成分が閉じ込められているので、旨味が出にくい状態です。 冷凍することで水分が凍って細胞を壊すので、旨味成分が出やすくなり、美味しさがアップするのです。 長期保存ができる あさりは冷凍することによって、長期保存が出来るようになります。 生ものであるあさりは、冷蔵では1~2日程度しか持ちません。 上手く保存していても、時間経過と共に身が痩せていってしまいます。 潮干狩りで沢山取ってきて食べきれないという時や、安売りで買ったけれどすぐには食べられない、いう時には 冷凍保存がおすすめです。 冷凍あさりの解凍方法 殻のまま冷凍したあさりは、 絶対に自然解凍はしないで下さい。 冷凍したあさりをゆっくりと解凍すると、貝柱の細胞が壊れてしまうため、加熱をしても殻が開かなくなってしまいます。 凍ったまま一気に強火で調理すると、冷凍して解凍したあさりでも、きちんと殻が開いて美味しく頂くことが出来るのです。 水を入れて冷凍したあさりは、沸騰したお湯の中に一緒に凍らせた氷と共に入れ、強火で一気に殻が開くまで加熱して下さい。 冷凍あさりの保存期間 冷凍あさりは、 1~2ヶ月位保存が出来ます。 そのまま冷凍したあさりは、使いたい分量が取り出せて便利ですが、乾燥が進みやすいので早めに使うようにしましょう。 冷凍庫内の温度変化の状況でも、保存期間は変わってきます。 夏の暑い時期に、冷蔵庫の開け閉めが多い場合には、保存期間が短くなります。 冷凍庫の温度が一定に保たれていて、水と一緒に冷凍したあさりは、 2ヶ月位は保存が可能です。 鉄分たっぷりで貧血予防に あさりは鉄分の含有量が多く、(3. タウリンで二日酔い解消 あさりにはタウリンが含まれています。 タウリンは血液中のコレステロールを低下させ、 動脈硬化を予防する働きがあります。 また、肝臓の解毒機能を向上させる効果もあり、お酒を飲む際に一緒に摂ることで肝臓を守ってくれ、 二日酔いの防止に効果があります。 おすすめはトマト煮込み あさりは加熱したときにうまみ成分と栄養素がたっぷり含まれているので、煮汁を一緒に摂ることができる汁物や煮込みなどの調理法がおすすめです。 また、あさりに含まれる鉄分はビタミンCと一緒に摂ると吸収率が上がります。 ビタミンCの多く含まれているトマトと一緒に煮込み料理にしたり、 料理の仕上げにレモンをかけたりするとより効果的です。 お好みで野菜を足しても、美味しく頂けます。 2) 鍋にオリーブオイルを引き、ベーコンを脂が出て来るまで弱火で炒めます。 3) 野菜を加えて、玉ねぎが透き通るまで炒めます。 4) 薄力粉を少しずつ加えて、焦げないように注意しながら、炒めます。 5) 水・ワイン・コンソメ・牛乳を加えて煮立たせます。 冷凍あさりを加えて、強火で口が開くまで焦げ付かないように注意しながら、加熱し続けます。 水を加えて冷凍したあさりを使う場合には、水は後から様子を見ながら量を調整して加えて下さい。 6) 火を止めてから粉チーズを加えてサッと混ぜ、器に盛ったら、あらびき黒コショウをかけて、出来上がりです。 沸騰したら、冷凍あさりと生姜を加えて、強火で殻が開くまで、加熱し続けます。 水を加えて冷凍したあさりを使う場合には、水の分量を減らして下さい。 3) 片栗粉を水(分量外)で溶いて加え、とろみを付けます。 4) 硬めに茹でた素麺を器に盛り付け、あさりの餡を掛け、ねぎを散らせば、出来上がりです。 レンジで簡単!冷凍あさりの酒蒸し 〈材料〉 ・冷凍あさり 200g以上 ・酒 お玉1杯弱 ・水 適量 ・味噌 適量 ・たまり醤油 小さじ2~3 〈作り方〉 1) 酒を鍋で煮立てて、アルコールを飛ばします。 2) あさりが浸る位の水を加えて、煮立たせます。 3) 冷凍あさりを加えて、強火で殻が開くまで加熱し続けます。 蓋をして少し揺すると、殻が開きやすいです。 4) 殻が開いたら、お好みの量のお湯を足します。 煮すぎるとあさりの身が硬くなるので、水ではなく必ずお湯を加えて下さい。 5) 沸騰したら火を止めて、味噌を溶きながら入れ、たまり醤油を加えます。 6) 器に盛ったら、出来上がりです。 お好みで、ネギを散らすと彩りも栄養価もアップします。

次の