あっ 小林 製薬。 『あっ小林製薬』の意味|CM冒頭に込められた意図を問い合わせた結果

健康食品・サプリメント

あっ 小林 製薬

CMを不快に感じる人が挙げてる理由 小林製薬のCMが嫌いな人が挙げてる主なポイントは• 生々しさ• 気持ち悪さ です。 気持ち悪い。 小林製薬は消費者に不快感を与えるCMをただちに中止せよ — Kabao kabao15 小林製薬のCMってトイレばっかりじゃねえか、何が「あっ」だ、気持ち悪い — こしゅ 5syu0 小林製薬のニノキュアとかいう二の腕のブツブツなおす薬のCM本気で気持ち悪い。 特に飯時に見せないで — コロップの栓 m1kkum1ku あの小林製薬の過剰表現CM気持ち悪すぎて見たくない。 食事時とかはちょっと嫌な気分になる。 — モリパー moripaaa 小林製薬とかムヒのCMは生々しい映像多くて嫌い — キノコリ kinokoli1 なんで小林製薬のCMっつうのはこう生々しいんだろうなぁ — 近藤 Kondoo3 小林製薬は名称から胡散臭いからなー。 『バイキン』、 『傷口』、 『におい』などを、かなり生々しく描写してるCMも少なくないので、そういったCMに対して• 気持ち悪い• うざい、胡散臭い(演出が)• 薬だけで治るの? という声や疑問が、少なからず見受けられました。 シンプルでストレートなCM内容が好きという声も多数 映像面ではグロテスクとも取れる要素があり賛否が分かれてますが、 CMのわかりやすさや一貫した雰囲気に対しては非常に評判が良いです。 小林製薬、ブレがないところがホント好き。 — キリコ QURULIneco 悪くいうと、• お金をかけてない• 変化のための工夫をしてない ということになりますが、それ以上に、• シンプルでわかりやすい• 余計な音とか入ってなくて良い• ブレないところが素敵 という感じで、CMが好きな方もかなり多くいらっしゃるようでした。 お金をかければ良いってものでもないし、 『視聴者にとってわかりやすいこと』というのは、CMを作る上でめちゃくちゃ大事ですからね。 大手の携帯会社さんのCMを批判するつもりはないですが、• 登場人物や設定がどんどん増えてって• 何を伝えたいのかが不明確でって言われて みたいなタイプのCMが苦手な方にとっては、 こういうシンプルなCMのほうがストレートに伝わってきて好感を感じることでしょう。 アイボン• ケシミン• 爪ピカッシュ• なめらかかと 等、 商品名を聞いて効能が推測できるものが多く、ちょっとダジャレっぽくなってるのが特徴です。 その独特なネーミングセンスが好きという方は非常に多く、こちらの評判も非常に良いようでした。

次の

小林製薬株式会社

あっ 小林 製薬

本社所在地 〒541-8507 四丁目4番10号 KDX 小林道修町ビル 設立 (8年)(創業:(明治19年)) 事業内容 医薬品、医薬部外品、芳香剤、衛生材料などの製造販売を行う製造販売事業 代表者 代表取締役会長 代表取締役社長 小林章浩 資本金 34億5000万円 発行済株式総数 8205万株 売上高 連結:1,680億5,200万円 2019年12月末日時点 営業利益 連結:263億5,500万円 2019年12月末日時点 経常利益 連結:278億5,100万円 2019年12月末日時点 純利益 連結:191億3,900万円 2019年12月末日時点 純資産 連結:1,726億5,700万円 2019年12月末日時点 総資産 連結:2,333億9,800万円 2019年12月末日時点 従業員数 連結:3,435人、単体:1,414人 2019年12月末日時点 決算期 会計監査人 主要株主 小林彰浩 11. , Ltd. )は、四丁目に本社を置く、と衛生雑貨()の企画・製造・販売をおこなうのである。 の会員企業でありに属している。 コーポレート・スローガンは「 "あったらいいな"をカタチにする」。 概要 [ ] 創業者のが(19年)にで「小林盛大堂」を開き、・・の販売を始める。 2年後には薬品卸部門を設立し、「タムシチンキ」「大効丸」「一日丸」などの薬品の販売を開始。 (8年)には、大阪に進出し、本社を設置した。 その後、(31年)に改組。 後に「」「ブルーレット」「サワデー」「トイレその後に」「サラサーティ」「熱さまシート」「フェミニーナ」「アイボン」「消臭元」「ケシミン」「ナイシトール」などの製品を開発し、テレビの放映も相まって、ヒット商品となる。 ・等、医薬品製造企業の本社が集まることで有名な、大阪・に本社を置いているが、在阪医薬品メーカーでは珍しく、事業としては医薬品よりも、衛生雑貨関係の印象が強い。 は(2部)と比較的最近であり、現在は1部にしている。 製品開発において、非常に小回りの効く企業の一つとしてその名を知られると共に、ユニークなネーミングが冠された商品を多数持つ。 2000年代に入ると他社が発売していたブランドを取得し「キムコ」「イージーファイバー」「プリティ」「小林製薬の」「命の母」「間宮アロエ」「ビスラットゴールドa」「オードムーゲ」「丸薬七ふく(がんやくひちふく)」「ヘモリンド」が順次自社製品となり、販路の拡大や知名度の向上に貢献している製品もある。 (13年)にメーカーであるを子会社化したのを皮切りに、(平成18年)には「間宮アロエ軟膏a」をはじめとするを使用した製品の製造を行っているを子会社化。 さらに、(平成25年)には六陽製薬とジュジュ化粧品を傘下とし、2014年春に事業部を新設。 2016年8月には米国の外用と化粧品の製造販売会社Berlin社とその子会社Perfecta社を完全子会社化した。 ほか、2019年12月期までになどに300億円の投資を行うとしている。 沿革 [ ]• (19年) - 小林忠兵衛によりに、雑貨や化粧品の店として合名会社小林盛大堂を創業。 (明治27年)- 「タムシチンキ」「大効丸」「一日丸」など10種の自家製薬品を販売。 (明治45年)- 合名会社小林大薬房を設立。 (8年) - 合名会社小林盛大堂と合名会社小林大薬房を合併し、大阪市に株式会社小林大薬房を創立。 初代社長に小林吉太郎が就任。 (14年)- 頭痛薬「ハッキリ」を発売。 (15年) - 株式会社小林大薬房の製剤部門を分離し、(旧)小林製薬株式会社を設立。 (昭和23年)- 小林三郎が社長に就任。 (昭和31年) - 株式会社小林大薬房が(旧)小林製薬株式会社を合併し、商号を小林製薬株式会社に変更。 本社を大阪市(現在の大阪市中央区道修町四丁目3番6号に移転。 (昭和33年)- 小林映子が社長に就任。 (昭和42年) - 治療薬「」を発売。 (昭和44年) - トイレタリー製品の第1号「」を発売。 (昭和50年) - 芳香剤のパイオニア「サワデー」を発売。 (昭和51年)- 小林一雅が社長に就任。 (昭和60年) - 倒産したの営業権を譲受(それまでは社名は類似するが関係は無かった企業である)。 同社の防虫剤など(「モスノー」「モスボックス」「サニボン」「煙出しネオ片脳油」など)の販売を引き継いだ。 (昭和62年) - 現在のを導入。 (8年)• 4月 - 「シュミテクト」「ポリデント」「ポリグリップ」の3ブランドを米ブロックドラッグ社との合弁会社である 小林ブロックへ移管。 7月 - 小林ブロックがブロックドラッグの完全子会社となり ブロックドラッグ・ジャパンに商号変更。 「シュミテクト」「ポリデント」「ポリグリップ」の発売元がに変更。 (平成11年) - 第二部上場。 栄養補助食品の通信販売事業を開始• (平成12年) - ならびに大阪証券取引所市場一部上場。 商事部門を分社化し、「株式会社コバショウ」を設立。 (平成13年) -• 米国系傘下にあった国籍の企業ホワイトホール ジャパン コーポレーション(旧・アメリカン・ドラッグ・コーポレーション)を買収、チバ コバヤシ インクに商号変更した同社の製品(「キムコ」「イージーファイバー」「プリティ」「アクアフィルター」 )の販売権を承継(会社はに清算)。 使い捨てカイロ大手のの全株を取得し、完全子会社化。 (平成14年) - から健康食品事業()を譲り受ける。 翌2003年に当社の製品として発売開始。 (平成15年) - 日立造船株式会社より健康食品事業(杜仲茶)の営業権取得。 株式会社エンゼルを「愛媛小林製薬株式会社」に社名変更。 (平成16年)- 小林豊が社長に就任。 (平成17年)• 1月 - が製造する女性用の障害保健薬「命の母」ブランドの独占を取得。 同年6月に「女性保健薬 命の母A」を当社から発売する。 3月 - アメリカ・コーム社との合弁会社であった小林コーム株式を取得して完全子会社化すると共に、コーム社から日本における「ラナケイン」「フェミニーナ」の商標権を譲り受ける。 同年12月にによる吸収合併を行ったため、2006年から「ラナケイン」「フェミニーナ」を自社生産に切り替える。 7月 - と資本・業務提携を結ぶ。 (平成18年)6月 - 大衆薬製造販売の()の全株を取得し、完全子会社化。 同年9月より「アロエ製薬」製品の発売開始。 (平成19年)3月 - ブランドスローガン「"あったらいいな"をカタチにする」をテレビCMに挿入開始。 (平成20年)• 1月 - 卸売子会社のが、株式交換によってメディセオ・パルタックホールディングス(現・)の完全子会社となる。 コバショウは同年4月にパルタックと統合し、パルタックKS(現・)となる。 2月 配合のや用品について、などで謳った効果が過大だったとして、販売停止することを発表。 その後、以下の商品は順次販売を再開した。 銀のブルーレットおくだけ - 2008年2月に商品名を「ブルーレットおくだけ黒ズミ対策」に変更した上で、販売再開。 トイレその後に - 2008年2月よりパッケージを変更し販売再開。 銀の消臭元(タバコ用、ペット用、くつ・下駄箱用) - 2008年3月より商品名を「タバコ消臭元」「ペット消臭元」「くつ・下駄箱消臭元」に変更した上で販売再開。 後に、「くつ・下駄箱用消臭元」は製造終了となり、「タバコ消臭元」と「ペット消臭元」は2016年1月現在も発売されている。 銀の消臭元スプレー - 2008年3月より商品名を「トイレの消臭元スプレー(イオンシトラス)」に変更した上で販売再開。 銀のゴミサワデー - 2008年3月より商品名を「ゴミサワデーEX」に変更した上で販売再開(なお、本製品は「ゴミサワデー」のリニューアルに伴い、2011年3月で製造終了)。 銀の消臭元 トイレ用 - 2008年3月より商品名を「トイレの消臭元(イオンシトラス)」に変更した上で販売再開。 エアコン徹底洗浄スプレー - 2008年4月よりパッケージを変更して販売再開(本製品は2010年3月より桐灰化学へ移管後、同社での販売を終了)。 6月 - 「銀の消臭元 トイレ用」「銀のブルーレットおくだけ」について、優良誤認にあたるとしてから排除命令を受ける。 7月 - 洗眼薬「アイボン」が映画『』とのコラボレーションを実施。 映画ではが「アイボン 」を使用する場面が登場したり、「アイボン」「アイボンWビタミン」のCMでは2008年7月1日から公開期間中まで、冒頭の「あっ! 小林製薬」を使用しない代わりに目玉おやじを登場させたりした。 9月 - ロングセラーブランド「サワデー」を刷新した「香り薫るサワデー」発売。 12月 - 石原薬品工業並びに石原道郎より対策の医薬品「ビスラットゴールド」のを取得。 (平成21年)に「ビスラットゴールドa」として当社から発売。 (平成21年)• 4月 - 井藤漢方製薬との資本業務提携を解消。 5月 - 運営するウェブサイトの一部が不正に改ざんされる。 改ざんされたウェブサイトは一旦閉鎖。 復旧作業を行い同月28日に復旧完了。 8月 - 本社を大阪市中央区道修町四丁目4番10号のKDX小林道修町ビルに移転。 (平成22年)• 4月 - 医療機器事業部門を分社化し、小林メディカル株式会社を設立。 9月 - 当社初の【第1類医薬品】となる膣カンジダの再発治療薬「フェミニーナ 膣カンジダ錠」を発売(本製品は同日にから発売された「オキナゾールL100」のOEM品に当たる)。 同年6月より連結子会社(完全子会社)から適用関連会社となる(同年11月に日本メディカルネクスト株式会社へ商号変更。 (平成25年)• 小林章浩が社長に就任。 3月 - 薬用ローション「オードムーゲ」の製造元である六陽製薬株式会社の株式93. 9月 - 旧法人の化粧品事業とを引き継いだジュジュ化粧品株式会社の全株式を取得し、完全子会社化。 (平成26年)• 2月 - 六陽製薬が製造する「オードムーゲ」「オードムーゲスキンミルク」「オードムーゲスキンクリーム」の販売を日邦薬品工業から継承し、自社製品として発売開始。 11月 - 「ブルーレット」の売り上げがに認定される。 12月 - から薬「丸薬七ふく」ブランド(製造販売承認やなど)を譲り受けることを発表。 2015年(平成27年)2月に譲り受けを完了し、同年3月に自社製品として発売を開始した。 (平成27年)11月 - 適用関連会社の株式会社メディコンについて、米国との合弁契約を友好的に解消し、株式会社メディコンの当社保有分の全株式を株式会社メディコンへ株式譲渡。 これにより、株式会社メディコンは当社の持分法適用関連会社から除外されるとともに、医療機器事業から事実上撤退した。 (平成28年)• 5月 - 株式会社より、紅に関する研究・販売事業を譲受け。 6月 - 期を3月31日から12月31日に変更(これに伴い、第99期の事業年度は同年4月1日から12月31日までの9ヶ月間となる)。 (平成29年)• 6月 - に本社を持つユニオンスイス社との間で美容オイル「バイオイル」の独占売買契約を4月に締結したことを発表。 これにより、2006年の日本上陸時より販売を行ってきた株式会社ジャンパールから販売を引き継ぎ、同年9月より当社での販売を開始。 10月 - が1963年(昭和38年)より販売されてきた内服用薬「ヘモリンド舌下錠」の販売権を同社から取得し、当社製品として発売。 11月 - 「消臭元」が当社製品では2例目となるギネス世界記録に認定される。 12月 - 株式会社との共同で、小売店舗を持たないトイレタリーメーカーでは初となる「販売店検索システム」を開発し、運用を開始。 (平成30年)• 2月 - 株式会社との共同で、当社の抗菌剤「KOBA-GUARD(コバガード)」を活用した「CLOSSHI(クロッシー) ニオわなインナー」を開発し、「しまむら」での販売を開始したことを発表。 7月 - 「シンデレラタイム」の発売元である化粧品メーカーの株式会社True Natureの全株式を取得し、完全子会社化。 11月 - 子供のケアなどで大阪府と包括連携協定を締結。 5月 - 「梅丹(めいたん)」や「古式梅肉エキス」等、を使用した健康食品の製造販売を行っている株式会社の全株式を譲受、子会社化したことを発表。 11月21日 - 完全子会社の桐灰化学株式会社を2020年7月1日(予定)を効力発生日として吸収合併することを発表。 令和2年• 1月31日 - 完全子会社の株式会社ジュジュ化粧品を9月(予定)を効力発生日として吸収合併することを発表。 6月5日 - 令和2年度 知財功労賞において、制度活用優良企業として、「長官表彰()」を初受賞したことが発表された。 その他 [ ] 同名または近似の会社名を持つ企業がいくつか存在する。 バスタニックやモスノーで知られたは元々無関係な会社だったが、倒産後に同社が引き継いだ。 ただし、医療用医薬品会社で傘下の「 小林製薬工業」(小林薬工、現・)とは無関係で、人的な資本は一切無い。 また、風邪薬「ヒストミン」で知られる「」とも無関係である。 同社が(平成5年)に発売した「キズドライ」は当初、傷口を洗浄した後に使用する旨の周知が不十分であったために、傷口を洗わずに使用してなどのを生じたとの苦情がに複数寄せられた。 さらに(平成9年)夏にはの開業医グループから学校医へ、「キズドライ」の使用を止めるよう要請が行われている。 これらの状況から、1997年冬に当時の医薬安全局は同社から事情説明を受けた後に、使用者が傷口を十分に洗浄してから利用するよう表記を改善することを指導した。 これを受けて同社は水洗いを促すパッケージへの変更と、CMでの周知を行った。 その後、処方変更により「新キズドライ」へ改名され、現在も発売されているが、使用前に水洗いを行うことを促すパッケージデザインは踏襲されている。 、と同様、外国人への配慮として、パッケージには商品カテゴリーの英語表記がなされている(例えば、「のどぬ~る ぬれマスク」の場合は、Mask with wet filter(ウエットフィルター付マスク)と表記される)。 同社が大阪市内の複数のに依頼し実施した薬のについて、実施した病院が被験者の身長を偽り肥満度を上げるなどの改竄工作を行っていたことが発覚。 治療の条件を満たすために行われた可能性があり、同社ではこれらの病院に対し、法的手段を含めた対応を取りたいとしている。 の業務を委託したはデータ改竄を認めた。 広報活動 [ ] (平成23年)のへの完全移行後もCMについてはHD制作のCMは1本もなかったが、同年8月から放映されている「女性保健薬 命の母A」「アイボンWビタミン」の最新版CMからHD制作に切替、以降に新規或いは最新版として放映されているCMもHD制作となる。 また、(平成26年)からは当社のスポンサー枠で関連企業(グループ会社)のTVCM(当初はジュジュ化粧品のみだったが、2018年(平成30年)からは桐灰化学にも拡大)のTVCMの放映も行われており、スポンサー枠全てがグループ会社分のみで割り当てられる場合もある。 主なスポンサー番組 [ ]• (隔日提供)• 筆頭スポンサーとして同業者の、別枠で、、曜日別でも提供。 かつてはも提供していた。 (提供復帰)• 同業者の、も提供。 (読売テレビ制作)• (読売テレビ制作)30秒単独、30秒 合計60秒• なお、2018年11月2日放送の『』では、60秒• (2012年4月 - )• (2020年4月 - )• (12時台隔日提供)• (2015年4月 - )• (毎日放送制作)(4月 - )• 提供復帰• (MBS制作)(一時期降板あり)• (2020年5月 - )• (15分拡大版の特別セールスのみ)• (平日全国枠・隔日、カラー表示)• (2015年10月 - )• (2017年4月 - )• (2017年4月 - )• (カンテレ制作)(2020年4月 - )• (2015年4月 - )(一時期降板あり)• (一時期降板あり)• (火曜と金曜をと隔週で提供していたが、武田薬品の2014年9月30日を持って番組降板に伴い2014年10月以降は毎週火曜に固定へ変更 )• (2020年5月 - )• (2020年4月 - )• (2020年5月 - )• 現在無し など• 健康食品通販は主として(テレビ放送)向けに放映 この他にも3カ月限定や週替スポンサーにつくこともある。 日本テレビ系列• (2008年10月 - )• (読売テレビ)• (読売テレビ)• (読売テレビ)• (2018年、読売テレビ)• (2019年、読売テレビ) TBS系列• (毎日放送)• (毎日放送)• ( - 1985年12月)• (毎日放送)• (毎日放送)• (毎日放送)• (毎日放送)• (・毎日放送)• ()(後にサタデープラスにて提供継続)• (毎日放送制作)• (2009年4月15日 - 2010年9月1日)• (2012年2月 - )• (TBS)• (CBCテレビ制作)• (MBS制作)• (毎日放送制作)• (MBS制作)(2018年10月 - )• (2018年4月 - 12月、隔日提供)• (7時台隔週日提供)• (2019年4月 - 9月、9時台隔日提供) フジテレビ系列• 前者は、後者はの後任。 ()(2012年4月 - 、隔日)• (2012年4月 - 、隔日)• (2009年4月 - 、但し途中降板時期あり)• 2009年4月7日よりヒッチハイク復帰。 (2010年4月19日 - )(フジテレビ・関西テレビ)• ( - 2011年9月)• (2011年10月 - 12月)• 金曜2時間単発枠( - 2019年9月)• (放送開始以前から提供、2019年1月〜4月までは提供降板、5月から再び提供復帰)• (制作)(昼ドラから移動。 一時期降板あり)• (東海テレビ)• (2014年5月 - 、隔日)• (関西テレビ)• (土曜日、関東ローカル)• (2011年4月 - )• (2019年5月 - )• (テレビ朝日)• (2019年8月 - )• (2010年4月 - )• (テレビ朝日・ABCテレビ共同制作、ドラマ『』まで担当していた。 (朝日放送テレビ)• (一時降板時期あり)• (2018年12月 - )• (提供復帰)• (提供復帰)• (ABC)• (2018年10月 - )• (2018年12月20日放送、19時台、21時台、但し、21時台は木曜ドラマ枠からの提供。 (2018年12月21日放送の『芸人ちゃんネタ祭り 実力派芸人大集合スペシャル』のみ担当。 ) テレビ東京系列• (2013年10月から12月まで)• 「アイボンWビタミン」• 「アイボンAL」• 「タムチンキパウダースプレーZ」(かつては「オドイーター足ムレ対策」「トイレその後に」に出演)• 「アンメルツゴールドEX」「ギャクリア」「ナイシトールZ」「漢方ヒロレス」• 「丸薬七ふく」「トイレの消臭元」「お部屋の消臭元」「タバコ消臭元」「糸ようじ」「やわらか歯間ブラシ」(かつては「ビスラットゴールドb」に出演)• 「女性保健薬 命の母A」• 「女性薬 命の母ホワイト」「アットノンEX」• 「アットノンEX」• 「ラナケインS」「ブルーレットスタンピー」「カーサワデー」• 「フェミニーナ軟膏S」「アイボン Wビタミン」「ブレスパルファム」「イージーファイバー」• 「キュアレア」(かつては「フェミニーナ軟膏」に出演)• 「サカムケア」(かつては「フェミニーナ軟膏」、「女性保健薬 命の母A」に出演)• 「タフグリップクッション」• 「生葉」「タフデント」「パーシャルデント」• 「Riff あせワキパッド」()(かつては「噛むブレスケア」に出演)• 「サラサーティコットン100」• 「サラサーティコットン100 2枚重ねのめくれるシート」• 「ケシミンクリーム」「サラサーティ 2枚重ね」• 「ケシミン液」「アイボン」(かつては「ホットクレンジングジェル」に出演)• 「ケシミンクリーム」• 「オードムーゲ」• 「Sawaday PINKPINK」「のどぬ~るマスク はだごこちローションマスク」• ・「Sawaday(サワデー)車用パルファム」• 「Sawaday(サワデー)香るスティック」• 「無香空間」(かつては「ビスラットゴールドa」、「クレンジル」、「スミガキ」、「液体ブルーレットおくだけ」に出演)• 「ブルーレット デコラル」• 「液体ブルーレットおくだけ」「ブルーレットスタンピー」「ブレスケア」• 「液体ブルーレット」「のどぬ~るスプレー」• 「ニューアンメルツヨコヨコA」「生葉」「パーシャルデント」「Dental Dr. 「ハナノア」• 「美白スミガキ」• 「美白スミガキ」• 「液体ブルーレットおくだけ」• 「ガスピタン」• 「ヘモリンド」• 「ボーコレン」• 「ハレナース」• 「タフデント」「ハナノア」• 「アンメルツヨコヨコ」「ハッキリK」• 「ハッキリグリーン」• 「ハッキリグリーン」• 「ハッキリグリーン」• 「ハッキリエース」「アンメルシンヨコヨコ」• 「アンメルツヨコヨコ」• 「アンメルツヨコヨコ」• 「ニューアンメルツヨコヨコ」• 「アンメルツフェルビナエース」「銀の消臭元」• 「アンメルツゴールドEX」「ナイシトールG」• 「アンメルツ ほぐタイムマッサージ乳液」• 「スポルタス」• 「スポルタス」• 「スポルタスコールドスプレー」• 「タムシチンキ」• 「プッシュG軟膏」• 「のどぬ~る」「のどぬ~るスプレー」• 「のどぬ~るスプレー」• 「ラナケイン」• 「女性保健薬 命の母ホワイト」• 「フェミニーナ軟膏S」• 「フェミニーナ軟膏S」• 「フェミニーナ軟膏S」• 「びふナイト」• 「びふナイト」• 「びふナイト」• 「びふナイト」• 「びふナイト」• 「びふナイトパッチ」• 「びふナイト ちょこぬり」• ・「アットノン」• 「ファイチ」• 「ファイチ」• 「ガスピタン」• 「チクナイン」• 「ポリデント」• 「ポリデント」• 「ポリグリップS」「デントジェル」• 「タフデント」• 「タフデント」• 「除菌ができるタフデント」• 「タフデント」「パーシャルデント」• 「タフグリップ」• 「タフグリップクッション」• 「パーシャルデント」• 「糸ようじ」• 「生葉b」• 「生葉」「タフデント」「パーシャルデント」• 「スミガキ」• 「トマリナ」• 「ケシミンシールジェル」• 「ケシミンクリーム」• 「ケシミン液」• 「サラサーティ」• 「サラサーティコットン100」「サラサーティ」「エアリッチ」• 「サラサーティコットン100」• 「サラサーティコットン100」• 「サラサーティコットン100」• 「サラサーティホットサポート」• 「サラサーティラストケア」• 「熱さまシート」• 「熱さまシート」• 「熱さまシート」• 「熱さまシート」• ・「熱さまシート」• 「ハナエ・モリ芳香剤」• 「サワデー」• 「サワデー」• 「サワデー」• 「サワデー」• 「サワデー」• 「サワデー」• 「サワデー」• 「サワデー」• 「サワデー」• 「サワデー」• 「香り薫るサワデー」• 「サワデー」「ラナケインS」• 「カーサワデー」• 「サワデーツイン」• 「アラ・コロン」• 「ブランコロン」• 「香りのレリーフ」• 「ブルーレットおくだけ」• 「ブルーレット2タンクのおくだけ」• 「ブルーレットおくだけ」「熱さまシート」• 「ブルーレット陶器のおくだけ」「消臭ピュア」• 「ブルーレット陶器のおくだけ」「キズドライ」• 「ブルーレット吊り下げ」• 「ブルーレットおくだけ」「トイレその後に」「やわやか歯間ブラシ」「ライゾール」「熱さまシート」「のどぬ~るぬれマスク」• 「液体ブルーレットおくだけ」• 「液体ブルーレット」• 「ブルーレットドボン」「トイレの素焼きコロン」「サラサーティ」• 「無香空間」「アッチQQ」• 「無香空間」• 「中和分解消臭」• 「ファブショット」 - ナレーション担当。 「トイレの消臭当番」• 「トイレその後に」• 「トイレその後に」• 「トイレの消臭元」• 「トイレの消臭元」「お部屋の消臭元」「消臭元ミスト」• 「エコロン」• 「香り日和」• 「あせワキパット」「素焼きコロンミニチュアランド」• 「素焼きコロンミニチュアランド」• 「洗いたて消臭シャボン」「消臭シャボンタンククリーナー」「衣類の消臭シャボン」• 「サニボン・F」• 「ふりふりカーペット」• 「モスボックス」• 「プロキープ」• 「しっとリップ」• 「クイックドライタオル」• 「こんがり魚焼き石」• 「水仕事その前に」• 「アイボンWビタミン」• 「アイボン・トローリ目薬」• 「ハッキリエース」「ラナケインS」、「イージーファイバー」• 「ブレスケア」「アイボンメディカル」• 「ブレスケア」「噛むブレスケア」• 「ブレスケア」• 「バクテリート」「かんたん洗浄丸」• 株式会社• 仙台小林製薬株式会社• 株式会社• 株式会社• 桐灰小林製薬株式会社• 株式会社• 株式会社• 小林製薬プラックス株式会社• 小林製薬物流株式会社• エスピー・プランニング株式会社• 株式会社アーチャー新社• すえひろ産業株式会社• 小林製薬ライフサービス株式会社• 小林製薬バリューサポート株式会社• 小林製薬グローバルイーコマース株式会社• 小林製薬チャレンジド株式会社() 経営者の親族・遠縁 [ ]• 会長の小林一雅から見て、曽祖父は忠兵衛で、祖父は吉太郎、父親は三郎であり、吉太郎の婿養子にあたるという。 そして、一雅と豊副会長が兄弟で、一雅の息子が現社長の章浩である。 歴代社長 [ ]• 小林忠兵衛 創業者• 小林吉太郎:1919年~1948年 会社経営の初代社長• 小林三郎:1948年~1958年 二代社長。 吉太郎の娘婿• 小林映子:1958年~1976年 三代社長。 三郎の妻。 :1976年~2004年 四代社長。 三郎の子。 小林豊:2004年~2013年 五代社長。 一雅の弟。 小林章浩:2013年~ 六代社長。 一雅の長男。 親戚・遠縁 [ ]• 出典は人事興信録の4巻と8巻より• 小林忠左衛門(今の岐阜県出身)• 息子:小林忠兵衛(忠左衛門の三男。 名古屋・小林薬房の取締役) 孫(忠兵衛の子供)• 吉太郎(長男)• 妻:たま(足立長右衛門の二女)• (次男)• 妻:千代(の長女)• 房五郎(三男)• 藤井正太郎(米次郎の義弟、千代の弟) 遠縁 [ ]• (正太郎の妻・ふくの父)• (神矢の弟)• (ふくの姉・ふみの夫) エピソード [ ]• 2018年1月号(冬号)の『』の中で、の社長のインタビュー記事によると、「うちやさん、さんといったの製薬メーカーは、一緒にビジネスをしたり、系図をたどると遠縁にあったりと関係が深いです。 」と発言している。 脚注 [ ] [] 注釈化 [ ]• 登場するのは携帯用(100ml)• - 2012年4月24日(2013年5月9日閲覧)• プレスリリース , 小林製薬株式会社, 2013年2月26日 , 2014年3月15日閲覧。 プレスリリース , 小林製薬株式会社, 2013年6月24日 , 2014年3月15日閲覧。 プレスリリース , 小林製薬株式会社, 2014年12月24日 , 2014年12月24日閲覧。 プレスリリース , 小林製薬株式会社, 2015年3月18日 , 2015年3月25日閲覧。 プレスリリース , 小林製薬株式会社, 2015年9月30日 , 2015年11月16日閲覧。 プレスリリース , 小林製薬株式会社, 2015年11月2日 , 2015年11月16日閲覧。 プレスリリース , 小林製薬株式会社, 2016年2月1日 , 2016年2月2日閲覧。 プレスリリース , 小林製薬株式会社, 2016年5月20日 , 2018年12月7日閲覧。 プレスリリース , 小林製薬株式会社, 2017年6月2日 , 2017年9月6日閲覧。 2017年9月6日閲覧。 プレスリリース , 小林製薬株式会社, 2017年11月10日 , 2018年4月14日閲覧。 プレスリリース , 小林製薬株式会社, 2018年1月24日 , 2018年4月27日閲覧。 プレスリリース , 小林製薬株式会社, 2017年11月10日 , 2018年4月27日閲覧。 プレスリリース , 小林製薬株式会社, 2018年6月20日 , 2018年12月7日閲覧。 『』2018年11月16日(中小企業・地域経済面)2019年4月11日閲覧。 プレスリリース , 小林製薬株式会社, 2019年5月14日 , 2019年5月16日閲覧。 ,日本経済新聞,2019年11月21日• プレスリリース , 小林製薬株式会社, 2019年11月21日 , 2020年5月26日閲覧。 プレスリリース , 小林製薬株式会社, 2020年1月31日 , 2020年5月26日閲覧。 プレスリリース , 小林製薬株式会社, 2020年6月5日 , 2020年6月15日閲覧。 かつて小林製薬の東京支社があったにある建物は、小林脳行の本社社屋を一度解体し、新築した建物である。 『』1998年4月18日 東京朝刊 社会 35頁 「消毒薬「キズドライ」「マキロンドライ」 水で洗浄しないと傷が化膿する恐れ」• 小林製薬株式会社. 2019年6月22日閲覧。 『』2013年6月30日• 『朝日新聞』2013年6月30日• 2013年12月20日. 2013年12月21日閲覧。 時代から続く古参スポンサー。 2018年10月期「」より。 これまでの提供スポンサーだった(1994年3月までは、2003年4月から一時期までは・提供だった)から引き継いでる。 降板した武田コンシューマーヘルスケアは日曜エンタへ移動していた。 ただし、PT扱い。 - 日本経済新聞• - 薬事日報• 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - チャンネル• タカハタプレシジョンジャパン• 南開工業• 錦城護謨• 原田鋼業• サクラパックス• ハギワラソリューションズ• 愛媛パッケージ• 中西金属工業• アンコール・アン• プリプレス・センター• フロイント産業• ヤマグチマイカ• 三栄源エフ・エフ・アイ• キューズ• 藤本化学製品• フルハシEPO• クレアン• インパクトジャパン• アイ・シー・アイ• ニッセイエブロ• イースクエア• プランニング・ホッコー• ポジティブ• エッジ・インターナショナル• DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン• ピー・アンド・イー・ディレクションズ• ピープルフォーカス・コンサルティング• 大谷清運• アルメックVPI• PwCアドバイザリー• トータルケア• ビジネスコンサルタント• エコロジーパス• SDGパートナーズ• レックス・インターナショナル• 日経ビーピーコンサルティング• エコツーラボ• リビエラホールディングス• あかつき• vKirirom Japan• かいはつマネジメント・コンサルティング• ネットラーニングホールディングス• 川内美登子・植物代替療法研究所• 教育・学習支援.

次の

小林製薬

あっ 小林 製薬

お持ちのYahoo! JAPANアカウントでログインするとメールアドレスなどの情報入力が簡単です。 必須 番地 建物名 必須 電話番号 [半角数字] ご自宅の電話、もしくは携帯電話のいずれかを入力してください。 確認の上再度ご入力ください。 確認の上再度ご入力ください。 開示・訂正・利用停止等 当社は、会員ご自身からの当社通信販売関連個人情報の開示のお申し出があったときは業務の遂行に著しい支障をきたす場合、又は個人の生命・身体・財産その他の権利利益を害する場合等を除き、すみやかに対応するものとします。 また、会員ご自身から当社通信販売関連個人情報の訂正・利用停止等のお申し出があったときは、すみやかに調査を行い、訂正・利用停止等の必要とする事由があるときは、ご本人であることを確認した上で、合理的な範囲ですみやかに対応するものとします。 文書での回答の場合、郵便料金等の実費を請求することがあります。 なお、当社通信販売関連個人情報に関する開示・訂正・利用停止等のお問い合わせ窓口は、次の通りとします。 0120-60-9876 (9:00~21:00 年中無休) 第6章 その他.

次の