大和 撫子 意味 辞書。 やまとなでしこ

「大和撫子」の意味と使い方|大和撫子の特徴と10の法則

大和 撫子 意味 辞書

「カワラナデシコ」と言う植物の別名であり、日本の女性を表現する言葉でもあります。 語源はいくつかありますが有力な説は、見た目が小さく可愛いナデシコを子どもに置き換え、撫でるように可愛がっている子から撫子という花の名前がつけられました。 さらに、外来種の撫子もあったため日本の撫子であることがわかるように「大和撫子」と呼ぶようになったと言われています。 万葉集や古今和歌集でも撫子を歌った歌や女性の比喩に使われています。 「大和撫子」の意味 大和撫子は「カワラナデシコ」の別名でもあり、日本の女性を表す言葉です。 日本人女性の美しさや奥ゆかしさ、内に秘めた強さも兼ね備えた女性を意味する言葉です。 つまり外見が美しいだけでなく、内面の美しさも大和撫子と呼ばれるためには必要とされています。 いざというときには男性に変わり家庭を守ることができる強さを持っているということです。 「大和撫子」の使い方 日本人女性を表しますが、その中でも外見の美しさや内面の美しさと強さを兼ね備えた存在を「大和撫子」と呼びます。 しかし、特に比較することや制限などはないため人それぞれの大和撫子がいることでしょう。 必ずしも万人に認められ日本人女性だけが「大和撫子」というわけではありません。 外見と内面のどちらに重きを置くかも人それぞれです。 「大和撫子」の例文 僕の気になっているあの子は可愛らしく、それでいて綺麗だ。 話し方や仕草は見ているだけで癒される。 しかし、彼女は優しいだけでなく自分の意見もハッキリと言える女性だ。 間違っていることに対してはしっかり間違っていると言い、解決にむけて真摯に向き合う。 そんな彼女は見た目だけでなく内面も素晴らしい大和撫子と言えるだろう。 「大和撫子」のまとめ 「大和撫子」は花である「カワラナデシコ」の別名であり、日本人女性を表す言葉です。 万葉集や古今和歌集でも撫子を歌った歌や女性を比喩として撫子が使われています。 外見の美しさだけでなく、内面の美しさと強さを兼ね備えた存在を「大和撫子」と言います。 「大和撫子」の基準はなく、人それぞれで大和撫子だと思う女性は異なるでしょう。 必ずしも万人が認める存在が「大和撫子」というわけではないのです。

次の

「大和撫子」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

大和 撫子 意味 辞書

概要 [ ] で「大和撫子」と書き、植物「」(河原撫子)の異名としても用いられる言葉。 「大和」とは日本の異名だが、大倭・大日本(おおやまと)という美称も指す。 がの一つ大和(現在の)に在ったことに由来する。 元々は「」と書いたが、の時に「倭」と通じる和の字に「大」を付けて「大和」と書くよう定められた 植物 [ ] ヤマトナデシコ の「」の異名。 人名・団体名 [ ] にデビューしたの名前。 旧名は伊原静江、大和撫子。 にとが結成したの名前。 にデビューしたの名前。 大和撫子 のの「」の名前。 にアキバ系和風POPSユニットとしてデビュー。 作品名など [ ] にで放送されたのタイトル。 にがリリースしたアルバムのタイトル。 大和撫子 からにかけて連載されたによる漫画『』の登場人物の名前。 にで生産された。 のの勝ち馬。 出典 [ ] [].

次の

やまとなでしこ

大和 撫子 意味 辞書

範囲の変遷 [ ] 元々はヤマト王権の本拠地であるの東南地域が、 大和(やまと)と呼称されていた。 その後、ヤマト王権が奈良盆地一帯や河内方面までを支配するようになると、その地域(後の・)もまた 大和と呼ばれるようになった。 そして、ヤマト王権の本拠が所在した奈良盆地周辺を範囲とするをとした。 さらには、同王権の支配・制圧がの大半(南部から南部まで)にまで及ぶに至り、それらを総称して 大和と呼ばれるようになった。 こうして日本列島、つまり日本国の別名として大和が使用されるようになった。 語源 [ ] 「やまと」のは諸説ある。 山に囲まれた地域であるからと言う説。 この地域を拠点としたが元々「」と言う地域に発祥したためとする説。 「」は元は「」であり山に神が宿ると見なす自然信仰の拠点であった地名が国名に転じたとする説。 「」は元は「山跡」とする説。 から山東(やまとう)を中心に発展したためとする説。 の「やまたい」が「」に変化したとする説。 「」は元は温和・平和な所を意味する「やはと」、「やわと」であり、「しきしま 磯城島 のやはと」から転訛して「やまと」となり、後に「しきしま」がやまとの枕詞となったとする説。 用字の変遷 [ ] 頃に文化が流入すると、「やまと」の語に対して「 」の字が当てられるようになった。 では古くより日本列島の人々・政治勢力を総称して「倭」と呼んでいたが 、古墳時代に倭を「やまと」と称したこと [ — ]は、「やまと」の勢力が日本列島を代表する政治勢力となっていたことの現れとされる。 次いで、になると「大倭」の用字が主流となっていく。 大倭は、日本列島を代表する政治勢力の名称であると同時に、奈良地方を表す名称でもあった。 後半から(大宝元年)までの期間に、国号が「」と定められたとされている が、このときから、日本を「」と訓じたとする見解がある。 奈良盆地を指すの名称が、三野が、尾治が、木が、上毛野が、珠流河が、遠淡海が、粟がなどと好字をもって二字の国名に統一されたのと同じく、には「倭国」を「大倭国」と書くようになったと考えられている。 中期の(天平9年)、令制国の「やまと」は政権下で「大倭国」から「大養徳国」へ改称されたが、諸兄の勢力が弱まった(天平19年)には、再び「大倭国」へ戻された。 そして(天平宝字元年(8月18日改元))、直後に「大倭国」から「大和国」への変更が行われたと考えられている。 このとき初めて「大和」の用字が現れた。 その後、「大倭」と「大和」の併用が見られるが、次第に「大和」が主流となっていった。 古墳 [ ]• がある。 その他 [ ]• 「夜麻登(やまと)は国のまほろば~」とあるように、における当て字は 夜麻登とも表記され、『』における「」の漢字表記も、この夜麻登の方である(『紀』では倭の一字でヤマトと読ませている)。 この他、『古事記』では、 山跡とも表記される。 『日本書紀』では、 野麻登、 椰麼等、 夜麻苔などとも表記され、『万葉集』では、 山常、 也麻等、 夜末等、 夜万登、 八間跡などなどの表記が見られる。 『』の記述では、前に、この国々の中心となるだろうとして、「内つ国」と表記し、大和成立以前では「内つ国」と呼称されていた。 現代において、で「」を送る際に「 大和のヤ」という。 脚注 [ ].

次の