精子 寿命。 妊娠するにはどうしたらいいの?精子の寿命、受精可能時間は?

【妊活】精子の寿命は何日?射精後の受精可能時間と受精確率は?妊娠しやすいタイミングについて

精子 寿命

妊娠するためには、男性の精子の仕組みもしっかりと知っておく必要があります。 意外に知られていない精子の平均寿命と仕組みをまとめました。 また、精子の受精可能期間と空気に触れるとどうなるのか?というのも解説しています。 精子の仕組み 出典: 男性の「精巣」というのは、女性の卵巣に近い機能を持っています。 左右にある陰嚢の中に精巣があり、精子はこの中で作られています。 精子は精巣で原型が作られ、精巣上体を経て精管を通って尿道を通り排出されます。 実は、精子が精巣を出るときにはまだ完成した形になっていません。 精巣上体と精管を通る中で成熟した形態となっていくのです。 精子が完全に完成するまでに、約70日間かかると言われています。 出来上がった精子は、精巣上体にある何本もの細い管で何日か過ごします。 その後、輸精管を通って精嚢に運ばれ射精を待ちます。 精巣で誕生してからここまで、約90日がかかります。 射精の時には、射精管のすぐそばにある「精嚢」と「前立腺」から精液が分泌され、その精液と一緒になって尿道を通過して出ていきます。 これにはきちんとした理由があります。 精子は酸性に弱いのですが、女性の膣内は酸性状態です。 この状態で精子を送り込んでも、精子は酸性によって死滅してしまいます。 しかし、精液はアルカリ性になっているので、膣内の酸性を中和させる効果があります。 アルカリ性の精液で精子を守り、膣内を通って卵子を目指していきます。 女性の場合、卵子は生まれた時から数が決まっているのですが、精子は決まっていません。 常に新しいものを作り出しますので、古いものが溜まるというのはないのです。 また、精子は赤ちゃんや老人の体内でも作らており、極端に言うと90歳近くの男性の精子でも受精は可能です。 精子の平均寿命と受精可能期間 出典: 精子は、25分の1mmぐらいの長さで頭と頚、そして尾の3つの部分で成り立っていて、頭には遺伝子の入れ物である染色体が入っています。 一度の射精で2~5ml程度の量になりますが、その中身は数億匹にもなります。 これだけ放出されても、子宮内に辿り着けるのは100匹程度だと言われています。 そして、精子には寿命と受精可能期間というものがあります。 寿命は、膣内で生きていられる期間です。 精子は射精してすぐに受精可能状態になっているわけではありません。 射精されてから5~6時間後に受精可能運動が出来るようになり、そこから受精可能期間となります。 それぞれの期間を表にしました。 寿命 約3日~1週間 受精可能期間 約36時間 つまり、精子の状態などを考えると 排卵日の2日前から仕込んでおくのがベストなのです。 妊娠しやすい時期については別途以下で解説しています。 よく見るのが「膣の入口付近で射精してしまったけど、空気に触れているから大丈夫?」といった内容です。 精子は空気に触れると死んでしまうというのは知っている方も多いのですが、合っているけど実はちょっと違います。 空気に触れるというよりは「乾燥」することで死滅します。 精子自体は精液に守られていて、空気に触れるのは精液の部分です。 それが乾燥すると、精子が空気に直接触れてしまうため死んでしまいます。 確かに精子自体が空気に触れれば死滅するのですが、まずは精液という段階があるため、空気に触れてすぐに死ぬということはありません。 また、お水やお湯には弱いので洗うことで死滅します。 私もきちんと知るまでは、空気に少しでも触れたらダメなんだ!と思っていました。 妊活は、自分だけでなくパートナーの体の仕組みも知っておく必要があります。 精液が少ない原因について、以下で徹底解説しています。 正常じゃないかも・・・と気になった方は、ぜひ以下の記事も参考にしてみてください。 健康状態や遺伝などなど・・・・・。 なので、赤ちゃんを望む方はきちんと検査しておくとよいかなと思います。 何も問題がなかったら安心して妊活できますしね。 最近は不妊に関して、女性側より男性側に問題がある場合が増えています。 精子検査については別記事にしています。

次の

射精は健康に良い?悪い?(メリットとデメリット)

精子 寿命

が、どっからどう漏れたのかわかりませんが、妊娠につながりました。 不思議です。 最終生理からと、胎児のエコーからどっちからも同じ日になりました 医者からも 今回排卵日はそんなにずれてないでしょうと言われました。 ということは・・・・・ ものすごい少ない量の精子が8日めの 排卵まで生き延びて受精と考えて間違えないのでしょうか? 他に考えられる理由ってなにかありますか? もし、精子の平均的寿命に(3日)に合わせると 排卵が早まらないと無理ですし、そうなると胎嚢見えた時期とか 今まで測定したエコーが全部5日以上ずれないと合わないです。 日数が経った精子で妊娠すると良くないとも聞きましたが。 こういうケースって珍しいんでしょうか。 不思議だったので聞いてみました。 Q 現在不妊治療中です。 基礎体温もつけ、毎月生理後の通水とクロミッド、ルトラール等を服用しています。 排卵日近くなると卵胞チェックをしてもらい、大きさを見てもらって、主人と仲良くするようにしています。 けど、なかなか実らず、毎月生理が来てはがっかりしています・・。 今月こそはと意気込んでいたのですが、排卵日の一週間前に主人の長期の出張が決まってしまいました。 しかたなく出張に行く日の朝(排卵日一週間前)に、精子が長生きしてくれることを祈って仲良くしました。 精子は3日~10日生きていることがあるとよく書いてありますが、実際に排卵の一週間以上前のHで妊娠された方はおられるのでしょうか・・・? 毎月の治療が精神的につらく、出来れば今回の事も明るい方向で考えたいのですが・・・。 A ベストアンサー 私は生理周期26~28日型なんですが、 2人目を妊娠した時は生理開始日から7日目の性交での事でした。 生理自体は4日目で完全に出血がとまりその3日後に仲良くしました。 排卵日までは今までの基礎体温などからは1週間以上も先だからと思い 絶対に妊娠しないと思っていましたが、そのあと1度も仲良くしなかったので その時のHで妊娠したんだと思います。 残念ながらその時の子供は子宮外妊娠ということで、無事に生んであげることはできませんでした。 でも、排卵が早まったのか、精子が長生きしたのかはわからないですが、 私は排卵日と思われる1週間前の性交で妊娠しましたよ! 無事妊娠しているといいですね^^ 私も子宮外妊娠で片側卵巣摘出してしまったので 2人目ですが不妊治療しながらがんばってるところなのでお気持ちわかります。 ぜひ、前向きに考えて治療をがんばらないように 気楽な生活をしてみてくださいね! 気持ちのリラックスも、不妊治療の1つだといわれました^^ Q 今日で高温期14日目です。 4日目前くらいから、 右の卵巣あたりがちくちくと痛み、 足の付け根にも鈍痛があります。 前は断続的でしたが、昨日と今日はずっと痛いです。 私は生理前にお腹が痛くならないので、 「生理前のお腹の痛さ」がどんなかんじかわかりません。 今日会社に来て仕事をしていたら、 右ではなく、子宮のあたりがいままで痛くなったことのない痛みに教われました。 座ってても痛くて、みんなでいっせいにフォークをぷすぷす刺すような痛みでした。 横になれずに早退しようかと思ったら、しばらくして痛みはひきました。 (右下の痛みはあります。 でもこれは「痛てて」というかんじはなく、 「なんか痛いような。 ちくちくするような」というくらいなんです。 まだ検査には早いと思うのですが、 夜になると体温が37. 5くらいになり、 今朝も36. 88と、私にしては高かったので、 もしかして、と思っているのですが、 もし妊娠していた場合、 腹痛って流産の可能性もあると聞いたので不安です。 妊娠されたみなさん、 「腹痛」って、具体的にどこらへんが、どのように、どれくらい痛かったんでしょうか? 教えてください。 今日で高温期14日目です。 4日目前くらいから、 右の卵巣あたりがちくちくと痛み、 足の付け根にも鈍痛があります。 前は断続的でしたが、昨日と今日はずっと痛いです。 私は生理前にお腹が痛くならないので、 「生理前のお腹の痛さ」がどんなかんじかわかりません。 今日会社に来て仕事をしていたら、 右ではなく、子宮のあたりがいままで痛くなったことのない痛みに教われました。 座ってても痛くて、みんなでいっせいにフォークをぷすぷす刺すような痛みでした。 横になれずに早退しようかと思った... A ベストアンサー 私は2度の流産経験者です。 1度目はしばらくは正常に妊娠が進行していたのですが、おなかの痛みは時々ありました。 この時はegonoki-loveさんとは逆に左の下腹部あたりがちくちくと時々痛む感じでした。 針とかフォークを軽く刺されているような、という感じでしょうか。 1日に何度かあるごく短時間の軽い痛みでしたが、先生に相談しても、特に重要視はされなかったです。 この時流産した際に、私は赤ちゃんがおなかの中から出てこないままに死んでしまうけい留流産というものだったのですが、生理最終日の量よりもさらに少量の出血が切迫流産中に何度かあっただけで、腹痛はありませんでした。 2度目の時は妊娠検査薬を使用する1週間前から下腹部痛がありました。 これは私の生理前の腹痛と同じだったので、生理がくるんだなと思っていました。 1日に何度か、これもごく短時間だけ、腰も含む下腹部全体が重く痛くだるい感じです。 鈍痛、という感じでしょうか。 検査薬で陽性が出たので、病院に行き腹痛のことも伝えたところ、今度は先生があわてていました。 10週目くらいまでは流産してしまう可能性があるから 通常の人より高い確率で、ということだと思います と言われました。 その5日後に再度検診に行くと、赤ちゃんはまったく育っていなくて、次の日に生理とまったく同じような感じの出血がありました。 出血の前夜は結構腰が痛く重くなって、床に転がっていたような気がします。 最後に生理 前 痛ですが、上にも書いたように、私の場合は1日に何度か下腹部が痛く重くだるくなります。 ただしまったくの許容範囲内で、通常の生活にも何も問題ありません。 また生理がくるな、と多少憂鬱になるくらいです。 生理痛はそれが最大限ひどくなった感じでしょうか。 下腹部を中心に下半身全体がだるく力が入らない感じで、貧血も伴います。 微熱、吐き気、軽い下痢、頭痛があることもあります。 まだ妊娠かどうかはわからないのですね。 1度目はしばらくは正常に妊娠が進行していたのですが、おなかの痛みは時々ありました。 この時はegonoki-loveさんとは逆に左の下腹部あたりがちくちくと時々痛む感じでした。 針とかフォークを軽く刺されているような、という感じでしょうか。 1日に何度かあるごく短時間の軽い痛みでしたが、先生に相談しても、特に重要視はされなかったです。 この時流産した際に、私は赤ちゃんがおなかの中から出てこないままに死んでしまうけい留流産というものだったのですが、生理最終日の...

次の

知ってました?【精子の寿命】作られて射精するまでに必要な日数は?

精子 寿命

男性の方誰でも一度は射精が健康に与える影響力について考えたことがあるのではないでしょうか? 射精は男性にとっては生理現象ともいえる、切っても切り離せないものです。 今回はそんな射精が健康にもたらす影響を徹底的に検証していきます。 適度な射精回数はむしろ身体にいい 結論から先にお話しすると「射精は健康にいい」と言えます。 今日はセックスの健康効果についていろいろ語られることが多いですが「射精をする」という点においては、セックスもオナニーも同じです。 もちろん、セックスはオナニーに比べ、精神的充足度や興奮度が高い傾向にありますが、精液を排出するという行為であることには変わりありません。 昔は「オナニーしすぎるとバカになる」「過度のオナニーは健康に悪い」なんて言われた時代もありましたが、これは誤りです! 泌尿器科の医師の中には「射精はすればするほど健康にいい」という主張する人もいるのです。 射精の健康メリット 射精の健康メリットというと、あなたは何が頭に浮かびますか?射精には意外な健康メリットも多いのです。 ここではそんな射精の健康メリットについて詳しくお話していきます。 精子の健康を保つ 適度な射精には、精子の健康を保つというメリットがあります。 射精をしないと精液中の白血球数が増加し、精子の質が劣化することが医学的に明らかになっています。 実際、不妊治療の一環として行われる体内・外受精を受ける場合、医師から適度な射精をすすめられます。 「適切な回数」についてはのちほど詳しくお話させていただきますが、多くの医師の見解として、3~7日に一回を推奨しています。 私たち人間の体は、使わない機能は自然に衰えていくという機能が備わっています。 これは「廃用退縮」と呼ばれています。 あまりに長い間射精をしなかったり、頻度が低いと、脳が「精子を作る必要はない」と判断し、精子の生産力が少なくなります。 精子の健康を気にする男性はあまりいないかもしれませんが、精子の生産量が少なくなると、比例して性欲も衰えてしまいます。 逆に適度なサイクルで射精をしていれば、精子は健康に保たれ、性欲も維持できるというわけです。 ストレスやうつ的な症状の緩和 射精すると様々な脳内物質が分泌されることがわかっています。 例えば、ドーパミン。 ドーパニンには、ストレスを緩和する効果があります。 オキシトシンと呼ばれるホルモンは「ハッピーホルモン」と呼ばれるほど、多幸感をもたらし、不安を解消する効果があることがわかっています。 うつ症状の改善に有効とも言われているんですよ。 さらにエンドルフィンという脳内物質は、天然の痛み止めとも言われています。 これだけではありません。 射精の瞬間に分泌れる「プロラクチン」というホルモンは眠りを誘発します。 セックスやオナニーの後、眠くなるのは射精によってこれらの物質が分泌されるからだったんですね。 定期的な射精によって健康なメンタルが保たれるというのは非常に大きなメリットと言えるでしょう。 男性ホルモンを増加させる 男性ホルモン「テストステロン」は性欲を増加させたり、男性的な骨格を形成したり、勃起力アップさせたり、男性にとっては非常に大切なホルモンです。 血中テストステロン値は体質や年齢によって大きく異なります。 しかし、勃起をしてから射精直前ま射精する時をピークに大きく上昇することがわかっています。 つまり、射精をすることで、テストステロンの分泌量を上げることができるんですね。 テストステロンには、サーチュインという長寿遺伝子を刺激するこも最近の研究でわかっており、健康効果、アンチエイジング効果も期待できる非常に大切なものなのです。 加齢によってテストテロンの分泌量は減っていきます。 そんなテストステロンの分泌量をアップさせることができるというのも、間違いなく健康メリットと言えるでしょう。 前立腺ガンのリスクを下げる 中高年の男性が注意すべきガンのひとつに前立腺ガンがあります。 初期症状がほとんどないために、早期発見が難しいがんと言われています。 この前立腺ガンの予防にも射精が有効かもしれないと結論づけている論文がハーバード大学から発表されました。 論文によると、月に21回以上射精している男性は、前立腺ガンのリスクが大幅に下がっていたとのこと。 ただし、この傾向が射精だけによるものなのかどうかはまだ調査が必要という見方をしている医師が多いようです。 加齢とともに発生確率が増加するガンの予防にもなるかもしれないことは射精の健康メリットとして見逃せないポイントですね。 射精の健康面でのデメリット 適度な射精は健康に良いということはわかっていただけたと思います。 コインに裏表があるように、すべてのことにはメリットがあればデメリットもあります。 ここでは射精が健康にもたらすデメリットについて一緒に見ていきましょう。 射精後の疲労感 射精のデメリットとして一番に考えられるのは、射精後に訪れる疲労感です。 100mを全力疾走したのと同じくらいの体力を使う…なんていう風にも言われる射精ですが、疲労感は個人差がありますので一概にこう!とは言えません。 しかし、体力(エネルギー)を要するというのは、事実です。 オナニーの場合は一回に60kcal前後消費すると言われています 20代、身長170cmの場合)。 セックスの場合は、これにピストン運動などが加わるため、時間にもよりますが160kcal近く消費するとも言われているんですよ!ウォーキングなら1時間はかかる熱量です。 これだけ消費すれば疲れるわけですよね。 さらに、射精をするとその瞬間に「プロラクチン」というホルモンが分泌されます。 このホルモンは、倦怠感、疲労感、眠気などを誘発する働きがあることがわかっています。 射精をした後の疲労感は、このように医学的根拠があるものなのす。 ちなみに、セックスの後に訪れる「賢者タイム」は射精による疲労から起こるんですね。 心不全の可能性 若く健康な男性にとってはデメリットとは言えないかもしれませんが、メタボ、中年以降、高血圧、心臓に何らかの疾患がある方は、射精によって心不全が起こりえることも覚えておきましょう。 射精した後は誰でも多少は心臓の鼓動が早くなるのを感じるはずです。 体温も上昇も感じますよね。 射精は一度で60kcal前後を消費する「運動」的な側面もあるのです。 射精をすると、一種のトランス状態に陥いり、想像以上に興奮することで、心臓が血液を全身に巡らせる機能が著しく低下することがあります。 セックスの場合は、全身運動を行いますので、メタボ、高血圧、心臓疾患など健康に問題のある場合は、心臓に負担がかかり、心不全に陥ってしまう可能性はゼロではありません。 実際、セックスやオナニーの最中に事切れてしまったという例がありますので、一応デメリットとして頭に入れて入れておきたいですね。 射精頻度が高いと精子は不健康になる? 先ほど射精のメリットをご紹介した時に「適度な射精は精子の健康によい」とお話したことを覚えていますか?それでは、逆に射精をしすぎると精子の質は落ちるのでしょうか? 射精の回数が多くても、極端に精子の質が落ちることはない、というのが今日では通説になっています。 それどころか、二回連続で射精をした場合、一度目より二度目の精子の方が運動率が良いというデータさえあるのです! これはロンドンのミドルセックス大学付属ノース・ミドルセックス病院でおこわなれば研究によって明らかになっています。 このことからも、射精の頻度が高くても精子の質は落ちないことがわかりますね! ですから精子の健康を考えている方は心配することなくオナニーやセックスを楽しみましょう。 適切な射精の回数は? 適度な射精は健康メリットがたくさんあることはおわかりになったいただけたかと思います。 しかし「適度な射精ってどの程度なの?」と思われた方も多いはず。 実は適切な射精回数の定義はありません。 一般的には「3日に1回」がもっとも適切ではないかと言われています。 これは、精子を貯めておけるのが3日前後であるという理由からです。 と言っても、年齢とともに作られる精子の量は減ってきますので、これは20~30代の健康な男性の場合でしょう。 前立腺ガンが気になる場合は、月に21回以上の射精をしてみるのもいいのではないでしょうか。 ただし、射精には疲労が伴うので、次の日の仕事や予定に影響がでないようにしたいですね。 射精をしたいという欲求は、必ずしも性欲を伴うわけではありません。 精子が限界まで貯まると、出したいという欲求が生じます。 ですから射精は排泄欲に近い自然な欲求であるという側面もあります。 射精をしないことも不健康 ではまったく射精をしないとどうなるのでしょうか?実際、男性の中には、何年も射精をしていないという人もいると思います。 射精をせずとも、貯まった精子は時間がたつと、タンパク質として体内に吸収されます。 そのため、健康を害することはありません。 問題があるとすれば自分でも気づかない間に射精をしてしまうケースです。 睡眠時に起こる「夢精」は思春期以降であっても珍しいことではありません。 しかし、意識しない射精にはもう1つ「遺精」というものがあります。 長期に渡りオナニーや性行為をしないと、何らかのきっかけによって、無意識に射精してしまう現象です。 ストレスや緊張がきっtかけであることが多いため「身体からのSOS」である可能性があるので注意が必要です。 また「適度な射精は前立腺癌の発症率を下げる」という説を様々な研究機関が発表しています。 しかし前立腺癌と頻度の因果関係はまだハッキリとは立証されていないため、メカニズムの解明が待たれる状態です。 それにしても20代の男性において射精回数が月に21回以上の男性では、4~7回の男性に比べて前立腺癌になるリスクが19%も低いという研究データは、健康を気にする方には非常に興味深いと言えるのではないでしょうか。

次の