アジサイ 育て 方。 アメリカノリノキ‘アナベル’の育て方

アジサイ(ハイドランジア)とは

アジサイ 育て 方

栽培環境・日当たり・置き場 耐陰性もありますが、花つきをよくするには日当たりのよい場所が適します。 やや湿り気のある肥よくな土壌を好みます。 水やり 庭植え、鉢植えともに水切れには注意します。 土が乾きすぎるようだと生育や花つきが悪くなります。 肥料 寒肥は3月までに有機物(堆肥など)と草木灰を混ぜたものを株の周囲に施し、開花前の5月ごろに油かすなどを施します。 病気と害虫 病気:うどんこ病、モザイク病、斑点病、炭そ病 うどんこ病を予防するには、込んだ枝葉を剪定して通風をよくします。 害虫:オオミノガ、カイガラムシ、アブラムシなど 春から夏にかけて発生することがあります。 用土(鉢植え) 黒土を主体にして堆肥などの有機質を加え、通気性と保湿を得るために鹿沼土など混ぜて用います。 植えつけ、 植え替え 植えつけは落葉期間中ならいつでも行えます。 2~3年に1回植え替え、用土の通気性をよくします。 ふやし方 さし木:3月から4月に前年枝を用いて春ざしをするか、6月ごろに当年枝を用いて夏ざしをします。 いずれの季節も充実した穂木を使用します。 株分け:植え替えの適期に行いますが、小分けにしすぎないよう注意します。 主な作業 花がら摘み、剪定:花つきをよくするためには、7月上旬から9月中旬に花がら摘みと合わせて、今年伸びた新梢の芽(節)を3~5個残し剪定します。 落葉前後(11月下旬ごろ)に切り詰めると、樹形を小さくすることができ、枝下に残る大きい芽から花を咲かせることもできます。 古くなり太く木化した茎は、2月上旬から3月上旬に整理します。 特徴 アジサイは、世界で広く親しまれている日本産の落葉低木で、梅雨どきに咲く代表的な花木です。 丈夫で育てやすく、乾燥しないように気をつければ鉢植えでも庭植えでも容易に栽培することができます。 アジサイの名は、広義には、アジサイ属 ハイ...

次の

【あじさいの育て方】鉢植えあじさいの挿し木・植え替え時期と方法

アジサイ 育て 方

5m 日照…半日蔭~日なた 難易度… USDA Hardiness Zone:3 to 9 アジサイ【アナベル】とは アナベルは、北アメリカ東部に自生するアメリカノリノキ Hydrangea arborescens の変種を品種化したアジサイです。 園芸品種として作出されたものではなく、イリノイ州のアンナ市の近くで発見された、野生のアジサイです。 通常のアメリカノリノキは小さな装飾花が花序の周囲に額のように付きますが、発見された変種は大きな装飾花を手毬状に咲かせるものでした。 この変種をオランダで選別・改良し、品種化したのがアナベルです。 アナベル花期は6月~7月。 花期になると、分枝した茎の頂部に半球状の花序を出し、小さな花を多数咲かせます。 花のように見えるのはガクが大きく発達した「装飾花」と呼ばれる部分で、雄しべと雌しべが退化しています。 純白の装飾花が咲くのは6月~7月ですが、蕾から咲き進むにつれて変化する花色もアナベル大きな魅力の一つです。 蕾の頃は淡い緑、花が咲くと純白、咲き進んでいくと再び緑に変化し、秋にはドライフラワーのように乾燥した茶色になります。 花色は基本種の白の他、ピンク。 日本のアジサイに比べると枝が細く、装飾花も小さいため、豪華ですが繊細な印象です。 アナベルの名前の由来 アナベルの名前の由来には所説あります。 アマビリスとは「愛すべき」という意味です。 「Anna belle」とは「アンナの美人」という意味です。 この詩は、アメリカの地方伝説である船乗りと娘の悲恋の物語を元に創作されたのではないかと言われています。 伝説は亡くなってしまった娘を思い続ける船乗りの話で、ポーは若くして亡くなった妻への思いをこの詩の中で綴っています。 このように「アナベル」の名前の由来は幾つかありますが、いずれにしても美しく繊細な「アナベル」の花姿に相応しいものだと言えます。 ここでは庭植えでの育て方を紹介しています。 栽培環境 日なたから半日蔭の水はけの良い場所が適しています。 極度に乾燥するような場所は苦手です。 真夏に強い西日が当たって乾燥が気になるようなら、株元をマルチングして水分の蒸発を防ぎます。 夏越し、冬越し 耐寒性、耐暑性共に優れており、特に対策の必要はありません。 水やり ほぼ降雨のみで大丈夫です。 真夏に乾燥が長く続くようなら、朝か夕方に水やりをして下さい。 肥料 元肥として、堆肥や牛糞、緩効性化成肥料などを用土に混ぜ込んでおきます。 追肥は、1月~2月に寒肥、花後にお礼肥を施します。 どちらも緩効性化成肥料か、固形の油粕を施して下さい。 植え付け、植え替え 植え付け 適期は3月~4月、10月~11月です。 用土に腐葉土を混ぜ込み、さらに元肥として堆肥や緩効性化成肥料を混ぜ込みます。 肥沃な土壌を好むので、必ず元肥を用土に混ぜて下さい。 根鉢の2~3倍程度の植穴を掘り、根鉢を軽く崩して植え付けます。 植え付け後は水をたっぷりとやり、根と土を馴染ませて下さい。 植え替え 特に植え替えの必要はありません。 剪定 他のアジサイと違い、アナベルは新梢咲きの品種です。 花芽は開花する年の春に出来るので、花後すぐに剪定しなくても花芽を切り落とす心配がありません。 樹形を整えるための剪定は花後、または落葉期の2月~3月に行います。 細い枝や形の悪い枝は切り落とし、全体を丸く半円形になるように整えます。 必ず剪定が必要な訳ではありませんので、気になる場合に行って下さい。 株が大きくなって枝が込み合ってくると、下葉が落ちたりするので数年に一度、強剪定を行って枝を更新します。 強剪定の適期は11月~12月で、地際から2~3芽残してバッサリと刈り込んで下さい。 花数は減りますが、枝の勢いが増し大きな花を付けてくれます。 増やし方 挿し木 アジサイは挿し木で簡単に増やすことが出来ますが、意外と失敗することが多いのがこのアナベルの挿し木です。 6月上旬~7月中旬に挿し木をする場合 新梢を使って挿し木をします。 硬くなったものを選び、2~3節の長さで切り取ります。 節の下1㎝で斜めに切り、下葉を取り除き、上の葉は半分にカット。 半日~1日ほど水に挿しておき、十分に水揚げをします。 挿し木用土に挿しますが、発根剤を切り口に付けて挿すと成功率が上がります。 用土は赤玉土 小粒 か挿し木用土で、下の節が土に埋まるように挿して下さい。 明るい日陰で水を切らさないように管理して、発根を待ちます。 発根したら徐々に日光にならしていき、1カ月ほどで鉢上げをします。 2月に挿し木をする場合 要領は同じです。 この時期は落葉しているので葉の処理は必要ありません。 下の節から発根、上の節から葉を出させます。 成功すれば春になると元気に葉を出してくれます。 そのまましばらく育て、4月頃に鉢上げをして下さい。 挿し穂に太い枝を使うと、その年に花が付くこともあります。 病気・害虫 うどんこ病 葉の表面が白い粉をまぶしたようになり、病気が進行すると葉が枯れてしまうこともあります。 初期であれば、病葉や落葉した病葉を取り除くことで拡大をある程度防ぐことが出来ます。 風通しを良くして、発生を予防して下さい。 カミキリムシ 株元におがくずのようなものが落ちていたら幹の中にカミキリムシの幼虫が潜んでいます。 放っておくと株が枯れてしまうので、早目に駆除して下さい。 幹に開いている穴から薬剤を注入するか、針金などを突っ込んで補殺します。 薬剤の場合は、駆除の確認のため、新しいおがくずの発生に注意して下さい。

次の

アジサイ(ハイドランジア)の育て方

アジサイ 育て 方

5m 日照…半日蔭~日なた 難易度… USDA Hardiness Zone:3 to 9 アジサイ【アナベル】とは アナベルは、北アメリカ東部に自生するアメリカノリノキ Hydrangea arborescens の変種を品種化したアジサイです。 園芸品種として作出されたものではなく、イリノイ州のアンナ市の近くで発見された、野生のアジサイです。 通常のアメリカノリノキは小さな装飾花が花序の周囲に額のように付きますが、発見された変種は大きな装飾花を手毬状に咲かせるものでした。 この変種をオランダで選別・改良し、品種化したのがアナベルです。 アナベル花期は6月~7月。 花期になると、分枝した茎の頂部に半球状の花序を出し、小さな花を多数咲かせます。 花のように見えるのはガクが大きく発達した「装飾花」と呼ばれる部分で、雄しべと雌しべが退化しています。 純白の装飾花が咲くのは6月~7月ですが、蕾から咲き進むにつれて変化する花色もアナベル大きな魅力の一つです。 蕾の頃は淡い緑、花が咲くと純白、咲き進んでいくと再び緑に変化し、秋にはドライフラワーのように乾燥した茶色になります。 花色は基本種の白の他、ピンク。 日本のアジサイに比べると枝が細く、装飾花も小さいため、豪華ですが繊細な印象です。 アナベルの名前の由来 アナベルの名前の由来には所説あります。 アマビリスとは「愛すべき」という意味です。 「Anna belle」とは「アンナの美人」という意味です。 この詩は、アメリカの地方伝説である船乗りと娘の悲恋の物語を元に創作されたのではないかと言われています。 伝説は亡くなってしまった娘を思い続ける船乗りの話で、ポーは若くして亡くなった妻への思いをこの詩の中で綴っています。 このように「アナベル」の名前の由来は幾つかありますが、いずれにしても美しく繊細な「アナベル」の花姿に相応しいものだと言えます。 ここでは庭植えでの育て方を紹介しています。 栽培環境 日なたから半日蔭の水はけの良い場所が適しています。 極度に乾燥するような場所は苦手です。 真夏に強い西日が当たって乾燥が気になるようなら、株元をマルチングして水分の蒸発を防ぎます。 夏越し、冬越し 耐寒性、耐暑性共に優れており、特に対策の必要はありません。 水やり ほぼ降雨のみで大丈夫です。 真夏に乾燥が長く続くようなら、朝か夕方に水やりをして下さい。 肥料 元肥として、堆肥や牛糞、緩効性化成肥料などを用土に混ぜ込んでおきます。 追肥は、1月~2月に寒肥、花後にお礼肥を施します。 どちらも緩効性化成肥料か、固形の油粕を施して下さい。 植え付け、植え替え 植え付け 適期は3月~4月、10月~11月です。 用土に腐葉土を混ぜ込み、さらに元肥として堆肥や緩効性化成肥料を混ぜ込みます。 肥沃な土壌を好むので、必ず元肥を用土に混ぜて下さい。 根鉢の2~3倍程度の植穴を掘り、根鉢を軽く崩して植え付けます。 植え付け後は水をたっぷりとやり、根と土を馴染ませて下さい。 植え替え 特に植え替えの必要はありません。 剪定 他のアジサイと違い、アナベルは新梢咲きの品種です。 花芽は開花する年の春に出来るので、花後すぐに剪定しなくても花芽を切り落とす心配がありません。 樹形を整えるための剪定は花後、または落葉期の2月~3月に行います。 細い枝や形の悪い枝は切り落とし、全体を丸く半円形になるように整えます。 必ず剪定が必要な訳ではありませんので、気になる場合に行って下さい。 株が大きくなって枝が込み合ってくると、下葉が落ちたりするので数年に一度、強剪定を行って枝を更新します。 強剪定の適期は11月~12月で、地際から2~3芽残してバッサリと刈り込んで下さい。 花数は減りますが、枝の勢いが増し大きな花を付けてくれます。 増やし方 挿し木 アジサイは挿し木で簡単に増やすことが出来ますが、意外と失敗することが多いのがこのアナベルの挿し木です。 6月上旬~7月中旬に挿し木をする場合 新梢を使って挿し木をします。 硬くなったものを選び、2~3節の長さで切り取ります。 節の下1㎝で斜めに切り、下葉を取り除き、上の葉は半分にカット。 半日~1日ほど水に挿しておき、十分に水揚げをします。 挿し木用土に挿しますが、発根剤を切り口に付けて挿すと成功率が上がります。 用土は赤玉土 小粒 か挿し木用土で、下の節が土に埋まるように挿して下さい。 明るい日陰で水を切らさないように管理して、発根を待ちます。 発根したら徐々に日光にならしていき、1カ月ほどで鉢上げをします。 2月に挿し木をする場合 要領は同じです。 この時期は落葉しているので葉の処理は必要ありません。 下の節から発根、上の節から葉を出させます。 成功すれば春になると元気に葉を出してくれます。 そのまましばらく育て、4月頃に鉢上げをして下さい。 挿し穂に太い枝を使うと、その年に花が付くこともあります。 病気・害虫 うどんこ病 葉の表面が白い粉をまぶしたようになり、病気が進行すると葉が枯れてしまうこともあります。 初期であれば、病葉や落葉した病葉を取り除くことで拡大をある程度防ぐことが出来ます。 風通しを良くして、発生を予防して下さい。 カミキリムシ 株元におがくずのようなものが落ちていたら幹の中にカミキリムシの幼虫が潜んでいます。 放っておくと株が枯れてしまうので、早目に駆除して下さい。 幹に開いている穴から薬剤を注入するか、針金などを突っ込んで補殺します。 薬剤の場合は、駆除の確認のため、新しいおがくずの発生に注意して下さい。

次の