魔法少女まどかマギカ。 魔法少女まどか☆マギカ (上) (星海社文庫)

魔女図鑑 まどか

魔法少女まどかマギカ

通称は「 まどマギ」、あるいは単に「 」、「 まどかマギカ」がよく使われる。 その他の称としては「」「ままま」「魔まマ」などがある。 放映発表当初こそ「よくある」としてさほど注されてなかったが、の(後述)を見た一部の人々は、この作品を「 」と称した。 原案が可らしい達のほの「」で有名なであったのに対し、脚本が表現と硝煙の匂いにという異色の取り合わせであったためである。 このため、本作は当初どちらかといえばイロモノ扱いであり、また業界にあまり詳しくない人からも併せて前評判は芳しくなかった。 放送開始直後も見かけ上はのものであり同様の傾向が続いたが、で衝撃的展開を迎え、その後もそれが単なる驚かしではない事を示すかのように内容を取り扱い、最終的に「」というそのものを揺るがす作品となった。 それら内容と、可らしいの絵柄とのギャップに評判が広がり、結果的にの中でも突出した性を持つ作品となった。 近年は売り上げの不安定さから物のが敬遠される傾向があり、一方で付作品のや補の作品の枯渇、悪によるなどが問題になっていた。 そんな中、「先が読めない面さ」というの長所をめて作り手やに認識させたこの作品の意義は大きい。 より、・・で放映されたほか、などでから1週遅れで最新話が配信された。 しかし、のを受け、大規模なが登場する10&11話の内容もあり、放送および配信を。 その後の放送が危ぶまれたが、翌のにそれまで放送できなかったまでの3話分のが決定した。 この手の作品では異例の事態であり、視聴率はで2. 3(占有率. 6)を記録した。 では本放映版とほぼ同じ内容である「版」を、 まで有料で配信している。 には日台同時一挙が行われ、数約10万、来場者数約万、総数約1万と新記録を立した。 そして、には の決定が告知された。 版を再編集した2本はに、全最新作1本はの開された。 詳細は「 」「 」をそれぞれ参照。 にはでの放送が決まり、以外では初の局が登場した。 には3回の一挙が行われ、来場者数約万、総数万を記録した。 そして、時は流れ。 にて配信がまで全話開放された。 立に通う、の二年生・も、そんなの中で暮らす一人。 ある日、に不思議な出会いが訪れる。 この出会いは偶然なのか、必然なのか、はまだ知らない。 主要人物 ( - ) - : 本作の。 ごくの二年生だったが、やとの出会いをきっかけにのに足を踏み入れる。 ( - ) - : が夢の中で出った、を秘めた。 ( - ) - : より一つ年上の、面倒見の良いの。 ( みき - ) - : とはで仲の良い、元気で活発なする。 ( ) - : の住む町にとある事情でやってきた、好戦的で旺盛な。 - : につきものな。 「」と称し、一つだけ願いをえる代わりにをにする役割を持つ。 サブキャラクター ( ) - : とので三人組の一。 ( かみじょう きょうすけ) - : のので、の想い人。 ( こ) - : の。 第一線で戦うキャウーマンであり、の計を一手に引き受ける。 ( ともひさ) - : の。 妻・詢子に代わってのことを引き受ける専業夫。 ( - ) - : と11歳離れた。 まだまだやんちゃ盛りの3歳の現役児。 ( さおとめ かずこ) - : たちのの担任の。 担当科は。 モブキャラクター (なかざわ) - : たちの。 及びに登場。 ホスト二人組() - :、 8話に登場。 が乗り合わせたの乗客。 の図鑑に、それぞれのやの解説が掲載されている。 の名前の表記に使用されている特殊なのについてはににてされている。 これらの解読方法についてはには言及されていない。 に登場する「」のみ、名の表記が「」であることがいくつかのにおいて明かされていた…のだが、を除きは「」に修正されている。 また、において「」のでの表記が、「」であることも判明した。 また、号~号まで、『』『 』(作:、画:志)が連載された。 全5巻。 番組終了後、描き下ろしのとして、『 』(江)も刊行した(全2巻)。 (作:、:)は上下巻で刊行中。 (注:ただしこの版は書籍ではなく扱いな為、一般書店では購入できない。 のちに一般流通版がより発売された。 さらに訂正を加えられた文庫版が文庫として出版された。 ) からにかけてによる『 』が発売された。 全3巻。 そのほかが存在している。 また、の増刊号として、に本作の作品を取り扱った『 』も季刊誌として創刊されており、まれにである『』のなども掲載されている。 に用「 」が発売。 として用の「のドキドキ 」が配布された。 から「 」がプレ開始し、に正式へと移行している。 第1話のの他、第6話のでも版が使用された。 放送第1話、第2話、第9話、第11話はがい。 第1話、第2話、第10話においては挿入歌として使用された。 " I, , " はそれぞれまたはの第2・4・6巻(生産限定版)に付属。 曲名はほとんどがになっている。 第7話で一映った建物は庁舎、第8話の舎のはの、第11話でがで特攻する場面ではと思われる建造物が見られる。 それ以外にも、第9話でが食べていたおのような食べ物はを代表する郷土食のひとつ「」に似た形をしている。 他にもに登場する物のとして、ド、(や)、、、(チバ)など各の有名建造物がとして挙げられている。 これらについてはが詳しい。 なかでも達の通うはそのとしてのが挙げられている。 第15化庁祭部門大賞• 第16回賞作品賞・部門• ア 作品賞・賞 ・賞 ・演賞 ・助演賞 ・賞 ・劇伴賞 ・賞 ・賞 ・賞 , ・撮賞・美術賞 ・設定賞・賞• 1 「として、になってよ! 2・第11回ア 部門優秀作品賞・個人部門賞 ・個人部門脚本賞• 第1回日刊プリ 賞 ・ワースト賞 ・賞・楽曲賞 ・P賞• 第6回 演賞 ・助演賞• 第回・フェア第19回&大賞最優秀ポワール賞• Lng of the Ye 2 in 選定委員特別賞• 第43回 部門• 第11回 of G賞 賞• (まとめ)•

次の

【新作映画】魔法少女まどか☆マギカ続編はどうなったのか?【叛逆の物語の続き】│大葉せんせいの雑記ゼミ

魔法少女まどかマギカ

ボーナスは通常のものとは別に、ARTが確定する「エピソードボーナス」、ARTゲーム数大量上乗せに期待できる「裏ボーナス」の3種類。 チャンスゾーン「魔女の結界」は4種類存在し、それぞれART期待度とチャンス小役が異なる。 演出・解析情報 「設定差のあるポイント」 弱チェリーでの当選が複数回確認できれば高設定の期待大。 スイカ契機の当選もカウントしておこう。 超高確のベル契機のCZ当選率にも設定差がなく一律25. 「微差ではあるが高設定はスイカ契機で杏子以上が少ない」 そこまで大きな差ではないが、設定5・6はスイカ契機のCZで杏子以上が選ばれにくい。 とくに低確中は設定1・2と5・6で2倍近くの差があるため補足要素としてチェックしておこう。 設定変更(リセット)直後と通常時では内部的にRT状態が異なるため、逆押しからのリプレイの停止形で設定据え置きかどうかを見極めることが可能。 ただし、ベルこぼしを引くと通常時と同じRT状態へ移行するため、以降は判別できない。 【据え置き判別・最初に狙う絵柄】 右リール枠上or上段に紫7を目押し。 【右リール上段にリプレイ停止で据え置き濃厚】 上段or左下がりにリプレイが揃えば通常のRT濃厚となるため据え置きが確定する。 【ベルこぼし成立で判別終了】 中段にベル・リプレイ・リプレイが停止すればベルこぼしとなり、設定変更後のRT状態に滞在していた場合も通常のRT状態へ戻る。 「設定判別を確定させることはできない」 あくまで通常のRT状態を確定させる判別法なので、設定変更が確定する出目やパターンなどは存在しない。 「キュゥべえチャレンジはART以上確定」 魔女の結界の前兆中に昇格する可能性あり。 バトルパートはジャッジ演出的な意味合いが強いが、レア役を引ければボーナスのチャンスだ。 結界パートではボタンで背景のエフェクトが変化するほど期待度アップ! [バトルパート中] バトル中はさやかやマミの弱レア役でもART当選の期待大だ。 レア役の無駄引きはナシだ。 [穢れはボーナス当選時に放出] ソウルジェムは液晶上部に設置!! さまざまなタイミングで穢れを吸収する。 [穢れの蓄積タイミング] 魔女の結界失敗時やボーナスフラグ間の強チェリーやチャンス目、 ART準備中のハマリなど心を濁すタイミングで穢れが蓄積される。 [穢れの蓄積契機] ・魔女の結界失敗 ・ボーナス成立中の強レア役 ・連続演出失敗 ・ART準備中のハマリ ・ボーナス間のハマリ ・ART終了時(駆け抜け時はたまりやすい!? ) etc… [エピソードBBや裏ボーナスに期待] エピソードBBは突入した時点でART確定!! 裏ボーナスは30G間毎ゲーム5G以上を上乗せするため超強力だ。 [穢れ放出の流れ] 「ステージ変化演出発生時の法則」 「連続演出ハズレ後の移行ステージ法則」 基本的に連続演出ハズレ後は通常のステージ変化演出と同じ順番で変化するが、法則が崩れればCZ以上の大チャンスだ。 夕方や魔女探索に滞在していた場合は基本的に各ステージを引き継いでスタートする。 ボーナス後にCZが潜伏している場合は上記の法則崩れが発生するパターンが多いため要注目。 継続率管理のゲーム数上乗せ特化ゾーン! [ワルプルギスの夜性能] 1セット…5or6or10G 継続率…75. アルティメットまどかは最高継続率の可能性大だ。 ワルプルギスの夜の攻撃は3種類。 「まどかのムービー演出発生でボーナス!! 発生なしでも最低20G以上の上乗せが確定する。 各レア役の上乗せ当選時は非継続の場合「継続」に書き換え! 【イベントマスと成立役に応じでゲーム数を上乗せ!】 マスはマップで管理されており、1マスずつ左にスライド。 ベル以上の小役を引けば当該マスの恩恵を受けることができる。 [突入(当選)契機] ・ART中のレア役や毎ゲーム抽選に当選 ・ボーナス中の7揃い ・通常時CZの忘却の魔女撃破 [上乗せ保証] 1回(5G)以上の上乗せをゲットするまで終わらない [終了条件] 使い魔マスでリプレイを引く(保証やアイコンなし時) 「マスごとの役割」 「ベル以上で当該アイコンの恩恵ゲット」 キャラアイコンゲット時は画面左上にストックされる。 まどかはゲットできれば100G以上の上乗せ確定だ。 「32G毎に登場する魔女バトル」 バトルに勝てば(ベル以上を引けば)グリーフシードを獲得。 倒した魔女によってグリーフシードの数が変化する。 一度も上乗せしていない場合はリプレイを引いても終わらない。 「マス抽選のフローチャート」 [レベルは開始画面で確認可能] 開始画面でPUSHボタンを押せば、ART告知ランプの色でレベルが示唆される。 キュゥべえやまどかになる比率が高いところも頼もしいポイントだ。 [ソウルジェムB] ソウルジェムからアルティメットまどかが登場することも! [キュゥべえマス] キュゥべえは上乗せ確定。 唯一リプレイでも上乗せされるマスだ。 [まどかマス] まどかは成功すれば100G以上、強レア役やボーナスなら200G以上! [キャラ・バトルマス] キャラやバトルマスでもレア役を引けば上乗せゲット! [グリーフシードマス] グリーフシードはバトルマスで魔女を撃破した後に出現。 [ワルプルギスの夜専用の前兆] ノイズ演出や使い魔が頻発すればワルプルギスの夜の大チャンスだ。 [魔法少女タッチ演出] 発生した時点で大チャンス! しばらく指先にタッチしていると隠し映像が表示される。 基本的にアイコン経由の演出は成功=特化ゾーンorボーナスとなる。 「ゲーム数上乗せは基本的に連続演出非経由」 ゲーム数を上乗せする場合は単発の演出(ボタンPUSHなど)から直乗せされる。 非経由のアクションリールは杏子以上なら上乗せ確定! ぬいぐるみや子猫といった連続演出は非経由で発展すれば上乗せ確定だ。 ラストはスクラッチで結果を告知! 指をスライドさせて削ってみよう。 4〜1. [上乗せ時はグリーフシードの数に注目] 通常はグリーフシード1つから上乗せ! 複数のグリーフシードが出現すれば大量ゲーム数上乗せのチャンス!.

次の

【新作映画】魔法少女まどか☆マギカ続編はどうなったのか?【叛逆の物語の続き】│大葉せんせいの雑記ゼミ

魔法少女まどかマギカ

通称は「 まどマギ」、あるいは単に「 」、「 まどかマギカ」がよく使われる。 その他の称としては「」「ままま」「魔まマ」などがある。 放映発表当初こそ「よくある」としてさほど注されてなかったが、の(後述)を見た一部の人々は、この作品を「 」と称した。 原案が可らしい達のほの「」で有名なであったのに対し、脚本が表現と硝煙の匂いにという異色の取り合わせであったためである。 このため、本作は当初どちらかといえばイロモノ扱いであり、また業界にあまり詳しくない人からも併せて前評判は芳しくなかった。 放送開始直後も見かけ上はのものであり同様の傾向が続いたが、で衝撃的展開を迎え、その後もそれが単なる驚かしではない事を示すかのように内容を取り扱い、最終的に「」というそのものを揺るがす作品となった。 それら内容と、可らしいの絵柄とのギャップに評判が広がり、結果的にの中でも突出した性を持つ作品となった。 近年は売り上げの不安定さから物のが敬遠される傾向があり、一方で付作品のや補の作品の枯渇、悪によるなどが問題になっていた。 そんな中、「先が読めない面さ」というの長所をめて作り手やに認識させたこの作品の意義は大きい。 より、・・で放映されたほか、などでから1週遅れで最新話が配信された。 しかし、のを受け、大規模なが登場する10&11話の内容もあり、放送および配信を。 その後の放送が危ぶまれたが、翌のにそれまで放送できなかったまでの3話分のが決定した。 この手の作品では異例の事態であり、視聴率はで2. 3(占有率. 6)を記録した。 では本放映版とほぼ同じ内容である「版」を、 まで有料で配信している。 には日台同時一挙が行われ、数約10万、来場者数約万、総数約1万と新記録を立した。 そして、には の決定が告知された。 版を再編集した2本はに、全最新作1本はの開された。 詳細は「 」「 」をそれぞれ参照。 にはでの放送が決まり、以外では初の局が登場した。 には3回の一挙が行われ、来場者数約万、総数万を記録した。 そして、時は流れ。 にて配信がまで全話開放された。 立に通う、の二年生・も、そんなの中で暮らす一人。 ある日、に不思議な出会いが訪れる。 この出会いは偶然なのか、必然なのか、はまだ知らない。 主要人物 ( - ) - : 本作の。 ごくの二年生だったが、やとの出会いをきっかけにのに足を踏み入れる。 ( - ) - : が夢の中で出った、を秘めた。 ( - ) - : より一つ年上の、面倒見の良いの。 ( みき - ) - : とはで仲の良い、元気で活発なする。 ( ) - : の住む町にとある事情でやってきた、好戦的で旺盛な。 - : につきものな。 「」と称し、一つだけ願いをえる代わりにをにする役割を持つ。 サブキャラクター ( ) - : とので三人組の一。 ( かみじょう きょうすけ) - : のので、の想い人。 ( こ) - : の。 第一線で戦うキャウーマンであり、の計を一手に引き受ける。 ( ともひさ) - : の。 妻・詢子に代わってのことを引き受ける専業夫。 ( - ) - : と11歳離れた。 まだまだやんちゃ盛りの3歳の現役児。 ( さおとめ かずこ) - : たちのの担任の。 担当科は。 モブキャラクター (なかざわ) - : たちの。 及びに登場。 ホスト二人組() - :、 8話に登場。 が乗り合わせたの乗客。 の図鑑に、それぞれのやの解説が掲載されている。 の名前の表記に使用されている特殊なのについてはににてされている。 これらの解読方法についてはには言及されていない。 に登場する「」のみ、名の表記が「」であることがいくつかのにおいて明かされていた…のだが、を除きは「」に修正されている。 また、において「」のでの表記が、「」であることも判明した。 また、号~号まで、『』『 』(作:、画:志)が連載された。 全5巻。 番組終了後、描き下ろしのとして、『 』(江)も刊行した(全2巻)。 (作:、:)は上下巻で刊行中。 (注:ただしこの版は書籍ではなく扱いな為、一般書店では購入できない。 のちに一般流通版がより発売された。 さらに訂正を加えられた文庫版が文庫として出版された。 ) からにかけてによる『 』が発売された。 全3巻。 そのほかが存在している。 また、の増刊号として、に本作の作品を取り扱った『 』も季刊誌として創刊されており、まれにである『』のなども掲載されている。 に用「 」が発売。 として用の「のドキドキ 」が配布された。 から「 」がプレ開始し、に正式へと移行している。 第1話のの他、第6話のでも版が使用された。 放送第1話、第2話、第9話、第11話はがい。 第1話、第2話、第10話においては挿入歌として使用された。 " I, , " はそれぞれまたはの第2・4・6巻(生産限定版)に付属。 曲名はほとんどがになっている。 第7話で一映った建物は庁舎、第8話の舎のはの、第11話でがで特攻する場面ではと思われる建造物が見られる。 それ以外にも、第9話でが食べていたおのような食べ物はを代表する郷土食のひとつ「」に似た形をしている。 他にもに登場する物のとして、ド、(や)、、、(チバ)など各の有名建造物がとして挙げられている。 これらについてはが詳しい。 なかでも達の通うはそのとしてのが挙げられている。 第15化庁祭部門大賞• 第16回賞作品賞・部門• ア 作品賞・賞 ・賞 ・演賞 ・助演賞 ・賞 ・劇伴賞 ・賞 ・賞 ・賞 , ・撮賞・美術賞 ・設定賞・賞• 1 「として、になってよ! 2・第11回ア 部門優秀作品賞・個人部門賞 ・個人部門脚本賞• 第1回日刊プリ 賞 ・ワースト賞 ・賞・楽曲賞 ・P賞• 第6回 演賞 ・助演賞• 第回・フェア第19回&大賞最優秀ポワール賞• Lng of the Ye 2 in 選定委員特別賞• 第43回 部門• 第11回 of G賞 賞• (まとめ)•

次の