スマホ 充電 熱い。 スマホの充電器が熱いのは超危険―発熱の原因と予防策はこちら

スマホが熱い、充電の減りが早い、動作が重くなる現象が発生中。Google Play開発者サービスのバグが原因か

スマホ 充電 熱い

スマホの充電器が熱いのは結構危険 基本的に電気が流れているんですから 熱が発生するのは当然のことです。 とは言え、通常はせいぜい 「あったか~い」と感じる程度で、 触れた時に明らかに「熱い」 と感じたり、 握っていられないくらい熱い 場合には注意が必要です。 あまりに温度が高くなってしまうと、コンセント周りのビニル部分が溶け出したり、変色したり、 最悪発火に至る場合もあるんです。 それが原因で、 機器の故障や火災にまで発展するってケースもあるくらい結構危険な状態です。 スマホの充電器が熱くなる原因 スマホの充電器が熱くなってしまう原因としては、以下の様なケースが考えられます。 コンセントの接触不良• タコ足配線• 充電器の劣化 中でも タコ足配線に関しては実際に使用している方も多く、これが原因の火災などはよくニュースで目にする機会もあるかと思います。 特に パソコン周りなんかはタコ足配線になりがちでホコリなども溜まりやすいため、火災の原因としてよく取りあげられており注意する必要があります。 こういったことにならないためにも、 自分の使用状況に合わせた予防策や対処法を用意しておきたいところです。 スマホ充電器の発熱の予防策と対処法 続いてスマホの充電器が熱くならないための予防策と、なってしまった場合の対処法についてまとめてみたいと思います スマホ充電器が熱くならないための予防策 コンセントを奥までしっかり差し込む コンセントがしっかり差し込めてなくて半差しになっていたり、形が歪んでしまっていてそもそも奥まで差し込めなかったりといった場合、必然的に コンセントの接触面が狭くなってしまいます。 狭くなったからと言って 流れる電流は変わらないため、その分 狭い領域に余計に負荷がかかってしまうため、温度が異常に高くなっちゃうわけです。 コンセント部が半差しになっていないかきちんと確認したり、変形してしまっている場合にはその充電器は使わないようにするのが無難かと思います。 タコ足配線を極力避ける よく問題になる タコ足配線ですが、世の中が便利になっていくにつれ必然的に電気もその分必要になります。 基本的にタコ足配線というのは 差込口を無理やり増やしてたくさんの機器を同時に使えるようにしているわけですから、 その分負荷がかかるのも当然ですよね。 とは言え壁のコンセント数にも限界があるので、やっぱりタコ足配線をどうしても使わざるを得ないって状況もあるかと思います。 そんな時にオススメなのが、 スイッチ式のタコ足タップです。 各差込口に電源ON/OFFのスイッチが付いてるもので、 使用している部分のみに電気を流すことができます。 こういった便利なツールなどを使って、 できるだけ同時に接続する機器を減らすようにすることで、充電器が熱くなったりと言ったトラブルを防ぐことができます。 充電器に異常がないか確認する 充電器の劣化による発熱も、十分起こりうるケースです。 接触部分が錆びてしまっていたり、 ケーブルが中で断線していたりすると、 電気が流れた時に負荷が余計にかかってしまうことがあります。 そういったちょっとした汚損・破損が原因で、うまく電気が流れずに発火した、なんてこともあるので 充電器に異常が無いかどうか定期的にチェックしておくといいかと思います。 スマホ充電器が熱くなってしまった時は もうすでに現状で、 スマホの充電器が握れないほど熱くなってしまっているといった場合には、 潔くその充電器の使用をストップしましょう。 もったいないからと言って使い続けていると、そこから大きな火事に繋がったりもするので、必ず 修理や買い替えを検討するようにしてください。 まとめ 今回は スマホの充電器が熱くなってしまう原因や予防策についてまとめてみました。 ざっくりと振り返ると、.

次の

充電器のコンセントが熱いのは危険?異常がなければ大丈夫!

スマホ 充電 熱い

スマホの保護機能の可能性 まずスマホ本体が熱くて充電できない場合、スマホの保護機能によって、 充電が制限されてる可能性があります。 要するに『 スマホの温度が高いから、発熱防止でしばらく充電できないよ〜』みたいな機能ですね。 でもスマホでゲームしたり、動画を見たり、カメラアプリを起動しっぱなしなどしたら、徐々に熱くなってきます。 最悪の例をあげましょう。 そこに充電や高負荷なアプリを使えば、あっという間に、触れないほどスマホは熱を持ってしまいます。 こんな状態にならないように、スマホは日陰で使用する。 そして、充電しようと思ってもできない・・ これは上で説明したように、スマホを保護するために制限がかかってるパターンが多いです。 しかし、 問題は何もしてないのにスマホが熱くなること! スマホの操作をしてないのに端末が高温になる場合, アプリの不具合・暴走している可能性があります。 CPU使用率を表示できるアプリなどを使って、問題のアプリを探し,停止させることで温度上昇を抑えることが出来ますよ。 明らかに異常な発熱だったので、すぐに使用停止したんですが、おそらく使い続けていれば、スマホの一部機能に制限がかかったのではないかと思ってます。 バッテリー寿命での発熱 上記のことでも解決しないならば、バッテリー不良が怪しいですね〜。 バッテリーもかなり劣化してくると、ちょっとした事で、すぐに電池が減り発熱もしてきます。 朝目覚めたら異常なくらい電池残量が減っている• 何もアプリを起動してないのにスマホが熱をもっている このような場合、 バッテリーの寿命が怪しいので、バッテリー交換をおすすめします。 ちょっと前の機種では、簡単にバッテリーの交換ができました。 しかし、最近では薄型化が進み、簡単に分解できない構造になってきましたね〜。 自分で分解して交換するのも面白そうですが、リスクを考えると、やはりお店にお願いした方が良いかと思います。 充電もしていない。 というか出来ない・・ スマホが十分に冷えてるのに、充電できなかったり、電源もつかない場合は スマホ本体が故障してる可能性が高いです。 または、 完全にバッテリーがお亡くなりになったかですね・・ あれこれ悩まずにショップに持っていったほうがいいですね! スマホが熱い時に充電できない件について、3項目上げてきました。 発熱による保護機能• アプリの不具合・暴走• バッテリーの寿命 これらが原因でない場合は、スマホやバッテリーの不良を怪しむしかありません。 笑 リチウムイオン電池の寿命は約1〜2年と言われますので、2年以上使ってるならば、時期相応かもしれませんね。 最後に スマホが熱い時に充電ができない件について書いてきました。 スマホは精密機器なので、温度上昇によって正常に機能しなかったり、機能が制限されることがあります。

次の

Androidスマホが充電できない場合の対処法まとめ!【修理?接触不良】

スマホ 充電 熱い

発熱対策は何が有効か 7つの対策 まず、7つの対策を挙げますので、それぞれを試してみてください。 方法1 ながら充電をやめる 充電しながらスマホ操作をするのをやめてみてください。 スマホが熱くなる原因の一つに、バッテリーの発熱があります。 簡単に言うと、充電中はバッテリーに通電しています。 ですので、それだけで少し熱くなります。 その状態で、スマホを操作するとバッテリーに負担がかかり、発熱しやすくなります。 また、これは、バッテリーを劣化させることになりますので、やめた方が良いでしょう。 方法2 バックグラウンドアプリを消す アプリを使用していて、それをやめるときに、ついついホームボタンを押して戻っていませんか? 実は、それ、まだアプリは動いたままなんです。 いつでも使用再開できるように待機した状態になっているだけなんですね。 その状態のまま、いくつもアプリが待機していると、CPU(スマホの脳みそ的なパーツ)に負担がかかります。 CPUに負担がかかると、発熱しやすくなります。 ですから、 裏で待機しているアプリの動きを止めましょう。 もしくは、ホームボタンを長押し(機種によってはホームボタン連続2回押し)、もしくはアプリ使用履歴ボタンをタップすることで一括終了することもできます。 また、次項で紹介している CPUクーラーアプリにも同様の機能がついています。 方法3 CPUクーラーアプリを使う スマホが熱を発生して熱くなる理由の一つにCPUに負荷がかかり過ぎることがあります。 この働きすぎているCPUの動きを抑えることが重要です。 それには専用のアプリを使いましょう。 Clean Master 無料アプリです。 実際に使ってみると、効果てきめんでした。 下のボタン、もしくはリンクからどうぞ。 細かく見ていけば、結構沢山の機能がついていますが、必要ない方はまず下の二つだけ使ってみてください。 それだけでも違うと思いますよ。 アプリの初期画面で 方法4 冷却シールを貼る 一応、方法としては挙げておきますが、 個人的にはあまりオススメしません。 というのも、デメリットが多い割に、抜群の効果が得られるというわけではないからです。 しかし、最近は背面のカバーが外せない機種も多い。 方法5 スマホカバーを外す スマホカバーをつけている場合は外してください。 一時的には効果があります。 というのも、スマホカバーのせいで熱がこもるからです。 方法6 再起動する これを言っては身も蓋もないのですが、軽い不具合は再起動で、大体なおります。 難点は時間がかかることでしょうか。 方法7 バッテリーを交換 上記の対策をしてみても、一向に改善しない場合は 充電池の寿命を疑ってください。 スマホ、タブレットなどに内蔵されているリチウムイオン電池は、繰り返して充電し、使うことができます。 しかし、当然ながら 寿命があります。 毎日充電しても追いつかないヘビーユーザーの場合、最短で1年くらい、そうでない人でも2年くらいが電池の寿命だとされています。 寿命が近くなって劣化すると、新品の状態の半分も充電できなくなることがあります。 具体的に言うと、 500回フル充電すると、新品の50~70%の充電量になるそうです。 これを目安にしてください。 劣化した状態で使っていると、特に異常がなくても発熱しやすくなりますので気をつけてくださいね。 その場合は、ショップに持って行って交換してください。 お確かめの上、お申し込みください。 バッテリー(電池パック)が変形・破損していないかも確かめる また、バッテリー(電池パック)が外せるタイプのスマホでしたら、 バッテリー自体、もしくは接触端子の破損、変形がないかも確かめてみてください。 バッテリー自体が破損していたり、本体との接続部分(金色のところ)に異常があったりする(変形・破損)場合、 発熱の原因になるだけでなく、 破裂したり、漏液したりすることがあります。 その場合、故障の原因になりますので、 必ずショップへ行って交換するようにしてください。 こちらも参考にしてください。 (内部) 番外1: Android5. 0以上ならバッテリーセーバー Android5. 0以上から、バッテリーの消費を抑制する機能がつきました。 これを使うことで、CPUのクロック数上限を低く設定できます。 ですので、 発熱抑制にかなりの効果が期待できます。 バッテリーセーバーは手動でONにできます。 自動ON機能を選択している場合は、5%か15%のどちらで起動するか選べるようです。 番外2: 電源を切って、電池カバーを外す 冷却という意味では、ある意味、最も効率的かもしれません。 しかし、最近のスマホは薄型化が進み、電池カバーを外せない機種が増えていますのでできなかったり、外せても冷えるまで一定時間必要ですので、使用中にはとりづらい対策ですね。 番外3: 背面に十円玉を貼る 十円玉を置くというのは、ノートPC利用者の間で最近、話題になりました。 こんな感じです。 macの熱が上がってファンがうるさいので、話題の10円玉並べて熱を逃がすやつやってみたけど思ってた以上に効果がある! — 上本遼 webエンジニア axshia これは十円玉が銅でできているからです。 ( 銅はアルミよりも放熱効果が優れています) この効果を利用して、 スマホの背面に十円玉を置いてみてください。 十円玉をセロハンテープで背面に貼れば、冷却しながら使うことはできますが、その部分を持たないようにしないと効果が半減しますから、実用的ではないかもしれません。 そういう意味で、番外に挙げています。 番外4: 電波の良い場所へ移動する 電波が弱い、もしくは安定しないところにいる場合は、 できるだけ電波が良いところへ移動してください。 あまり関係がないように思えますが、実は影響します。 電波がよろしくない場所で使用していると、強い電波を探す機能が作動し続けるせいで、電池の消費量が多くなります。 そのせいで、電池が熱を持つことがあります。 番外5: 防水スマホの場合、水道水につける 正直、 オススメしません。 やってみたい方だけ、 自己責任というやつでお願いします。 試してみたい方、端子の部分のカバーはしっかり閉めておいてください。 失敗しても当方は責任とれません。 また、防水スマホという名前で売り出していても、水洗いは想定していませんからお気をつけください。 というのも、どうやら防水スマホは『 水道水を溜めた浅い容器の中に短時間沈めても大丈夫』くらいのものだからです。 勢い良く流れる水を長時間かけると、水没する可能性は十分にあります。 やってはいけないこと 冷蔵庫(冷凍庫)に入れるのはやめましょう。 急激な温度変化により、スマホの内部に結露が生じて、水没したのと同じ状態になります。 つまり、 故障の原因になるということですね。 スポンサーリンク スマホが熱くなる原因は? スマホの内部が熱くなっているのは、主に バッテリーと CPUが原因です。 原因が1つだけではないこともあります。 バッテリーの大型化 スマホ自体を薄くするため、またバッテリーを大容量化するため、大きくなっています。 機種によっては、背面の大部分を占めていることも。 となると、スマホを持つ手に当たる部分のほとんどが、バッテリーの近くになります。 感覚の話ですが、スマホ全体が熱く感じるのも無理はありませんね。 CPUの高性能化で冷却が追いつかない デスクトップパソコンはもちろん、ノートパソコンにも冷却ファンがついていて、たまに熱を放出し(空気を循環させ)ていますよね。 スマホにはこれがありません。 スペースがないということもありますが、普通につかっている場合には必要ないから、でもあります。 元々、スマホに使われるCPUは(低いクロック周波数で動かしていたため)発熱が少ないものでした。 また、専用の放熱板や放熱用のグリスが発熱を抑えてくれていました。 しかし、最近のスマホは性能を上げるため高性能なCPUを使っていますので、どうしても発熱しやすくなっています。 CPUについて CPU(Central Processing Unit:中央演算処理装置)とは人間の身体で言えば『脳』に当たる部分です。 簡単に言うと、このCPUが他の部品と電気信号のやりとりをすることでスマホは動いています。 ですから、このCPUに負荷がかかると、電気信号のやりとりが増え、その結果、熱を帯びてくるというイメージです。 (電流が漏れ、リーク電流が発生することで発熱が起こりますが、詳細は省きます) スマホを発熱したまま放っておくとこうなる 最近のスマホは高性能な上、画面の精密さも上がっているため、普通に使っていても熱を持ちます。 しかし、それを当たり前だと思い、スマホを発熱したまま放っておくと、不具合や故障の原因となります。 バッテリーの劣化 いくつかの原因でスマホが発熱すると、バッテリー( リチウムイオン電池)の電極自体が劣化します。 これは負極材料として使われれている炭素の分子構造が変わることにより、その中に収められるリチウムイオンの量が減るからです。 また、 スマホ内部の発熱だけではありません。 たとえば夏の暑い日に車の中に置き去りにしたり、直射日光の当たるところに放置したりすると、同じ理由でバッテリーが劣化します。 熱暴走 発熱によってCPUが停止してしまうことを 熱暴走といいます。 この状態になると、画面を触っても動かず、使っていたアプリを終了できなかったり、ホームボタンを押しても戻れなかったりという不具合が起きます。 こうなってしまうと、フリーズ状態が続いたり、勝手に再起動をしたりと予想外の動きをします。 CPUやバッテリー以外の部分の故障 スマホは精密機械であり、多くの部品から構成されています。 ですので、全体が熱を持つと、CPUやバッテリー以外の部品にも影響します。 中には熱に弱い部品もありますので、思わぬ不具合を起こすかもしれません。 発火など事故の可能性 最近、海外スマホメーカーの製品が、アメリカや中国で立て続けに発火事故を起こしています。 日本でも、さまざまな状況が組み合わさって、そういうことが起こらないとも限りません。 まとめ 長くなったので、まとめておきます。

次の