番長 3 設定。 【押忍!番長3】設定6判別を32ベル抜けで判断するのは間違っている!本当に注目すべきベル回数とは?

【押忍!番長3】設定5を判別するポイントを実践稼働内容で解説!【前編】

番長 3 設定

この記事に書かれていることは…• blog. fc2. 高設定と言えば設定5や6を想像する人が多いと思います。 しかし細かく分析していくと「押忍!番長3」は偶数設定も優遇されているんです。 ここからは設定4の挙動を各項目ごとに特徴をまとめていきます。 設定ごとの確率にも注目しながらご覧ください。 頂ジャーニー(ART) まずは基本情報となる頂ジャーニー(ART)の初当たりと機械割をご覧ください。 3% 上記の通り設定4は機械割が105%以上となっています。 高設定でなくてもこの機械割は魅力的ですよね? 設定4であればホールでも見かける機会が多いと思います。 運良く設定4を打つ機会に恵まれた人は大量の出玉を獲得してみてくださいね。 頂ジャーニー(ART)の引き戻し確率 初当たり確率の次は頂ジャーニー(ART)の引き戻しの特徴と確率をお伝えします。 まずは引き戻し時の流れです。 続いては確率をご覧ください。 引き戻し確率 設定1 5. 7% 設定2 8. 7% 設定3 6. 1% 設定4 11. 0% 設定5 6. 3% 設定6 20. 3% 上記の通り引き戻しは偶数設定が優遇されています。 設定4だと10回に1回は引き戻すことになりますので、設定判別にも役立つと思いますよ。 ちなみにこの特徴は前作までのシリーズから引き継がれた傾向となっています。 ですので「番長シリーズ」ファンにはなじみがあるかもしれませんね。 設定判別の際は、設定4と6を他の設定と分けると判断しやすいのかもしれません。 引き戻しが多ければ設定4か6、少なければそれ以外の設定という風に分けると設定が判別しやすくなると思いますよ。 slopachi-quest. ここからはその他の特徴をご紹介していきます。 通常時の番長ボーナス直当たり 番長ボーナス当選時は対決カウンターから前兆に発展していきます。 これはいきなり番長ボーナスには当選しないことを意味しています。 対決発展時は特訓突入時に対決カウンターが割れて当選しますのでご注意ください。 それでは番長ボーナスの確率を設定4に注目しながらご覧ください。 0 当然ですが設定6はダントツの確率となっています。 それに次ぐのが設定4の確率なんです。 ここでも頂ジャーニー(ART)の引き戻しと同様に、偶数かつ高設定が優遇されています。 番長ボーナスの出現率も設定判別には欠かせない情報なので、是非お役立てください。 その際は設定1~3と4~6を分けると判断しやすいのかもしれませんね。 共通ベル 続いて小役の中でも重要な共通ベルについてお伝えしていきます。 ここでも設定4は優遇されていますのでご注目ください。 それでは設定別の共通ベル確率をご紹介します。 5 上記の通り共通ベルは設定1・2・3・5よりも設定4と6の方が出現率が上昇していきます。 こちらも設定判別に利用する際は、設定4と6を他の設定と分けてみてください。 ちなみに共通ベルは通常時では成立を見抜くことができません。 そのため頂ジャーニー(ART)中にナビ無しで揃うベルをカウントしてくださいね。 弁当成立時の高確移行率 続いては弁当成立時の高確移行率について、設定別の特徴をお伝えしていきます。 こちらも偶数設定の確率にご注目ください。 高確移行率 設定1 30. 1% 設定2 34. 8% 設定3 30. 1% 設定4 35. 6% 設定5 30. 1% 設定6 39. 5% 上記の通り弁当成立時の高確移行にも設定差があることが判明しました。 こちらも偶数設定が優遇されています。 しかし番長ボーナスなどに比べると大きな設定差とはなっていません。 さらに高確移行に関しましては内部状態を正確に判断することが困難となっています。 こちらの確率はあくまでも参考知識として頭の中に入れておいてください。 高確移行率だけでは設定判別は難しくなっていますので、補助的な要素として活用するのがお勧めですよ。 まずはスランプグラフの画像をご覧ください。 まず8,338回プレイしていて、その内通常ゲーム数は5,653回となっています。 その中で頂ジャーニー(ART)の初当たりは20回です。 7となりますので、上記のメーカー公表値よりも高い確率となっていますね。 頂ジャーニー(ART)の引き戻しは2回となっていて、確率は10%になります。 これは上記の引き戻し率とほぼ同じになっていますね。 さらに番長ボーナスは2回当選しています。 5となりますので、こちらも上記のメーカー公表値と近い数字となっています。 上記のスランプグラフの数字を検証してみても、やはり偶数で高設定は優遇されているとみて間違いなさそうです。 こうしたデータも活用しながら設定判別ができるのではないでしょうか。 ちなみにすべて頂ジャーニー(ART)の終了画面に「雫&牡丹」が出現した台をプレイした人の口コミになっています。 勝利パターン 初当たりがなかなか来なく最初は出玉がまったく伸びません。 しかしようやく初当たりを引いてからは、安定的に出玉が獲得できました。 最終的な獲得枚数は4000枚を超えましたよ。 ボロ負けパターン 初当たりがすぐにきたのですが、思ったほど引き戻しがありません。 番長ボーナスにも当選したのですが、それ以降は大ハマり状態が続きました。 結果は5万円以上のマイナスとなってしまいました。 以上が「押忍!番長3」の設定4をプレイした人の口コミでした。 もちろん勝てる人もいれば負ける人もいるのが当然なのですが、設定4でも大負けしている事実には驚いてしまいましたよ。 もしも設定4以上をプレイできるのであれば、機械割通りの結果に期待したいですね。 番長ボーナスなどでは設定5を超える確率となっている設定4。 偶数設定が優遇されている面も多いので、設定4にはかなりの期待値があると思います。 ご紹介したスランプグラフでも解析結果と同じような確率が出ていましたね。 設定4の挙動は設定判別にも役立つ重要な情報となっています。 もしも設定4に出会えた場合は、口コミの中でお伝えしたボロ負けパターンにはならないことを祈りましょう。 こちらの記事が「押忍!番長3」の攻略と設定判別のお役に立てれば幸いです。 最後までご覧いただきありがとうございました。 パチスロよりも勝率の高いギャンブルがあるのをご存知ですか? パチスロが規制、規制でどんどんと稼げなくなっている中、 すでにネットの一部ではパチスロよりも勝率が高いと話題になっているのですが、 それは、 「オンラインカジノ」です。 オンラインカジノの中でも、特に、「ベラジョンカジノ」で勝ちやすいのには、 3つの理由があります。 無料会員登録で、30ドル分はもらえるので、これで遊べばリスクゼロです。 勝っても負けても、損はしませんし、パチ屋の空いていない時間にもスマホで稼げてしまうのもメリットなので、試しに遊んでみてくださいね。 そうなれば、カジノの認知度は上がり、カジノのない地方に住んでいる人はオンラインカジノで遊ぶようになります。

次の

押忍!番長3で設定5濃厚の金閣寺が出現! その確率と振り分け、そして設定5の挙動は? 【パチスロ 稼働日記】

番長 3 設定

はじめまして、ゆうべるです。 パチスロ専業時代には月収60万円以上を安定的に稼ぎだし、たった2年で1000万円を稼ぎました。 その後仕事の隙間時間を使って毎月10~50万円を稼ぎ、気が付くと2000万円プラスを達成することに。 といってもこれはここ最近の話。 学生時代はスーパーのバイトで貯めた150万円をパチスロに使いこみ、失ってしまう。 そして親に嘘をついて詐欺教材を借金をして購入し、さらに失敗。 しかしあるときスロプロと出会い、正しい勝ち方を学び、実践したことで勝ち組へと転換。 その結果、勝ったお金を活用して趣味の旅行に行って楽しむことに成功。 (プロフィール画像は北海道旅行で日本一危険な動物園に行ったときの写真です) 現在はパチスロで勝ち続けたいと思う人に、直接勝ち方を教えたり、一緒にホールへ行って実践をしたりしています。 直接教えている人はサラリーマン・主婦・学生さんなど多数。 続々と月10万円を達成し、勝ち組を輩出中。 (プラス50万円を達成した人も数多く在籍) 僕の信念は「パチスロで勝つことで一度きりの人生を楽しむこと!」です。 もしあなたが今、パチスロで負けて困っているのであれば、ぜひ勝つ世界へ一緒に進みましょう。 当ブログでは、自分自身が苦労や失敗した経験をもとに、パチスロ初心者が月10万円以上稼げるようになるための知識をどんどん共有します!.

次の

番長3の設定6!グラフと挙動は?

番長 3 設定

連日の朝イチ稼働 この日も朝一から稼働することにしました。 16日なので末尾6の日が強い店舗で稼働です。 この店舗での前回の稼働はコチラです。 この店舗での稼働はこの記事の前半部分です この日も抽選を受けるお客さんが多く、300人ほどの人数の中、自分は217番でした。 店舗に入るとやはりメイン機種と呼べる台は空いていなかったので台が空くのを待つことにしました。 1時間ほど待ったところで番長3の当たり無し、473回転、ベル61回という台が空いたのでこれを打つことにしました。 投資8000、ベル100回を超えたところで対決に勝利しART、頂ジャーニー突入です。 赤背景の上乗せなどもあり600枚ほどの出玉を獲得することができました。 赤背景の上乗せはループ率当選とループストック確定です。 その後、持ちコインで初当たりを引いていき、それぞれの獲得は1000枚以下ですが出玉を増やしていきます。 通常時の対決の振り分けが良い上に対決中のベルやレア役の引きにも恵まれました。 総獲得枚数が2500枚ほどになったので飲まれる前にやめようと思っていたところでART終了画面で金閣寺です。 ART終了画面で金閣寺 集合写真 出現すれば設定5濃厚。 設定2と4は否定。 選択率• 設定1 0. 設定3 0. 設定5 5. 設定6 0. なので継続ジャッジの轟がバスのガラスを殴る画面は飛ばさないようにしましょう。 このART中にまた金閣寺がでました。 2回も確認できればほぼ設定5と言っていいでしょう。 この後は多少のハマリと単発などで少し揉まれる展開となりましたが、初当たりが軽くそれほど出玉を減らさずに念願の絶頂対決に辿りつきました。 番長ボーナス10回目にしてやっと出てきてくれました。 この絶頂対決では3つの上乗せを獲得。 その後に再度絶頂対決に入り、5つの上乗せを獲得しました。 このARTでは2300枚ほど獲得し、持ちコインは5000枚を超えたところでまたすぐにARTに突入、絶頂対決にも入り11個の上乗せを獲得しました。 このARTは27連、3277枚の獲得でした。 この日の一撃最大枚数でした。 このARTが終了したところで時間が21時30分を過ぎていたので、設定5ということもあり引き戻しも確認せずにクレジットを落として終了としました。 流した枚数は8320枚でした。 投資 8000• 回収 158000 47枚貸し、5. 6枚交換• 収支 +150000 設定推測の要素としては 挙動としては通常番長ボーナスは無し 設定5の通常番長ボーナス確率は3270. 4分の1 、チャンスチェリーも確認できませんでした。 設定5のチャンスチェリー確率は8773分の1 絶頂対決はボーナス18回引いて3回ということで確率からいうと少ないですが、まあ許せる範囲内でした。 強いて贅沢を言えばもっと早い段階で絶頂対決を引きたかったというところでしょうか。 対決ベルモードの移行としては設定差のないART中の振り分け以外で32回を超える事は無く、ベル7回までの対決連モードに多く滞在していました。 1日を通して対決の振り分けにも恵まれ、その上でベルやレア役の引きも好調でした。 設定5、6は対決当選時の強制逆転が優遇されていますので 設定5は4. この台のデータグラフです。 右肩上がりで楽しい実戦になりました。 初当たりの軽い設定5は最高ですね。 そもそも初当たりは軽いのかもしれませんが 朝一の挙動についてなのですが、リセット後は対決ベルモードの移行率に設定差はありません。 それを知らない方はベル回数32回を超えてしまったために「高設定は無いな」と早々に見切りをつけてしまうことがあるように思えます。 ですから高設定投入が期待できる状況で台が取れなかった時はそのようにやめてしまう方がいる可能性があるので、少し待ってみるのも良いと思います。 今回の稼働は大きく勝つことができて大変満足しています。 今後は設定6の確定画面を目指していきたいと思っています! ホールデータを得るにはデータロボサイトセブンが便利です モバイル専用• 設定判別には必須の小役カウンターです!.

次の