棋聖 戦 棋譜。 【ヒューリック杯棋聖戦】AIの子、藤井聡太七段の強さの秘密

ヒューリック杯棋聖戦 |棋戦|日本将棋連盟

棋聖 戦 棋譜

将棋の最年少棋士、藤井聡太七段(17)は23日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第61期王位戦の挑戦者決定戦で永瀬拓矢叡王(27)に127手で勝ち、木村一基王位(47)と七番勝負を戦うことになった。 藤井は4日に第91期棋聖戦の挑戦者決定戦でも永瀬に勝って最年少タイトル挑戦記録を更新しており、二つ目のタイトル挑戦となる。 王位戦七番勝負第1局は7月1、2日、愛知県豊橋市で行われる。 藤井は初めて参戦した王位戦リーグ白組で5戦全勝で優勝。 紅組で5戦全勝した永瀬と対戦した。 振り駒で藤井が先手番になり、得意の角換わり戦から相早繰り銀で激しい将棋に。 ほぼ互角の状況が続いたが、終盤に入って永瀬に疑問手があったようで、形勢は次第に藤井に傾いた。 藤井は終局後、「普段から(永瀬に研究会で)教えていただいていて、対戦できうれしかった。 七番勝負は7月からなので、しっかり準備していい将棋を指したい」と語った。 藤井は今月8日に行われた棋聖戦五番勝負第1局にタイトル戦最年少の17歳10カ月20日で臨み、渡辺明棋聖(36)に先勝。 今後、並行して2タイトル戦を戦う。 棋聖か王位のどちらかを奪取すれば、屋敷伸之九段(48)が持つ最年少タイトル獲得記録(18歳6カ月)を更新する。 【山村英樹】.

次の

第91期 ヒューリック杯棋聖戦五番勝負第二局 渡辺明棋聖vs藤井聡太七段の対局速報

棋聖 戦 棋譜

将棋の最年少棋士、藤井聡太七段(17)は23日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第61期王位戦の挑戦者決定戦で永瀬拓矢叡王(27)に127手で勝ち、木村一基王位(47)と七番勝負を戦うことになった。 藤井は4日に第91期棋聖戦の挑戦者決定戦でも永瀬に勝って最年少タイトル挑戦記録を更新しており、二つ目のタイトル挑戦となる。 王位戦七番勝負第1局は7月1、2日、愛知県豊橋市で行われる。 藤井は初めて参戦した王位戦リーグ白組で5戦全勝で優勝。 紅組で5戦全勝した永瀬と対戦した。 振り駒で藤井が先手番になり、得意の角換わり戦から相早繰り銀で激しい将棋に。 ほぼ互角の状況が続いたが、終盤に入って永瀬に疑問手があったようで、形勢は次第に藤井に傾いた。 藤井は終局後、「普段から(永瀬に研究会で)教えていただいていて、対戦できうれしかった。 七番勝負は7月からなので、しっかり準備していい将棋を指したい」と語った。 藤井は今月8日に行われた棋聖戦五番勝負第1局にタイトル戦最年少の17歳10カ月20日で臨み、渡辺明棋聖(36)に先勝。 今後、並行して2タイトル戦を戦う。 棋聖か王位のどちらかを奪取すれば、屋敷伸之九段(48)が持つ最年少タイトル獲得記録(18歳6カ月)を更新する。 【山村英樹】.

次の

ヒューリック杯棋聖戦 |棋戦|日本将棋連盟

棋聖 戦 棋譜

4日のヒューリック杯棋聖戦挑戦者決定戦を制した高校生棋士、藤井聡太七段(17)。 その強さを支えるのは、将棋のコンピューターソフトだ。 こうしたソフトはAI(人工知能)を駆使し、過去の将棋の棋譜を解析し、AI同士で対戦することで、さらに棋力が向上している。 AIが登場し始めた頃、「私は使うつもりはない」と豪語していたタイトル獲得経験のあるベテラン棋士も、今では研究に欠かせないという。 初タイトルが棋聖だった豊島将之竜王・名人(30)、棋聖挑戦の経験を持つ斎藤慎太郎八段(27)らAIに大きな影響を受けた棋士は多い。 藤井七段もその一人だ。 詰め将棋が得意な藤井七段がAIも活用するようになり、棋力は飛躍的に伸びた。 AIは定跡にとらわれない手を指し、「この手は人間には指せない」と言われることが多い。 しかし、数々の妙手を発揮する藤井七段の指し手は「AIに似たところがある」と指摘する声もある。 藤井七段は平成30年度の成績を元にした第46回将棋大賞で、新戦法や妙手を編み出した棋士に与えられる「升田幸三賞」を初受賞した。 AIも予想しない一手で勝利することも多く、「AI超え」と呼ばれることも多い。

次の