濱田 裕嗣 歯科 医。 院長・スタッフ|初台の歯医者

外来診療担当表(2020年6月)

濱田 裕嗣 歯科 医

1923年に遠藤至六郎先生が開設されて以来、多くの優れた人材を輩出してきました。 そして、2015年4月に90年以上脈々と続いた「口腔外科学講座」から「口腔顎顔面外科学講座」に名称を変更し、口腔顎顔面領域における高い専門性と特殊性をより充実させ、幅広く対応できる講座へと新たに生まれ変わりました。 水道橋校舎・水道橋病院と千葉歯科医療センター口腔外科、さらに市川総合病院口腔がんセンターにも医局員を配置しており、3病院において教育、研究、臨床に多岐にわたり活動しています。 それぞれの施設で病診連携を密にし、地域歯科医療のニーズに応えるよう、研究では様々な研究施設や講座と共同で先端の研究を行い、教育においては学生や臨床研修歯科医に対して口腔外科の基礎的知識や全身管理を習得することだけでなく、個々の能力を最大限に伸ばせるよう講座員が日々切磋琢磨しています。 教育 口腔外科領域の対象疾患は、先天異常、損傷、炎症、腫瘍、嚢胞や口腔粘膜疾患、唾液腺疾患、顎関節疾患など多岐にわたります。 口腔顎顔面外科学講座では、口腔外科学の知識、技術を習得し応用できる能力を持った歯科医師の育成を教育目標としています。 日本口腔外科学会専門医を目指した講座員の育成を主目的とする。 また、本大学は歯学部として初めて文部科学省認定のがんプロフェッショナル養成プランに平成19年度に選定されている。 このプログラムを希望した大学院生は、がん専門医を目指した長期的な臨床、教育、研究を行うことができる。 研究 当講座では、Oral infectionのコントロール、失われた口腔機能の再建を基盤として水道橋病院と千葉歯科医療センターで、口腔癌、顎変形症、口唇裂・口蓋裂の専門分野や顎関節疾患、外傷、炎症など口腔顔面領域における様々な疾患の治療を行っています。 水道橋病院の主な手術症例は、顎変形症 約200症例/年、口腔癌 約20症例/年、唇顎口蓋裂 約15症例/年です。 水道橋病院では、顎変形症患者の治療を主軸に千葉歯科医療センターや他の施設で研鑽を積んだ講座員を配置し、口腔腫瘍や唇顎口蓋裂などの治療にあたっています。 また一部の講座員は、口腔癌の治療に特化した市川総合病院口腔がんセンターに出向し、専門性の高いスキルの習得も行っています。 その他に東海大学医学部附属病院、信州大学医学部附属病院、東京都立大塚病院、東京都立多摩総合医療センター、高崎総合医療センター、亀田総合病院、みつわ台総合病院などに出向し、口腔顎顔面に限らず医科分野の知識習得をし、高い倫理観を備えた口腔外科医の育成にも力を入れています。 スタッフ.

次の

口が痛い!口内炎?口腔がん?

濱田 裕嗣 歯科 医

O-3-6 Oromandibular dystonia after genioplasty : Case report DO-HYUN JEON1 , SUNG-HOON BYUN1 , SUNG-HO RYU2 , DONG-YUL KIM3 , JANG-HO SON1 , YEONG-CHEOL CHO1 , IEL-YONG SUNG1 1 Department of Oral and Maxillofacial Surgery, University of Ulsan Hospital, College of Medicine, University of Ulsan, 2 Department of Oral and Maxillofacial Surgery, Mi-Seoul Dental Hospital, 3 Department of Oral and Maxillofacial Surgery, Dong-kang Hospital 26 2 : 113-113 2016• O-5-5 Management of posttraumatic mandibular deformity utilizing orthodontic jumping plate, Class II elastics and distraction device NORIAKI AOKI1 , HIROMASA ENDOH1 , JUNICHI BABA1 , TOSHINORI IWAI2 , IWAI TOHNAI2 1 Department of Oral and Maxillofacial Surgery, Saiseikai Yokohamashi Nanbu Hospital, 2 Department of Oral and Maxillofacial Surgery, Yokohama City University Graduate School of Medicine 26 2 : 118-118 2016• O-8-2 骨格形態による関節円板ならびに円板後部結合組織の差異について 松下和裕1 , 井上農夫男2 , 箕輪和行3 , 山口博雄1 , 大井一浩4 , 小堀善則5 , 金子真梨5 , 原田沙織1 , 道念正樹6 , 飯田順一郎7 , 佐藤嘉晃7 , 山本隆昭7 , 高道理8 , 弓削文彦8 , 三古谷忠9 , 鄭漢忠1 1 北海道大学大学院歯学研究科 口腔病態学講座 顎顔面外科学教室, 2 北海道大学大学院歯学研究科 口腔健康科学講座 高齢者歯科学教室, 3 北海道大学大学院歯学研究科 口腔病態学講座 歯科放射線学教室, 4 金沢大学附属病院 歯科口腔外科, 5 耳鼻咽喉科 麻生病院 歯科口腔外科, 6 釧路赤十字病院 歯科口腔外科, 7 北海道大学大学院歯学研究科 口腔機能学講座 歯科矯正学教室, 8 北海道大学大学院歯学研究科 口腔機能学講座 冠橋義歯補綴学教室, 9 北海道大学病院 高次口腔医療センター 顎口腔機能治療部門 26 2 : 124-124 2016• O-13-3 下顎前方移動の顎矯正手術後に発症した末梢性顔面神経麻痺の1例 見立英史1 ,2 , 林田淳之介2 ,5 , 豊嶋健史2 ,3 ,5 , 野口健志4 ,5 , 北原亨4 ,5 , 梯裕恵2 , 高橋一郎4 ,5 , 中村誠司2 , 池邉哲郎1 1 福岡歯科大学 口腔・顎顔面外科学講座 口腔外科学分野, 2 九州大学大学院歯学研究院 口腔顎顔面病態学講座 顎顔面腫瘍制御学分野, 3 医療法人社団新樹会 豊嶋歯科医院, 4 九州大学大学院歯学研究院 口腔保健推進学講座 歯科矯正学分野, 5 九州大学病院 デンタル・マキシロフェイシャルセンター 26 2 : 138-138 2016• P-3-2 A comparative study on the location of the mandibular foramen in CBCT of normal occlusion and skeletal Class II and III malocclusion WOO-JIN SHIN, HAE-SEO PARK, HEUNG-CHUL PARK, MOON-YOUNG KIM, CHUL-HWAN KIM, JAE-HOON LEE Department of Oral and Maxillofacial Surgery, College of Dentistry, Dankook University 26 2 : 146-146 2016• P-3-3 Does the sliding plate allow sliding in the oval-shaped hole of the distal segment? P-3-4 Three-dimensional analysis of condylar position after conventional vs. surgery-first approach for mandibular prognathism HEE-KYUN OH, JEONG-JOON HAN, HONG-JU PARK, SEUNG-GON JUNG, MIN-SUK KOOK, JONG-HYON CHONG Department of Oral and Maxillofacial Surgery, School of Dentistry, Dental Science Research Institute, Chonnam National University 26 2 : 147-147 2016• P-3-5 Prediction of mandibular position after BSSRO via surgery first approach in patients with mandibular prognathism JONG-HYON CHONG, JEONG-JOON HAN, HEE-KYUN OH, HONG-JU PARK, SEUNG-GON JUNG, MIN-SUK KOOK Department of Oral and Maxillofacial Surgery, School of Dentistry, Dental Science Research Institute, Chonnam National University 26 2 : 148-148 2016• P-5-4 Comparison of the stability in mandibular setback surgery using 2 different fixation methods JI-WAN KIM1 , SANG-JIN SUNG2 , BANG HYUN LIM2 , JEE-HO LEE1 , JU-HONG JEON1 1 Department of Oral and Maxillofacial Surgery, Asan Medical Center, 2 Department of Orthodontics, Asan Medical Center 26 2 : 153-153 2016• P-11-1 Comparison of volumetric changes of nasal cavity according to cross-section shapes of inferior turbinate after inferior turbinate out-fracture in superior repositioning Le Fort I osteotomy HYO-GEON KIM, DAE-SEOK HWANG, YONG-DEOK KIM Department of Oral and Maxillofacial Surgery, School of Dentistry, Pusan National University 26 2 : 167-167 2016• P-11-4 Mandibular reconstruction using fibular flap in hypoplastic mandible with langerhans cell histiocytosis : A case report HONG-JU PARK, HEE-KYUN OH, SEUNG-GON JUNG, MIN-SUK KOOK, JONG-HYON CHONG Department of Oral and Maxillofacial Surgery, School of Dentistry, Dental Science Research Institute, Chonnam National University 26 2 : 168-168 2016• P-11-5 Surgical management and reconstruction of craniofacial neurofibromatosis type I : Report of a case HONG-JU PARK, HEE-KYUN OH, SEUNG-GON JUNG, MIN-SUK KOOK, JONG-HYON CHONG Department of Oral and Maxillofacial Surgery, School of Dentistry, Dental Science Research Institute, Chonnam National University 26 2 : 169-169 2016• P-15-3 A case series of treatment of medication-related osteonecrosis of the jaw on stage 3 SEUNG JAE PAEK1 , WON JONG PARK1 ,2 , EUN JOO CHOI1 ,2 , MOON GI CHOI1 ,2 , KYUNG-HWAN KWON1 ,2 1 Department of Oral and Maxillofacial Surgery, School of Dentistry, Wonkwang University, 2 Wonkwang Dental Research Institute 26 2 : 178-178 2016• P-15-4 Lip contour changes following orthognathic surgery for class 3 Malocclusion SEUNG JAE PAEK1 , WON JONG PARK1 ,2 , EUN JOO CHOI1 ,2 , MOON GI CHOI1 ,2 , KYUNG-HWAN KWON1 ,2 1 Department of Oral and Maxillofacial Surgery, School of Dentistry, Wonkwang University, 2 Wonkwang Dental Research Institute 26 2 : 178-178 2016• P-15-5 Surgically assisted rapid palatal expansion and mandibular symphysis widening YEONG KON JEONG1 , WON JONG PARK1 ,2 , EUN JOO CHOI1 ,2 , MOON GI CHOI1 ,2 , KYUNG-HWAN KWON1 ,2 1 Department of Oral and Maxillofacial Surgery, School of Dentistry, Wonkwang University, 2 Wonkwang Dental Research Institute 26 2 : 179-179 2016• P-15-6 Intraoral Vertical Ramus Osteotomy As a Reliable Treatment for patients with Temporomandibular joint disorder : A case report SEONG-HO CHO, JI-DEUK HAN, BOK-JOO KIM, CHUL-HOON KIM Department of Oral and Maxillofacial Surgery, Department of Dentistry, Dong-A University Medical Center 26 2 : 179-179 2016• P-18-6 Consideration about using the intermediate wafer based on condylar positionroutinely in severe asymmetric case : a case report HYEMIN-CHO, YONGBIN LEE, HWI-DONG JUNG, YOUNG-SOO JUNG Department of Oral and Maxillofacial Surgery, Graduate School of Dentistry, Yonsei University 26 2 : 187-187 2016•

次の

【東京】深夜に帰宅途中の女性が乗ってるチャリを追いかけて肩や胸を触った歯科医師の浜田裕嗣容疑者(35)を逮捕

濱田 裕嗣 歯科 医

1923年に遠藤至六郎先生が開設されて以来、多くの優れた人材を輩出してきました。 そして、2015年4月に90年以上脈々と続いた「口腔外科学講座」から「口腔顎顔面外科学講座」に名称を変更し、口腔顎顔面領域における高い専門性と特殊性をより充実させ、幅広く対応できる講座へと新たに生まれ変わりました。 水道橋校舎・水道橋病院と千葉歯科医療センター口腔外科、さらに市川総合病院口腔がんセンターにも医局員を配置しており、3病院において教育、研究、臨床に多岐にわたり活動しています。 それぞれの施設で病診連携を密にし、地域歯科医療のニーズに応えるよう、研究では様々な研究施設や講座と共同で先端の研究を行い、教育においては学生や臨床研修歯科医に対して口腔外科の基礎的知識や全身管理を習得することだけでなく、個々の能力を最大限に伸ばせるよう講座員が日々切磋琢磨しています。 教育 口腔外科領域の対象疾患は、先天異常、損傷、炎症、腫瘍、嚢胞や口腔粘膜疾患、唾液腺疾患、顎関節疾患など多岐にわたります。 口腔顎顔面外科学講座では、口腔外科学の知識、技術を習得し応用できる能力を持った歯科医師の育成を教育目標としています。 日本口腔外科学会専門医を目指した講座員の育成を主目的とする。 また、本大学は歯学部として初めて文部科学省認定のがんプロフェッショナル養成プランに平成19年度に選定されている。 このプログラムを希望した大学院生は、がん専門医を目指した長期的な臨床、教育、研究を行うことができる。 研究 当講座では、Oral infectionのコントロール、失われた口腔機能の再建を基盤として水道橋病院と千葉歯科医療センターで、口腔癌、顎変形症、口唇裂・口蓋裂の専門分野や顎関節疾患、外傷、炎症など口腔顔面領域における様々な疾患の治療を行っています。 水道橋病院の主な手術症例は、顎変形症 約200症例/年、口腔癌 約20症例/年、唇顎口蓋裂 約15症例/年です。 水道橋病院では、顎変形症患者の治療を主軸に千葉歯科医療センターや他の施設で研鑽を積んだ講座員を配置し、口腔腫瘍や唇顎口蓋裂などの治療にあたっています。 また一部の講座員は、口腔癌の治療に特化した市川総合病院口腔がんセンターに出向し、専門性の高いスキルの習得も行っています。 その他に東海大学医学部附属病院、信州大学医学部附属病院、東京都立大塚病院、東京都立多摩総合医療センター、高崎総合医療センター、亀田総合病院、みつわ台総合病院などに出向し、口腔顎顔面に限らず医科分野の知識習得をし、高い倫理観を備えた口腔外科医の育成にも力を入れています。 スタッフ.

次の