厚生 労働省 アンケート。 厚生労働省を装ったアンケート調査にご注意ください/四国厚生支局

厚生労働省のLINEアンケートはみんなの義務!回答しましょう!|増澤 陸@チーフ図解オフィサー|note

厚生 労働省 アンケート

「自分のポイント」がなんとなく見えてきたら、次にやるべきは「相手を知る=業界、企業を探す」です。 あっている。 」と決めすぎてしまう傾向があります。 このくらいの基準のもとで多くの企業の情報に触れ、企業それぞれの個性に目を向けることからまずははじめましょう。 なお、多くの企業は各企業単位でオリジナルの「採用HP」というものでの情報提供を行っています。 そこには社員の方々のインタビューや会社の事業内容などをわかりやすくした情報などが載っていますので興味を持ったらそのサイトを見ることも大切です。 前述のとおり、企業として大切にしていることがなんとなく把握できたら次にやるべきは「その企業に自分が提供できることはなんだろう?」を考えることです。 企業は経験を評価します。 ただ、経験がなくても採用されるケースもたくさんあります。 それはなぜか。 それはその人の将来性を評価しているからです。 正社員での採用は、いますぐ会社に貢献してくれる人を採るというだけでなく、将来きっと会社に貢献してくれると思える人を採るという考え方の企業も多く存在します。 あなたがいますぐ提供できること、いまは足りないかもしれないけれど、将来に向けて努力していこうと思っていること。 「いま」「将来」それぞれの観点で提供できることを考えていくことが大切です。

次の

LINE厚生労働省全国アンケート調査・偽物の見分け方や個人情報について調査!|coca

厚生 労働省 アンケート

LINEに厚生労働省からコロナウイルスのアンケートが来たけど本物? 今回のLINEによる厚生労働省からの連絡なんですが、これはどうやら本物のようです! ちゃんとLINEの公式アカウントから届いている通知でしたし、きちんと公式の緑色のマークもついていました。 また、テレビのニュースでも今回厚生労働省とLINEが提携してコロナウイルスに関するアンケートを行っていることも報道されていたので、間違いないことだと考えられます。 実際、厚生労働省が調査を行っていることを明らかにしていました。 【調査にご協力をお願いします】 感染症のクラスター対策を強化するため、LINE株式会社を通じた調査を本日まで実施しています。 感染拡大を防止するため、国民の皆さまのご協力をお願いいたします。 ポイントは緑色の公式マークがついているかどうかをチェックするところです! LINE公式や厚生労働省を装った詐欺に注意! このように、実際に厚生労働省とLINEの公式が調査を行っているようですが、これに便乗した詐欺も起こっているようです! 厚労省の「新型コロナ全国調査」を装う詐欺に注意喚起。 LINE公式マークの有無をチェック — Kiko Mizuhara 🌱 水原希子 kikoxxx このように、LINEの公式マークがついていない場合は偽物である可能性が非常に高いです! また、調査と称してクレジットカード情報を聞き出そうとしてくるものは特に要注意ですね。 本物のように見せかけて、こちらの個人情報やお金に関する重要な情報を抜き出そうとしてくるフィッシング詐欺を厚生労働省の調査に便乗して行ってきているようなので、緑色の公式マークがついていなかったり、クレジットカード情報などを入力させようとしてくる調査にはお気を付けください! ちなみに、私のところに届いた公式LINEや厚生労働省からの連絡は、こちらの体調を確認するものでした。 現在の体調について教えてください 普段通り 37. 5度以上の発熱 のどの痛みや、強いだるさ せきがある それ以外の不調あり このように、新型コロナウイルスに関係するような体調に関する調査であれば本物とみてよさそうですが、これに見せかけて個人情報等を聞き出そうとしてくる調査は詐欺の可能性が非常に高いので、そのような連絡が来た場合にはスルーしちゃうのが一番ですね。 それにしても、コロナウイルスの混乱に乗じてこのような詐欺を働こうとしてくる人たちがいるのはちょっと許せないですね。 こういう詐欺を働こうとする人たちがいなくなってくれれば一番なんですけどね~ それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!.

次の

厚生労働省を装ったアンケート調査にご注意ください/四国厚生支局

厚生 労働省 アンケート

厚生労働省においては、3月30日にLINE株式会社と「新型コロナウイルス感染症のクラスター対策に資する情報提供に関する協定」を締結し、この協定に基づく情報提供に資するため、LINE株式会社の公式アカウントにおいて、サービス登録者に対して第1回「新型コロナ対策のための全国調査」を3月31日~4月1日に実施しました。 今回、その分析結果より、以下のようなことがわかりましたので、お知らせします。 また、第3回「新型コロナ対策のための全国調査」を4月12日~13日に実施する予定です。 本アンケートはLINE株式会社において実施するものですが、上記協定に基づく情報提供に資するものですので、可能な限りご回答をいただけますようお願いいたします。 なお、現時点で報告はありませんが、 このような全国調査を装い、クレジットカード番号等を訪ねる等の詐欺が疑われる事案する可能性があります。 偽アカウントと思われる全国調査については回答しないよう、お願いいたします。 LINE株式会社公式アカウントの見分け方(LINE株式会社WEBサイト) (URL) 全国調査のまとめ• 今日の日本の状況下においては、「家にいること」、「不要不急の外出を避けること」が、新型コロナウイルスの感染リスクを低減し、他者に感染を広げない最善の行動様式である• 3密回避や、社会的距離を保てない状態で人と会う機会が多い働き方の人においては、特に感染リスクが高まる可能性がある• 感染リスクを少なくする働き方・過ごし方の実施、またその調整やサポートが必要である 全国調査の概要 アンケートに回答頂いた方の働き方・過ごし方別に6グループに分類しました。 これは密閉・密接・密集の3密回避や、在宅勤務・テレワークといった社会的距離対策(人との接触機会・強度を最大限に減らす対策)の状況から、慎重な協議に基づき分類したものです。 職業・職種の6グループ グループ(1) 現状の業務体制では3密回避や社会的距離の確保が難しいと思われる職業・職種 (例:比較的長時間の接客を伴う飲食店を含む対人サービス業、外回りをする営業職など) グループ(2) 業務の中で3密が発生し、社会的距離の確保も困難だが、個人として感染症対策についての専門的知識を有する対人援助職 (例:医療職、介護職) グループ(3) 3密回避や社会的距離対策の一定の導入が進んでいる職業・職種(例:内勤営業(オフィスワーク中心)、流通・物流業システム(卸・小売り、運送業等)など) グループ(4) 通常3密、社会的距離の確保が難しい環境下だが、休校措置などで一定期間対策はなされている (例:教職員、学生・生徒) グループ(5) 自粛条件下で、個人での3密回避や社会的距離対策が比較的容易 (例:専業主ふなど) グループ(6) その他 (上記以外) 結果1 調査の結果から、3密回避や社会的距離の確保が難しいと思われる職業・職種(グループ(1))において、他グループと比較し、発熱者(37. 5度以上の発熱が4日間以上)の回答者における割合(発熱率)が比較的に高い傾向が全国的に認められました(表1及び図1)。 16 青森県 0. 11 岩手県 0. 08 宮城県 0. 09 秋田県 0. 08 山形県 0. 1 福島県 0. 1 茨城県 0. 09 栃木県 0. 09 群馬県 0. 09 埼玉県 0. 1 千葉県 0. 1 東京都 0. 17 神奈川県 0. 11 新潟県 0. 07 富山県 0. 01 5人未満 0. 06 石川県 0. 06 福井県 0. 01 5人未満 0. 07 山梨県 0. 06 長野県 0. 06 岐阜県 0. 06 静岡県 0. 06 愛知県 0. 09 三重県 0. 08 滋賀県 0. 08 京都府 0. 1 大阪府 0. 13 兵庫県 0. 09 奈良県 0. 08 和歌山県 0. 07 鳥取県 0. 08 島根県 0. 08 岡山県 0. 1 広島県 0. 09 山口県 0. 01 5人未満 0. 07 徳島県 0. 09 香川県 0. 08 愛媛県 0. 08 高知県 0. 1 福岡県 0. 11 佐賀県 0. 09 長崎県 0. 08 熊本県 0. 08 大分県 0. 09 宮崎県 0. 08 鹿児島県 0. 08 沖縄県 0. 19 * 回答者における全国の職業・職種分布で補正;発熱者=37. 5度以上の発熱が4日間以上;グループの定義は本文参照 図1:職業・職種グループ別の発熱者の割合(%)の47都道府県散布図 発熱者=37. 5度以上の発熱が4日間以上;グループの定義は本文参照 注意)4日以上の発熱は帰国者・接触者相談センターにご相談いただく一つの目安ですが、直ちに新型コロナウイルス感染を意味するわけではありません。 結果2 現在最も新型コロナウイルス感染症者数の多い東京都において、最も発熱者数の多かった地区(上位20郵便番号区を抽出)のみの分析でも、結果1と同様の傾向が認められました(表2)。 表2:東京都における最も発熱者数 *の多い20郵便番号区の発熱者の割合(%) グループ(1) グループ(2) グループ(3) グループ(4) グループ(5) グループ(6) 全体 0. 5度以上の発熱が4日間以上;グループの定義は本文参照 <緊急事態宣言に伴い求められる対応>• グループ(5)(専業主ふなど)は、他のグループと比較して、全国的に低い発熱率でした。 個人での3密回避や社会的距離対策が比較的に容易と考えられるこのグループの熱発率が一律に低いことは、「不要不急の外出を避けること」が、新型コロナウイルスの感染リスクを避ける上でも、他者に感染を拡げないためにも有効である可能性を示唆しています。 今回、特に緊急事態宣言が発令された7都府県の方々においては、「家にいること」、「不要不急の外出を避けること」の2点が最も重要であることをこのデータからも強調したいと思います。 グループ(1)(長時間の接客を伴う飲食店を含む対人サービス業、外回りをする営業職など)の働き方をされている方々は、地域レベルで新型コロナウイルスの感染リスクが上がったときに、最も脆弱になりうる可能性があります。 働く人達のいのちを守るため、3密を避け、社会的距離を管理できる働き方に調整することが直ちに必要です。 例えば、定期的な検温等による体調管理と発熱時の休暇取得の徹底、社会的距離を確保する働き方の導入(テイクアウト等の考慮、職場のレイアウトや座席の配置の調整、対面による協議や交渉を自粛、遠距離出張を控え遠隔会議で代替など)。 また、経済的影響を受ける関係職業・職種の方々には、公的資金からの補償も含めて直ちに制度的なサポートを提供できるよう検討を進める必要があります。 グループ(2)(医療職、介護職)および(3)(内勤営業(オフィスワーク中心)、流通・物流業システム(卸・小売り、運送業等)など)では、地域の感染リスクと連動して発熱率が上昇する可能性があります。 このグループの働き方をされている方々においては、3密を避けた就業環境の整備、社会的距離の確保は引き続き重要です。 特に重大な局面に至っても働かざるを得ない職業・職種(医療・介護職種や食品・生活必需品関連の小売り業種、運送業など)が含まれます。 これらの業務にあたる方々については、感染リスクを管理するための対応が必要です。 例えばマスクや防具服などの優先的な供給、体調不良時に休みやすい環境整備、労働衛生教育や作業環境の管理、公的資金からの特別手当なども考慮されるべき事項だと考えます。 グループ(4)(例:教職員、学生・生徒)については、休校措置がとられているため、現状はある程度社会的距離が管理された状況です。 今後、休校措置が限定的に解除される状況を想定して、新型コロナウイルスの感染対策を踏まえた授業を行うことが重要です。 3密を回避した対面授業の工夫、ICTを活用した遠隔教育、検温などの体調管理を通じたリスク管理の導入を準備する必要があるでしょう。 この感染症の対策や治療にあたる医療・介護従事者やその家族、そしてあらゆる職業・職種、個人に対する偏見や差別につながるような行為は、断じて許されません。 本調査は、多様な働き方やライフスタイルを持つ全ての方々のいのちを守り、感染を広げないための検討を行うものです。 例えば、本調査はLINEユーザーのみを対象としていること、重症者は回答しづらいこと、感染症予防の意識が高い人ほど回答する傾向にあることなどの可能性が考えられます。 特に、平時における職業・職種別の発熱傾向(発熱のしやすさ)や回答傾向は不明であり、本結果は必ずしも、新型コロナウイルス感染拡大の特異な状況下における職業・職種別の発熱状況を捉えているとは限りません。 本結果は、回答者における発熱(37. 5度以上)の割合を示すもので、あくまで新型コロナウイルスの感染状況の一つの間接指標であり、絶対的な指標ではありません。 ある地域(都道府県や市区町村、郵便番号区)に発熱者が集中していることは、その地域において新型コロナウイルスの感染リスクが高いことを必ずしも意味するわけではありません。

次の