持続 化 補助 金 申請 方法。 【持続化給付金】オンライン申請方法を画像入りで徹底解説!PC操作が苦手でも大丈夫<個人事業主100万円>

最大200万円が貰える「持続化給付金」とは?要件や計算方法を解説

持続 化 補助 金 申請 方法

申請期間は2020年5月1日から2021年1月15日の24時まで• 早ければ5月8日にも給付される• 証拠書類はスキャンやスマホ撮影(PDF、JPG、PNG形式)して提出OK• 個人事業主でも青色申告と白色申告では給付金の計算方法が異なる• 給付総額のうち、10万未満の端数は切り捨て (切り捨てはなくなりました!) 持続化給付金、もらえる条件は?あなたは対象? ただ単に売上が減っただけでは持続化給付金の対象になりません。 あくまでも 新型コロナの影響によって売上が50%以上減少していることが条件です。 給付対象となる条件は以下の2つ• 新型コロナの影響で売上が減っている• 2020年のどれかの月の売上が2019年の同月比で半額以下(中小企業・青色申告の個人事業主の場合) 給付対象• 資本金10億円以上の大企業を除く、中小企業・小規模事業者• 個人事業主・フリーランス• 医療法人・農業法人・NPO法人・社会福祉法人など 非常に幅広い事業者が対象となります。 業種は問いません。 持続化給付金の給付額を計算してみよう 中小企業や個人事業主(青色申告)は同じ計算方法で給付額を算出できます。 ( 4月27日、法人ごとや個人事業主ごとの計算方法が開示されました) 給付額は以下の方法で計算できます。 前年の総売上が 1140万円ですから、ここからその360万円を引く。 よって給付額は 780万円となりました。 ただし、繰り返しますが持続化給付金の給付額の 上限は法人は200万円(個人事業主は100万円)。 この場合は上限を大きく超えていますから 200万円(個人事業主は100万円)が給付されることになります。 フリーランスの人もご自身の売上を見直してみて、上記の計算でどのくらい貰えるかを算出してみるといいかも。 たとえ少額でも、貰えるものは貰っておくとやっぱり助かりますもんね。 提出書類 必要な提出書類は以下のもの。 そんなに苦労せずに揃えられるかと思います。 今年の売上を証明する書類(月々の売上台帳など。 形は自由)• 法人の場合は確定申告書別表一の控え1枚+法人事業概況説明書の控え2枚• 個人事業主(青色申告)の場合は2019年分の確定申告書 第一表の控え1枚+所得税青色申告決算書の控え2枚+住所がわかるもの• 金融機関の口座番号(通帳の写し) 書類の提出は基本的に専用サイトから。 上記の書類をスマホで撮影したりスキャナーでスキャンしたりした画像(PDF、JPG、PNG形式)で構いません。 それをアップロードする形になります。 e-Taxで申告をしている場合には、上記に相当するものを提出しましょう。 金融機関の口座については、銀行名・支店番号・支店名・口座種別・口座番号・名義人、この6点が確認できるよう、預金通帳を撮影・スキャンした画像を用意してください。 紙の通帳がない電子通帳の場合には電子通帳の画面のスクリーンショットや写真画像を提出でOK。 申請方法.

次の

最大200万円「持続化給付金」の申請サイト・計算・申請方法を解説!コロナで売上半減なら中小企業もフリーランスも

持続 化 補助 金 申請 方法

当該記事は持続化給付金の内容をざっくりと把握していただくことを目的としているため、内容が不完全な場合があります。 そのため、この記事により生じた損害等に関して、弊社は責任を負いかねますので、予めご了承ください。 持続化給付金とは 経産省から発表された「持続化給付金」 コロナの影響で売上が下がった法人会社・個人事業主(フリーランス)を救済する給付金で、給付額が大きいことから、多くの企業が注目しています。 「融資」は返済する必要のあるお金ですが、 「給付金」は「助成金」「補助金」と同じように貰ったお金を返済する必要はありません。 「補助金」は申請をしても審査に通らなければ受給できませんが、「給付金」と「助成金」は要件を満たせば原則必ず貰うことができます。 「持続化給付金」は貰える金額が最大200万円と高額で、特に個人事業主や零細・規模の小さい会社であれば、多くの方・企業が対象になるかと思います。 また この給付金の凄い所は、受給額が多いだけでなく、売上高をベースに減少した月を任意で選択でき、フリーランスも対象で、2019年に開業した方も対象になる点です。 経済産業省がリリースしたと、4月27日に公開されたのPDFをもとに、解説していきます。 持続化給付金の支給額と要件 持続化給付金は4月27日に補正予算案が国会に提出され、30日に成立しました。 翌日から申請が開始されるため、 申請期間は2020年5月1日〜2021年1月15日までです。 (電子申請の締切りは1月15日の24時まで) 実際にどのくらい支給してもらえるのか、支給されるための要件は何か、下記にまとめました。 2019年以前から事業による事業収入を得ており、今後も事業を継続する意思がある• 法人の場合は資本金10億円未満の会社(資本金等の定めがない場合は従業員の数が2000人以下) 詳しくは下記の「対象者要件 持続化給付金」を参照ください。 資本金10億円以下の法人企業であれば、医療法人、農業法人、NPO、社会福祉法人なども対象です。 個人事業主は開業届さえ出していれば、個人事業主扱いになるため、多くの方が対象になるかと思います。 ちなみに風俗関連事業者、宗教団体は対象外のようです。 支給される金額の計算方法は法人企業で12月決算の場合、下記のようになります。 2020年2月を選択した場合は支給額が上限の200万、3月を選択した場合は支給額が110万となります。 決算期が3月の場合は、2020年3月までの売上が対象となります。 (個人事業主の場合は2019年度の売上) 青色申告をしていない、または青色申告をしているものの、所得税青色申告決算を提出していない個人事業主の場合は、白色申告と同様、2019年の月平均の事業収入と対象月の売上を比較することになるため、支給額は大幅に少なくなると考えられます。 2019年に開業/会社設立した場合は? 2019年10月とかに個人事業主として開業、または法人として会社設立した場合、どのように取り扱われるのか議論になっていましたが、結論から言うと、かなり手厚いサポートをしてくれるようです。 2019年1月〜12月までに開業/会社設立した場合、2020年の対象月の売上が、 2019年の月平均の売上より50%以上減少していることが条件となります。 収入に季節性がある場合は? また収入に季節性があり、時期によって売上が変動する個人・法人を対象にした特例もあります。 2020年の任意の1ヵ月を含む連続した3ヵ月の売上の合計が、前年同期間の3ヵ月の売上の合計と比較して、50%以上減少している場合が対象になります。 持続化給付金の必要書類 登記先・開業先での住所と口座番号に加えて、下記の書類を用意する必要があります。 口座番号は通帳の写し(法人名義または個人名義)で確認します。 法人企業の場合• 法人番号• 2019年の確定申告書類(控え)• 減収月の帳簿 個人事業主の場合• 本人確認書類• 2019年の確定申告書類(控え)• 減収月の帳簿 前年の売上減少分で計算するため、確定申告書類の控えがない場合は手続きできません。 e-Taxで申請した場合はソフト上のメッセージボックスで、申告したデータを確認でき、これが控えの代わりとなります。 経理ソフトから抽出した売上データ、エクセルで作成した売上データ、手書きの売上帳のコピーなどでもOKとのことです。 あくまで売上ベースで計算するため、経費等のデータは必要ありません。 持続化給付金の手続きの方法 申請方法はWEB申請が基本となりますが、完全予約制の申請支援を行う窓口も設置するようです。 社保や年金周りの行政サービスを利用する際に必要となる場合がある「GビズID」は必要なく、WEB申請の場合は以下のフローで手続きを行います。 証拠書類(添付書類)を準備• メールアドレスで仮登録• 届いたメール宛に本登録• マイページより申請情報の入力と証拠書類をアップし申請• 持続化給付金事務局で申請内容のチェック• 通常2週間程度で給付通知書の発送と入金 詳しくは下記の「申請方法・必要書類 証拠書類 持続化給付金」を参照ください。 まとめ 全国に緊急事態宣言が出されて、多くの会社や個人事業主に影響を与えているなか、持続化給付金は支給額・条件・スピード、どれを取っても非常にありがたい内容となっています。 持続化給付金以外に、経産省側ではテレワークに際しての導入費の経費を助成したり、様々な免税処置や融資緩和を行っております。

次の

持続化給付金の申請方法と計算フォーマット

持続 化 補助 金 申請 方法

新型コロナウイルス感染症の拡大とともに、経済面の落ち込みも深刻な状況です。 すでに国や地方自治体から各種の経済支援策が打ち出されています。 そのうちの1つである「持続化給付金」は法人、個人事業主などの事業者にとっては大変ありがたい制度です。 給付額について「法人は200万円、個人事業者は100万円」とされていますが、この金額はあくまでも上限額であり、実際の給付額は昨年と比べて減少となった月の売上額から算出されます。 そこで今回は、給付額をなるべく多くするための計算方法について紹介します。 持続化給付金は5月1日からオンラインでの申請受付が開始されています。 事業の資金繰りが厳しい人はすでに申請済みかもしれませんが、これから手続きを始めようとしている人は参考にしてみてください。 給付額をなるべく多くするための注意点 給付額には法人は200万円、個人事業者は100万円までの上限がありますが、事業規模の小さい事業者など上限に達しないケースでは計算方法によって給付額が変わることを知っておくとよいでしょう。 給付額の計算方法は以下になります。 ・2019年の確定申告が完了していないなど、前年売上情報がない場合には特例が認められます。 一見しただけでは分かりづらいかもしれませんが、次の手順で計算します。 50%以上減少している月が2つ以上あれば、任意の月の金額を選択して計算します。 ここでお分かりいただけると思いますが、Bの金額は少なければ少ないほど給付額が多くなります。 つまり、前年同月との減少率(%)の高い月ではなく、今年の売上額(円)が最も少ない月を対象とした方が計算式のBの金額が少なくなり、結果として給付額が多くなります。 対象となる月が複数ある場合は、どの月の金額を選択するかで給付額が変わります。 4月、そして緊急事態宣言が延長された5月は売上が減少する事業者は多いと思いますが、6月以降、さらに売上額が少なくなる可能性があれば申請を待つという選択肢もあります。

次の