スピード スケート ワールド カップ 長野。 【祝 距離別選手権世界新記録V】女子チームパシュート、日本が去年帯広大会の再現!対戦相手はベルギー。W杯スピードスケート2019長野大会。

ISUスピードスケート・ワールドカップ

スピード スケート ワールド カップ 長野

世界新記録で滑走した動画はまだのようです。 髙木姉妹 世界新 団体追い抜き 平昌五輪金トリオ 世界距離別スケート 【ソルトレークシティー 米ユタ州 時事】スピードスケートの世界距離別選手権第2日は14日 、ソルトレークシティーで行われ、女子団体追い抜きで日本は髙木美帆 日体大助手ー日体大、帯南商高出 、髙木菜那 日本電産サンキョーー帯南商高出 、佐藤綾乃 ANA で臨み、2分50秒76の世界新記録で優勝した。 このメンバーで2017年12月にマークした2分50秒87を塗り替えた。 8面に関連記事 追い抜き世界一 3季連続 抜群のチームワーク 髙木美、髙木菜、佐藤が女子団体追い抜きで貫録を示し、世界新記録で優勝した。 日本は2018年の平昌冬季五輪から3季連続の世界一。 髙木美が「後ろの二人が押してくれて、最後なんとか いけた 」と言えば、髙木菜は「みんなが自分の仕事をしっかりして、粘り切ることができたので、世界記録が出たと思う」とチームワークを強調した。 「私の中では金メダルを狙える唯一の種目なので譲りたくない、意地でも負けたくないという思いはある」とは佐藤。 女王の誇りを口にした。 かちまいは夕方の発刊です。 海外の視聴者なら気分を害するような動画かな、英語タイトルにしてもこの動画は海外の視聴者あまり見てくれないかな、と思ってタイトルは日本語にしました。 当日夕方7時のNHKニュースでは、小平奈緒選手の500m3位は長野県の台風災害の件にからめて報道してましたが、この女子チームパシュートで日本が圧巻の勝利をしたのが気に入らなかったのか、まったくのスルーでした。 テキ側は日本人の活躍を嫌がっているってことです。 今シーズンは、佐藤綾乃選手が、距離別選手権でいい結果が出ず、チームも低迷していましたが、どうにか綾乃さんが復調してきたようで良かったです。 が、2位以下のチームとここまで差があるとは予想できませんで、動画の出来がイマイチかなと思いますが、他にこのW杯長野大会を動画撮影しているYouTuberさんはいないようですので、これしかありませんで。 動画 テロップ入れ忘れました。 またアナウンサーがcongratulationと言ってますがこの場合はcongratulationsが正式です。 congratulationは名詞なので「祝福」とか「祝辞」とかの意味になります。 これを「おめでとうございます!」としたいなら間投詞のcongratulationsとしなければいけません。 帯広大会の動画は、ちょさくけんの都合で仕方なくYouTube公認の音楽を動画にかぶせてますが、こちらの動画は今のところ別にYouTubeから変な通知は来ていないようです。 2019年12月15日でチャンネル登録4575名です。 この動画で勢いづいてくれ~でございます。 美帆、菜那、綾乃 さらに進化 平昌五輪で感動を与えた金メダルの輝きは健在だった。 2位のカナダに1秒44差の完勝。 髙木菜那は「みんな良い滑りだった。 結構速かった」と笑った。 夏場に佐藤綾乃が左足の太ももを痛め、慎重な調整を続けたことから、W杯で3人が組むのは今季初めて。 それでも先頭交代や距離感は危なげなかった。 4周目を過ぎてすぐのカーブで、反周離れてスタートした同走のベルギーを追い抜いた。 珍しい光景ではあるが、昨季の帯広でのW杯でドイツ相手に経験済み。 先頭を滑っていた菜那は「カーブで膨らんで抜いたのでタイムはロスしたが、直線でベルギーを追えていたし、プラスマイナスは、ゼロか少しマイナスぐらい」と動じなかった。 優勝が決まると、観客席へ走りながら手を振って感謝を表した。 秋ごろは氷上にも上がりたくないと思うほどの不安を乗り越えた佐藤は「ファンの皆さんからの期待を感じていた。 リンク新で応えられてうれしい」と笑顔だった。 進化へ新たな試みもあった。 菜那が3季前に痛めた右膝の故障も癒え、今大会で好調だったことから、ヨハン・デビット ヘッドコーチ オランダ の提案で、先頭を引っ張る配分を変えた。 髙木美帆がまず1・75周を担当し、続く佐藤が1周、菜那はいつもより半周長い2周に。 最後は美帆の1・25周で締めた。 美帆は「姉の調子がすごく良く、 来年2月の 世界距離別選手権を見据えたもの。 誰かが調子が上がらない時のバリエーションが一つ増えた」と、2年連続3度目の頂点へ抜かりはない。 視線はさらに2シーズン先の北京五輪へ。 美帆は「海外勢で出ていない 強い 選手もいるし、カナダもタイムは上がっている。 オリンピックへもっと実力を上げていかないと」と浮かれる様子はなかった。 RESULTS Team Pursuit Ladies Division A 1 Japan JPN. 371 M. Takagi , N. Takagi , A. Sato , N. Sakai , 2 Canada CAN. 811 I. Blondin , H. Mclean , I. Weidemann , V. Maltais , 3 Russia RUS. 396 E. Sokhryakova , N. Voronina , E. Kazelina , E. Lalenkova , 4 Netherlands NED. 187 R. Anema , E. Kiel , E. Dul , M. Groenewoud , 5 Poland POL. 039 N. Czerwonka , M. Czyszczon , K. Bosiek , K. Gasecka , 6 USA USA. 120 M. Kilburg-Manganello , P. Schwartzburg , K. Goetz , B. 少しは身元隠せよって思います。 日本女子チームパシュート、ウォーミングアップの様子。

次の

2019/20ISUワールドカップスピードスケート競技会・長野大会|イベント掲示板|長野BOOOON(ながのブーン)

スピード スケート ワールド カップ 長野

Advertisement 関連する記事• 2019. 07 目次 1. 紀平梨花SP最高得点2. 種目別ポイント加点方法3. 日程:2019年4月11日~14日3. 2019. 20 ハーマル(ノルウェー)大会 女子500m 順位 名前 国 1st 2nd TOTAL 1 小平奈緒 JP 37. 254 2 Vanessa H[…]• 2019. 26 ヘーレンフェイン(オランダ)世界スプリント選手権大会 女子総合ランキング 順位 名前 国 1st 2nd TOTAL 1 小平奈緒 JP 14[…]• 2020. 30 四大陸スピード選手権大会2020がアメリカ・ウィスコンシン州ミルウォーキーにて開催されます。 昨年の長野から1か月半ぶり1月も何度か大会を開催してもら[…]• 2019. 20 苫小牧大会 女子500m(1回目)Division A 1位:小平 奈緒(JP) 38. 030 2位:Vanessa Herzog(AT) 38. 52[…]• 2019. 22 インツェル(ドイツ)大会 女子500m 順位 名前 国 1st 2nd TOTAL 1 Vanessa Herzog AT 37. 124 2 […] コメント (1件)•

次の

2019/20ISUワールドカップスピードスケート競技会・長野大会|イベント掲示板|長野BOOOON(ながのブーン)

スピード スケート ワールド カップ 長野

獲得メダル 男子 銀 500 m 金 2001 ソルトレイクシティ 1000 m 金 2003 ベルリン 500 m 金 2004 ソウル 500 m 金 2008 長野 500 m 銀 1998 カルガリー 1000 m 銀 2001 ソルトレイクシティ 500 m 銀 2004 ソウル 1000 m 銅 1998 カルガリー 500 m 銅 2000 長野 500 m 銅 2005 インツェル 500 m 金 1999 カルガリー 総合 金 2000 ソウル 総合 金 2002 ハーマル 総合 金 2003 カルガリー 総合 銀 1998 ベルリン 総合 銀 2004 長野 総合 銀 2005 ソルトレイクシティ 総合 銀 2008 ヘーレンフェーン 総合 銅 2001 インツェル 総合 ジェレミー・リー・ウォザースプーン( Jeremy Lee Wotherspoon 、 - )は、の選手。 恵まれた長身と スピードスケートの歴史上最も優れたスプリンターの一人である。 また極めて高い実力を持ちながらオリンピックを制することができなかった選手としても知られる。 妹のもスピードスケート選手。 経歴 [ ] カナダのフンボルトで生まれ、レッドディアで育った。 スケートを始めた当初、の技術を磨くための授業に申し込んだが、友人に誘われスピードスケートに熱中するようになった。 初めは競技とロングトラック競技の両方に参加していた。 その後ロングトラックを専門にしてジュニアランクを駆け上り、17歳の時にナショナルチームでのトレーニングを受けることになり、拠点をに移した。 彼はすぐに頭角を現し、に・スピードスケートで初優勝を遂げた。 のでは、の最大のとして注目されたが、男子500m競技の1回目7位と出遅れ、五輪優勝が絶望視された。 2回目ではなんとか2位に入り、総合で金メダルの清水に次いで銀メダルを獲得し、トップレベルの実力に達したことが証明される。 しかし冬季オリンピックのメダル獲得はこれが唯一であった。 以降、彼は短距離種目を支配し、500mと1000mで世界記録を保持した。 ソルトレイクシティオリンピックまでに、ワールドカップでは500mで3回(、、)、1000mで4回(1998年、1999年、2000年、)の総合優勝を果たした。 のでは金メダルの大本命として期待されたが、男子500m競技の1回目のスタートからわずか8歩目で大きくバランスを崩して転倒、棄権により一瞬にしてメダルを逃してしまった(2回目では参考記録ながら最速タイムをマークした)。 1000mでも300m付近でバランスを崩して失速し13位でに終わった。 のでは500m9位、1000m11位に終わった。 11月、W杯ベルリン大会で転倒し防御マットに激突。 左上腕を骨折した。 その後、リハビリを経て12月に復帰した。 は地元の大声援を受けながらも、世界記録保持者として臨んだ500mは9位、1000mも14位に止まった。 2010年シーズン限りで現役を引退した。 通算でワールドカップ優勝67回 男子として歴代最多 、総合優勝は13回 500m8回、1000m5回。 世界記録はスプリント複合も合わせた3種目で16回更新した。 その後はで後進の指導にあたっていたが、6月に現役復帰を表明し、でのメダル獲得を目指した。 2013年12月にカナダ代表選考競技会の500mのレースに出場したが、6位に終わり 、ソチ五輪への出場は果たせなかった。 三上孝道『これだけは知っておきたい(11) オリンピックの大常識』株式会社ポプラ社、2004年、74ページ、• -国際スケート連盟• 、2013年6月11日• , , 2013年12月29日, 2014年2月11日閲覧. 外部リンク [ ]• - バイオグラフィーとオリンピックでの成績 (英語)• 各種大会の成績 SpeedSkatingStats. com.

次の