蕁麻疹 やばい。 プリンで蕁麻疹爆発事件|スズカン|note

蕁麻疹(じんましん)が全身に広がってかゆい!応急処置と治す方法。

蕁麻疹 やばい

いや、まじで笑うわ。 人生初入院がこのタイミングで来るとはな。 蕁麻疹で入院、て自分もまさかそんなことになるとは思ってなかったけど、 まあ治らないし、全身痒くて夜全く眠れないし、衣擦れだけで狂うほど痒いので動くのも辛く、顔にまで発疹が伸びてきた段階で「あ、これやばいな」と。 蕁麻疹は本当につらい。 原因もわからないし、回復方法も薬で抑えてただ待つ、という感じ。 結局、回復を早めるために、というお題目で4日も入院した。 それでも治りきってないし。 入院は人生ではじめての経験だったけど、一人で入院手続きやら色々やると結構忙しくて、よく聞く「入院暇」状態になったのはやっとこさ二日目の夜ぐらいから。 そこから病院のコンビニで買ったの「」と病院に置いてあったの「眩暈」を読了したら、ちょうど退院日の4日目の朝になっていた。 どうでもいいけど「眩暈」は入院時に読む本じゃないわな。 文字通り眩暈がしたわ。 そもそも病院に置いてあった小説はミステリも結構多いんだけど「人の死」を扱う作品も普通に置いてあるんだなーと思った。 そこまで配慮してないだけか、そもそも患者のいなさそうな一般病棟だからか。 それはおいといても、人生初の「点滴」やら「大部屋でのくそでかいイビキ、マジで発狂しそう」とか、この歳でいよいよ経験することになった。 父や母ともいよいよ入院できるようになっちゃったわけである。 今は退職前の引き継ぎ期間にあたるので、会社を休むことに特段プレッシャーがあったわけでもないのでそれは幸いだったのかと思う。 しかし自分が思い描いていたやりたいこと色々な退職後スケジュールは、蕁麻疹発症〜退院でほぼ2週間を費やしたため、 半壊している。 バタバタしたまま新しいとこへの入社を迎えるんかな〜。 forestkinoko.

次の

プリンで蕁麻疹爆発事件|スズカン|note

蕁麻疹 やばい

スギ花粉もようやく落ち着いてきたGW時期。 過ごしやすい季節になる喜びも束の間、ふと気づくと、手首や足首にじんましんのような小さなポツポツが多数出ていた。 チクチクする痒みもある。 そんな不快感を訴えたところ、姉もここ数日、じんましんに悩まされていると言う。 気になってTwitter検索してみると、自分と同じくじんましんに悩む声が多数あった。 「久々こんなに全身に蕁麻疹だ」 「顔に蕁麻疹やばい」 「蕁麻疹しんどすぎてやばい」 「【悲報】寝ていたら、突然痒みにおそわれる。 じんましんですね」 「じんましんがやべえよなんでですかね」 「よく見たら足首にもじんましん出てる もう七分丈ジャージはくのやめよう」 「やっと蕁麻疹がおさまってきた」 「じんましん? なんか顔と腕がやばいしかゆい」 「蕁麻疹にキンカン塗って死んでるナウ」 「あーん蕁麻疹? でてきたーん」 「私は2回、医者に、3度目のお医者さんがやっと蕁麻疹だと診断してくれてお薬を出してくれ、よくなりました」 何かの植物のなのだろうか。 この時期はイネ科などのアレルギーもあるようだけど……。 鼻水もくしゃみも出ないけど、いわゆる「アレルギーマーチ」というもので、花粉症からくるなのか(コネタ既出)。 都内の皮膚科医に聞いてみたところ、看護師さんにこんなことを聞かれた。 「じんましんですか? 今日突然出たんですか? GW? ああ、やっぱり。 GWにじんましんが出たっていう患者さん、すごく多いんですよ」 この日もじんましんで受診している患者は多いと言う。 紫外線アレルギーが出やすいGW なぜGW中に多数の人がじんましんの発生に悩まされたのか。 医師はこんな説明をしてくれた。 「じんましんの原因には疲れやストレスなどももちろん考えられますが、特にGW中のじんましんの場合、多くが日差しによるものですね」 紫外線などが原因となる「日光アレルギー(日光製皮膚炎)」あるいは「紫外線アレルギー」。 一般的には日光があたった部位に赤みやブツブツの発疹、みみずばれ、かぶれ、腫れなどが起こるそう。 「日差しによるじんましんの場合、顔や手足など、外に出ている部分に出やすいです。 毎年GWくらいになると、紫外線が強くなっているにもかかわらず、夏に比べて過ごしやすい陽気のため、日焼け止めを塗るなど、対策をしていない人が多いこと。 また、外に出ている時間が多いこと、汗をかきやすいことなどから、急にじんましんを訴える人が増えるんですよ」 日焼け止めで塗り忘れやすいのは、耳! 子どものころは日光を浴びても平気だったのに、あるときからじんましんが出るようになったと言う人も多く、その理由は「紫外線に対する体の抗体が一定量を超えてしまったこと」である場合が多いそう。 出てしまったじんましんの治療法としては、患部を冷やす、抗アレルギーの内服薬を飲むなどが手っ取り早いそうだが、まずは「じんましんにならない対策」をすることが大切だと言う。 「できれば薄い衣類を一枚羽織ったり、日傘をさしたりしましょう。 また、まだ暑くなくても、少し外に出る程度でも、日焼け止めをしっかり塗ることは大切です。 顔や首、手足など出ている部分はもちろん、意外と忘れがちなのが耳ですね。 連休中、あるいは連休明けにじんましんに悩んでいる人は一度皮膚科を受診してみては? (田幸和歌子) 外部サイト.

次の

蕁麻疹で入院

蕁麻疹 やばい

スギ花粉もようやく落ち着いてきたGW時期。 過ごしやすい季節になる喜びも束の間、ふと気づくと、手首や足首にじんましんのような小さなポツポツが多数出ていた。 チクチクする痒みもある。 そんな不快感を訴えたところ、姉もここ数日、じんましんに悩まされていると言う。 気になってTwitter検索してみると、自分と同じくじんましんに悩む声が多数あった。 「久々こんなに全身に蕁麻疹だ」 「顔に蕁麻疹やばい」 「蕁麻疹しんどすぎてやばい」 「【悲報】寝ていたら、突然痒みにおそわれる。 じんましんですね」 「じんましんがやべえよなんでですかね」 「よく見たら足首にもじんましん出てる もう七分丈ジャージはくのやめよう」 「やっと蕁麻疹がおさまってきた」 「じんましん? なんか顔と腕がやばいしかゆい」 「蕁麻疹にキンカン塗って死んでるナウ」 「あーん蕁麻疹? でてきたーん」 「私は2回、医者に、3度目のお医者さんがやっと蕁麻疹だと診断してくれてお薬を出してくれ、よくなりました」 何かの植物のなのだろうか。 この時期はイネ科などのアレルギーもあるようだけど……。 鼻水もくしゃみも出ないけど、いわゆる「アレルギーマーチ」というもので、花粉症からくるなのか(コネタ既出)。 都内の皮膚科医に聞いてみたところ、看護師さんにこんなことを聞かれた。 「じんましんですか? 今日突然出たんですか? GW? ああ、やっぱり。 GWにじんましんが出たっていう患者さん、すごく多いんですよ」 この日もじんましんで受診している患者は多いと言う。 紫外線アレルギーが出やすいGW なぜGW中に多数の人がじんましんの発生に悩まされたのか。 医師はこんな説明をしてくれた。 「じんましんの原因には疲れやストレスなどももちろん考えられますが、特にGW中のじんましんの場合、多くが日差しによるものですね」 紫外線などが原因となる「日光アレルギー(日光製皮膚炎)」あるいは「紫外線アレルギー」。 一般的には日光があたった部位に赤みやブツブツの発疹、みみずばれ、かぶれ、腫れなどが起こるそう。 「日差しによるじんましんの場合、顔や手足など、外に出ている部分に出やすいです。 毎年GWくらいになると、紫外線が強くなっているにもかかわらず、夏に比べて過ごしやすい陽気のため、日焼け止めを塗るなど、対策をしていない人が多いこと。 また、外に出ている時間が多いこと、汗をかきやすいことなどから、急にじんましんを訴える人が増えるんですよ」 日焼け止めで塗り忘れやすいのは、耳! 子どものころは日光を浴びても平気だったのに、あるときからじんましんが出るようになったと言う人も多く、その理由は「紫外線に対する体の抗体が一定量を超えてしまったこと」である場合が多いそう。 出てしまったじんましんの治療法としては、患部を冷やす、抗アレルギーの内服薬を飲むなどが手っ取り早いそうだが、まずは「じんましんにならない対策」をすることが大切だと言う。 「できれば薄い衣類を一枚羽織ったり、日傘をさしたりしましょう。 また、まだ暑くなくても、少し外に出る程度でも、日焼け止めをしっかり塗ることは大切です。 顔や首、手足など出ている部分はもちろん、意外と忘れがちなのが耳ですね。 連休中、あるいは連休明けにじんましんに悩んでいる人は一度皮膚科を受診してみては? (田幸和歌子) 外部サイト.

次の