ガンダム バウンサー。 ガンプラ「機動戦士ガンダム サンダーボルト」シリーズ

HGAGE 「Gバウンサー」 レビュー

ガンダム バウンサー

HGAGE 「Gサイフォス」 レビュー HGAGEから「Gサイフォス」のレビューです。 『機動戦士ガンダムAGE 〜追憶のシド〜』に登場するモビルスーツ。 主人公ウィービック・ランブロの搭乗機。 地球連邦軍においても指揮官機として使用されるMS、Gバウンサーの改造機。 その製造はマッドーナ工房の手によって行われたといわれている。 基本的な仕様として左マニピュレーターがオミットされ、鍵爪のようなフックの付いたドッズバスターHが装備されているが、 これは汎用性を犠牲にしても攻撃力を向上させようとする海賊らしい思想が反映されたものだと思われる。 しかし一定の手間はかかるものの装備の変更については比較的柔軟な設計になっており、 ビームサーベルと同等の破壊力を持つといわれる高出力ヒートソードの他、 左腕部は接近戦用の特殊武器に換装したり、状況によってはマニピュレーターの機能自体を復活させることもあったようである。 ではレビューは下からどうぞ。 パケ横。 付属品一覧。 ・高出力ヒートソード ・持ち手A(右1) ・持ち手B(左1) ・握り手(左1) プロポーションをグルリと。 海賊版Gバウンサー。 海賊帽のような頭部や左腕のフックと、デザインにも海賊感が色々。 各所アップ。 キットの大半はGバウンサーからの流用です。 新規造形は頭部、肩、腰部アーマー、各武装。 ドッズバスターHのフック部分はメタリック成型になっています。 シールの使用箇所もGバウンサーと同様ですが、新規造形の肩アーマーの色分けはシールになっています。 目のシールは頬部分のグレーまでカバー。 Gバウンサーと。 白一色のGバウンサーと違い、Gサイフォスはただ黒くなったわけではなく、装甲に使っている色の種類も増えてますね。 可動範囲はのレビューを参考にして下さい。 以下、武装の紹介。 バックパックはボールジョイント接続。 スラスターがそれぞれ展開。 ドッズバスターHに付いているフックはスイング可能。 ドッズバスターH自体は手首関節にボールジョイント接続で、普通の手に交換出来ます。 高出力ヒートソード。 刃はドッズバスターHと同じでメタリック成型。 持ち手は角度の付いた右手が新規で付属しています。 以下、適当にポージング。 宇宙海賊ビシディアン(A. 151) ウィービックとアセム。 まぁ時期的にAGE2は特務隊仕様の真っ白でしたが。 コミック1巻の表紙はこのカラーになってましたね。 以上、HGAGEのGサイフォスのレビューでした。 HGAGEシリーズ初の外伝機体。 ジャックエッジは本編にも出ていたので。 基本的な部分は優秀なGバウンサーなので、相変わらず良い出来です。 新規造形部分もメタリック成型な刃やバリエーション手首と、満足のキットでした。

次の

ガンプラ「機動戦士ガンダム サンダーボルト」シリーズ

ガンダム バウンサー

代金引換• 商品到着時に配達員に現金で支払い。 金額に関らず別途手数料が一律 200円 税込 かかります。 コンビニ決済• 出荷前支払い。 金額に関わらず別途決済手数料が一律 200円 税込 かかります。 銀行振込• 出荷前支払い。 ジャパンネットバンク,三菱UFJ銀行。 振込手数料はお客様負担となります• クレジット決済• 出荷前支払い。 手数料はかかりません。 Paypal決済• 出荷前支払い クレジットカードでも銀行口座からでも、IDとパスワードでかんたん・安全にお支払い。 新規登録・振込手数料も無料です。 ご利用可能な銀行は、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、りそな銀行・埼玉りそな銀行です。 別途paypalの登録が必要となります。 商品の品質については万全を期しておりますが、万一、ご注文と異なる商品がお届けとなった場合や、破損・汚損していた場合には、お届け後7日間以内にご連絡ください。 パッケージ内の破損、部品不足等の初期不良品等につきましては、まずは商品に記載されているメーカーのサポートセンターにお問合せ願います。 その場合は対応方法を確認いたしますので、まずは「」へ詳細をご明記の上、メールでご連絡ください。 上記工程にて発生する擦過傷・若干の凹み等は商品の仕様となります。 メーカー・当店ともに交換できませんので予めご了承ください。

次の

HGGサイフォス

ガンダム バウンサー

HGAGE 「Gバウンサー」 レビュー HGAGEから「Gバウンサー」のレビューです。 『機動戦士ガンダムAGE』に登場するモビルスーツ。 ウルフ・エニアクルの搭乗機。 アデルと同様の経緯で開発された機体。 ガンダムAGE-1の機体構造を参考に基本フレームなどが設計されているが アデルで採用されたパーツ換装を可能とするウェアシステムはオミットされ AGE-1スパローを基にしたスピード重視の仕様で固定されている。 部隊長や熟練者用に配備されていたものに ウルフ独自のカスタマイズを加えることによって完成した。 ではレビューは下からどうぞ。 パケ横。 付属品一覧。 脚部はスパローそのままなのですが特に違和感無くまとまってるなと。 背中がスッキリしている機体が多いAGEシリーズですが今回はボリュームあります。 各所アップ。 脚部はスパローの流用ではなくGバウンサーとして新規ランナーになっています。 デザインそのものも新規造形。 今回もシールで色分けの補完はバッチリ。 胸の黒い部分までシールを貼るようになっていますし。 目はGエグゼスと同じくライトグリーン成型になってます。 開発経緯が同じらしいアデルと、脚の元のスパロー。 ウルフ搭乗機を並べてみる。 首の可動。 二重ボールジョイント接続。 今回あっちこっち干渉しててあまり動いてくれません。 横を向く際はギリギリで襟の上に顎を乗せることは可能ですが、アデルのように襟を越えることは出来ません。 胴の可動。 腹部と腰部の二箇所ボールジョイント接続。 ここの動き方はいつも通り。 肩・腕の可動。 肩は根元が上下スイング+前後スイング、上腕が軸接続+上下スイング+軸回転。 肩アーマーは上腕を挟む形で取り付け。 肘は二重スイング。 手首はボールジョイント接続。 腰部アーマーの可動。 フロントは中央連結の分割可能なボールジョイント接続。 サイドはボールジョイント接続。 リアは上下スイング。 下半身の可動。 股関節は軸が上下スイング+前後スイング、腿が軸接続+上下スイング+軸回転。 スパローそのままなので腿は90度上がりません。 膝は二重スイング。 足首は軸接続+前後スイング、ボールジョイント接続+左右スイング。 スパローから関節が増設されたのですが 足の左右スイングの幅が狭く正直可動域はそんなに変わってません。 概ねの関節はHGAGEの連邦機体らしい動き方。 ただデザインの都合で首が動きにくいのが残念。 あとせっかく関節が増えたのに結局変わっていない足も。 スパローの脚は立て膝が特に難しい。 以下、仕様や武装の紹介。 背中のスラスターはボールジョイント接続。 外側の二枚が開きます。 スパローと同じく膝にはニードルガン。 武装一覧に無いんですけどどんな設定なんですかね。 ドッズライフル。 銃身下部に謎の溝があるんですが今後何かしらの拡張可能? アデル同様にリアアーマーにマウントが可能。 ビームサーベル。 グリップはサイドアーマーとAGE1やアデルと同じ配置に。 サーベル刃は二本付属。 シールド。 今回も接続部の袖は差し替えで回転可能。 シグルブレイドは着脱可能で手に持たせられます。 刃はクリアー成型。 ちなみにウルフ機と言えばシールドにマーキングでしたが この機体はシールドそのものがウルフマークを模しているそうで。 こういう遊び心は嫌いじゃないですね。 フル装備。 以下、適当にポージング。 背中のスラスターが肩や腕と若干干渉しますね。 アデルとバックパックが統一規格で交換可能。 この状態のアデルがアデルIIみたいな感じで第三世代に正式採用されてたりして(笑 新生ディーヴァ隊。 以上、HGAGEのGバウンサーのレビューでした。 脚はスパローながら細かなデザインの違いを新規造形。 スパローではシール対応だったシグルブレイドもクリアー成型と 今回はなかなか力の入った仕上がりでしたね。 可動面もデザイン上の制限を除けば問題ないですし。

次の