細江予想。 細江純子 競馬予想 2020「みんなのKEIBA」

【競馬】<画像>細江純子の春G1予想が何気に凄い件

細江予想

夕刊フジは産経新聞社が発行している夕刊紙。 新聞名は同じサンケイグループのテレビ局・フジテレビが由来になっているといわれています。 政治面や芸能面が充実しているのはもちろん、競馬面への評価が高いことでも知られていて、や、週刊Gallopは夕刊フジの姉妹誌にあたります。 ここでは、夕刊フジの値段や発売日をご紹介するほか、競馬欄の見方や特徴、予想力が高いおすすめの記者の情報をお届けします。 値段や発売日は? 値段は1部 140円。 夕刊紙のライバルであるや(通常版)も同じ値段です。 発売日は中央競馬のレースが開催される日の前日になります。 土曜日にレースが開催される場合は金曜日の午後から、日曜日にレースが開催される場合は土曜日の午後から新聞の発売が開始されます。 月曜日開催や金曜日開催など、変則開催の時もレースが開催される日の前日に発売されますので、ぜひご活用ください。 夕刊フジ競馬欄の見方や特徴は? 夕刊フジの馬柱は「 タテ書き」になっています。 多くの新聞はタテ書きの馬柱を採用していますから、他の新聞からの乗り換えもスムーズにできるかと思います。 夕刊フジの競馬欄は質の高い予想を提供するのはもちろん、知名度の高いトラックマンのコラムを読める点が大きな特徴です。 特に、フジテレビの日曜競馬中継『スーパー競馬』で鋭い解説を披露していた名物トラックマン・吉田均記者(競馬エイト所属)のコラム「攻めの吉田~G1豪打一振」は読み応え十分! 競馬の奥深さを体験したい!という方にはうってつけの新聞です。 夕刊フジ競馬欄の予想は当たる?おすすめ記者を紹介! 水谷圭助 「万券製造機」という異名を持つ水谷圭助記者。 夕刊フジきっての穴党として知られています。 やや無理筋な予想をする時もありますが、穴狙いの予想スタンスをずっと貫いている点は好感が持てますよね。 森田しの 夕刊フジが誇る女傑・森田しの記者。 2015年夏には小倉記念(G3)とレパードステークス(G3)で三連単を的中させていることから「真夏の女神」という愛称をもっています。 森田大王(森田実) サンケイスポーツの記者時代から「大王」の異名を持っている森田大王。 内海裕介 夕刊フジの記者はもちろん、競馬エイトやサンケイスポーツ、週刊Gallopの記者が予想成績を争う「予想王」の回収率ランキング初代チャンピオン。 近走の成績を重視しながら、当週の追い切りで見せた動きを参考にして予想を組み立てる、というスタンダードな予想スタンスです。 村瀬信之 43歳という若さで夕刊フジ関東版の本紙予想を担当している村瀬信之記者。 2008年の秋競馬スタートと合わせて本紙予想を担当することになり、鋭い予想を披露しています。 予想スタンスは本命党。 他の競馬新聞でも本紙予想担当者は堅実な予想をすることが多いですけど、村瀬信之記者も堅い予想をすることがほとんどです。 中央競馬の全レースを隅から隅までチェックすることを日課としていて、チェックしたレースの中で特にレベルの高いレースを見つけ出し、そのレースの好走馬に狙いを定めます。 夕刊フジのトラックマンはクセのある予想を出す人が多いのですが、村瀬信之記者はとてもシンプルな予想を出すことで知られています。 競馬初心者の方はまず本紙予想担当の村瀬信之記者の予想を参考にしながら、自分の馬券を組み立ててみてくださいね。 漆山貴禎 馬券を安定的に的中させることよりも、収支をプラスに持っていくことを第一に考えている漆山貴禎記者。 東京大学の文学部出身というインテリ馬券師でもある漆山貴禎記者は注目度が高い特別レースからとっておきの1レースを選び、おすすめの馬券を推奨しています。 予想スタンスは「穴狙い70%・堅い予想30%」というバランス型。 トレセンでの徹底的な取材で得た馬券に役立つ情報を予想にどんどん組み込んでいきますので、厩舎関係者のレースへの手応えを知りたい場合は漆山貴禎記者の見解を参考にしてみるのはいかがでしょう。 秋谷哲 関東・夕刊フジのデスク担当である秋谷哲記者。 トレセンや競馬場へ取材に行く立場ではないため、予想に変な感情が入ることがありません。 デスク担当ならではの分析力でレースの本質を見抜いていきます。 予想スタンスは穴狙い。 三連単3点買い、という競馬玄人でもしないような難易度の高い馬券を推奨しています。 的中率はどうしても低くなってしまいますが、1レースでも的中すると回収率が一気に跳ね上がり、夕刊フジの回収率ランキングで上位に食い込むこともあります。 志賀弘惟 2013年3月まで発刊されていた「ダービーニュース」で本紙予想を担当していた志賀弘惟記者。 50年近く競馬に携わっているベテラントラックマンです。 2016年秋のG1戦線からは、夕刊フジの紙面に掲載されている出走予定馬のカラー馬体写真の中から、馬券対象となる馬を選び抜く、という馬体診断の企画を担当しています。 2015年度JRA賞・最優秀障害馬の投票で、中山大障害で3着に敗れたサナシオンに一票を投じたことで話題になった志賀弘惟記者は馬券予想でも奇をてらった印をつけるケースが多くなっています。 ダービーニュース時代から穴党として知られていた志賀弘惟記者がつける印にも注目です。 まとめ 夕刊紙は競馬新聞よりも値段が安いこともあり、信頼できる予想が載っていないのでは?と思われがちですよね。 しかし、夕刊フジは予想力が高い記者ばかり! 競馬歴が長いファンでも納得していただける予想が勢ぞろいしています。 競馬初心者の方でも利用しやすい新聞ですから、どうぞご利用ください。

次の

細江純子の競馬予想や下ネタがヤバ過ぎ!結婚した旦那や騎手時代の成績も調査

細江予想

競馬ファンの中にもグリーンチャンネルに加入しているという人はそこまで多くないのではないでしょうか。 地上波ではほとんど競馬の番組はやっていない中、数少ない貴重な競馬番組として競馬ファンから愛されている番組が「みんなのKEIBA」ではないでしょうか。 馬券を買うのは自分ですが、競馬予想を自分の力だけでしているという人はそこまで多くないのではないでしょうか?競馬新聞の記者の予想印を見ても、競馬サイトを参考にしてみてもなかなか予想が当たらない…そんな時はテレビの競馬番組を見るという手もあるのです。 この記事でご紹介する細江純子は「みんなのKEIBA」にレギュラー出演している競馬評論家で、競馬ファンならご存知の通り、かつてJRAで騎手として活躍していました。 現在では活躍のフィールドを競馬予想に移し、数多くの予想を提供している細江純子ですが、その予想の精度のほどはどうなのでしょうか?かつて逆神と言われた事もあったようですが、回収率136%を越えたこともあり、当たると話題になっていたこともあります。 細江純子の予想は当たるのか、細江純子の競馬予想を無料で見ることが出来るサイトなどをご紹介させていただきたいと思います。 細江純子プロフィール 「ホソジュン」の愛称で呼ばれる細江純子は「ホース・コラボレーター」という独自の肩書を使っている競馬評論家です。 騎手を志したのは高校在学中で、テレビアニメ『ハロー! レディリン』と武豊の影響からだといいます。 ジムや自転車通学によって体力づくりをしたということですからその本気度が伺えますね。 1993年競馬学校に入学し、卒業後の1996年にJRA初となる女性騎手としてて田村真来、牧原由貴子と共にデビューしました。 この時の競馬学校12期生は「花の12期生」と呼ばれており、他の同期生に福永祐一、和田竜二、古川吉洋らがいます。 また、高校を卒業してから騎手学校に入学してから騎手デビューを果たしたのは今でも細江純子ただ一人です。 1999年には日本の女性騎手としては初となる海外競馬での勝利も手にしましたが、重賞制覇などの結果などは残せぬまま怪我をきっかけにして引退。 引退後は競馬評論家や解説者として、また、雑誌や新聞でも執筆活動を行っていますが、これはかつて憧れた天才騎手・武豊の助言によるものだそうです。 2011年2月4日には橋田満厩舎の調教助手である児玉武大と結婚し、2013年9月24日には長男を出産しています。 下ネタが好きすぎる 細江純子と言えば下ネタと言われるほど、細江純子は一時期下ネタを連発していました。 細江純子の情報を見ていると、初の女性騎手として必死だった現役時代や、解説中の落ち着いた口調からも真面目でおとなしい、大人の女性を連想させますよね。 細江純子を知る誰もがそんな印象を持ちますが、実はかなりの下ネタ好きだということは競馬ファンの間では有名なことです。 そんな細江純子の下ネタを見ることが出来たのがアサヒ芸能の競馬コラムです。 細江純子のコラムは下ネタのおかげなのか何なのか、あっという間に人気となりました。 「下ネタと言っても可愛らしいものだろう…」そんな風に想像するかもしれませんが、細江純子の下ネタはかなり強烈です。 あまりに強烈すぎて「若手騎手の一人が誰かに脅されて書かされているのではないか」という声も出たほど。 しかし細江純子はあっけらかんと「このコラムは私の心の中のオアシス」と応えたというのだから驚いてしまいます。 焦りに焦り、かれこれ40分近く部屋中を探し、ようやく発見できたのですが、あらためて記憶から抹消されていた事実に自分自身驚いてしまった。 引用元: 2019年10月13日にはフジテレビ系「ワイドナショー」に出演。 その時にも下ネタを繰り出し周囲を呆れさせていたんだとか。 掲載するのもためらってしまうほどかなり強烈な下ネタをコラムで連発していた細江純子ですが、「下ネタばかり言って将来子供がいじめられたりしないだろうか」と心配されたことをきかっけにして下ネタを封印しています。 しかしながら、このように下ネタを連発するきっかけになったのは騎手デビューだといいます。 騎手の世界は男社会で、最初は男性からの下ネタが恐ろしかったといいます。 それなら自分で言ってやろうということで自分から下ネタを言うようになったそうです。 Twitterでは現在でもさり気なく下ネタを披露しているので、気になる人はチェックしてみるのもいいかもしれません。 声優としても活躍していました。 Youtube動画も公開されています。 細江純子競馬コラムで下ネタ封印 下ネタで注目された細江純子ですが、封印したことがわかりました。 元JRAの女性騎手である「細江純子」ですが、実は下ネタで話題になったことがあります。 「細江純子」はアサヒ芸能の競馬コラムを執筆していて、そこで下ネタを多用していました。 女性で下ネタを多用する人も珍しいので、2chなどでも話題となったのです。 「細江純子」が下ネタを使っているのはJRAの元騎手であるという点が大きく影響しているかもしれません。 騎手という男社会で生きてきた「細江純子」は、下ネタに対し順応しなければならなかったのです。 アサヒ芸能の競馬コラムで下ネタを多用していた「細江純子」ですが、「下ネタばかり言って将来子供がいじめられたら可哀想」と心配され下ネタを封印するようになりました。 下ネタを封印したのは、子を持つ母親としての判断です。 今後、下ネタを解禁する可能性は低いですが、信頼度の高い競馬予想と軽快なトークに注目してください。 細江純子の競馬予想について 現在でこそ競馬ファンからも高い精度の予想に定評がある細江純子さんですが、騎手を引退したばかり頃は的中率が悪く、「予想が外れた言い訳が多い」「逆神だ」という悪評が多かったのも事実です。 元騎手とはいえ、それを予想に活かすとなるとまた違うのか…そんな意見もありましたが、競馬番組でパドック中継を担当するようになると、周りからの評価が一変します。 細江純子のパドック評価をみたことで馬券購入者が増えたという意見まで上がるほどに。 細江純子の予想は騎手時代からの観察力を武器にして、全く人気がない競走馬にも思い切って高評価をするという思い切りの良さも魅力の一つだと言われています。 2016年の天皇賞・春で万馬券を的中させたことを覚えていらっしゃる方もいるのではないでしょうか。 細江純子は13番人気のカレンミロティックを「人気はないですが状態が非常に良さそう」と評価、そして見事万馬券を的中させたのです。 競馬評論家としての経験を積んだことによって、競馬ファンではとてもわからない競走馬の細かい変化に気づくことが出来る騎手経験者の技術や感性を予想に活かすことが出来るようになったのかもしれません。 穴馬を見事的中 細江純子は返し馬でも馬の調子を素早く見抜き、そして細やかな目でパドックを観察し、馬の状態を見抜くことが出来ると言われています。 またカレンミロティックになりますが、2015年の天皇賞・春。 パドックでカレンミロティックを見た細江純子は返し馬にカレンミロティックを指名します。 周りの競馬予想家や競馬評論家は「天皇賞秋から休み明けだし、ないない」と否定してばかりいました。 結果、細江純子が返し馬に指名したカレンミロティックが3着という結果に。 馬券に絡む結果となり、見事予想を的中させ配当を手にしました。 みんなのKEIBAで回収率136%越え みんなのKEIBAには数人の予想家が居ますが、その中でもある期間で非常に高い回収率を叩き出したのが細江純子です。 以下は、とある一定期間の回収率ですが、ずば抜けて細江純子の回収率が高いということがはっきりとわかります。 細江純子…年間回収率136. 6%(2008年)• 井崎脩五郎…G1複勝回収率75%(2013年)• 松本ヒロシ…G1複勝回収率46%(2013年) もちろん人間誰しもその時の調子があるため、その時によっても回収率は変わりますが、細江純子は非常に高い回収率で、視聴者の間でもかなり話題になっています。 みんなのKEIBAと言えば、細江純子と井崎脩五郎の馬券予想対決も番組の一つの見どころとして高い人気を集めています。 細江純子の予想を無料で見る方法 以上のように元騎手という、競馬ファンにはとても見ることが出来ない目線から競走馬や競馬のレースを見ることが出来る天皇賞秋から休み明けだからないでしょうは、細かな部分まで見抜く鋭い目で予想を披露しています。 説得力のある競馬予想は今や数多くの人を魅了しています。 みんなのKEIBA 細江純子はみんなのKEIBAにレギュラー出演しているため、この番組を見れば細江純子の予想を無料で見ることが出来ます。 netkeiba. com netkeiba. comでは「ホソジュンの幸せ馬房」というブログを連載しており、毎週金曜日に更新されます。 スナックズンコちゃんねる スナックズンコちゃんねるというYoutubeのチャンネルでは、細江純子の予想を見ることが出来ます。 スナック風の演出がされており、楽しみながらことができるでしょう。

次の

夕刊フジ競馬の見方、発売日、予想は当たる?おすすめ記者を紹介!

細江予想

細江純子さんは、1996年に JRA初の女性騎手として、牧原由貴子、田村真来などと競馬学校第12期生としてデビューしました。 中央競馬での 通算成績は493戦14勝と決して目立つものではありませんでしたが、デビューから毎年勝ち鞍をあげ、1999年にはシンガポールで日本の女性騎手としては 初の海外競馬での勝利を挙げるなど、どちらかと言えば『記録』より『 記憶』に残る女性騎手であったのかもしれませんね。 また意外と知られていない事実ですが、高校卒業後にJRAの競馬学校騎手課程に入学して、騎手デビューを果たしたのは日本国内では今でも細江騎手一人だけとなっています。 細江純子の予想スタイル 騎手を引退後競馬評論家となった細江さんですが、引退直後の予想はなかなか的中率が悪かったことで一部のファンからは『逆神すぎる』『予想が外れた言い訳ばかり』といった悪い評価が目立つようになっていました。 しかし、競馬番組におけるパドック中継を担当するようになってからはその評価が一変し、最近では 細江さんのパドック評価を見てから馬券を買う人が増えたという意見まで聞かれるようになりました。 騎手時代に培ってきた『観察力』を武器に人気が全くない馬でも高評価する思い切りの良さも魅力で、2016年の天皇賞・春では13番人気のカレンミロティックを『 人気はないですが状態が非常に良さそう』と発言し、結果として大万馬券を的中させたのが記憶に新しいところです。 普通の競馬ファンが見ただけでは分からない細かい変化に気づくことができるのはやはり騎手経験者のみが持つ『 鋭い感性』で、予想を参考にする上でも非常に説得力があるのではないでしょうか。 細江純子のコラムについて 現役時代の必死さがうかがえる積極的な騎乗や、パドック解説での落ち着いた口調から『 大人の女性』な印象の強い細江さんですが、彼女のコラムを一度でも読んだ人はそんなイメージが一瞬のうちに崩れ去ることをご存知でしょうか? 細江さんのコラムの噂はあっという間に広がりを見せ、今では競馬関係者の中でも 超人気コラムとなっていますが、その内容は一言で言ってしまえば、『 下ネタのオンパレード』です 笑。 その内容については文字にしてしまうと色々な規制に引っ掛かってしまいそうなので割愛させていただきますが 笑 、そのあまりにも過激な内容から若手騎手の一人が誰かに脅されて書かされているのではないか、と心配になって聞いたそうです。 しかし、細江さんの答えは『 このコラムは私の心の中のオアシス』というぶっとんだ答えが返ってきたようで、細江さんの天然 変人? ぶりが窺い知れると思います。 興味のある方はぜひ一度コラムを覗いてみてはいかがでしょうか。 細江純子の夫とは? 騎手を引退後、2011年の2月4日に結婚を発表した細江さんですが、そのお相手は 橋田満厩舎に所属する調教助手の児玉武大さんでした。 さらに二人は競馬学校の同期でもあり、さらに細江さんの騎手時代の初勝利が児玉助手の伯父さんである西橋調教師の厩舎の馬であったこともあり、色んな意味で『縁』があったのではないでしょうか。 まとめ どうしても『下ネタコラム』の印象が強すぎるせいで破天荒なキャラクターのイメージになっていますが、テレビ番組では非常に落ち着いた雰囲気なので誤解してしまう人が多そうな人です。 こういった二面性があるのも女性としての魅力の一つなのかもしれませんね。

次の