カンフー レディ ドラゴン 期待 値。 燃えよ!功夫淑女龍カンフーレディドラゴン 天井期待値・恩恵・狙い目・やめ時など天井情報まとめ!

カンフーレディドラゴン【天井・狙い目・ヤメ時・期待値・設定変更】

カンフー レディ ドラゴン 期待 値

05 計6種の小役で設定差が存在。 共通ベルは上段に揃うベルが 共通ベルなので、他のベルと 混同しないよう注意してください。 全サンプルを採取するのもアリですが… これだけ多くの小役に設定差が存在するため、 カウントは大変ですが全てチェック出来れば 一番判別の役に立てることが可能です。 共通ベルに関しては、 ボーナス同時成立だけを見るのもアリです。 チャンス目でのボーナスは 下記の白・青の配分によって 奇数・偶数を示唆しています。 打ち方 通常時の打ち方 左リール上段にBAR狙い• カンフーレディ 2001年 カンフーレツデン 2002年 燃えよ! 功夫淑女 2006年 燃えよ! 功夫大戦 2011年 の流れを汲んだシリーズ5作目! チーパオはもちろん「こおろぎさとみ」さん。 功夫チャージでART初期ゲーム数の見える化。 多彩な上乗せ特化ゾーンを搭載したART。 山佐らしいオリジナリティ溢れる 作り込みが感じられます。 これがかなり熱い。 このループに漏れることなく、 ずっと点灯しっぱなし…なんてことも 実際ありそうですね。 強いて言うならボーナスの払い出しが 少ない割に当たりが重い点がやや残念です… 実際井打ってみないと良さが分かりにくい のが山佐式? ですが、 天井も浅いですし、打つ機会はありそうです。

次の

燃えよ!功夫淑女龍カンフーレディドラゴン 天井期待値・恩恵・狙い目・やめ時など天井情報まとめ!

カンフー レディ ドラゴン 期待 値

1 97. 2 99. 8 101. 3 105. 9 109. 6 116. 6倍、 期待枚数も約1. 3倍ほどの数値差になりました。 期待枚数の数値差については恐らく、 ・小役確率の差による上乗せ性能の変化 ・ART中のグランドマスターボーナス選択率? こういった点に設定差があるのではないかと思います。 6 CZ確率はART確率よりも分母が小さい上に 設定差も大きくなります。 66倍 演出示唆を除けば設定判別のメイン要素になります。 2 ボーナス当選契機は以下になります。 これらの確率から単独当選も算出したのですが、 ボーナスの単独抽選は一切されてません。 1 チャンス目契機のボーナスにのみ 白BIGと青BIGの振り分けに 偶奇判別要素となる設定差があります。 ・白BIG寄り…設定35示唆 ・青BIG寄り…偶数示唆 となります。 その他の契機については全て同じ確率なので、 ボーナス振り分けについては カウントするのはチャンス目契機のみでOKです。 1 上記6役に設定差があります。 ただし全体的に数値差が小さいため 収束はなかなかしてくれません。 ただし、強チェリーだけは設定6のみ設定差がかなり大きく、 この部分だけでも6判別の材料になると思います。 同時当選確率は全設定共通なので、 ボーナス非重複の強チェリーのみをカウントしましょう。 0 10. 6 15. 3 21. 7 30. 7 39. 7 50. 0 60. 09 強チェリー確率は設定差が大きいため、 設定6の近似値まで引けていると 一気に期待度がUPします。 設定6でも引き弱になる可能性もあるので、 「半端な確率の時は引けている時の強めの根拠」 という立ち位置が最も適していると思います。 ・天井到達 ・裏チャージポイントMAX時のボーナス当選時 ・ボーナス中のチーパオ揃い この数値自体が自己算出ですが、 天井到達の可能性が下がる高設定ほど その確率が高くなるという事は、 上記した天井以外のいずれかの契機による ART当選率が優遇されている可能性が高いです。 新たな情報が入り次第追記していく予定です。

次の

「燃えよ!功夫淑女ドラゴン」天井期待値・ゾーン・狙い目・やめどき等まとめ/(カンフーレディドラゴン)

カンフー レディ ドラゴン 期待 値

1 97. 2 99. 8 101. 3 105. 9 109. 6 116. 6倍、 期待枚数も約1. 3倍ほどの数値差になりました。 期待枚数の数値差については恐らく、 ・小役確率の差による上乗せ性能の変化 ・ART中のグランドマスターボーナス選択率? こういった点に設定差があるのではないかと思います。 6 CZ確率はART確率よりも分母が小さい上に 設定差も大きくなります。 66倍 演出示唆を除けば設定判別のメイン要素になります。 2 ボーナス当選契機は以下になります。 これらの確率から単独当選も算出したのですが、 ボーナスの単独抽選は一切されてません。 1 チャンス目契機のボーナスにのみ 白BIGと青BIGの振り分けに 偶奇判別要素となる設定差があります。 ・白BIG寄り…設定35示唆 ・青BIG寄り…偶数示唆 となります。 その他の契機については全て同じ確率なので、 ボーナス振り分けについては カウントするのはチャンス目契機のみでOKです。 1 上記6役に設定差があります。 ただし全体的に数値差が小さいため 収束はなかなかしてくれません。 ただし、強チェリーだけは設定6のみ設定差がかなり大きく、 この部分だけでも6判別の材料になると思います。 同時当選確率は全設定共通なので、 ボーナス非重複の強チェリーのみをカウントしましょう。 0 10. 6 15. 3 21. 7 30. 7 39. 7 50. 0 60. 09 強チェリー確率は設定差が大きいため、 設定6の近似値まで引けていると 一気に期待度がUPします。 設定6でも引き弱になる可能性もあるので、 「半端な確率の時は引けている時の強めの根拠」 という立ち位置が最も適していると思います。 ・天井到達 ・裏チャージポイントMAX時のボーナス当選時 ・ボーナス中のチーパオ揃い この数値自体が自己算出ですが、 天井到達の可能性が下がる高設定ほど その確率が高くなるという事は、 上記した天井以外のいずれかの契機による ART当選率が優遇されている可能性が高いです。 新たな情報が入り次第追記していく予定です。

次の