ソニー 変額。 ソニー生命の変額保険の評判の裏に隠れた優秀な保険

【変額保険(個人年金】ソニー生命変額個人年金保険はお得なのか?変額保険の特徴を知ろう|しろくま家の家計管理

ソニー 変額

ソニー生命の変額保険の減額・解約 ソニー生命の変額保険「バリアブル ライフ」の減額・解約に関する一連の流れについて運用で増えた分を引き出せるソニー生命の変額保険だからこそ、加入前に確認しておきましょう。 ソニー生命の変額保険には、保険期間が終身タイプと有期タイプの2種類があります。 支払う保険料を自己の責任の下で運用を行うこの変額保険は、運用成果によって保険金額が増減する仕組みであり、運用がうまくいけば大きく保険金額がプラスへ変動することになります。 一方、運用が仮にうまくいかなかったとしても保険金額がマイナスになることはなく、基本保険金額が最低保証されているため、保険期間中の「死亡保障」を確実に確保することができます。 今回は、変動保険金額がプラスになった場合、その分を引き出すことができるオプションAの「減額」の手続きと、解約手続き全般の流れについて説明します。 変額保険オプションAについて ソニー生命の変額保険には、オプションAとオプションBどちらかを選択することができますが、運用で変額保険金額が増加した分を引き出すことができる「減額」という手続きを行えるのは、オプションAのみとなっています。 契約途中で増えた分を現金化して受け取ることができる仕組みであり、ちょっとしたお小遣いになるとして人気となっています。 一方、オプションBを選択した場合には、変動保険金額がプラスになったとしても「減額」することができません。 オプションBを選択した以降、オプションAへ変更することはできますが、オプションAからオプションBに変更することはできないため、ご注意ください。 ソニー生命の変額保険の「減額」手続き どの程度変動保険金額が増えているのか、どの程度の金額を減額できるのか、その金額は、電話もしくはインターネットのお客さまWEBサービスで確認することができます。 電話の場合は、担当のライフプランナーに直接電話するか、カスタマーセンター(0120-158-821)に問い合わせすることになります。 インターネットで自分で直接できるお客さまWEBサービスは、事前に登録しておく必要があるのでご注意ください。 引き出し(減額)できる金額は、1万円以上千円単位での取り扱いとなり、減額金額を把握できたら、手続きに進むことになります。 減額手続きはお客さまWEBサービスではできないため、担当ライフプランナーかカスタマーセンターへの電話のみとなります。 減額手続きの流れ 電話にて減額したい旨を伝えると、減額手続きを「郵送」か「電子請求書」かどちらかを選ぶことができます。 郵送の場合は、担当ライフプランナーもしくはソニー生命本社から必要書類が郵送されますので、必要事項を記入の上、返送する流れになります。 電子請求書とは、担当者が作成した電子請求書をお客さまWEBサービス内確認することができ、インターネット上で手続きを完了することができる請求方法です。 電子請求書を希望する場合には、事前にお客さまWEBサービスの登録が必要となります。 手続が完了すると「手続完了のお知らせ」が発送され、ご自宅に届く前もしくは届いてすぐのタイミングで、減額分の解約返戻金が振り込まれることになります。 ソニー生命の変額保険の「解約」の手続き 「減額」とは異なり、契約そのものを辞める手続きである「解約」についても、「減額」と同じ手続きを踏むことになります。 お客さまWEBサービスのみでの解約手続きは行えず、担当ライフプランナーもしくはカスタマーセンターに連絡することになります。 「郵送」もしくは「電子請求書」どちらかで解約手続きを行う流れとなり、「減額」のときと同様に、「郵送」の場合には書面の返送が必要であり、「電子請求書」の場合には事前にお客さまWEBサービスの登録が必要です。 解約手続きが終了したのちに、本社より「解約手続完了のお知らせ」が発送されます。 お知らせが届く前もしくは届いてすぐのタイミングで、解約返戻金が振り込まれることになります。 変額保険の「減額」「解約」に伴う税金にご注意 変額保険を途中で減額・解約した場合、対応する解約返戻金が戻ることになります。 解約返戻金は、契約者に戻されることになるため、戻ってくる金額によっては「一時所得」に該当し、別途所得税を納めなければならない可能性も出てきます。 運用がうまくいき、大きく変動保険金が増加した場合、上記の計算式で算出された金額が一時所得となります。 ソニー生命の変額保険の減額・解約の流れのまとめ ソニー生命の変額保険は運用益を引き出せることがメリットであるため、減額・解約の一連の流れについて他の保険よりも把握していただきたいと感じました。 様々な目的で変額保険に加入されていらっしゃる方も多いと思います。 いざというときに、手続きで迷わないために参考になれば幸いです。 結局、自分にあった保険と出会うにはどうしたら良い? 商品を全て見ることは難しいため、プロにオススメをベースに様々な商品を見るのが一番早いと思います。 保険相談窓口を今、最も注目している1社を筆頭に有名どころ4社の独自アンケートによる口コミや客観的レビュー、店舗数などのデータ、個人の評価を元に、比較してみました。 3 店舗数が多い事で信頼度が高く相談がしやすい環境がありますが、直接来店する形は、拘束時間が長すぎるという口コミが多かったり、自宅に直接、来てもらうのはセキュリティー上、不安があることや仕切りが少ない店舗だと他人に話が聞かれるのでは?といった個人情報に対する不安は実際に口コミでありました。 2 以上はなかなかないと思いますので、まずはアプリで保険を見直しをどのようにされているか口コミ・体験談を見てみるのもアリかもしれません。 そして、保険の勉強をしている方に是非おすすめしたい保険相談窓口の比較記事を作りました。 独自アンケートによる口コミや客観的レビュー、店舗数などのデータ、個人の評価をまとめたページの「」を是非、ご覧ください。

次の

特別勘定の運用状況

ソニー 変額

更新日: 2020年1月12日 ソニー生命の変額個人年金は基本年金額の返戻率162. 変額個人年金は確定型と違い、運用対象を選び、その実績に応じて、年金額が変動します。 高いリターンを期待するなら魅力ある個人年金です。 (記載している保険料および保障内容の利率等は2020年1月12日20時調べのものです。 基本年金額は、契約時に決まっていて、特別勘定の運用実績に応じた変動年金額に応じて、実際の年金額が決定されます。 運用実績が3. そのため、 変動年金額を決める特別勘定の選び方が重要になります。 運用実績が低ければ、元本割れの可能性もありますが、高いリターンが見込めるのが、ソニー生命の変額個人年金です。 保険料払込方法は、月払い、半年払い、年払い、一時払いが選べます。 月払いより、半年払い、年払いなどを選んだほうが、返戻率は高くなります。 なお、生命保険料控除は、年金額が確定ではないので、個人年金の保険料控除ではなく、一般の生命保険料控除の対象となります。 ソニー生命のパンフレットに、返戻率のシュミレーションがあるので、紹介します。 条件は35歳、確定年金10年、60歳払い済み、60歳支払い開始、基本年金額100万円です。 基本年金額の返戻率 まずは、基本年金額の返戻率です。 ベースとなる返戻率で、これに運用実績が加味され、実際の年金額となります。 基本年金額の返戻率は、月払いでは、男性162. 一時払いでは、男性241. 月払い 保険料 返戻率 【男性】20,550円 【合計】6,165,000円 約162. ソニー生命のパンフレットに、運用利率ごとの年金額の実績例が掲載されています。 運用利率が、-3. 年金額はわかりますが返戻率は分からないので、男性の場合で計算してみました。 運用利率ごとの返戻率シュミレーション 運用利率 年金額合計 返戻率 -3. 5万円 88. 5万円 304. 変動年金額、つまり運用利率で、年金額が大きく変わるので、 運用する特別勘定の選び型が重要になります。 ソニー生命の変額個人年金では、運用先として、下記の8つの特別勘定を選ぶことができます。 ・株式型 ・日本成長株式型 ・世界コア株式型 ・世界株式型 ・債券型 ・世界債券型 ・総合型 ・短期金融市場型 特別勘定は、一つだけでなく、複数選択することも可能です。 ソニー生命の変額個人年金の特別勘定の運用実績は公開されています。 2019年11月末時点での実績を高いもの順に並べました。 特に世界株式型は高い実績なので、ソニー生命の変額個人年金に入るなら、第一候補になります。 シュミレーション上の返戻率は、3. 特別勘定の運用実績は高めで、短期金融市場型を選ばなければ、返戻率が元本割れとなる可能性は低そうです。 絶対はありませんが、リターンが見込める高い実績です。 ソニー生命の変額個人年金で世界株式型の評判が高い理由 ソニー生命の変額個人年金の特別勘定の運用実績を見てきましたが、圧倒的に高いのが 世界株式型です。 世界株式型は、ほかの特別勘定と違い、 運用助言会社として、モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント株式会社が入っています。 主な保有銘柄は、マイクロソフト、SAP、VISA、アルファベット google)などのソフトウェアのほか、レキットベンキーザ クレアラシル・ドクターショールなどを展開 、ユニリーバ、バクスターなどの生活関連企業がメインとなっています。 毎年、銘柄の入れ替えがあり、2018年度に比べて、2019年度はソフトウェアの比率が下がり、代わりにヘルスケア機器・サービスの比率が上がっています。 毎年、こまめに入れ替えを行っていることが、実績の高い理由かもしれません。 長い運用期間においては、リーマンショックの時期など、運用がマイナスになっている時もありますが、トータルで見ると、高い実績を残しています。 今後も、同じような利率で運用できる保障はありませんが、 他の特別勘定と比べるのなら、世界株式型をメインに考えたいところです。 内容はこんな感じです。 twitterの口コミ 「ソニー生命から保険の定期確認のメールが来たからチェックしたけど、変額保険の運用実績10. 98から28. ただ、ブログなどには、否定的な口コミもあります。 否定的な口コミは、ソニー生命で運用するなら、NISAやイデコで自分で運用した方が良いというものです。 NISAやイデコは、節税メリットがあるので、活用については問題ありません。 ただ、NISAやイデコでの投資先については、自己判断になるので、うまくいくかどうかは難しいところです。 特別勘定の世界株式型は、投資会社のモルガン・スタンレーが助言してくれます。 口コミを見ても、世界株式型の評判は高いです。 ソニー生命の変額個人年金のメリット ソニー生命の変額個人年金のメリットのまとめです。 メリットは、下記の4つですが、一番のメリットは高いリターン。 世界株式型を選んだ場合の運用利率は、今のところ高くなっています。 高いリターンが期待できる ソニー生命の変額個人年金の一番のメリットが高いリターンが期待できることです。 世界の景気が良かったことがこの結果ではありますが、同じような投資信託と比べても、高い伸び率になっています。 モルガン・スタンレーという世界的な会社が、投資の助言をしている効果はありそうです。 運用手数料が安い 投資信託などで運用している人なら気になるのが手数料です。 ソニー生命の変額年金は、手数料 特別勘定運営費用 も安くなっています。 パンフレットにも掲載されていますが、手数料はこんな感じです。 資産の構成割合を変えることができる ソニー生命の変額個人年金は、 特別勘定の資産の構成割合を年12回まで変更できます。 特別勘定の割合を柔軟に変更できることもメリットです。 年金支払い開始後も運用される ソニー生命の変額個人年金は、年金支払い開始後も資産が運用されます。 一般的な個人年金保険は、年金支払い開始で運用はストップしますが、ソニー生命の場合は、その後も増える可能性があります。 確定年金10年型では、年金支払い後も10年間の運用期間があります。 10年間の運用は、結構な期間、長く運用できるのもメリットです。 ソニー生命の変額個人年金のデメリット 次は、ソニー生命の変額個人年金のデメリットです。 特に押さえておきたいのは、元本割れの可能性があることと、個人年金の生命保険料控除の対象でないことです。 元本割れの可能性がある ソニー生命の変額個人年金は、確定型の個人年金ではないので、元本割れの可能性があります。 特別勘定の資産運用の成果次第で、マイナスになる可能性があります。 現状、成績は好調ですが、安定的な投資を目指す商品ではありません。 年金額が変動するので、金額が確定しない 老後のプランとして、公的年金に追加して、これくらい受け取りたいとのプランを立てている人もいるかもしれません。 確定型の個人年金なら、契約時に、年金受取金額が決まりますが、変額年金なので、金額は固定されません。 プラスに変動すれば問題ありませんが、思ったより低くなる可能性もあります。 個人年金の生命保険料控除の対象でない ソニー生命の変額個人年金は、一般の生命保険料控除の対象となります。 生命保険料控除を受けることができますが、ほかに生命保険、医療保険、がん保険、学資保険に入っているいて、そちらで、年間8万円を超えている場合は、節税することが出来ません。 個人年金で節税を考えているなら、個人年金の生命保険料控除の対象となる、確定型の個人年金に入る必要があります。 まとめ:個人年金に高いリターンを求める人におすすめ ソニー生命の変額個人年金は、高いリターンが得られる個人年金です。 個人年金に安定を求めるのであれば、個人年金の生命保険料控除の対象で、無駄なく節税ができる、といった商品がおすすめです。 ただ、一般の個人年金は利率が低いのも事実です。 ある程度資金があり、リスクが取れる方におすすめの個人年金です。

次の

ソニー生命の変額年金保険の投資先《世界株式型》を紹介

ソニー 変額

ソニー生命の変額保険の評判 ソニー生命で取り扱っている変額保険 バリアブルライフ は非常に評判が良く、多くのサイトでもおすすめの保険の1つとして挙げられています。 ソニー生命の変額保険には、保険期間が一生涯の「終身タイプ」と一定期間の「有期タイプ」がありますが、評判が高いのは「終身タイプ」であり、かつ「オプションA」を選択したケースです。 ソニー生命の代理店が多いからなのか、ソニー生命の利害関係者がネット上に多く存在しているからなのか、終身保険に関してはソニー生命の変額保険が一択というような風潮も見られますが、その高い評判の裏には、あまりスポットライトが当たっていませんが、非常に優秀な終身保険が他社に1つだけ存在しています。 それは、オリックス生命の死亡保障付医療保険「リリーフダブル」という商品です。 今回は、ソニー生命の変額保険について簡単に触れ、それを踏まえてオリックス生命のリリーフダブルの商品性について解説してみたいと思います。 ソニー生命の変額保険の特徴 ソニー生命の変額保険は、「終身タイプ」と「有期タイプ」があり、支払う保険料を「8つ」の特別勘定で「運用」を行い、保険金額を増やしていくことを目的とした商品性となっています。 変額保険の特徴としては、死亡保険金が最低保証されているため、万が一運用がうまくいかず、マイナス運用となってしまったとしても、保障が減ることはなく、必ず最低保証分の死亡保障を確保することができます。 運用がうまくいけば良し、うまくいかなくとも保険金は保証、どっちに転んだとしても安心できる、ということが評判の理由の1つです。 しかし、運用がうまくいかなったった場合においては、その分「積立金」がマイナスになっている事実に変わりはないため、解約返戻金はそのマイナス分少なくなってしまっていることには注意が必要です。 解約せずにそのまま保険として持ち続ける、という目的であれば、決して損をすることがないというわけです。 有期型について ソニー生命の変額保険(有期型)については、保険期間が一定期間となっているため、満期が到来した段階で満期保険金が支払われて終了となります。 この満期保険金は、保険期間中の運用実績によって変動しており、かつ最低保証がありません。 満期時の運用実績次第では、大きくプラスされた満期保険金が受け取ることができる可能性がある一方、大きく損失が生じてしまうリスクもあります。 終身型とは異なり、保険期間は期間限定のため、満期時に損益が強制確定されてしまう、というのがデメリットであり、終身型よりもリスクが高いと言えます。 そのため、終身型ほど有期型は人気がないようです。 オプションAとオプションB ソニー生命の変額保険は、終身型・有期型どちらも、オプションA・オプションBどちらかを選択することになります。 オプションAに関しては、積立機能重視となっており、運用がうまくいき変動保険金額が増えた場合、「年2回」自由に減額することができます。 一方、オプションBに関しては、保障機能重視となっており、オプションAのように保険期間中に変動保険金額がプラスになったとしても、減額することはできません。 運用によって増えた分を減額することで、その分の積立金を解約返戻金として自由に受け取ることができる、これがソニー生命の変額保険の評判が良い理由です。 運用という、どうなるかわからない不確定なものに対して、増えればその分の受け取ることができる、減っても保障は最低保証、良いことづくめです。 ソニー生命の変額保険の保険料について 契約年齢:30歳男性 保険金額:500万円 保険料払込期間:60歳 の条件で、終身タイプ・有期タイプをそれぞれ試算を行うと、保険料は以下の通りです。 終身タイプ:月10,855円 有期タイプ:月10,980円 30年間で支払う保険料累計は、それぞれ「3,907,800円」「3,952,800円」となりますので、400万円以下の保険料で、500万円の保障を買うことができます。 ソニー生命の変額保険が優れている点のまとめ ・運用益を自由に引き出すことができる(変動保険金を減額) ・死亡保障は運用成績問わず最低保証(運用がうまくいけば増額) 以上がソニー生命の変額保険 バリアブルライフ の評判たる所以です。 オリックス生命のリリーフダブルについて 一方、私が個人的にお勧めしたい優秀な終身保険であるオリックス生命のリリーフダブルについてお話したいと思います。 オリックス生命の死亡保障付医療保険リリーフダブルは、一生涯の死亡保障を確保しながら同時に医療保障も確保することができる商品性となっています。 一般的に、終身保険は解約返戻金が必ず発生するため、貯まる分保険料が割高になる傾向にあります。 しかしこのリリーフダブルという商品は、終身保険にもかかわらず「解約返戻金がない」仕組みをとっている唯一の商品であり、非常に割安な保険料で、死亡保障と医療保障をダブルで兼ねることができます。 なぜソニー生命の変額保険との対比でこの商品を挙げたかといいますと、「最低保証分の死亡保障を残す」という前提であれば、解約する必要がない、つまり「解約返戻金を必要としない」ことになります。 解約返戻金がない分保険料も割安になるため、医療保障がリリーフダブルに付いている分、お得だろうという考えに基づきます。 リリーフダブルの保険料 死亡保障500万円の条件ですと、医療保障は「入院日額10,000円 手術給付20万円 先進医療保障2,000万円 七大生活習慣病入院120日(他の疾病は60日)」という保障が付きます。 この条件で、30歳男性・一生涯保障・60歳払いだと、保険料は「月12,346円」となります。 ソニー生命の変額保険(終身型)の場合、月10,855円でしたが、リリーフダブルには医療保障が付いています。 その差「月1,491円」ですが、月たった1,491円で入院日額10,000円の医療保険に加入できると考えると、このリリーフダブルが優れていることがわかります。 保険料累計4,444,560円で、500万円の一生涯の死亡保障と医療保障を確保できる商品となります。 ソニー生命の変額保険とオリックス生命のリリーフダブルの相違点 オリックス生命のリリーフダブルは、ソニー生命の変額保険のように変動するわけでもなく、運用を自己の責任で行っていくわけではありません。 運用益を引き出すといったことはリリーフダブルにはできませんが、その分医療保障が付いている点をどう判断するかです。 また、よく言われる「インフレ対策」としてはリリーフダブルは弱いかもしれません。 (そもそも生命保険でインフレ対策することに対しては疑問ですが。 ) どちらも良い商品性ですが、一概に「終身保険=ソニー生命の変額保険」と考えるのではなく、個々の判断基準によって決めてみてもよいのではないでしょうか。 ソニー生命の変額保険の評判の裏に隠れた優秀な保険のまとめ 生命保険の商品性を自己の価値観のみで優劣をつけ、それを第三者にも勧めてしまうことは非常にリスクであると考えます。 人にはそれぞれの価値観・考え方があり、価値の大小も人それぞれに判断基準が異なります。 ソニー生命の変額保険という選択肢以外にも、あまり知られていない優秀な商品性があることを知っていただき、ぜひ様々な観点で比較をしたうえで、自分にとってベストな保険に出会うきっかけになればと思います。 結局、自分にあった保険と出会うにはどうしたら良い? 商品を全て見ることは難しいため、プロにオススメをベースに様々な商品を見るのが一番早いと思います。 保険相談窓口を今、最も注目している1社を筆頭に有名どころ4社の独自アンケートによる口コミや客観的レビュー、店舗数などのデータ、個人の評価を元に、比較してみました。 3 店舗数が多い事で信頼度が高く相談がしやすい環境がありますが、直接来店する形は、拘束時間が長すぎるという口コミが多かったり、自宅に直接、来てもらうのはセキュリティー上、不安があることや仕切りが少ない店舗だと他人に話が聞かれるのでは?といった個人情報に対する不安は実際に口コミでありました。 2 以上はなかなかないと思いますので、まずはアプリで保険を見直しをどのようにされているか口コミ・体験談を見てみるのもアリかもしれません。 そして、保険の勉強をしている方に是非おすすめしたい保険相談窓口の比較記事を作りました。 独自アンケートによる口コミや客観的レビュー、店舗数などのデータ、個人の評価をまとめたページの「」を是非、ご覧ください。

次の